幕末時、毛利藩藩主の重臣だった(と思います)井関美清氏について、
どんなことでも結構ですので、ご存知のことをお教えください。

A 回答 (1件)

ちょうど WEB で調べたらでてきました。

ご参考までに。

中島治平と一緒に仕事をしている人みたいですねぇ。

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/glass/page02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/11/03 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q越後高田藩歴代藩主の支配領域地図

高田藩の簡単な歴史を調べています。
初代松平忠輝は75万石、最後の榊原政敬は15万石と言われています。
各城主の支配地域についての地図を見つけることが出来ずに困っております。

Aベストアンサー

現在の新潟県上越市にあった藩ですね。
まずは地元の市史や県史を探しましょう。上越市は以前は高田市でしたから「高田市史」も探しましょう。当然「新潟県史」も。

他にも掲載されている資料があるでしょうが、探すのは大変ですね。
小生こんな場合は図書館のレファレンス(調査相談)を利用しています。図書館の専門家が探してくれるので早くて確実です。大きな図書館でないとやっていませんが、新潟県では県立図書館がしています。netからの問い合わせも可能です。一般に1週間程度で返事がもらえ、資料のコピーにも対応してくれます。しかし対応は図書館によって異なるので各図書館のwebページで確認してください。

なお明治維新当時の領地は「れきはく」が公開している「旧高旧領取調帳」のデータベースで検索できます。
http://www.rekihaku.ac.jp/doc/t-db-index.html の中ほどにある「旧高旧領取調帳」をクリック。
「旧国名」の右の V をクリックして「旧領名」を選択。その右の枠に「高田藩」と入力すると村名、村高などが出てきます。
ちなみに高田藩の領有した村数は931か村、高の合計は221117石余と出てきます。

現在の新潟県上越市にあった藩ですね。
まずは地元の市史や県史を探しましょう。上越市は以前は高田市でしたから「高田市史」も探しましょう。当然「新潟県史」も。

他にも掲載されている資料があるでしょうが、探すのは大変ですね。
小生こんな場合は図書館のレファレンス(調査相談)を利用しています。図書館の専門家が探してくれるので早くて確実です。大きな図書館でないとやっていませんが、新潟県では県立図書館がしています。netからの問い合わせも可能です。一般に1週間程度で返事がもらえ、資料のコピ...続きを読む

Q明治維新後、藩の重臣たちの身の振り方。

藩主は、知藩事から華族となって身分を保障されましたが、家老などの重臣たちはどうなったのですか。
職にありつけた人、失業した人、人生いろいろと思いますので、どこの藩(府県)でもよいですから具体例を教えてください。
なお、尾張藩御側者頭を勤め五千石の大身であった松平甚之進保眞については知っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyoiku1932/54/4/54_4_371/_pdf

丹波篠山藩における数量的分析
上士は、生活に困窮する比率が低い

教育効果に関する研究なので、少々ずれるが。

参考URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyoiku1932/54/4/54_4_371/_pdf

Q前掛川藩大田資美に関すること

前掛川藩大田氏の資料を探しています。
 大田氏は幕末、掛川から千葉の松尾の転封されました。徳川慶喜の処分に際し、家達が徳川の相続人となり駿河に来たためでした。これにより、掛川藩はじめ七藩が、現在の千葉に移転しました。
 明治元年十一月です。これにより七藩の各藩士 、六千五百七十二人、家族を加えると二五〇〇〇人が、静岡県からおよそ十一日の行程で千葉に移りました。
 移動手段として、荷車が考えられますが。記録によると、家具のほか、障子、漬物石まで運んだそうです。するとおよそ七千台の荷車が東海道を下ったことになります。
これらの移動期間を著した資料を探しています。また、大田氏に関する資料も探しています。

Aベストアンサー

直接の史料ではありませんので、余り役立たないかもしれませんがm(_"_)m
少なくとも沼津藩(菊間藩)に関しては
一気に短期間で藩士・家族全員という事でもなさそうです。

