1.0gの硫酸銅5水和物を10mlの水で溶解する。
量り取った硫酸銅中のCu2+イオンの物質量を計算し、テトラクロロ銅((2))酸イオンの生成に必要な塩化物イオンの物質量と、それに相当する濃塩酸の量を求めよ。

A 回答 (2件)

では、手順を書くので自分で計算してください。



1.1.0gの硫酸銅5水和物は何モルですか?
2.1.の計算に用いた硫酸銅5水和物の化学式には銅イオンが何個含まれますか?
3.Cu2+イオンの物質量は1と2の答えを掛けたものです。
4.テトラクロロ銅(II)酸イオンはCu2+に何個のCl-イオンが結合したものですか?
5.必要なCl-イオンの物質量は3と4の答えを掛けたものです。
6.必要なCl-イオンを供給するのに必要な塩化水素の物質量は5.の答えと同じだけです(HClにはCl-が1つだけ含まれているので)。ではそれは何gにあたりますか?
7.濃塩酸は塩化水素の何%溶液でしょうか?
8.6の答えを7の答えで割って100掛けたものが相当する濃塩酸の量です。
    • good
    • 0

Longifoleneさんの親切な回答がありますが、少し気になる点があります。


これは、レポート等でしょうか・・・?
・使用濃塩酸のモル濃度は記載されているのでしょうか・・・?
aboutなものであれば、塩酸濃度(%)は化学屋の常識の範囲でしょうが・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報