バブル経済について知りたいです。
どういうことか、なぜ起こったかなど。
また、それについて情報(グラフなど)が得られるHPとかも教えていただきたいです。
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バブル経済はどこでも起こっています。

昔、オランダでチューリップのバブルがありました。チューリップにみんなが価値あるものとして購入しました。しかし、熱が冷めると値段はがた減り。

流行や思い込みが集団で起こるときバブルになります。

商品の価格は、需要と供給で決まるように見えますが、実はその商品を作るのにどのくらい労働を費やしたかで決まっていきます。労働価値説。
空気は大切だがタダ。労働を必要としないから。土地の価格は、そこで商売をして利益を得るための資本としてみなされ、その当時の商売の利益率で決まっていきます。
このように物には、いつも適正価格を出すことができます。
この、適正価格で取引されなかったり、商品を買っても有効に利用しなかった場合(貯めこみ)、バブルが生じます。

現実は、バブルとバブルの崩壊を繰り返し、適正価格などまったく守られていません。人間にとって本当に必要なものはほとんど無いのです。多くのものは流行商品であり、人間の思い込み(大切、好き、必要)の商品です。
    • good
    • 1

バブルとは単純に言って、ペーパーマネーが期待で実体以上に膨らんでる事を指します。

(ペーパーマネーとは株や土地等の、財務諸表上の評価額の事。理論上、現金と同じ価値であるが現実ではない為にこう表現する。)
この場合、期待には必ず「根拠」(ハイテク等)があって、根拠と実体(どちらもハイテク)はかなり像が重なっている為に見分けるのが困難です。

80年代後半におきたバブルの起こった理由として考えられるのは一言で言えば「土地」です。そして、これに拍車をかけたのが「株」と「外貨(ドル)」です。
昭和30年以来続いた右肩上がりの土地神話がもっとも大きな元凶になります。
この期間に資産を築く王道は、「インフレで慢性的に目減りする現金」を借りて「利息以上の速度で確実に値上がりする土地」を買う事でした。

土地の実体とは「その場所で何らかの商売をして生み出す利益」がベースなのですが、値上がり期待ができる以上使う事ではなく一種の投資対象という考え方が出来ます。
最初のうちは、この事に気づく人間が余り多くなかったのですが、西武やダイエーに代表されるような成功者が出てくる辺りになるとだんだん気づいて始める人も増えてきました。すると、土地は有限なので需給があっという間に引き締まって「実体」以上に値上がりしました。
これが、「土地バブル」あり80年代バブルの土台になります。
さて、これに拍車をかけた「株」ですが、株は基本的に企業の業績が反映された物です。しかし、この業績が「土地の含み益」を織り込んだものになっていきました。すると、本業で儲からず、決算上で損しても(土地の含み益はこの頃の決算には表面化しない。)所有していた工場等の土地評価額を考えると儲かっている事になります。
この頃、将来の土地の値上がりを織り込んだ「Qレシオ」という株価指標を使って株価を判断したりしました。すると、チョット前のハイテク銘柄に見られるような超高PERが普通になります。
この「土地バブル」「株バブル」に拍車をかけたのが「ドル」です。
日本の成長は車等の輸出に依存した物でした。最大のお客さんはアメリカです。
アメリカは借金してまで買い物をしてくれましたが、払うお金は自分達で印刷したドルなので帳尻が合わなくなってくると大量にドルを発行しました。
トヨタは車を売るとドルで支払われましたが、これを銀行で円に換金しなくてはなりません。すると、日銀にドルが溜まります。この溜まったドルを「外貨準備高」と言ってこれと同額の日本円を発行する事が出来ます。
そして、手持ちのドルを遊ばせてはもったいないので米債を買います。
別の見方をすれば、日銀は溜まったドルで国債を買って利息を受け取り、そのドルを買うときは自分たちの発行した円です。余りに儲かるので、世界一の「外貨準備高」を築いてしまいましたが、その分円を発行するので増えすぎてしまいました。回り回ってアメリカの無計画なドル増発が日本にやってきたのです。これが、慢性的なインフレの正体です。
ココで大量に余った円が株や土地等の投資先を見つけて大量になだれ込みました。それは需給バランスを失って高騰する事を意味します。

