今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

先日、大学実験で硬度測定をしました。実験をしていて疑問に思ったのですが、この硬度測定というのは、工業的にはどのような意味をもつのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

硬度の意味はご存じですか。

言葉の由来は hard to wash water(洗濯しずらい水)がなまって硬水となったそうです。昔の石鹸は、水中のカルシュウムやマグネシュウムの含有量が多いと、石鹸の有効成分と塩を形成し泡立ちがしなくなります。今は洗剤のソフト化(硬水でも使用できる成分に変更)により影響は無いようです。
硬水の反対は軟水で、日本国内の河川水や地下水はほとんど軟水(温泉を除く)、ヨーロッパ(だけには限りませんが、外国ではあっちこっちで)では硬水が多いようです。
水を製造の過程で利用する企業にとって硬度は重要な要素であり、食品関係では味を左右しますし、ボイラーでは硬度が高い水は使えません。水道法の水質基準では300mg/lとなっています。硬度の高い水は下痢をしやすいようです。
    • good
    • 0

 水の硬度なら yumityan さんのご回答通りですが、そうではなくて、ビッカース硬度とかロックウェル硬度とか、物質の硬度のことだと思うのですがどうでしょう?



 硬度が高い=より硬い ということは、
  削れ難い→耐摩耗性に優れているという長所がある反面、加工し難いので思い通りの形状の製品を得難いという短所があります。また、削るのであれば、硬度を知っておくと、適切な砥石を選ぶことが容易になります。

 その他にもいろんな意味がありますが、大学の図書館にいろんな書籍があると思いますので、そちらで調べるのもよろしいかと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミネラルウォーターの硬度の測定にて

水の硬度を測定する実験で、自分はミネラルウォーターの硬度を調べたのですが、事前にミネラルウォーターのラベルを見て硬度が28くらいの軟水と書かれていたので計算した値もそれくらいになると予想したのですが、結果は1.6くらいのとても低い値に。先生に聞いてみたところ、計算して出た値が0~5度ならはなはだ軟水だからいいと言われました。この二つの硬度はなぜこうも違うのですか?

ちなみに硬度を求めた計算式は、
硬度=(EDTA標準溶液の濃度)×(EDTA標準溶液の滴下量)
です。

あと、キレート滴定・・・でいいんですよね?

Aベストアンサー

#2です。

とりあえず、家にあった「六●のおいしい水」という、
某大手食品メーカーから発売されている
かなり昔からあるミネラルウォーターの成分表示から概算してみました。

100ml中に、Ca=2.51mg、Mg=0.52mg が含まれており、
硬度は約84(軟水)と表記されています。

[Ca^2+]=(1000/100)*(2.51/40.1)mM、[Mg^2+]=(1000/100)*(0.52/24.3)mMより、
100.1*([Ca^2+]+[Mg^2+])≒84(mg/l)だから、
CaCO3(mg/l)として計算して合っているようですね。

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Q水硬度

実験室で水の硬度測定(滴定実験:水道水にEBTを加えEDTAで滴定)の実験をしようと思います。その時、使う器具は実験室内の水で洗浄されて乾燥してます。その器具を洗わず実験器具で滴定を行った場合、正確な結果はでますか?それとも、一度水道水で共洗い(?)したほうがいいですか?
また、水道水50.00(cm3)を0.00533MのEDTA溶液で滴定を行った結果、8.13(cm3)で終点になりました。
このとき、水道水に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンは何モルですか?
水(ppm)の硬度は、どのぐらいですか?(水の密度=1.00g/cm3)
ヒント・導き方お願いします

Aベストアンサー

No.1です。
共洗いに関しては器具の種類によります。
詳細はNo.2のご回答のとおりですし、そこでも指摘されていますように、これは暗記することではなく、考える、あるいは理解することだと思います。
指示薬にEBTを使った硬度測定は、全硬度の測定が目的のはずですので、結果として得られるのは、Ca2+とMg2+の合計の濃度です。
硬度計算はアメリカ硬度で行うということですね。それであれば、滴定の結果として計算されるイオン(Ca2+とMg2+の合計)のすべてがCaCO3に基づくものとして計算し、試料水1リットル中に含まれる重さ(ミリグラム単位)に換算したものが硬度(全硬度)ということになります。

Q水の硬度

実験でEDTAによる水の硬度測定をしました。しかし、水の硬度をどうやって求めたらいいか分かりません。しかも、続きの実験でCaやMg硬度も求めなければならないのですがそれも分かりません。本を探してみても硬度を求める問題などが載っていなくて困っています。回答よろしくお願いします。参考になる本やサイトなどがあればそちらもお願いします。

Aベストアンサー

http://homepage3.nifty.com/orizzonte/tea/etc/jouq/koudo.htm

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

Qキレート滴定

キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
また緩衝溶液の調製法をおしえてください。

キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?

