継母になった人の手記や小説とか
あったら教えて下さい。

A 回答 (1件)

こんにちは。


女優さんの手記でこんなのがあります。一言で言うと、「壮絶」な人生です。ドラマ化もされていた記憶があります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4267015 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
図書館へ行ってみます。

お礼日時:2005/09/06 19:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qままはは(継母)

おしえてください。

「ままはは」はママですか?母ですか?

「ぱぱちち」っているの?

Aベストアンサー

継母がすでに漢字で出ているので、これは普通の答えでは、元気なうんこ様の好奇心は満足しないでしょうな。

ままははは、はっきりいって子供にとっては他人です。父親のもしくは義裏の父親の嫁さんですから、横恋慕しても大丈夫。ちょっとスキャンダルになるだけ。すごくいい女で同居になったら、損は絶対ない。

ぱぱちちは、いません。サンタクロースもいません。税金を負けてくれる税務署員もいません。

Q精神や心に病をおっている又はおっていた人の手記を探しています

うつ病、拒食症、過食症、ノイローゼ、統合失調症なんでもかまいません。できるだけうすくて読みやすい本のタイトル・出版社名を教えてください!!
手記を読んでの感想を書く課題があります。ドウゾよろしくお願いします☆

Aベストアンサー

手記ってなんだろう?
と思いながらの回答ですが。。。

大原広軌さんの『精神科へ行こう』
は面白いですよ。
堅苦しくないから読みやすいと思います。
私自身うつ病なんですが、わかるなぁって思うことも多々あるので内容的にも良いとおもいます。

参考URL:http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/7/65/64/4167656469.shtml

Q継子、継母の法律実務上の読み方は?

継子、継母は、
法律実務上も、ままこ、ままははという読み方でよいのでしょうか。
しょうもない質問ですみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

shoyosiさんの回答の通り、法律上は「けいし」「けいぼ」と読みます。

Q余命宣告された人の手記。飯島夏樹さんの「ガンに生かされて」のような

飯島夏樹さんの「ガンに生かされて」のような、
余命宣告された本人による手記を
他に知っていらっしゃる方がおられましたら、
教えていただけないでしょうか。
お願いします。
小説ではなく、手記のようなものをお願いします。

Aベストアンサー

昔ですが、「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」という本があります。
現役の若いお医者さんがガンを宣告されて書いたものです。
読んだわけではないので、詳しくはわかりませんが 手記のようです。当時はずいぶん話題になりましたね。(テレビのドキュメンタリーで見ました)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396312946/249-3670714-1932358

Q認知症の継母との養子縁組について

父名義の土地と家に同居していて、父が半身不随で老健施設に、認知症の継母がグループホームにと分かれて入居していて、父の死去で色々な手続きで継母の書類を貰いに行ったら、継母とは親子関係にないので簡単な書類を貰うにも難しい状況でした。継母の年金額が小額なので、両方の施設の支払いや、衣服その他の支払い等の生活費は父の年金で支払われ、支払いや確定申告など、その一切の管理は長男の自分がやっていましたが、父の銀行口座が凍結され、今後の相続処理が終わらないと動かせないと聞きました。また、相続となると現在住んでいる家や他に若干所有している土地の問題などが生じます。84歳の継母の両親や兄弟も殆ど亡くなっているようで、連絡先と聞いている遠方の兄への電話も呼び出しに出ないため連絡できない状況が続いています。自分の弟と妹は相続はしないで、継母を含めて全部兄貴に任せると言っていますが、相続の協議に意志表示のままならない認知症の継母がどう拘わるのか、『第1に協議が成立するのか。また、相続分をどのような方法で決めるのか』。弟と妹は全部を自分が相続して、継母の面倒もみるために継母と養子縁組すれば良いと言います。今までの経緯から自分もそれで良いのですが、『第2に、意志表示のままならない認知症の継母と養子縁組など可能なのか』。相続の額は課税対象にはならない額のようですが、自分が継母の世話をするのは良いのですが、継母が亡くなった時に父の財産が自分ではなく何もしなかった継母方の縁者に行ってしまうのは我慢し難いことで、『第3として、そうならない方法は無いものでしょうか』。
大変長くなりましたが、よろしく御回答願います。

