大学4年生でそろそろ卒業論文の準備に取り掛かろうとしています。

私の専攻はイタリア・ルネサンスです。

卒論のテーマはフラ・アンジェリコの「受胎告知」(コルトーナ)です。

フラ・アンジェリコについて、受胎告知について何かいい資料があれば教えてほしいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私もフラ・アンジェリコで卒論書いたんですよ!嬉しいです!


 私は絵画から思想を読み解く形の論文を書いたので、所謂「美術史」の論文を書く方にはあまり参考にならないかもしれませんが、下記のような資料を使いました。

・ジョン・ポープ=ヘネシー、喜多村明里訳『イタリア・ルネサンスの巨匠たち10 フラ・アンジェリコ』、東京書籍、1995年、第一版。
・ジョルジュ・デディ=ユベルマン、寺田光徳 平岡洋子訳『フラ・アンジェリコ 神秘神学と絵画表現』、2001年、第一版。
・ウィリアム A・ヒネブッシュ、中田婦美子訳『聖ドミニコの霊性 原理と実践』サンパウロ、1995年、第一版。
・ウンベルト・エコ、谷口伊兵衛訳、『中世美学史 「バラの名前」の歴史的・思想的背景』、而立書房、2001年、第一版。
・佐々木英也、『天使たちのルネサンス』、日本放送出版協会、2000年、第一版。
・越宏一、『ヨーロッパ中世美術講義』、岩波書店、2001年、第一版。
・木村重信 高階秀爾、樺山紘一監修『NHK日曜美術館 名画への旅5 天上から地上へ 初期ルネサンスI』、講談社、1993年、第一版。
・クリストファー・ロイド、森田義之訳、『フラ・アンジェリコ』、西村書店、1999年、第一版。
・マニョリア・スクディエリ、松本春海訳、『サン・マルコ美術館』、1999年、ジュンディ・グループ出版社。
・エンリーカ・クリスピーノ・ペーショ、『サン・マルコ美術館』、BET、1998年。
・ジョヴァンナ・ダミアーニ、『サン・マルコ博物館 フィレンツェ その歴史と展示作品』、PHILIP WILSON、1997年。
・フレデリック・アンタル、中森義宗訳、『フィレンツェ絵画とその社会的背景』、岩崎美術社、1968年、第一版。
・柳宗玄 中森義宗編、『キリスト教美術図典』、吉川弘文館、1994年、第一版。
・新カトリック大事典編纂委員会、『新カトリック大事典』第一巻、研究社、1996年、第一版。
・Laurence Kanter,Pia Palladino,FRA ANGELICO,The Metropolitan museum of art,New York,2005.
・Elsa Morante,Umberto Baldini,Classici deflate 38 L’opera completa dell’Angelico,RIZZOLI Editore,Milano,1970.
・Jacqueline and Maurice Guillaud,FRA ANGELICO The Light of the Soul,1986,New York
・Venturino Alce,LES《HOMELIES》DE FRA ANGELICO,Bologna,1983.
・Paolo Morachiello, FRA ANGELICO THE SAN MARCO FRESCOES, THAMES AND HUDSON, London, 1996.

 また、卒論の一部に加筆修正してブログ上にアップしてあります。
 頑張って下さいね!!

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/eco_e_14/34056704.html
    • good
    • 0

この時期なので、一通りの資料は揃えてあると思います。


その資料の中で、後ろに参考文献がついたものはありませんか?
まだそれをあたっていなかったら、まずそれを全てあたること。
英語やドイツ語やフランス語のものもあるでしょうが、あなたの大学で閲覧できるなら必ずチェックすること。そして巻末の参考文献をまたチェックするのです。
英語の論文なら大丈夫ですよね?

手当たり次第なら、学会誌ですね。フラ・アンジェリコなら『美術史学会』とか『日伊研究』あたりをだーっと漁れば出てくるんじゃないかな。あと、美術史を置いている大学の紀要とか。
あと、先輩方の修論、博論の検索。図書館で閲覧できますよね? フラ・アンジェリコでなくても、初期イタリア・ルネサンスを扱った論文をチェックすると、わんさか出てきますよ。

以上の検索をしたあとでの、ご質問だったらごめんなさい。
まだだったらすぐにしてみてください。結構出てくると思いますよ。
蛇足までに下記のURLを付けておきます。(大学で見ることが出来ると思うけど)日本語でなくアルファベットで検索をかけた方がヒットします。

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受胎告知(ダヴィンチ)

レオナルドダヴィンチの「受胎告知」ですが、
画像を調べたら複数の絵が出てきました。
どれも「受胎告知」で出てくるのですが、
1つの名前でなぜ複数の絵があるのですか?

