個人で光学顕微鏡を買う場合の、信頼できる(そしてできれば安い)通販業者を紹介して下さい。インテルのUSB顕微鏡やニコンのファーブル(双眼)ではなく、目で覗く普通の(中学校や高校にあるような)顕微鏡です。対象は生物を想定しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

阪急百貨店の通販サイトで、17200円てのが


ありますね。
顕微鏡や望遠鏡を売っています。

参考URL:http://astro.o-kini.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。定価ではなく割引されているのが非常に助かります。送料もそれほど高くないですね。
送料無料でもっと安い……という情報があれば最高なのですが、難しいでしょうね。
でも一応締切はもう少し先にします。

お礼日時:2001/11/05 07:50

>どのあたりで「性能がいまいち」なのでしょうか


私の見る目が特に厳しいのかもしれませんがまずは明るさですね。
あと、収差も少しあるので像がシャープとは言えない。

近い例を挙げると、N社、C社等の一眼レフカメラ+純正レンズの組み合わせが良好な画質(高級な顕微鏡)とすると、フルオートのポケットカメラ位の画質になります。
最低でも写るんですなどのフィルムカメラ以上の画質はありますけどね。
(私のシャープな画像の良好な顕微鏡の基準だと数十万円以上の高級機との比較になります。)

特に倍率が大きいときにこの傾向は顕著になります。
本当のおもちゃのようなもの(2~3千円位でありますよね)に比べれば遙かに良いし、ルーペなどでも観察出来ないくらいの小さな構造は十分見れますので、個人ユースだと特に問題は無いかもしれません。
こればっかりは、個人の主観的な問題なので、太鼓判はなかなか押せないのがつらいところです。
もし機会があれば直接手にとって見られると良いのですけどね。
ビクセンは老舗で、この学習用顕微鏡、望遠鏡の大手なので、結構お店でも扱っています。
名の知られていないようなメーカの製品よりは安心だと思いますけどね。

私が子供の頃はよくこれで遊んだものです。不満は無かったですよ。今みたいに目は肥えていなかったので。
(今は本職が光学なのでどうしても、、、ね)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。光学専門の方が数十万円の顕微鏡と比べて……ということであれば、僕には分からない世界だろうなという判断をさせてもらいます。
僕の場合、基準が中学校とかにある顕微鏡(5万円くらいなのかなぁ。しかも、汚れている。)なので、2~3万円くらいで妥協しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 20:45

>直販は、中村理科


ではないです。以前某中学校出入りの業者から.安物(1万円.当時の月給は3万ほど)を購入しました。が.光学系が狂っている(倍率を変えると中心位置がずれる)ので.使い物になりませんでした。一応.子供の小学校高学年から中学校の夏休みの宿題が片付きましたから.結果的にはやすい買い物には違いなかったです。

孫に私が学生時代に使った顕微鏡と同程度の性能をと思って.しばらく前に調べたらば.10万ぐらい(当時大卒初任給15万程度)でした。現在孫のおもちゃになっています。
販売店(問屋)は「井????」という店ですが.近所の代理店から購入しました。写真撮影をするのであれば.15万円ほどです。私の場合.目が悪いのでできませんし.孫に1ガンレフを購入してやる気にもなれませんから.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

月給の3分の1くらいで使い物になりませんでしたか……。厳しい話ですね。倍率を変えたときに中心がずれるんだったら、高倍率ではまるで使い物になりませんよね。
とりあえず、1台目なので安物を買ってみたいと思います。限界を感じれば、2台目以降(買うのかなぁ?)で高級機を検討します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 20:49

どの程度のものをお探しでしょうか。


個人用、特に小学生などを対象とした顕微鏡だと、ビクセンの顕微鏡なんかが老舗ですね。
私も子供の頃に愛用していたことがあります。

性能はもちろんいまいちですが、立派に顕微鏡としては使えます。
通信販売も手がけているようです。(参考URL)

工業用途になるとニコン、オリンパスなどなど性能は抜群ですが、値段も抜群で個人の手に届く代物とは言えませんから。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/V-OPT/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ビクセンの顕微鏡は、どのあたりで「性能がいまいち」なのでしょうか。買ってから「あらら」と苦笑いするのはいやなので、是非教えてください。

