現在,ある装置の性能についてまとめています.
ただ,超音波装置の会社に行っても(日立,東芝メディカル,etc.)
装置の写真は載ってるんですが,性能についてはいい所しか載ってません.
(普通に考えれば悪いとこは載せないと思いますが)
こういう性能やその装置からとった画像について,なにか悪いところが
知りたいんです.(ちょっとした欠点みたいなもの)

どなたか分かりませんか?
またそういうのを議論しているサイトはないでしょうか?

http://www.gemedical.co.jp/rad/us/msuj5im.html
http://www.toshiba-medical.co.jp/products/tyouon …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと質問の枠が大きすぎて回答しにくいですが。

私は毎日超音波検査を行っている超音波検査士です。画像の良し悪しというのはメーカーにもよりますし、メーカー内でも機種のランクにより全く解像度が違います。ピンキリと言う事です。例えば東芝メディカルでしたらSSA-240AとAPLIOとなど比べ様も無いほど画像が違います。さらにソノグラファーの経験によっても画像の出来はカナリ違ってきます。もう一つのご質問である欠点ですが、操作性ということでしょうか?それでしたら機種やメーカーを指定して頂かないとちょっと難しいと思います。
ちなみに放射線技師が超音波検査を行っていると言う回答がありましたが私は臨床検査技師です。
    • good
    • 0

私のアドバイスが言葉足らずでshu_sさんに誤解を招いたようなのでお詫び申し上げます。

(扱っている→操作している)
医者に聞くことが不可能であれば、その医者の指示を受け機器を操作し、機器に対する医者の率直な意見を耳にしている、診療放射線技師に意見を求めてはどうでしょうか?と言いたかったのですが・・・。(^^ゞ
    • good
    • 0

本題とは異なるので回答ではありません。



『実際に扱っている診療放射線技師』という表現には間違いと誤解がありますので訂正させてください。

X線撮影やCT,MRIは規定の方法で撮像しますので機械の取り扱いそのものは技師さんの方が詳しいでしょう…しかし『解像』については読影するのは『医師』ないしはより専門家の『放射線科「医師」』ですので能力について聞くべきは医師なんです(医療についてはね、工業用とかは知りません)

超音波検査の場合はさらに話が簡単です。医師は決められた方法だけでなく必要ならあらゆる方向から検討し診断まで同時に行います。(他人がとった超音波画像は「見る」だけではほとんど役に立たないのです)
大切なのは『実際に動かしながら』必要な情報を読み取ることですので、ほとんどの医師は自らの手で行うか、信頼できる放射線科医師に委ねます。病院のなかには技師が行うところもあるのは否めませんが、一般的なスクリーニングレベルと診断レベルを一緒にするのはまずいでしょう。

私も技師さんの意見は十分に参考にできると思いますのでこの点はのぞいて、「一般的には技師が検査を行っている」と誤解を与えそうだった部分のみ追加訂正させていただきます。
    • good
    • 0

医者より超音波装置を実際に扱っている診療放射線技師に聞いたらどうでしょう?


下記URLは診療放射線技師の方のページです。そこの掲示板にでも書き込みされてはどうでしょう?

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/kf-office/
    • good
    • 0

『やっぱりアロカだね』とかの言葉は、学会へ行ったり、開業医の先生だったら医師会の会合でやり取りをするような内容でして、医師のチャットなんてないものですから(そんな暇あったら仕事しろってうるさいですから(笑))なかなか難しいでしょうね。



個別にDrに質問できる環境にはありませんか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般撮影装置とTV装置

医療に少し関係ある仕事をしています。
すごく、基本的なことかもしれないのですが、いわゆる一般撮影装置とは、腹部消化器造影をするときに使うTV装置で代用できないのでしょうか?
素人考えですが、TV装置があれば一般撮影はいらないような気がして・・・