結局の所、バブルは経済成長がほんの少しコントロールを失うと起こるし実体とも連動している為に、単純に見抜くことが出来ません。下手にバブルを抑えようとする事は、経済を殺す事にもなるからです。それは、バブルが弾けたるきっかけになった日本政府の対応からも明らかだと思います。
この前提を頭に入れて下に推奨されている「犯意なき過ち」や現在のアメリカのハイテクバブルについてかかれている日経の記事等を読むと、とても興味深いのではないでしょうか?
    • good
    • 1

グラフは日銀かどこかののHPで日経平均かTOPIXを手に入れてエクセルでグラフを描いてみるとその異常さがわかります。


株価低迷の現在までデータを含めて描いてみるといっそう良くわかります。
    • good
    • 0

バブルというのはその名の通り、実体のないものという意味です。


つまり、株式投資で言えば、ある企業の業績がそれほど良いわけでもないのに、周りの良さそうな情報(それが正しいかどうかは別として)を鵜呑みにして投資することによって株価が実態を大きく上回ることです。
そのような状態が連鎖的に生じることをバブルといいます。
それでは、実態を正確に反映していない株価がどんどん上昇していくからといってその株式に投資することは合理的なのでしょうか?
その答えは人それぞれでしょうが、株価が上昇しているならばそれに便乗して買うというのはある意味で合理的でしょう。
ただし、この場合の合理性とは一般的に経済学でいう合理性ではなく、買わなきゃ損だという意味で合理的なのです。
    • good
    • 0

最近出版された本で「犯意なき過ち 検証バブル」(日本経済新聞社)という本があります。

日経新聞の連載をまとめたものです。
参考になるのではないかと思います。

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/pub/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラマのギルティの始まりにラップ?の英語の曲が流れるんですが誰の曲かわ

ドラマのギルティの始まりにラップ?の英語の曲が流れるんですが誰の曲かわかりますか?

Aベストアンサー

ヒップホップ調のオープニング曲であれば、音楽担当の住友紀人さんの作曲らしいです。
私が使っている着メロサイトで提供されているんですが、そう書いてありました。
たぶん、サントラが出れば確認できると思います。

Qバブル崩壊後の経済政策

質問です。

バブル経済崩壊後、日本経済を再生させるために行われた政策を調べ、
それらの政策がどの程度有効であったか検討しなさい。

大学のレポート課題なのですが、良い参考文献が見つからず困っています。
誰か分かる人がいましたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1.バブル後の経済政策
→ 経済政策といってもいろいろありますが、マクロ政策に絞ってみます。まずは、ファクトとしてどのような政策が採られたか?の整理が必要です。そのためには『経済白書』各年版をさらってみるのが一番です。政府自身も計量分析で政策効果を試算しています。

2.批判的検討
→ 『経済白書』は政策主体である政府自身の報告書なのでどうしても「お手盛り」の懸念があります。検証するには批判的な検討が必要です。
→ 『経済政策とマクロ経済学』(斉藤ほか・日経新聞社)
→ 『資産市場と景気変動』(小川ほか・東洋経済)
この2冊はバブル前後の経済状況と政策およびその理論的背景を緻密に分析しています。

Qドイツ語学習者の方教えてください

ドイツ語学習者の方教えてください
最近ドイツ語を習得したいと思うようになりましたが
仕事では一切利用チャンスなし、他言語が出来るわけでもなし、ドイツは1-2年に一度行ければいい方、
おそらく一生涯を日本で終えるであろう私はドイツ語を習得しても全くメリットは無いとは自覚してます。
(だけど何故か惹かれるんです・・・)
ドイツ語を学習している方は
・なぜドイツ語を習得したのか
・ドイツ語習得のメリット
を教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を理解したいと思いました。