お礼日時:2001/11/05 19:52

現在も取り扱っているかどうか不明ですが.三越デパートはどうでしょうか。



もっとも.電話帳で理化学器材屋を探して.でかければ対面販売になりますが.うってくれました。近所の理化学教材屋の仕入れ先がインターネット直販をしていると聞いていますが.該当アドレスを知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
三越さんですか。デパートに結構売っているものなんですね。大きなデパートが近くにないのが残念です。
教材やさんから買うことも考えたのですが、定価というのが……。もともとの値段も学校向けですから安くないですし。ネット直販は、中村理科(http://rika.com)だと思います。

お礼日時:2001/11/05 07:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光学顕微鏡の原理について

こんにちは。

光学顕微鏡の原理について疑問をもってしまいましたので、質問させてください。

光学顕微鏡は、まず対物レンズで試料の『倒立の実像』をつくり、そこの実像を接眼レンズで『正立の虚像』としてみているものだと思います。(この時点で間違っていたらご指摘ください。)
この際、最初に作られた『倒立の実像』はその部分(鏡筒のなか)にスクリーンなどありませんが、なぜ見ることができるのでしょうか?

『倒立の実像』ができるであろう場所を見ればその像は見られるということでしょうか?
映画館とかでスクリーンの位置に立って映写機を見れば・・・映画は見られる(もちろん一部ですが)のでしょうか?

ちょっと最初の話題とそれてしまいましたが、光学顕微鏡の仕組みについて、解説いただけると助かります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>>
光学顕微鏡は、まず対物レンズで試料の『倒立の実像』をつくり、そこの実像を接眼レンズで『正立の虚像』としてみているものだと思います。
<<
まあそういう理解でいいですよ。

>この際、最初に作られた『倒立の実像』はその部分(鏡筒のなか)にスクリーンなどありませんが、なぜ見ることができるのでしょうか?

実像は直接は人間の目では見れませんよ。とはいえ、実像を結んだ後の光線は虚像と同じことになるから、見れないこともありませんけど。

>『倒立の実像』ができるであろう場所を見ればその像は見られるということでしょうか?

その実像の場所を離れたところでかつ光線が目に入る位置で見れば見れますよ。
少々目の焦点位置を合わせるのに苦労しますけど。

>映画館とかでスクリーンの位置に立って映写機を見れば・・・映画は見られる(もちろん一部ですが)のでしょうか?

ご質問者はたとえば写真があって、それを目に貼り付けて見えますか?
実像を結ぶということは、見る物体がそこにあるということです。

人間の目というものは、物点から広がる光の一部を目のレンズで網膜に結像してみています。つまり集光して実像を結んだところに目を持っていっても見えるわけがありません。
虚像というのは「あたかもある点から光が広がっている」ときのそのある点の集まりの像です。実際の物体で考えれば、「虚」ではなくものがあるのですけど、やはりある点から広がる光をみます。

つまり人間の目はあくまで虚像でなければ像として網膜に結像しないから見えないのです。

>>
光学顕微鏡は、まず対物レンズで試料の『倒立の実像』をつくり、そこの実像を接眼レンズで『正立の虚像』としてみているものだと思います。
<<
まあそういう理解でいいですよ。

>この際、最初に作られた『倒立の実像』はその部分(鏡筒のなか)にスクリーンなどありませんが、なぜ見ることができるのでしょうか?

実像は直接は人間の目では見れませんよ。とはいえ、実像を結んだ後の光線は虚像と同じことになるから、見れないこともありませんけど。

>『倒立の実像』ができるであろう場所を見れば...続きを読む

Q光学顕微鏡の調整について(光軸あわせ関係)

顕微鏡のメカニズムをよく知らず、漫然と使っていたのですが、本を見てちゃんと調整してやろうと思っていじっていてどうも変だな、と思うことが出てきましたので教えてください。

