TOEICのリスニングは45分で100問ということですが、テープは一問につき1回しか流れないのでしょうか?それとも繰り返されるのでしょうか?また問題と問題の間隔は何秒ぐらいありますか?よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1 sassyさんの回答に、個人的な感想を補足します。



問題と問題の間の間隔は、「え?なんだって?ええっとええっと…」と思ったら、もう次が流れてくる、という感じです。人生で一番集中した45分間といえるほどです。

途中で数秒でも気持ちが途切れると、なしくずしにその後の問題が総崩れになりかねません。それを防ぐには、わからない問題は踏ん切り良くあきらめて適当にマークし(正解数で点数が加算されるので、マークしなければソンです。当たればラッキー)、次の問題に対して心と耳の準備をしてください。

私は、テープが流れる前に先に問題だけ見ておきました。回答の選択肢はテープが終わった後、回答時に見ます。また、リスニングの中でもパートごとに問題形式が異なります。それぞれについて、テープと回答の内容を調べ、および時間配分とリズムをあらかじめ考えておくと、いいと思います。このへんのことまで書いてある問題集を選んでみてはいかがでしょうか。

sassyさんのおっしゃるとおり、「慣れ」の要素は大きいです。もし時間とお金に余裕があれば、複数回トライされできるといいと思います。
    • good
    • 0

回数は1回のみです。

ネイティブと話すときにいちいち“I beg your pardon?”とは聞き返せませんよね。それと同じです。
間隔は、マークシートに回答していればあっという間に過ぎていきます。ちょっと考えられるぐらいです。

詳しくは問題集を買ってみてはいかがでしょうか。
TOEICはある程度、「慣れ」の要素も絡んできます。継続的に受験することが肝要でしょう。

参考URL:http://www.toeic.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOEICのリスニング対策にエッセイのリスニング教材を聞くのはナンセンスでしょうか?

どちらかといえば日常会話などを題材とした教材のほうがいいのでしょうか?

耳をならすという意味ではどれでもいいのかもしれませんが、TOEICそれに今後(営業職 会話も必要)の場合だと
あまりエッセイの文章に強くなってもあまり必要がない気がしまして・・・

Aベストアンサー

No.4です。
補足ありがとうございました。
エッセイというのは、学習者向けの朗読なのですね。

実際使えるリスニング力ということなら、
No.2の方がおっしゃっているように、聴いたり音読したり、読み物を読んだり(語彙が増えます)、いろいろやるのが良いと思いますよ。

と同時に、TOEICの速さのものを取り入れたらいいのではないでしょうか。
慣れもありますので。
音声は聴かないと慣れませんし。
http://www.toeic.or.jp/toeic/faq/faq_01_4.html
http://www.toeic.or.jp/toeic/faq/faq_01_10.html

ただ、TOEICだけやっていても会話はあまり上達しないと思います。
聴いて読むには練習になりますが、
No.3の方がおっしゃるように会話や書くこともやったほうが良いです。

QTOEICリスニング問題集の併用について

いつもお世話になっています、こんばんは。

TOEICを今年中に受験することになりました。
旧試験の時に数回受験したきりで、新試験は初めての受験です。
リスニングのスコアUPを重視したいので、リスニングの練習をしています。

リスニング専用の問題集を1冊購入し時間あれば聴いているのですが、その問題集1冊だけずっとこなす事で聴きなれてしまい問題を暗記してしまったりしないかと疑問を持ちました。友達とリスニング問題集を交換したり、音読をすることでスコアUPを目指そうと考えています。

質問1:問題集(リスニング専用)を併用したほうが良いでしょうか?
質問2:巷で言われている「音読」はリスニング対策になるでしょうか?

お時間ある時にお答えください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問1
TOEICの問題は、英語の学習教材としても十分使えるものだと思っていますが、リスニング力をアップさせるには、ある程度集中して量を聞くことが必要なので、そのためには、自分の興味のある内容のものを楽しんで聞くのが一番だと思います。興味があれば飽きないし、聞き取ろうという意識が自然に働くので効果が上がります。ちなみに、同じ問題集を繰り返して、問題を暗記されることを気にされているようですが、中途半端に「わかる、わかる」と流してしまっては、確かに効果が低くなるでしょう。そうではなく、本当に暗記して自然に口をついて出てくるくらいまで繰り返すことができたら、大したもんです。逆に凄い実力になるはずです。