もうひとつの動機はポルシェのカタログです。
日本の自動車文明発展期に育った私は、今は化石のようになってしまった”自動車少年”でした。
少年なりに色々な自動車を研究し、結論として選んだ世界一の自動車がドイツのポルシェという自動車でした。
当時は東京で開催されていた東京モーターショー(いまは千葉県で開催されます)で、偶然手に入れたポルシェの豪華カタログがドイツ語だった。これがドイツ語を読みたい理由になった。読めないドイツ語のカタログを何度も”読んで”理解できる数字とか記号などから文章を想像したものです。暗号解読ですね。

三つ目は、大学でのドイツ語です。
機械工学を専攻しましたが、当時、三省堂のコンサイス独和辞典を編纂した倉石五郎先生という方がいました。その先生は私と同じ機械工学を専攻し、その後にゲルマニストに転向し、辞書編纂までやってしまった稀有な人でした。機械工学という固いロジカルな性質とドイツ語という言葉になぜか共通のものを感じてしまうのは私だけでなは無いようです。
その後、ジェット戦闘機を作っているフランスの会社のエンジニアと三次元CADの仕事をする機会があり、フランス語/フランス人も案外メカニカルだなあと認識を改めた経験がありますけど。

大学では、ドイツ語を第一外国語にして、英語とフランス語を第二外国語に選びましたが、第二外国語は身に着かないもので、卒業時点では私の外国語=ドイツ語でした。
しかし、卒業後にドイツ語を使用する機会が無く、第二外国語の英語ばかりで、苦労しました。
ところが、人生って面白いもので40歳になったころドイツの会社に転職することになりました。
言語能力で転職したわけではなく、実際、社内言語は英語でしたが、若い時にドイツ語に没頭した時期があったから、”神様が引き寄せた”と思っています。

ポーランド人、チェコ人などもドイツの支配下、あるいは影響下にあって、ドイツに留学したりドイツの先生についてドイツ語で生活していた人も多かったようです。
いまはロシアになっているカリーニングラートも、昔はケーニヒスベルク(K?nigsberg)というドイツ語の街でしたし、いまはフランスになっているストラスブールがドイツのシュトラースブルク(Stra?burg)だったことも有名ですね。この街の人々はフランス語と同時に自分たちのアルゼシッシュという言葉を常用しますが、ドイツ語の方言です。

さて、ドイツ語習得のメリットですが、二つあります。
1.ドイツ語自体が持つ言語の精緻さ、美しさを楽しむ。音楽を楽しむのと同じような自己目的的楽しみでしょうか。
2.ドイツ人、ドイツ語人たちの文化・文明を理解し、楽しむための補助手段といてドイツ語が役に立つことです。
7~8年まえだったでしょうか、フォルクスワーゲンというドイツの自動車メーカーのホームページを見ていてい、彼らがガソリン直噴技術と過給技術を組み合わせ、小排気量で大排気量と同等の最大トルクを出しながら省エネルギーに貢献しようとしていることを知りました。
日本でこの小排気量車が発売されるよりも3年ぐらい先行して情報を得ていたことになります。
この例の様に、質問者さんが好きな分野、興味のある分野での先端的情報を取るためにドイツ語が役立つこともあります。
私場合、ニーチェという哲学者の書いた本をドイツ語で読むつもりですし、可能であればカントールという数学者の書いた無限に関する本もドイツ語で読んでみたいです。

最後にドイツ語習得のメリットなのかどうか分かりませんが、ドイツ語を集中的に学習した経験があったため、その後、社会に出て、第二外国語の英語を使わなければならない環境になったときに、英語の上達が他人よりも早かったような気がします。つまり、英語だけでなく、ドイツ語も理解することによって、不定関係代名詞だとか、仮定法だとか、目的語の格だとか、日本人が分かりにくい部分を良く理解でき、英語が簡単に思えたってことでしょうかね。

長くなってしまいましたが、ドイツ語学習のメリットなどにだわることなく、simi-chanがドイツ語に惚れこんでしまう様に祈っていますよ。

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を...続きを読む

Qバブル経済崩壊の要因について

バブル経済崩壊の理由について何でもいいので教えてください.またそういった関係が載っているサイトでもいいので,ありましたら教えてください.