Aベストアンサー

当時は特に何かに出品するとかそういうために描くのではなくて、主に
お金持ちや偉い人から依頼があって絵を描きました。
「受胎告知の場面の絵を描いてね」って言われたら、描くわけです。

だから今となっては、同じ人が描いた同じタイトルの絵が複数
残ることになります。

Q「受胎告知」について

「受胎告知」とはいってもいろんな画家が描いた多くの絵画があります。それらの絵画を比較してみたところ、マリアとガブリエルは必ずいて、あとは似通った所もあるけれど、画家ごとに描くものも違うといった感じに思えます。

その中で、白百合やオリーブ、鳩が描かれていたり描かれていなかったりしますが、これらは絵の中でどういった役割をはたしているのでしょうか。

また、「受胎告知」を描いた画家は自分で聖書を読んで文章から想像して絵を描いたのでしょうか。最低これだけは描かなければいけなかったという決まりもあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!

西洋美術史で習ったのですが

白百合は大天使ガブリエルとマリアの純潔を表します。
また、オリーブを持っているのはシエナ派の画家が描いた時に必ず描かれるモチーフで、白百合はフィレンツェ市の紋章なので、対峙しているシエナ市としてはオリーブを描くことによって、シエナなの存在を誇示しているのでありましょう。あと、鳩とオリーブには、洪水伝説に帰するカトリックにとって大切なモチーフとなっている為に、描かれている・・・と言う解釈もあります。

下記サイトに、様々な受胎告知の絵画が掲載されていますので、見比べて見られるのも面白いでしょう。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/Bible/AMariaStory/14Annunciation/14Annunciation.htm

Q西洋文明史におけるイタリア・ルネサンス

西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?
また、イタリア・ルネサンス素晴らしさと限界についてどう考えられますか?

皆様のご意見をお伺いしたいです。

Aベストアンサー

美術史を学んでいるものです。非っ常に難しい問題ですねー。
これだけで本が一冊どころか、100冊書けてしまうようなご質問ゆえ、
私に知る範囲で、そのハイライトだけ答えてみようと思います。

>西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?

美術史において、イタリア・ルネサンスというのは最大の問題の一つでありまして、
その持つ意味も様々にあります。

1.それまで細々と継承されて、断片的に利用されてきた古典古代の文化が、
大々的に、統合的に、体系的に復興した。ルネサンス以降、一度全面的に
光を浴びた古典古代の文化は、今日にいたるまで、二度と(かつてのように)
埋没することはなかった。
具体的に、美術に古典古代の文化が齎したものは、堂堂たる量感を持つ
人体や建築、それと古典古代の主題の全面的な復活です。

2.中世から断続的に発達した自然科学は、美術にも決定的な影響を
及ぼしました。具体的に言えば、自然主義と線遠近法等。これもまた、
一度生まれた後、意識的に否定されることはあっても、今日まで二度と
埋没することはありませんでした。

これら二つが完全に実現されるのは、盛期ルネサンス(15世紀末~1520年ごろ)
と呼ばれる時代においてです。盛期ルネサンスで確立した様式は、
その後、当然ながら変質したり発展したり、また意識的に否定される時代もあるのですが、
その後の西欧美術の大基礎となるものです。
マニエリスムもバロックも、ロココも新古典主義も、そして19世紀の大方の美術も、
その造形は全て、この時代に確立したものを基礎としています。

・・・・・えーと、以上、単純に書いてしまいましたが、実際はこれより1000倍も複雑です・・
中世とルネサンスの古典文化の扱いの差は、単に量的なものだけではないし、
自然主義自体も中世からの連続的発展という面もあるし・・
さらには、スコラ哲学の否定と人文主義の隆盛だとか、聖フランチェスコの思想
だとかが絡んできて、その辺は、本を読んでいただくしかありません・・

>イタリア・ルネサンス素晴らしさ

素晴らしさ・・ それはもう(複製ではなく!)現物を見ていただくのが一番かと。
一言で申しますと、生命そのものなんです。
ロマネスクやゴシックもそれなりに素晴らしいし、バロック美術だって、
見るべきものはたくさんあるのですが、そこから湧き出す生命感というんでしょうか、
瑞瑞しくて、本当に建築や絵画それ自体が溌剌とした魂を持っているかのような、
その感覚が、決定的に違うのです。私の私見ですけどね。

>限界についてどう考えられますか?