Aベストアンサー

<注意>
何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。
…て書いてありますけど。
今朝も一件削除されたし。

>>キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
強酸性ではキレート試薬が全て酸型になり、配位できなくなる。強アルカリ性では金属イオンがOH-と結合したオルト酸型になり(鉄酸、アルミン酸、亜鉛酸…)キレート試薬と反応しない。
>>緩衝溶液の調製法
検索エンジンで調べて下さい。化学便覧も見てね。理科年表にも書いてある。まず第一にどのpHが欲しいのか決めなけりゃ…。
>>キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?
初めて聞きました。そう言えばそう言えるかも…。キレート試薬が陰イオンで金属イオンが陽イオン、中和して塩はできるナー…。

Qファクターの求め方

こんにちは。
分析化学についての質問です。
お詳しい方、どうかご協力お願いいたします。

例えば、中和滴定で、
0.1Nシュウ酸標準液10ml で 0.1N水酸化ナトリウムを滴定すると10.2ml 
要したとすると、水酸化ナトリウムの規定度は

酸のN×酸の体積=塩基のN×塩基の体積 から
塩基のN≒0.098

そこから 0.1N水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めるときに

f=滴定で求めたNaOH溶液のN(0.098) ÷ 0.1

となるのは何故でしょうか?
根本的なところを理解できていないような気もします。
申し訳ございません。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>根本的なところ

そういえば言えますが、ファクターとは早い話「理想の値」と「現実の値」との「比」なので、このまま覚えて下さい。
別の言葉で言えば、「現実の値」÷「理想の値」がファクターの定義です。

Q水の全硬度の計算式?

キレート滴定でミネラルウォーターに含まれるCa2+とMg2+の濃度の和(mol/L)を求めたのですが、ここから硬度を計算する方法がわかりません…。

濃度(mol/L)×56.08(CaOの式量)×(100/1000)(ml)×1000(mg)=硬度(度)
 …かなと考えて、計算してみましたが、栄養成分表示にある値と10倍以上の差がありまして…。

調べても、CaとMgを別々に求めて計算する方法しかわからなかったので質問させていただきました

Aベストアンサー

No.1,2です。
追加情報です。
個人的な印象として、現在、ドイツ硬度というのはあまり使われていないように思っていました。
そこで、たまたま手元にあったエビアンの表示を見ますと、「硬度291度」で、100ml中のCaが7.8mg、Mgが2.4mgとなっていました。
この数値を、試しに計算してみますと、この291というのは、アメリカ硬度、すなわちmg/lを意味していることがわかりました。
また、ハウスの製品では32mg/1000mlとなっており、これもアメリカ硬度の表示でした。

-ria-さんの水も「硬度○○度」と表示されていたのがドイツ硬度ではなく、アメリカ硬度だったと言うことはないでしょうか?
また、CaやMgの量が表示されているものも多いようですが、そういう表示はないのでしょうか。それがあれば、確認のための計算ができて、一件落着となるのですが・・・

Q水の硬度測定

水の硬度を測定する際、塩化マグネシウム溶液を使用しますが、
酸化マグネシウムに塩酸を反応させて塩化マグネシウムにしたものを
使用して測定しています。
しかし、塩化マグネシウム溶液を調製するのに手間がかかるので、
市販の塩化マグネシウムを使ったらどうかと思うのですが、
市販のものと、反応させて作ったものでは何か違いがあるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

英文wiki、↓にあるように市販塩化マグネシウムは種々の水和物の混合物でMg原子の量が不安定です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Magnesium_chloride
一方酸化マグネシウムは確かにものによってはマグネシア状態で塩酸に溶けにくいですが、水を一切ふくまず、純度も高いものです。
そのため「標準水溶液」を作る為には正確な原子の数を求めるため酸化マグネシウムを利用します。

Q塩化アンモニウムを入れる理由

第3属陽イオン(Al3+、Fe3+)の定性分析で
まずこの2つのイオンが入っている試料溶液に塩化アンモニウムを入れ、そしてアンモニア水で塩基性にした後煮沸し、ろ過しました。そしてここで、ろ紙上の沈殿に温水5mlにアンモニア水と塩化アンモニウム2~3滴加えた混合溶液で洗浄するのですが、なぜこの洗浄液に塩化アンモニウムを用いるのでしょうか?

実験書を読んでいてふと疑問に思ったので質問してみました。

Aベストアンサー

 アルミニウム水酸化物は、pHが高くなるとアルミン酸となって再溶解してしまい、沈殿が捕集できなくなる場合があるので、緩衝作用を持たせるため塩化アンモニウムを加えます。
 Al(OH)3 +OH- → AlO2- + 2H2O


人気Q&Aランキング