コンデンサの視野絞りを絞って小さい視野絞り像にし、それを中心に動かし、それから対物レンズを切りかえると中心がかなりずれているようなのです。これは変ではないでしょうか?また、低倍率(*4)の対物レンズでみて視野絞り像を中心におき、視野絞り像を視野いっぱいにひろげていくと、何かが邪魔をしているように見えます。筒を少し斜めからのぞいて見ているようでまん丸にならないのです。これはおかしくないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あぁBHですか、そりゃよかった。現物が手元にあります。AXとか言われたら
どうしようかと思った(^_^;)。もっともBHにもバリエーションがあって、
鏡体のまん中にBHSとかBHTUとか書いてあります。そちらを教えてください。
今回はとりあえず一番近くにあったBHSを使いました。

というわけで見てみましたが、調節ネジを完全に緩めた状態でコンデンサを
取り付けると、視野の下が欠けます。上が欠けるためには、対物レンズのレ
ボルバーを手前にずらしてやるか、接眼鏡筒を斜めに取りつける必要があり
ました。そこらへんを確認してみてください。それでダメなら修理ですね。

Q光学顕微鏡の焦点深度について

光学顕微鏡について教えてください。

今度、試験を受けるのですが、その中の過去の問題に、

「光学顕微鏡の焦点深度は、(顕微鏡の)総合倍率に比例する。」

「光学顕微鏡の焦点深度は、(顕微鏡の)倍率の2乗に比例する。」

○か×かと言う問題があったのですが、教えてもらえますか。

私は、倍率が高くなるほど、焦点深度は浅くなるので、倍率に反比例すると思うのですが、いかがでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず倍率は、物体の大きさをa、観察される大きさをbとすると、

M=b/a

となりますね。
次に焦点深度dは、
d=λ/(NA^2)
NA:開口数
で表されます。

さて、ここで像bを一定の大きさとすると、
NA*a=C=一定
という関係が成立します。これをラグランジェの不変量と呼んでいます。
この関係から、
d=λ×a^2/(C^2)
 =λ×b^2/(C×M)^2

という関係が導かれます。
b,Cは一定ですから、dは倍率Mの2乗に反比例することになります。
「焦点深度は、倍率の二乗に反比例する」
というのが正解となります。
したがって、ご質問の問題に対する解答はどちらも×となります。

では。

Q光学顕微鏡と電子顕微鏡の違いについて。

学校の課題でミクロの世界のことについてレポートを書いているのですが、まずなぜ光学顕微鏡はある程度以上小さなものが見えないのかが良く分かりません(光の波長に関係があるようですが・・・)。後、電子顕微鏡はどのような仕組みで物を見ているのでしょうか。最後に、電子顕微鏡にはさまざまな種類があるようですが、どのように違うのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

 まず光は「波」だと思ってください(半分嘘ですが)。

 人間に見える光の範囲は、虹で言うところの赤から紫までの波長です。これより波長が短かったり長かったりすると、人間の「目」ではとらえる事が出来ません。
 この、赤や紫の外側の光が「赤外線」や「紫外線」です。

 さて、光学顕微鏡で実際に「もの」を見るのは何でしょうか?そう、自分の「目」です。
 ありとあらゆる色の要素を持った光が物に当たり、たとえばその物の材質が青以外の要素を吸収し、青だけをはね返した場合、私達にその物は青く見えます。光の波は光の波長より小さい物質に当たっても、はね返ってきません。そのため、光学顕微鏡では見えるものの大きさに限界があります。

 では、電子顕微鏡(透過型)はというと、やっていることは光学とたいして変わりません。ただ、より小さい波長のものを対象にぶつけ、はね返ってきた波を機械でとらえて、画面に写します。そのため、白黒で表示されてしまいます。

 ほかに走査型電子顕微鏡というのもあります。これは、波をぶつけるのではなく、表面を小さな針でなぞって(実際には触れているのではなく針と見たい物の間に電圧をかけているのですが)、そのでこぼこを画面上に映し出すものです。この場合も当然白黒です。なにしろこれにいたっては、「見る」のではなく「触って」いるのですから。

 わかりやすく書くために、少し嘘が入っていると思いますが、ご愛嬌と言う事で許して下さいね。

 では、再見!!