限界は様々にありますね。

古典古代の文化に対する理解というのが、完全に客観的で科学的なものではなく、
自己のうちで勝手に消化しちゃってます。別にこれは美術の世界だけではなく、
ルネサンスにおける理性主義・自然科学的態度というのが、そもそも
現代のものとはまるで違う、いまだ呪術の支配する世界なわけですから。

技術面では、例えば線遠近法です。
ある瞬間を、一つの固定した目によって、幾何学的に眺められた世界ですから、
それに対する批判なんかも出てきます。
例えば、マニエリスム(の一部)とか、20世紀のキュビスムや未来派。
それと、簡潔に言いますと、この技法は人間の網膜の構造と違いまして、
よっぽど注意深く使わないと、不自然に見えるんですね。

また、対象を一体のものとして捉えることが出来たかったし
(例えば木を描くとき、彼らはモシャモシャっと一気に全体を描くことを知らず、
どうしても葉っぱの一枚一枚を描いてしまうんですね)
連続的に展開する風景(前景・中景・後景が繋がっている状態)というものも
描けませんでした。

前述のことと関連するのですが、ヴェネツィア派を経て、バロックで発達する、
もやもやっとした大気を描くことも出来ませんね。すべてが明瞭で輪郭を持ち、
カクカクっとした絵画世界が広がってます。これは、それを否定した
レオナルドでさえ、バロックと比べれば、はるかに明瞭なんです。

或いは、19世紀の自然主義者から見ると、理想的に過ぎる、という批判も出てきます。

以上、ごく一部でして、それがネガティブなことがどうかは別にして、
限界は無数にあります。

美術史を学んでいるものです。非っ常に難しい問題ですねー。
これだけで本が一冊どころか、100冊書けてしまうようなご質問ゆえ、
私に知る範囲で、そのハイライトだけ答えてみようと思います。

>西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?

美術史において、イタリア・ルネサンスというのは最大の問題の一つでありまして、
その持つ意味も様々にあります。

1.それまで細々と継承されて、断片的に利用されてきた古典古代の文化が、
大々的に、統合的に、...続きを読む

Qルネサンス美術の特色

ルネサンス美術の特徴、作品におけるルール(人物の配置など)を教えてください。ルネサンス美術に詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ルネサンス以前から西洋美術にはルールがありました。
配置で言うなら例えばキリストの磔刑です。
キリストは他の罪びと2人とともに磔刑にかけられました。
キリストから見て右側が良い側、左側が悪い側とされているため、
キリストの左側にはメシアなら救ってみろと
キリストを罵った悪い盗人が描かれ、
右側にはこの人に罪はないと言った良い盗人が描かれます。
他にも持ち物やその他様々な要素で絵を読み取ります。
そのルールをまとめたものが
イコノグラフィーや図像学という学問です。
参考URLでそれについて紹介しています。

ルネサンスの特徴としては他の方のおっしゃる通りだと思います。
ただ、その後のバロック以降とは違い、
黄金比という数学的に美しい比率を使って
静かな美しさを追求した所に
ルネサンスとその後の違いがあると思います。
ルネサンスであまりに完璧な美しさが確立されてしまったため、
その後の時代はあえて比率を崩してダイナミックな表現をしています。
あとはメディチ家という大きなパトロンの存在でしょうか。

参考URL:http://www.paintweb.jp/text/icon.html

ルネサンス以前から西洋美術にはルールがありました。
配置で言うなら例えばキリストの磔刑です。
キリストは他の罪びと2人とともに磔刑にかけられました。
キリストから見て右側が良い側、左側が悪い側とされているため、
キリストの左側にはメシアなら救ってみろと
キリストを罵った悪い盗人が描かれ、
右側にはこの人に罪はないと言った良い盗人が描かれます。
他にも持ち物やその他様々な要素で絵を読み取ります。
そのルールをまとめたものが
イコノグラフィーや図像学という学問です。
参考URLで...続きを読む

Qルネサンス以降の画家

何か,ルネサンス以降の画家で(お勧めの画家でもいいです)詳しい情報があるリンクがあれば教えていただきたいんですが…

Aベストアンサー

こんにちは。
ルネサンス以降の画家というと広すぎて
コレと言うのは難しいのですが、
美術関連にはあまり詳しくないな…というのならば、
日本酒のCMや、缶コーヒーのサロン・ド・カフェのデザインに使用されている アルフォンス・ミュシャ がとっつきやすいのではないでしょうか?
絵も美しくよく知られており、関連の本も見つけやすいです。
参考になるホームページは
http://www.lares.dti.ne.jp/~kouji-w/
http://www.g-intro.com/artist/mucha.html
などがあります。
両方とも作品と画家紹介などが載っています。
後者のURLからは、他の多くの画家の作品も見れます。
もし興味をもちましたら「アルフォンス・ミュシャ」で検索すると参考文献も多く見つかるので、読んでみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報