◇『平成22年10月24日 一紅会歴史研究会「幕末維新の旅」
房総の地に生きる -駿河遠州諸藩士の維新- 渡辺房男』によれば、
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kf1-tokyo/9th_rekishi/9threkisikenkyuu.pdf
…典拠・出典が明示されていませんが…
沼津水野家は「4か月で移動」「舟で移動するものも多い」と記述されています。

○当時の駿河、遠州の諸藩と転封…
7藩の藩士家族、約2万5千人が、明治元年4月か(←たぶん4か月の誤記)で移動。
幕臣たちと7藩の藩士たちの大移動が始まり東海道を行き交う。
○ 房総移住の大名たちのその後
例として、沼津から移住した水野家5万石の歴史…
5)藩士の移動
家屋の解体、駿河湾を舟で運び、市原郡八幡宿に揚陸。
藩士たちも、舟で移動するものも多い。

また、
◇『近世の碧海部/石川康敏』の「4.沼津藩・菊間藩」<7・8/26>では、
http://wwwhou1.meijo-u.ac.jp/housei2/semi/2007soturon/pdf/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%BA%B7%E6%95%8F(%E8%BF%91%E4%B8%96%E3%81%AE%E7%A2%A7%E6%B5%B7%E9%83%A1).pdf
「城下町があるわけでなく、移住した藩士が住む家もなかったから、…
明治元年から2年にかけて順次移住」と記述されています。
参考文献として『碧南市史料 第一冊~第四冊』『碧南事典』等を
掲げていますから、それに当たれば元々の典拠・出典が分かるかもしれません。

「…沼津5万石水野家は駿東郡、益津郡、志太郡のうち23700石を上知し、
かわりに上総国市原郡菊間村(今の市原市菊間)を中心に83か村、23700石を与えられ、
従来からの伊豆国、三河国、越後国の領地と合わせて菊間藩5万石が成立した。
既に明治政府が発足した明治元年(慶応4年)7月14日に発令を受け、
8月の晦日には沼津城を引き渡し住み慣れた沼津を離れた。
藩主忠敬は伊豆戸田および江戸で仮泊後、新領地に向かった。
菊間へ移住した旧沼津藩士は587人だったが、菊間は純農村地帯、
一面の田畑で、城下町があるわけでなく、移住した藩士が住む家もなかったから、
藩士・家族2695人は明治元年から2年にかけて順次移住していった。…」


残念ながら掛川藩(柴山藩<松尾藩>)に関する移動記録は定かではありませんが、
◇国立公文書館デジタルアーカイブ
http://www.digital.archives.go.jp/
「件名 太田備中守上総国柴山村ニ仮役所ヲ設ケ柴山藩ト称ス」
行政文書>*内閣・総理府>太政官・内閣関係>第六類 太政類典>
太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第六十二巻・地方・行政区一
によれば、
http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?KEYWORD=&LANG=default&BID=F0000000000000000187&ID=M0000000000000830763&TYPE=&NO=
「旧領掛川表」からの「総引拂」は「(明治2年)去月(6月)下旬」と読み取れます。

「(明治)二年七月十日
太田備中守上總國柴山村ニ仮役所ヲ設ケ柴山藩ト稱ス

去辰年備中守儀上總國内ヘ轉國被仰付去月下旬旧
領掛川表総引拂相濟候旨於東京表御届仕候旨申越
候間比段御届申上候以上 二年七月廿三日」

なお、
東京大学史料編纂所>データベース検索画面>
できごとを主題に 維新史料綱要データベース
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
キーワード「太田資美」と「掛川藩」で別個に検索したところ、
明治元年7月10日以降分では重複を含め
「太田資美(17件)」「掛川藩(18件)」の記録がありますが
明治天皇の東幸時期とも重なるためか
残念ながら掛川藩(柴山藩<松尾藩>)に関する移動記録はありません。

