分子式C8H8O2で与えられる芳香族エステルって覚えてなきゃわからないんですか?不飽和度などから自分で作っていけるもんなんですか?有機化学始めたばかりなのでよくわかりません。これをとくにはどんな知識が必要なんですか?

A 回答 (2件)

monmonmonさんこんばんは。



どうしたんですか?
monmonmonさんは化学の分野でいくつかちゃんとした回答をされていますよね?
お得意な分野かと思っていましたが。

芳香族の意味、わかりますね?
エステルの意味もわかりますね?

最も簡単な単環式芳香族核部分がCを6個必要とするから、残りのCは2つだけ。
最も単純な酸エステル部分の構造はCOOCH3。
もうCは残っていないことはおわかりですよね?

本当は何をお知りになりたいのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございました。

お礼日時:2001/11/04 17:34

>分子式C8H8O2


の有機化合物なら大変だけど・・・
「芳香族」ということは?
「エステル」ということは?
この程度の言葉の定義とその構造は覚えていなければいけません。
ちゃんと参考書等で確認してください。

>不飽和度などから自分で作っていけるもんなんですか?
炭素数と水素数の関係からある程度は限定できますが、この分子には無いみたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございました。

お礼日時:2001/11/04 17:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芳香族エステルのニトロ化

安息香酸メチル(C6H5COOCH3)のCOOCH3はメタ配向性ですが、これは直接硝酸でニトロ化はできるのでしょうか?

さらに酢酸フェニル(C6H5OCOCH3)だと配向性はどうなるのでしょうか?
またこれも直接硝酸でニトロ化ってできるんでしょうか?

どちらも酸によって加水分解してしまうような気がするのですが。

Aベストアンサー

安息香酸メチルは、混酸(硫酸+硝酸)でニトロ化できます。m-ニトロ安息香酸誘導体の合成の定法です。エステルの加水分解はほとんど起こりません。

酢酸フェニルのニトロ化も可能だと思います。一部加水分解される可能性も否定できませんが。
この場合、フェノール誘導体ということになりますので、オルト、パラ配向性、活性化ということになると思います。

なお、直接硝酸でと書かれていますが、混酸使用ということでよろしいですよね。
硝酸だけでということになれば、話が変わってきます。

Q有機の芳香族

有機の芳香族の系統図って丸暗記でよいのでしょうか。理屈は化学の辞書のようなもの(新研究)で調べましたが、難しくて分からない、特に暗記したほうが圧倒的にはやいというものが多かったです。ごく1部理解を伴った暗記ができそうなものもありました。基本は「反応物とメインの生成物を丸暗記」でよいでしょうか。参考書にもある程度暗記が必要と書いてありました。

Aベストアンサー

どこのことを言っているのかにもよりますが、反応そのもののことであれば丸暗記で良いでしょう。たとえば、ベンゼンを中心に、ニトロベンゼン、アニリン、アセトアニリド、ベンゼンスルホン酸、フェノール、クロロベンゼン、・・・が書かれているやつのことですよね?

それ以外に、構造決定の問題などはよく出ますので異性体の考え方などはよく理解しておいた方が良いでしょうね。オルト、メタ、パラのこととかね。

Q有機合成・芳香族求核置換反応

キサンツレン酸(キノリンの2位を-COOH、4・8位を-OHで置換した化合物)の4位にある-OHを-OMeに置換した化合物(キノロバクチン)を合成する論文を読んでいます。経路の一つとして、

1)POCl3を用いて4位の-OHを-Clに置換し、
2)MeONaを用いてその-Clを-OMeに置換する

という方法が提案されましたが、2)の反応が進行しなかったそうです。その理由として以下のように書いてあります。

When the chloro compound(反応1の生成物) is treated with sodium methylate, the first reaction occured at the carboxylic acid developing a delocalised negative charge which imped a second approach of a negatively charged species i.e. the methylate ion in the key aromatic nucleophilic substitution step.

この文の意味がよくわかりません。カルボキシル基が負電荷を引き寄せて負に帯電するため、求核試薬のMeO-が接近できないということでしょうか?