質問2
音読もきちんとやれば、リスニングに効果が出てくると思います。音読すると、黙読と違って、語順のままで読まざるを得ませんから、英語を英語のまま理解する力を養います。また、ネイティブの発音を真似ようとすることで、正しい音を聞き分ける力を養うでしょう。ですから、リスニング、特に、シャドーイングなどをしっかりやって、できるだけ正しい発音で音読しようとする必要があると思います。

質問1
TOEICの問題は、英語の学習教材としても十分使えるものだと思っていますが、リスニング力をアップさせるには、ある程度集中して量を聞くことが必要なので、そのためには、自分の興味のある内容のものを楽しんで聞くのが一番だと思います。興味があれば飽きないし、聞き取ろうという意識が自然に働くので効果が上がります。ちなみに、同じ問題集を繰り返して、問題を暗記されることを気にされているようですが、中途半端に「わかる、わかる」と流してしまっては、確かに効果が低くなるでしょう。そうではな...続きを読む

Qtoeicのリスニング問題で、、、

Toeicのリスニング問題集の問題で、文の構造が分からなくなってしまった文がありましたので教えてくださいませ。

You'll each conference individually with Sally Morgan, the head of human resources,
to discuss how much you would like withheld from your salary for your pension
contributions.......

のような文がありました。
you would like withheld... でいきなりwithheldという過去分詞が出てきましたが、これは

you woul like to have your pension contributions withheld from your salary....
に書き換えられますか?「給料から年金年金捻出金をいくら天引きしてほしいか、、」
というような意味です。。

woul like の後に過去分詞って、文法的に可?でしたか?

教えてくださいませ。

Toeicのリスニング問題集の問題で、文の構造が分からなくなってしまった文がありましたので教えてくださいませ。

You'll each conference individually with Sally Morgan, the head of human resources,
to discuss how much you would like withheld from your salary for your pension
contributions.......

のような文がありました。
you would like withheld... でいきなりwithheldという過去分詞が出てきましたが、これは

you woul like to have your pension contributions withheld from your salary.....続きを読む

Aベストアンサー

would like = want ですが,
want は want O to be 過去分詞
= want O 過去分詞で,
O が~されるのを望む
O が~されてほしい
という意味になります。

ここでは would like X-amount withheld で,
X 分量が引かれるのを望む

この X を尋ねるのが how much であり,
前に出ます。

How much would you like withheld ~?

ここでは discuss の後で,名詞節として間接疑問文なので,
肯定文の順序で
discuss how much you would like withheld ~

ぱっと見て,would like の目的語として
how much を見つけることです。

QTOEIC リスニングの問題集の効率的な進め方

6月のTOEICを始めて受験する予定なのですが、過去問をといたところ、リスニングパートが225点しか取れませんでした。(この問題集では、本番より50点位低く出ることもあるそうなのでなんともいえませんが)

そこで、問題集を進めるにあたって質問なのですが、
(1) リスニング問題を解いた後、丸付けの際に細かく語彙や聞き取れなかった原因を見直した後、もう一度聞く。
(2) とにかくニュースや洋楽などを一日30分程度聞くだけ
(3) 何回も同じ問題を解く。
(4) 違う問題をとにかくたくさんこなす。

リーディングはまだ解いていませんが、英検2級を持っています。
単語集のアルクのキクタン1600(アドバンスレベル)と平行して進めています。

上記のうち、最も効果的なやり方はどれでしょうか?
またはその他のやり方で、一ヶ月でできるだけたくさんスコアを伸ばすためには何をしたら良いですか?
また、英検準一級問題集を持っているのですが、付属のリスニングCDはTOEICにも役立ちますか?
その他、簡単にTOEICの演習問題(リスニング&リーディング、またはどちらか)ができるホームページがあったら教えてください。

スコアは最低でも500以上を目標にしています。

6月のTOEICを始めて受験する予定なのですが、過去問をといたところ、リスニングパートが225点しか取れませんでした。(この問題集では、本番より50点位低く出ることもあるそうなのでなんともいえませんが)

そこで、問題集を進めるにあたって質問なのですが、
(1) リスニング問題を解いた後、丸付けの際に細かく語彙や聞き取れなかった原因を見直した後、もう一度聞く。
(2) とにかくニュースや洋楽などを一日30分程度聞くだけ
(3) 何回も同じ問題を解く。
(4) 違う問題をとにかくたくさんこなす...続きを読む