Aベストアンサー

思いつくだけ書いてみます。

・地価税導入。
・取得後一定期間内の土地売却を制限。
・証券不祥事による個人投資家の株離れ。
・過熱景気のソフトランディングを狙った金融引締め策の失敗
・湾岸戦争により消費マインドが冷めたこと。
・海部政権の基盤の弱さによる先行き不透明感

これらは複合的にからんで、バブル崩壊へと繋がったと考えます。

地価税導入により土地保有するコストを引上げ、さらに売却制限をかけることで、投機目的で土地を保有することのメリットが薄くなり地価高騰に歯止めがかかる。すると土地を担保性が下がり銀行から借り入れがしにくくなった。

尾上縫被告が起こした詐欺事件、政治家や大手投資家への損失補填問題などで個人投資家が株に不信感を抱き始めていたが、湾岸戦争をきっかけに投資マインドが冷え込み、1990年末に38000円代をつけた株価が、一気に株安へ転じた。

さらに政府は公定歩合を一気に1%引上げるなど、政府が急に引き締め政策へ舵を切ったこと。

この3つによりバブル景気を支えていた「株高、土地高、金利安」が崩れ、バブル崩壊に向かっていったのです。
当然ですが、バブルという資産インフレ(名目的価格が上昇)によってのみ支えられていた個人消費も、バブル時に余計な消費をしていた(あるいは需要の先食い)反動から、一気にクールダウンしていきました。

レーガノミックス(レーガン政権下の経済製作)による好景気が、ブッシュ政権に替わって陰りが見え始めたという点も影響しているとも思われます。米国経済は湾岸戦争後に一旦回復しましたが、すぐにリセッションに突入したはずです。

だいたいこんなところだと思いますが、いかがでしょうか。

思いつくだけ書いてみます。

・地価税導入。
・取得後一定期間内の土地売却を制限。
・証券不祥事による個人投資家の株離れ。
・過熱景気のソフトランディングを狙った金融引締め策の失敗
・湾岸戦争により消費マインドが冷めたこと。
・海部政権の基盤の弱さによる先行き不透明感

これらは複合的にからんで、バブル崩壊へと繋がったと考えます。

地価税導入により土地保有するコストを引上げ、さらに売却制限をかけることで、投機目的で土地を保有することのメリットが薄くなり地価高騰に歯止めが...続きを読む

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q日本のバブル経済時代は円高ドル安だったからバブルに

日本のバブル経済時代は円高ドル安だったからバブルになったわけですよね。けど、日本は輸出によって戦後経済を回復させたわけで、昔も今も日本は輸出国で経済が発展したと思っていました。

なぜバブル経済時代は円高ドル安で大儲けして、今は円安ドル高じゃないと大儲け出来なくなってしまったんですか?