父名義の土地と家に同居していて、父が半身不随で老健施設に、認知症の継母がグループホームにと分かれて入居していて、父の死去で色々な手続きで継母の書類を貰いに行ったら、継母とは親子関係にないので簡単な書類を貰うにも難しい状況でした。継母の年金額が小額なので、両方の施設の支払いや、衣服その他の支払い等の生活費は父の年金で支払われ、支払いや確定申告など、その一切の管理は長男の自分がやっていましたが、父の銀行口座が凍結され、今後の相続処理が終わらないと動かせないと聞きました。また、...続きを読む

Aベストアンサー

 第1の問題については,成年後見を利用するというのが正解です。継母さんの認知症の程度がどの程度か分かりませんが,自分の財産を管理する能力が亡くなっていれば,家庭裁判所に申立てをすることによって成年後見人が選任されます。認知症の程度がそこまでいかない場合には,保佐人とか補助人という名称の人が選任されて,経済的に重要な行為(遺産分割はこれに含まれます。)について,援助をする(同意をしたり,代理権が付与されたりする。)ことになります。

 成年後見制度の概要は,裁判所のウェブサイトから各地の家庭裁判所に辿っていくと見ることができますし,弁護士事務所や司法書士事務所のウェブサイトにも解説が載っています。

 場合によっては,あなた自身が後見人になることもできます。後見になれば,被後見人(継母さんのことです。)が遺産分割で得た財産で,その生活の面倒を見ることになります。また,後見人は,報酬を得ることもできます。

 第2の問題については,「不可」です。民法上は,成年者(原則20歳)になれば養子縁組をする(養親になる)ことができることになっていますが,成年者であっても,養子縁組の意味が分からない場合には,養子縁組をすることはできません。仮に,成年後見人がついていたとしても,成年後見人が被後見人を代理して養子縁組をすることもできません。

 第3の問題については,「仕方のないことです。」相続制度の仕組み上,これはいかんともし難いことです。

 このような場合の対策は,遺言が基本ですが,認知症で,遺言をすることの意味が分からない場合には,遺言をすることもできません。遺言は,15歳になればすることができるもので,20歳である必要はありませんが,認知症で,ものごとの判断能力が衰えてきた場合に,遺言をするだけの能力があるかどうかは難しいところです。

 ただ,継母さんの相続人が,すべて相続放棄をしてくれた場合で,あなたが,継母さんの日常の世話をしていたということがあれば,必ずしも保証された話ではありませんが,相続人不存在の場合の特別縁故者ということで,相続財産を得られる場合が,ないわけではありません。

 第1の問題については,成年後見を利用するというのが正解です。継母さんの認知症の程度がどの程度か分かりませんが,自分の財産を管理する能力が亡くなっていれば,家庭裁判所に申立てをすることによって成年後見人が選任されます。認知症の程度がそこまでいかない場合には,保佐人とか補助人という名称の人が選任されて,経済的に重要な行為(遺産分割はこれに含まれます。)について,援助をする(同意をしたり,代理権が付与されたりする。)ことになります。

 成年後見制度の概要は,裁判所のウェブサイ...続きを読む

Q20歳で自殺した方の手記

本の題名を教えて下さい。

新聞の中刷り広告で目にしたものです。
20歳で自殺した若者のお話で
ノンフィクションだと思います。
後に親御さんが書かれた本かもしれません。

この程度の情報しか分かりませんが、、、

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大変古い本ですが、高野悦子さんの「二十歳の原点」でしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101183015/250-8145800-2317849#product-details

Q母の継母の葬儀について

母と継母はとても折り合いが悪く、母が幼い頃から酷い育て方(現在でいう虐待や言葉の暴力等)をされ今日に至りました。また、私達娘も継母には孫として扱われた覚えがなく、非情な対応で寂しく悔しい思いをして今日に至っております。そこで質問なのですが、母がこの先、継母より先に亡くなってしまい、継母が後に亡くなったと仮定した場合、継母の葬儀等は私達、孫が行わなければならないのでしょうか?ちなみに継母には母以外の子供として弟がいます。(どこに住んでいるのかは不明)また、私達娘はすでに嫁いでおります。非情だと思われそうですが、これまでの長年の経緯から私達娘は母の継母とは絶縁したいと思っているほどなのです。どなたか良きアドバイスいただけませんでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お母様の継母、すなわちurupuriさんの祖母ということでしょうか?