あと、太田資美を含め太田家に関しては、
◇国文学資料文学館(歴史資料)
http://www.nijl.ac.jp/
史料情報共有化データベース
http://base1.nijl.ac.jp/infolib/meta_pub/SKYSearch.cgi?DEF_XSL=detail&SUM_KIND=MetaSummary&SUM_NUMBER=20&META_KIND=NOFRAME&IS_KIND=MetaMeta&IS_SCH=META&IS_STYLE=default&IS_TYPE=meta&DB_ID=G0000004SKY&GRP_ID=G0000004&IS_EXTSCH=&IS_NUMBER=1&IS_START=1&IS_TAG_S1=InfoD&IS_KEY_S1=ac1970206&IS_CND_S1=ALL
によれば、1720(享保5)年~1914(大正3)年の間にわたる
「上総国柴山太田家文書」が存在し、千葉県文書館が全文書を複製しているとの事ですから、
情報収集には「千葉県文書館」が一番かもしれません。
http://www.pref.chiba.lg.jp/bunshokan/contents/index.html

以上 少しでもヒントになれば幸いです^^

直接の史料ではありませんので、余り役立たないかもしれませんがm(_"_)m
少なくとも沼津藩(菊間藩)に関しては
一気に短期間で藩士・家族全員という事でもなさそうです。

◇『平成22年10月24日 一紅会歴史研究会「幕末維新の旅」
房総の地に生きる -駿河遠州諸藩士の維新- 渡辺房男』によれば、
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kf1-tokyo/9th_rekishi/9threkisikenkyuu.pdf
…典拠・出典が明示されていませんが…
沼津水野家は「4か月で移動」「舟で移動するものも多い」と記述されています。

○当時の駿河、遠州...続きを読む

Q長府藩主家(毛利秀元の家)の幕府からの厚遇

毛利秀元は、もともと毛利輝元の嗣子でした。輝元に実子の秀就が生まれたために身を引いて別家を立てた人で、官位は正三位参議と高く、関ヶ原の役以前は山口20万石を分知され「毛利家一門筆頭」であったようです。輝元の陣代を度々任され、優れた武将として多くのエピソードを持っています。

関ヶ原の役の後、防長2国に押し込められた毛利家の中で、長府5万石を分知されて「一門筆頭、正規の大名」の立場になったわけですが、秀元本人はともかく、2代目の光広、3代目の綱元はいずれも四品に上り、将軍の偏緯を与えられています。綱元は侍従にも任じられています。この「四品、侍従、将軍の偏緯」と言う待遇は、国持大名である毛利本家の当主と同じです。5万石の大名としては、他に例がない厚遇と思われます。
http://www.asahi-net.or.jp/~ME4K-SKRI/han/chugoku/chofu.html
4代目・5代目は四品には上っても将軍偏緯は与えられず、秀元の直系が途絶えた6代目以降は「普通の5万石の大名」扱いになっていますが。

秀元は江戸時代に「戦国の最後の生き残り」的な尊敬を受けた人だったようですが、1651年に生まれた3代目の綱元(秀元の孫)にまでその余慶が及んだということでしょうか?4代目に至り、将軍の偏緯を受けなくなったのも何か理由がありそうです。

毛利秀元は、もともと毛利輝元の嗣子でした。輝元に実子の秀就が生まれたために身を引いて別家を立てた人で、官位は正三位参議と高く、関ヶ原の役以前は山口20万石を分知され「毛利家一門筆頭」であったようです。輝元の陣代を度々任され、優れた武将として多くのエピソードを持っています。

関ヶ原の役の後、防長2国に押し込められた毛利家の中で、長府5万石を分知されて「一門筆頭、正規の大名」の立場になったわけですが、秀元本人はともかく、2代目の光広、3代目の綱元はいずれも四品に上り、将軍の偏...続きを読む

Aベストアンサー

類似の質問が以前ありました。
http://oshiete.homes.jp/qa2740833.html

ご質問の主眼が以前のものとは若干違うような気もしますが、私も回答しているので、いちおう紹介しておきますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報