Aベストアンサー

私は、まるで使えない昔の日本の英語教育を長年受けました。
コテコテの日本人英語、発音ダメ、聴きとりダメの状態でした。

このままではマズイと、TOEICを志しました。
リーディングに比べリスニングがさっぱりで、何と120点の差です。
アカンと思いました。日本語でも他人のしゃべりが聴けません。

「リスニングは得点アップしやすい」とどこかに書いてあったのを信じ、
1か月集中してリスニングだけをトレーニングし、試験に臨みました。
そうしたところ、リスニング65点アップという満足な結果を得ました。

私は、模試形式の問題集とTOEIC公式問題集で、
パート2、3、4 を朝・昼・晩と集中的にやりました。
本番より難しめの模試では、やはり点が全然取れません。
自信をなくすので、あまり真剣にやらないほうがいいかもしれません。
本番の換算点を計算できるようになっているものがありますが、
メジャーな書籍のものならば、換算点はけっこう信頼できると思います。

模試形式の問題をたくさん解く利点としては、
話の文脈がイメージできるようになるということがあります。
TOEICのリスニング問題に登場するのは、ビジネスシーンや、
空港での便の案内、人の紹介、などある程度決まっています。
それらに慣れてくると、問題のナレーションを少し聴いただけで、
「あ、こういうジャンルの話だろう」と予想がつくようになります。
短期間で得点をアップさせるコツはここにあると思います。

そうすると、その文脈に関連のある表現が頭に入りやすくなります。
聴こえていなくても、予想していると、「空耳」で聞こえてしまうのです。
リスニングCDなどで、早すぎて聞けなかった部分を再度聴いてみて、
「こりゃムリだろ。ちゃんと言ってないし・・・」と思うことがあるでしょう。
「ちゃんと言ってない」とか「速すぎる」のが聴ける種明かしはこれです。
「絶対無理だ・・」と諦めず、コツさえ身につければ、絶対に聴けます。

一つの単語をしっかり聴き分けようとするのも確かに重要です。
パート2では、最初の一語(Where When など)が聴けなければ、
答えがさっぱりわからない場合があります。
日本語の意味は後ろのほうで決まったりするので、
ふつうの日本人ならば、最初の一語を聞く慣れを作る訓練をすべきです。

しかし、英語のリスニング学習をする上で、とても重要なのが、
単語という「部分」にこだわり過ぎてはいけないということです。

単語を聴き分けて、「部分→全体」と把握する解釈法もありますが、
聴こえた少数の単語から「全体」をおぼろげに予想し、それを基に、
単語という「部分」を予想しながら聴きとっていくという方法もあります。
逆の「全体→部分」のプロセス。「穴を埋める」「当てはめる」イメージ。
これら、両方の解釈法を身に付けているのが、熟練者のはずです。
英検2級の方なら、単語ベースの学習は既にやれているのではないでしょうか。

また、「短文ベースで覚える」という、「全体」と「部分」をつなぐ
中間的なパーツ「短文」に着目して学習するのも、とても効果的です。
かたまりで覚えると、これまた、単語レベルでは音が曖昧だったり、
速すぎて本来聞き取れないようなものでも、聴きとることができます。

ご自分で判断されて、弱点を補強するような練習をすべきですが、
「全体→部分」の解釈を集中練習するのならば、
単語に着目した教材からは、一旦距離を置くべきだと思います。

(1) リスニング問題を解いた後、丸付けの際に細かく語彙や
聞き取れなかった原因を見直した後、もう一度聞く。

これはやるべきです。でも、難しいものには執着しないのがベター。
「だいたい分かる」を繰り返して練習いくうちに、
だんだんとはっきり分かるようになってくるので、急がす焦らずです。

(2) とにかくニュースや洋楽などを一日30分程度聞くだけ

ネイティブが読むニュースやリズム付きの音楽は難易度が高く、
あまり、TOEICのトレーニングには効果的とは思いません。
特に好きならば、継続できるので意味があるかもしれません。

(3) 何回も同じ問題を解く。
(4) 違う問題をとにかくたくさんこなす。

同じ問題を数回程度やるのは、記憶の定着の効果がありますが、
先入観ができているため、新しい問題への対処力の養成になりません。
本番では、初めての問題に直面するわけです。
新しい文を一回聞いただけで、解釈できねばならないので、
新しい文をどんどんこなしていく武者修行のような練習が必要です。
負担を感じる場合は、文が短い教材で練習すると良いでしょう。