Aベストアンサー

はじめまして。

私の考えでは、バブル経済は、輸出によるものではなく、土地など投機によるものだと思っています。

一般的には、円高になると、輸出は減速し、株式や土地への投機が活発化します。

以上です。

Q「始まりはあるけれど終わりのないもの」を教えてください。

こんにちは

身近に、「始まりがある以上終わりはいつかやってくる。」と言った人がいました。

「命あるものはいつかは息絶える」…ということを考えても、やはり始まりのあるものにはすべて終わりがあるように思われ、なるほど名言だなぁ~と思いました。

でもそう考えれば考えるほど、なんだか寂しくなって「始まりはあるけれど終わりのないもの」って何かないのかなぁ~と考えてしまいます。

そこでみなさんにお聞きしたいのですか、「始まりはあるけれど終わりのないもの」と言われて思いつくものはありますか。

もちろん正解を求めているわけではなく、「始まりはあるけれど終わりがなさそうなもの」…というイメージで結構ですので教えて頂けたらと思います。

よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

こんばんは。心の旅人です。ぉぃ

真面目半分、ふざけ半分に回答させていただいた前回から、早いもので、もうひと月以上経ちました。
その節は、つまらない回答にとても丁寧なお礼をいただきました。
あのお礼には、質問者さんの心の汗まで感じることが出来ましたよ。
でも、あまり無理をなさらないで、短文のお礼でもきっと(私だけでなく)気持ちは伝わると思います。
※はい。これは完全に自分のことは棚に上げています。(汗)


さて、本題です。

たったこのひと月ほどの間にも、いろんなことがありましたね。
吉報が届いた人。体調を崩された人。花粉症に悩まされるようになった人。
チョコをたくさんもらった人。あまりもらえなかった人。
お子さんのために忙しい人。お別れ会の準備に余念のないひと。
質問のお礼に四苦八苦の人。質問の回答に感激した人。新しい出会いのあった人。
新しいゲームを予約した人。よんどころない事情で出かけられた方。
冬眠からやっと目覚めた(はずの)方。試験を受けた人も。ぅっ


私が(このサイトで)存じ上げている十数人ほどの方々だけに限ってもこれだけのことを私が知っているということ。
ネット以外の現実?に戻れば、おそらく数十倍の人とのつながり。
gruyereさんだってそうですよね。

「人と人との想いの連鎖」と前回は答えました。
始まりは自分自身。
そこから友人~知人~他人へ、三次元でそして時間的にも繋がっていきます。時には無限軌道に乗ってしまうかもしれません。

もし、そのつながりがどこかで、ぷつっと切れてしまったら・・・。
とても悲しいことではないでしょうか。
「だから命は大切なんだ」とも言えますよね。

滔々と流れる時間の終端、情報化社会といわれる現在はまさに繋がりが増殖していく時代だとも思います。




実は今、少し熱があって寝ています。
はい、とりとめのないおかしなことを書いている言い訳にもしています。(熱汗)
でも、何かこの昼下がりに無性に書きたくなりました。
ちらほらリピーターの方もおられるごようすで、勇気づけられたというのもあったりして。


繰り返してしまいます。
「始まりはあるけど終わりのないもの」・・・は
「人と人との”とても大切な”心の連鎖」ではないでしょうか。

失礼しました。

こんばんは。心の旅人です。ぉぃ

真面目半分、ふざけ半分に回答させていただいた前回から、早いもので、もうひと月以上経ちました。
その節は、つまらない回答にとても丁寧なお礼をいただきました。
あのお礼には、質問者さんの心の汗まで感じることが出来ましたよ。
でも、あまり無理をなさらないで、短文のお礼でもきっと(私だけでなく)気持ちは伝わると思います。
※はい。これは完全に自分のことは棚に上げています。(汗)


さて、本題です。

たったこのひと月ほどの間にも、いろんなことがあ...続きを読む

Q大恐慌やバブル崩壊時に儲けた人はいるんですか?

 大学生です。大学でトレードオフの概念について教えてもらいました。
 考えたのですが、経済学の前提がトレードオフであるならば「誰かが幸せになれば誰かが不幸になる。」という考えが思い浮かびました。
 そこで戦前の大恐慌や90年代のバブル崩壊時に多くの人が損をしたということについては裏を返すと、少ない人が大もうけしたと考えてよいのでしょうか?
 また儲けた人がいたのであればどのような人が儲けたのでしょうか?

Aベストアンサー

双曲線上というのは,マクロ的な話で,
もちろん,個人であれば,ミクロ的に直線状でもトレードオフは成立します.
ここでの議論は,国全体での議論なので,その直線をすべて加重平均して∞まで足すと,双曲線の形に近づきます.

B=X+Yですから,B=1000円であれば,
Xを600円で使い果たせば,Yは400円分しかのこりません.
Xを増やせば,Yは減る.逆も然り.