 まず光は「波」だと思ってください(半分嘘ですが)。

 人間に見える光の範囲は、虹で言うところの赤から紫までの波長です。これより波長が短かったり長かったりすると、人間の「目」ではとらえる事が出来ません。
 この、赤や紫の外側の光が「赤外線」や「紫外線」です。

 さて、光学顕微鏡で実際に「もの」を見るのは何でしょうか?そう、自分の「目」です。
 ありとあらゆる色の要素を持った光が物に当たり、たとえばその物の材質が青以外の要素を吸収し、青だけをはね返した場合、私達にその物...続きを読む

Q光学顕微鏡の分解能

光学顕微鏡について調べていると次のような記述がありました。

『光学顕微鏡の分解能の限界は、可視光線の波長によって理論的に100ナノメートル程度に制限されており、それより小さな対象を観察することはできない。』

この理論とは何なのでしょうか?可視光の波長領域400-700nmと関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、光学顕微鏡の「見える限界」を議論する場合の「見える」には2種類が存在します。

(1)近接した2つのものが分離して見える
(2)孤立した微小物体がどのくらい小さいものまで見えるか

「分解能」は(1)です。#1さんの説明されている「散乱理論」に基づいて強度的検出限界を議論するのは(2)の場合になります。

さて、顕微鏡の場合(1)については、レンズの歪みや収差、軸ズレ、焦点外れなどがゼロだとした理想的な(最も良い状態でもここまでという)分解能は、照明波長と対物レンズの開口数(物体面上レンズ直下の点からレンズ開口の端を見込む角度のSin)で決まります。レーリー(Rayleigh)の定義した分解能の定義(定義には他にも色々あります)では、

 0.61λ/NA (λ:波長)

となり、対物レンズのNAが0.9で波長が可視域の短い方500nmくらいとすると、この定義による分解能は、340nm程度になります。ただし、これは対物レンズ~物体間の媒質が空気(n≒1)の場合で、この空間を屈折率の高い媒質(immersion oil)で満たすと開口数は屈折率が乗算されて大きくなり、その分だけ分解能は上がります。ご質問で「100ナノメートル程度」とあるのは、こういった特殊な工夫のある場合まで含めて言っているのではないでしょうか(でも100nmはちょっとという感じが。可視光で100nmを分解しようと思ったら...難しいのでは...)。

まず、光学顕微鏡の「見える限界」を議論する場合の「見える」には2種類が存在します。

(1)近接した2つのものが分離して見える
(2)孤立した微小物体がどのくらい小さいものまで見えるか

「分解能」は(1)です。#1さんの説明されている「散乱理論」に基づいて強度的検出限界を議論するのは(2)の場合になります。

さて、顕微鏡の場合(1)については、レンズの歪みや収差、軸ズレ、焦点外れなどがゼロだとした理想的な(最も良い状態でもここまでという)分解能は、照明波長と対物レンズの...続きを読む

Q位相差顕微鏡、微分干渉顕微鏡の原理を教えてください。

位相差顕微鏡、微分干渉顕微鏡の原理を教えてください。
素人なのでできるだけわかりやすく教えてください。
購入を考えているのですが、どういう機能なのか知りたいんです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

顕微鏡でしたら秀潤社さんから出版されている「顕微鏡フル活用術イラストレイテッド」
http://www.bioweb.ne.jp/content/saibo_betsu/kenbi00.html
が結構分かりやすかったと思います.
これから購入されると云うことなので,きちんとした知識を付けた方が良いと思い,
成書の紹介をさせて頂きました.
顕微鏡は勉強してみると面白いですよ~.
おかげで何かする時にはいつも呼ばれてしまいますが....

Q電子顕微鏡と光学顕微鏡、それぞれの長所・短所

顕微鏡には大別すると電子顕微鏡と光学顕微鏡がありますが、それぞれどのような長所・短所を持っているのですか? 倍率などでは圧倒的に電子顕微鏡のほうが優れているはずなのに、光学顕微鏡も今日まで現役を守り通しているということはなにか電子顕微鏡には無い優れた点があると思うのですが…。装置が複雑であるかそうでないかを起因とする幾つかの違いはだいたい分かるのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に使う分野では、小さなものが見られるほどいいとは限りません。
たとえば、ガン細胞をみたい時に、ガン細胞を作っている分子や原子がみえちゃったら、その細胞全体がどういう恰好してるのか見えないですよね。