「絶対できるようになりたい!」という気持ちがすべてです。
才能なんてなくても、続ける(=やめない)ことで、
いつか必ず欲しい実力が手に入ります。頑張ってください。

私は、まるで使えない昔の日本の英語教育を長年受けました。
コテコテの日本人英語、発音ダメ、聴きとりダメの状態でした。

このままではマズイと、TOEICを志しました。
リーディングに比べリスニングがさっぱりで、何と120点の差です。
アカンと思いました。日本語でも他人のしゃべりが聴けません。

「リスニングは得点アップしやすい」とどこかに書いてあったのを信じ、
1か月集中してリスニングだけをトレーニングし、試験に臨みました。
そうしたところ、リスニング65点アップという満...続きを読む

QTOEIC885からの勉強法 新形式でのTOEICのスコアが885点(リスニング445、リーディング

TOEIC885からの勉強法

新形式でのTOEICのスコアが885点(リスニング445、リーディング440)です。LRバランスも含めて、数回同じような点数で停滞しています。
約一ヶ月後に次回のテストを控えています。何に焦点を絞って勉強すべきでしょうか?900点台ホルダーの方、いま同じような点数レンジで奮闘されている方、アドバイスをいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

#立読み常習者なので、あまりリスニングは練習できてなく、だいたい訓練がリーディングに偏っている。以下も結構リーディング対策に偏っている
#でも、900取れた頃は、実はリスニング470、リーディング430くらいだったんだよな、俺。

900前半が取れるときが出てきた頃は

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
ISBN-13: 978-4876152575
新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5
ISBN-13: 978-4023314313

を「論点が見えて」楽になるまでやってたかなあ…。自分がどういうところで落とすのか。900点前後ってのは全分野900点基準を取れるというわけではなく、基準より優秀な部分と基準より劣った部分の平均だからきっとこういう本も役に立つ、と考えつつ、900点以上対象者の教材も積極的に拾おうとしていったかな…基準は「ほとんど解けるから合格」じゃなく「全問正解できたか?」という厳しいものになるだろう。

「ダメージを受けるよ」と予め心の準備をしておくとダメージが軽減・緩和される。「Amazonで高得点者もボロボロな点数になることが普通にあるんだから、きっと自分もボロボロになる。それでも俺は受け入れる」って覚悟を整えてから

全問正解する新TOEIC TEST990点対策
ISBN-13:978-4876152575

に挑んだ。正解不正解と言うか「根拠となる部分は解答の和訳上どれか、和訳に対応する英訳上の部分はどれか、どの情報があれば解けたか」「その部分を自分はどう読んでいたか?」「不正解に出てきた数値等は本来なんの数値や人名だったか」照らし合わせて弱点を埋めたり。まー基本的にリスニングも一緒ですけどね。並行して英検1級の過去問もやっていた気がする。準1級読解満点狙いは少しぬるく感じるかも。

あと問題数が足りないからアレだが、
TOEIC(R) テスト BEYOND 990 超上級リーディング 7つのコアスキル
ISBN-13: 978-4757426566
とかに挑んだり
TOEIC(R)TEST 990点満点リーディング
ISBN-13: 978-4756915054
を一通り読んで、「どういう情報の隠し方があるのか」を知識として知ってみたり…
TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】
ISBN-13: 978-4757424999
も自分はあまり真剣に考えなかったかな、一応知識として知っておく、くらいで超上級は900後半でも普通にボロボロだし。

少し難し目の問題セットを解き、問題セットで誤答した問題を集めて統計にして自分の弱点傾向を把握していくようにする。それにあわせてトレーニングが決まる。

他に、おそらく参考にならない、自分特有の癖として、文章を鉛筆で(書かないまでも)なぞり、そのペースに合わせて読んでいたが、意外とこれが遅いことがわかり、出来るだけ視点移動だけで読めるようにしたこともあったかな。

#立読み常習者なので、あまりリスニングは練習できてなく、だいたい訓練がリーディングに偏っている。以下も結構リーディング対策に偏っている
#でも、900取れた頃は、実はリスニング470、リーディング430くらいだったんだよな、俺。

900前半が取れるときが出てきた頃は

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
ISBN-13: 978-4876152575
新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5
ISBN-13: 978-4023314313

を「論点が見えて」楽になるまでやってたかなあ…。自分がどういうところで落とすのか。900点前後ってのは全分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報