どなたかご教授ください

Aベストアンサー

モニタは解像度が悪いし、コントラストも256グレースケールです。これでは全く診断できません。
消化管造影でモニターを見ますが、実際に診断をつけるのはフィルムに撮影したモノです。
ちなみにデジタル化した一般撮影CRだと、大体グレースケールの情報だけで10-12bitです。画素数は2~3K×2~3Kです。デジタル医用画像モニタの規格があるのはそのためです。胸部写真では3Mクラスのモニタ、マンモグラフィでは5Mクラスのモニタが推奨されます。いずれにしても、元が10-12bitとしても、モニタ表示自体は8bitなわけで、「ウィンドウ条件」というモノで表示を変えて観察するわけです。

Q自由標榜制でヤブ医者を避ける判断,医師の経歴を知る方法,認定医と専門医どちらが良いか,医師に紹介状を書かせる方法

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に行こうとする選択肢で間違いないですよね?

2.HPなど無い診療所は何と言う医者が診断しているかわからなくて怖いんですけどその診療所の医者の経歴は地域毎の医師会でわかるんでしょうか?このご時世HPも持たず情報公開していない医者は危険と判断すべきですか?

3.来診希望の診療所はアレルギー科・呼吸器科のみで院長一人,HP上で医学博士,日本アレルギー学会認定指導医(専門医),学会発表も複数,著書も数冊,小児科歴17年,内科歴13年,【日本呼吸器学会 認定医】とあるのですが専門医では無いのでこういった医師に診断してもらっても大丈夫でしょうか?

4."日本呼吸器学会"HPで自分の最寄の総合病院が認定施設で呼吸器科の専門医(指導医)が2人いるんですけど3.の認定医よりも専門医がベターなんでしょうか?3.の医師のキャリアと比較するとどうなんでしょう?

5.総合病院だと【特定療養費】\3,150-が別途かかります。もし3.の診療所医師にかかって4.の病院(専門医)への【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?診療所の医師判断で特段問題なくても診察者の要望で【紹介状】を書いてもらう事は可能でしょうか?また根拠法があれば教えてください。

症状は過去の質問時よりはマシになってきてますがまだ咳が出るのでどうぞ良きアドバイスをお願いします(_ _ 。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=845913

病状は上で質問した通りで明日呼吸器系の病院か診療所へ行こうと思うので宜しくお願いしますm(_ _)m。

まず下サイトで循環器系を専門としているところをピックアップしました(_-_)。

http://www.10man-doc.co.jp/

1.診療所で見てもらう場合最近の医療実態のTVで産科,麻酔科以外であれば【自由標榜制】でどんな科でも掲げて仕事ができると聞きました(+_+)。それが怖いので検索した結果呼吸器科,循環器科,消化器科など内科系で固めている診療所に...続きを読む

Aベストアンサー

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」「神経内科」その他ご専門をお持ちだと思います。それゆえそれらをまたがる感じで標榜している先生は、個人的にはちょっと不安だったりします(例外は、ご夫婦やご兄弟でひとつの診療所を開業なさってて、それぞれに専門が違うときですが)。
 一方、学位や論文、学会発表などは、臨床能力とどれだけ関連があるのか疑問です。優秀ゆえに(忙しくて)論文を書けなかったり学会で発表できなかったりする先生も多く居られますし、逆にピントがズレまくった発表をなさる先生も(勤務医、開業医問わず)まれにお見かけします。もちろん、臨床・研究両方こなすスーパードクター(笑)も居られますし、能力的にどちらも出来ない先生も居られるかもしれません。
 ホームページは、いわば宣伝ですので、それを鵜呑みにできるかどうか、難しいところです。また、業者丸投げでもなければ、開業医が診察をして、勉強をしつつホームページを維持するのは時間的、労力的に相当難しいかもしれません(勤務医の先生は、その点少しは楽かも知れませんが)。とりあえず、私の居る田舎では、同業者に評判の良い医師で自前のホームページを持っておられる先生はほとんど居りません。
 ご期待に沿えるような情報を提示できず、申し訳ございません。最後に私がが他の内科を受診するときはどうしているかと申しますと、信頼できる外科の知人に情報をもらうようにしております。それでも、最後は自己責任のギャンブルみたいなもの(腕は確かだが、性格が全く合わなかったりとか)ですが・・・(苦)。
 以上、先ずはご参考まで。