その分野によって、必要な倍率があります。
また、電子顕微鏡では色はないですね。
いまあげたガン細胞の検査なんかでは、色は重要な意味を持ちます。

ある程度低い倍率で見なければ見えないものもあるので、これから先も電子顕微鏡も光学顕微鏡も共存していくことでしょう。

鉱物学なんかでは、数十倍の顕微鏡じゃないと役に立たないなんてのもあるんですよ。

また、位相差顕微鏡、シュリーレン干渉顕微鏡、偏光顕微鏡といった、光の特性を利用した顕微鏡は電子顕微鏡では不可能です。(理論的にはできるのもありますけど)

Q生物資源と生物多様性

どの分野に入るかわからなかったのでここに書きます!

「生物資源と生物多様性って簡単にいうと
どう違うんでしょうか??」


どちらも食料や薬品や医療など人間の生活上必要な資源
という意味ではないのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

簡単に言うと

生物資源=量
生物多様性=種類です。

ちゃんとした定義はリンク参照のこと
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Rres_S_S3.html
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/shokubutsu_no_bunrui/about_biodiversity.htm

Q光学顕微鏡、電子顕微鏡、ビデオ顕微鏡の違いって何ですか??

今度、授業で顕微鏡についてやるのですが
色々みていると光学顕微鏡やビデオマイクロスコープ、電子顕微鏡などの名前が見当たります。
これらの違いって何なのでしょうか??

Aベストアンサー

光学顕微鏡:
普通に光を使って拡大して見るもの。普通顕微鏡といえばこれをさす。
実際には、光学系の種類や使用する光の種類などでいろいろな種類に分かれる。
光学顕微鏡で観察に使用する光(普通は可視光)は波長が400-750nm程度の範囲になるが、どうしても波長よりも短い間隔を見分けることが難しくなってくる。レンズの種類を変えてもこの限界を突き破ることはできない。

電子顕微鏡:
より小さい物を拡大して観察するにはより波長の短い波を使用する必要があるため、比較的短い波長を容易に作り出すことができる電子線を使い顕微鏡としたもの。光学顕微鏡でのレンズの代わりに電界や磁界で電子線を曲げる。
加速電圧にもよるが、1nm程度の分解能を得ることも可能。
光学顕微鏡と違い、電子線はそのままでは見えないので感光剤や蛍光塗料、センサーで像を捉える。

ビデオ顕微鏡:
光学顕微鏡は普通接眼レンズに目をつけて観察するが、目の代わりにCCDカメラ等を用いて得られた像を電気的な信号に変換、ディスプレイに表示するもの。録画や画像解析を組み合わせて使用することができる。
現在はPCに接続するタイプが多い。

このほかにも走査型プローブ顕微鏡とよばれるものがあるが像を得る原理が全く異なる。
(上記の光学顕微鏡、電子顕微鏡、ビデオ顕微鏡は基本的に対象物の一転から出た光もしくが電子が結像面の一点に集光する現象を使用しているが、プローブ顕微鏡は対象となる物体の表面を針でなでて表面の凹凸を調べる。)

光学顕微鏡:
普通に光を使って拡大して見るもの。普通顕微鏡といえばこれをさす。
実際には、光学系の種類や使用する光の種類などでいろいろな種類に分かれる。
光学顕微鏡で観察に使用する光(普通は可視光)は波長が400-750nm程度の範囲になるが、どうしても波長よりも短い間隔を見分けることが難しくなってくる。レンズの種類を変えてもこの限界を突き破ることはできない。

電子顕微鏡:
より小さい物を拡大して観察するにはより波長の短い波を使用する必要があるため、比較的短い波長を容易に作り出すこ...続きを読む

Q多細胞生物について説明しなさいという問題で、 2つ以上の細胞から出来ている生物って書いたんですけど、

多細胞生物について説明しなさいという問題で、
2つ以上の細胞から出来ている生物って書いたんですけど、これってまるですか??

Aベストアンサー

厳密には「○」ですが、実際問題2個の細胞でできてる生物はいてないのでねぇ・・・

生物学専攻やったおいらも知らなかったけど、多細胞生物で一番少ない細胞を持った生物は4個やそうです(v.v)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9


人気Q&Aランキング

おすすめ情報