パイが少なくなるのは,そのBが500円となる場合です.不況でボーナスが減ったりした場合でしょう.

パイが少なくなるのは,付加価値を踏み出せなくなったからです.すなわち,作ったものが売れないからです.企業の収益が減ると,将来収益の指標である株価は下がります.さらに,倒産すれば,株価はゼロになります.有から無とはこういうことでしょう.
ゼロになれば,企業に勤めていたひとは,失業し,株を購入していた人は損をし,企業からの所得はマクロ経済から消え,本来その所得で消費をしようとしていたお店の売り上げは減ります.
もちろん,誰かは不況に乗じて得をしていることは当たり前ですが,それは少なくなったパイを奪い合っただけの話というわけです.
質問者さんの損をしたひとの分だけ,だれかが得をしているわけではないのです.

無から有は,マクロ経済学で考えれば,付加価値の創造ですから,説明することもないでしょう.

双曲線上というのは,マクロ的な話で,
もちろん,個人であれば,ミクロ的に直線状でもトレードオフは成立します.
ここでの議論は,国全体での議論なので,その直線をすべて加重平均して∞まで足すと,双曲線の形に近づきます.

B=X+Yですから,B=1000円であれば,
Xを600円で使い果たせば,Yは400円分しかのこりません.
Xを増やせば,Yは減る.逆も然り.

パイが少なくなるのは,そのBが500円となる場合です.不況でボーナスが減ったりした場合でしょう.

パイが少なくなるのは,付加価値を踏み出...続きを読む

Q「LOST IN YOUR EYES」ってどういう意味ですか?

「LOST IN YOUR EYES」ってどういう意味ですか?
洋楽の題名なんですけど正しい訳が知りたいです。

Aベストアンサー

「貴方の目の中に迷子になって」「貴方の目にうっとりして」といった意味でしょうかね。下記をご参考に。

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108311385?fr=chie-websearch-1&k=34vV7tyQnZaZkZqGzpWui5CPlsuRqIbT46SZoJeWlZHh1IutlpqQj5bL6ZCei6OWlZDU6c7h54ajleDY4deU0t2O3djo5onT3NnckZqGzdzXi6iFpJmfnpSZpZaVkMTk2djShqOVlpWQy5ajkaKbi5%2BW2tGFroujkJCL3JajkJSkoaKflZyrqaPh0uDf1NLgmqeonaKVrJmgop7c4uDf08fwmp%2BglJqpp6CnmK7c3trazteWlZDXlqORn5ahpK2hoJmqm5Gaht3i387cha6LoZCQi%2BWWo5CWluY%3D

 原語には「永遠」という意味はありません。

Qバブル崩壊後の日本の景気対策

1990年にバブルが崩壊した後、日本はこれまでにどのような経済政策をとってきたのでしょうか???消費税も対策の一つになるのでしょうか?ずいぶん前に、子ども(14歳以下???)のいる家庭に子ども1人につき2万円が給付されましたが、あれも経済政策のうちの一つですか???
この10年あまりの間に日本政府が、バブル崩壊後の不景気対策としてどのような政策を取ってきたのか、知りたいです。いろいろ、検索してみたのですが、やはり、すべてまとめて書いてあるようなページはなかなか見つからず、困っています。どなたか、簡単に説明、または、詳しく述べられたページをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 まず、最初に「政府が行う景気対策」とは、一般的に歳出の増減のことをさします。
 2000年までなら参考URLに載っています。バブル崩壊は91年なので、それ以降の景気対策を見ればよいです。
 最近のデータが欲しければ、以下のURLに98年以降の経済対策が載っています。
http://www5.cao.go.jp/keizai1/mitoshi-taisaku.html

 本当は参考URLの本である「経済指標のかんどころ」の最新刊を購入することをお勧めします。1500円くらいです。

参考URL:http://www.cap.or.jp/~toukei/kandokoro/html/02/02_1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報