その継母さんとお母様は養子縁組を組まれていますか?弟様は継母さんの実子でしょうか?弟様も継母にあたるのでしょうか?
またお母様と弟様の血縁は?

基本的には継母と養子縁組を組まれていないと逆に考えると相続の権利さえありません。戸籍上は父の妻というだけの関係で親子関係は認められません。

なので養子とみなされていない限り義務はありません。

>非情だと思われる
思われても良いぐらいの環境だったのであればそれは仕方のないことだと思います。

養子縁組をされているのならまた別問題ですが嫁にとついでらっしゃるということなので、墓建立や仏壇をもつことは出来ませんよねぇ。

色々な状況が考えられますが、火葬場で簡単な葬儀も出来ますし、無縁仏にされても、それは家族間で話しあって決められたら宜しいのではないでしょうか?

とりあえず、色々な対策はありますよ。
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

Q遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています

遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています。
気楽に読めて面白い作家の本を教えてください。

Aベストアンサー

私は田辺聖子さんの著書をお勧めいたします。
古典、川柳からエッセィ、大阪弁を交えたユーモア小説まで幅広い領域の作品が出ています。
文庫本で簡単に入りますので、
手当たりしだいお読みになることをお勧めいたします。
特に「花衣 ぬぐや まつわる」は杉田久女は傑作です。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%63%95%D3%90%B9%8E%71

Q無意識に人を傷つける継母に嫌悪感

五年前に母が病死し、二年後継母が来ました。この継母が好きになれません。


継母は私と歳も近いのですが、無意識に人を傷つけます。

まず結婚して数週間で妊娠。この時点で『避妊も出来ない、だらしが無い女』と嫌悪感を持ちました。

1番困っているのは継母のブログ。私と妹の些細な行動をグチグチ書いています。自分のことは棚に上げて、私の交友関係をグチグチ。『継子達がいなくなれば本当の家族になれる、うざい』等の暴言も有ります。

そして私達の事を詳細に書いているので、知人が見ればすぐ特定されます。事実近所の方がブログを発見し、継母に注意した様です。(ブログに書いてありました。しかし継母は『皆にこのブログ見てほしいな』と呑気な発言)

私がブログを見てるのは継母は知りません。

継母は私達を虐待していませんし、表面上は大きなトラブルは起きていません。
でもいつか私の感情が爆発しそうです。

Aベストアンサー

ブログはそのままお父さんに見せたらいかがですか。
何を書くのも自由といえば自由ですが、個人が特定されるような物を
書くのは今のご時世あまり良いことではありません。その部分を
強調してお父さんにお見せになってはどうでしょう。

質問者様が社会人なら自立すれば解決すると思いますよ。
結婚したら妊娠するのも普通ですからね。だらしない、というのは
逆に質問者様が「言い過ぎ」かも知れません。

きっと他の記事も内容のないくだらないブログなんだと思います。
近所に人に聞かれたら「恥ずかしい話です。私も理解不能です」と
苦笑いしておけば良いと思います。

父と子の関係は一生続きます。離れていても。
今は距離を置いて静観するのが利口だと思います。

Q神戸児童殺傷事件の手記 二冊目について

発売されたそうですが検索かけても出てきません。
購入したいのでご存知の方は本のタイトルを教えてください。よろしくお願い致します。

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/00044281sg200512200900.shtml

Aベストアンサー

こんにちは。

これですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104265020/qid=1132489211/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-6031068-6894628


人気Q&Aランキング

おすすめ情報