あと、1)の反応の際、4位の-OHのみ置換するのはなぜでしょうか?(キサンツレン酸の8位の-OHはPOCl3処理で変化しないと書いてあります。)

回答どうぞ宜しくお願い致します。

キサンツレン酸(キノリンの2位を-COOH、4・8位を-OHで置換した化合物)の4位にある-OHを-OMeに置換した化合物(キノロバクチン)を合成する論文を読んでいます。経路の一つとして、

1)POCl3を用いて4位の-OHを-Clに置換し、
2)MeONaを用いてその-Clを-OMeに置換する

という方法が提案されましたが、2)の反応が進行しなかったそうです。その理由として以下のように書いてあります。

When the chloro compound(反応1の生成物) is treated with sodium methylate, the first reaction occured at...続きを読む

Aベストアンサー

はじめの部分は、-COOHの部分がCH3ONaとの反応によって-COONa(あるいは-COO^-)になり、そこに負電荷が生じるために、結果的に環の電子密度も増大し、求核置換を起こしにくくなるということでしょう。
つまり、CH3ONaよりも、-COOHの方が強酸なのでこのようになります。ただ、"imped"の意味が分かりません。ミスタイプでしょうか。

後半の部分に関して考えておかねばならないのは、POCl3などによってClに変換されるOHというのは、基本的にアルコール性のOHであり、フェノールでは起こりません。式の上では4位のOHもフェノール性に見えますが、N原子やカルボキシル基の影響でアルコール的な性質になっているためにClで置換されたということでしょう。ある意味、例外的ともいえます。

Q有機化学 芳香族性に関連して

芳香族性を示す物質の中に
ピリジンやピリミジンやピロールやイミダゾールやフランがあるのは
などがあるのは分かりましたが、
これらの物質はみな共役系ですか?
「薬剤師国家試験対策本の虹本に二重結合(またはローンペアまたは空軌道)と単結合が交互に連なる系は共役系と呼ばれる。」とあったので、このケースに該当するのか良くわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>二重結合(またはローンペアまたは空軌道)と単結合が交互に連なる系は共役系と呼ばれる。
これは正しい記述ですが、それと芳香族性とは別問題。
シクロブタ-1,3-ジエン、シクロオクタ-1,3,5,7-テトラエンなどは「反芳香族性」。
>ピリジンやピリミジンやピロールやイミダゾールやフラン
これらは芳香族性複素環です。

QC7H8Oの芳香族化合物について

問.C7H8Oの構造異性体である、①0ークレゾール②mークレゾール③p-クレゾール④メチルフェニルエーテル⑤ベンジルアルコール
これらをエーテルに溶解させた後水酸化ナトリウム水溶液を加え振り混ぜると、ABCは水槽へ、DEはエーテル層へ含まれていた。Dを過マンガン酸カリウムで酸化すると銀鏡反応を示すFを経て酸性の化合物Gへと変化した。Cのベンゼン環の水素原子1個を塩素原子で置換した化合物には2種類の異性体が存在する。ABを無水酢酸と反応させたところ化合物HIが生成した。HIに過マンガン酸カリウムを用いて酸化するとJKへと変化した。得られたJKを酸性触媒を用いて加水分解するとLMが生成した。このうちMは医薬品として用いられている。

塩化鉄(Ⅲ)水溶液で呈色するのは何種類か答えよ。

上記の問題なのですが、画像のように考えたのですが、塩化鉄Ⅲに呈色する条件としては直接ベンゼン環にOH基がついているものなので、この私の解いた画像だと、ABCMの4つなのですが、解答では5つとなっています。どこで勘違いしているのかわからないので、かなりお手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

問.C7H8Oの構造異性体である、①0ークレゾール②mークレゾール③p-クレゾール④メチルフェニルエーテル⑤ベンジルアルコール
これらをエーテルに溶解させた後水酸化ナトリウム水溶液を加え振り混ぜると、ABCは水槽へ、DEはエーテル層へ含まれていた。Dを過マンガン酸カリウムで酸化すると銀鏡反応を示すFを経て酸性の化合物Gへと変化した。Cのベンゼン環の水素原子1個を塩素原子で置換した化合物には2種類の異性体が存在する。ABを無水酢酸と反応させたところ化合物HIが生成した。HIに過マンガン酸カリウムを用いて酸化するとJKへと変化した。得られたJ...続きを読む

Aベストアンサー

LはJを加水分解したものなので、
m-C6H4(CH3)OHです。
これはフェノール類です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報