数年後には地上波がデジタル化されるってことですけど、いまのUHFで見ていますがアンテナはどうなるのでしょう?
おなじアンテナで大丈夫なのでしょうか?
中継局によってアンテナは変わってくるのでしょうか?
変わるとしたらどういう形状のものになるのか、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

アンテナは同じ物が使えます。



が、実際は交換することになる場合があります
理由は
1)今のUHFアンテナは全域、ローチャンネル用、ハイチャンネル用の
  3種類があるが、並行放送中、アナログとの混信を避けるために
  チャンネルを離すので、ローチャンネル/ハイチャンネルが
  変わる可能性がある
2)送信点が変わる可能性が高い。つまり、TVの買い替えと同時に
  アンテナの方向も変えないといけない。
3)中継局のデジタル化が非常に遅れる可能性が出てきたので
  地域によってはデジタル/アナログの混在の可能性が出てきた
  (たとえば、NHKだけの中継局がある地域など)

ただし、デジタル放送はロッドアンテナ(FMラジオのアンテナみたいなもの)
でも、そこそこ受かるように、言い換えれば障害に強く設計されています。
ですから、アンテナそのものは今までよりも短いもので
大丈夫です。
たとえば、今室内アンテナで2重、3重ながら絵が映っているのであれば
同じ室内アンテナでデジタルは鮮明に見えます。
    • good
    • 0

UHFテレビのチャンネルには、13から62までのチャンネルがあります。


地上デジタルでは、全般にUHFチャンネルでも低いほうが使われる予定です。
ですから、現在受信されてるのが高いほうのチャンネル(数字の大きいチャンネル)の場合は、アンテナの感度が低くなり、アンテナを取り替える必要が出てくるかも知れません。

なお、現在UHFでご覧になっているということは、おそらく何らかの中継局をご利用だと思われます。
地上デジタルではかなり電波障害に強くなり、従来の電波より弱い電波でも良好受信できる見込みですので、現在受信されている放送局(おそらく中継局)から地上デジタルの放送が行われないかも知れません(中継局が減らされる可能性があります。)
この場合は、アンテナの方向を変える必要が出てきます。

関東、近畿、中京が2003年、それ以外の地区が2006年から放送開始と言われていますから、次第に情報が届くとは思います。
    • good
    • 0

電波自体はUHFが使われる予定ですので、現在のアンテナで使用可能です。

しかし、放送電波が発信されるテレビ塔がまだ計画段階ですので、新テレビ塔の位置によってはアンテナの角度調整が必要になったり、新たに買わなければならない可能性もあります。
中部地区の場合は現在の有力な候補地はテレビ愛知の放送局がある名古屋市東山地区ですので、テレビ愛知を受信しているアンテナで事が足りるとは思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