 地方によっても異なるでしょうし、私自身専門が内科ではありませんので、ご質問のうちの一部についてあくまで一般論としてお答えさせていただきます。
 先ず、一般の方がどの医師が優秀かを知る方法は、おそらく無いと思います。私たちインサイダーでも、関連が無い科の医師については良くわかりません。その中で、専門医であるかどうかは、確かに有力な情報かもしれません。が、専門医の資格が無くても優秀な先生も居られます。また、内科といってもほとんどの先生が「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内...続きを読む

QRCC,MAP,VTF の違い教えて下さい。

RCC,MAP,VTF の違い教えて下さい。

Aベストアンサー

RCCはRed Cell Concentratesのことで日本語では濃厚赤血球といいます
採血された血液を遠心分離して赤血球成分のみを集めたものです
MAPはMannitol Adenine Phosphateのことで赤血球が固まったり変性したりしないように加える赤血球保存液です
MAPを加えた濃厚赤血球を RCC-MAPやRC-MAPなどと書くこともありますが単にMAPだけで通じる場面も多いでしょう(MAP=RCCと同じ意味で使われることも多いです)

VTFも輸血に関する略語なのでしょうか?
ちょっと思い当たらないですね

Q投与量の「xx mg/m 2/day」の「m」は何の略?

投与量の表記に出てくる「xx mg/m 2/day」の「m」はどういう意味なんでしょうか?
後半の「2/day」は一日2回ですよね?

Aベストアンサー

m2で1つの単位です
2はmの右上に小さく書いて2乗の意味です
抗癌剤では体表面積あたりで投与量を調節することが多くこの表記をしますね
ちなみに体表面積は身長と体重から変換表や専用の電卓で求めます

Q高気圧酸素治療装置について

1つ目→圧力が上がると温度が上がるのはなぜ?できれば一般の人でもわかるような説明でお願いします。ボイル・シャルルの法則ではよくわからなくって…

2つ目→第二種装置のなかでどんな手術ができるんですか?できるだけ詳しくお願いします。

Aベストアンサー

通常、私達がが呼吸して取り込んだ酸素は、血液の中にあるヘモグロビンという物質と結合して体の各部位に運ばれ、そこで消費されます。このため、ヘモグロビン量に相当するそれ以上の酸素を運ぶことはできないので、体全体、あるいは体の一部分に酸素が不足した状態になっても、通常取り込んでいる量より多くの酸素を送り込むことはできません。この結合型酸素の他、血液そのものにも酸素は溶け込みます。この酸素も体の各部位で消費することができますが、通常の場合、溶解型酸素の量は結合型酸素の量と比べるとかなり少ないのです。しかし、液体に溶け込む気体の量は、その気体の気圧に比例して増えるという法則(ヘンリーの法則)があります。
人体の場合ですと、たとえば100%酸素の環境で3気圧まで気圧を上げたときの溶解型酸素量は、ヘモグロビンがなくても生命維持が可能な量だと言われています。
高気圧酸素治療は、治療装置内の圧力を2気圧~2.8気圧に上昇させ、その中で患者さんに酸素呼吸していただくだけで、患者さんの体の中には通常より多くの酸素が取り込まれ、いろいろな低酸素症を改善することができます。どの様な治療が出来るかですが、一酸化炭素中毒その他のガス中毒、脳梗塞や心筋梗塞、火傷や凍傷、腸閉塞、突発性難聴、脊髄疾患など、数多くあります。また潜水病などの血行障害や圧力障害などに起因する様々な病気の酸素治療を行います。以上、外科医からでした。

通常、私達がが呼吸して取り込んだ酸素は、血液の中にあるヘモグロビンという物質と結合して体の各部位に運ばれ、そこで消費されます。このため、ヘモグロビン量に相当するそれ以上の酸素を運ぶことはできないので、体全体、あるいは体の一部分に酸素が不足した状態になっても、通常取り込んでいる量より多くの酸素を送り込むことはできません。この結合型酸素の他、血液そのものにも酸素は溶け込みます。この酸素も体の各部位で消費することができますが、通常の場合、溶解型酸素の量は結合型酸素の量と比べると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報