初めまして、高2の女です。
今私は進路について悩んでいます。
私は音楽を聴くのが大好きです。大好きなアーティストもいて、将来こんなに素敵な音楽に関する(芸能界の)仕事が出来たら…と思っています。この業界は厳しいとわかっているので、それなりに覚悟は出来ています。
しかし、私はピアノを習ったこともなければ、音楽の専門的な知識もありません。芸能界で仕事をしている方はどのような勉強をしてきたのかもわかりません。ただ今まで勉強はまめにやってきました。
しかしやっぱりそれだけではいけないと思っています。
進路は大学に進むべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初めまして。


現在音楽業界で働く20代女です。

私も昔から音楽が好きで、音楽業界を希望していました。
正直、確かに音楽業界へ入るのは狭き門かと思いますが、まだ高校生可能性は充分です。

アドバイスとしては、本当に音楽が好きならとにかく沢山の音楽を聞いておくことです。
10代のうちに出会った沢山の音楽が現在の私の仕事での大きな力になっています。
とにかく音楽業界の制作の人間は音楽が好きなのは当たり前です。
世の中には音楽が好きな人はとても沢山います。その中で特に音楽に対して想いがある人、そして能力、売っていくことに対する力がある人がプロとして働いています。
今は自分の好きだと思う音楽をとにかく探して聞きまくって下さい。

卒業後は、専門学校や大学などの選択肢があると思いますが、高校の時よりも人間関係が広がっていくと思います。
私も音楽が好きな友達といつも遊んでいて、その中で出会った人達のコネクションでプロの現場に遊びに行くようになり業界の仕事を紹介して頂いて現在に至ります。

音楽業界の中でどのような仕事がしたいかは、まだ決めなくても良いかと思います。
具体的にどのような仕事があってそれぞれどのような適正が必要かは入ってからわかる事が多いと思います。
ただ、制作の人間にはバンド経験などある人が多いです。多少の音楽知識は必要になりますので、学生時代にバンド等音楽活動をしてみても良いかもしれません。
レコーディングエンジニアであれば、若いうちから下積みがあるので専門学校で基本知識を覚えスタジオに入るのがよいかと思われます。

まずは好きな音楽を沢山聞いて、アクティブに動いて行って下さい。
入ってみれば同業界他種への移動は頻繁にありますし。


本当に忙しく休みも無く大変なことも多い仕事ですが、私は本当にやりがいがあると思っています。
まだまだ女性の少ない世界ですので、是非がんばってくださいね。応援しています。
    • good
    • 6

初めまして。


私も音楽関係の仕事に就こうと思っている大学生です。
まず、akikohimeさんが音楽関係のどんな仕事に就きたいかにもよります。
たとえば、No.1さんが書かれているように、音楽雑誌の出版社に行きたいのか、作曲がしたいのか、レコード会社やプロダクションに行きたいのか。その辺は明確にしたほうがいいと思います。
それからでも次の進路となる大学や専門学校を決めてもいいのではないのでしょうか。

私自身は今現在舞台の音響方面を目指しており、その方面の就職活動をしている最中です。
確かに、音楽の道に進むのであればそれなりの音楽の知識があったほうがいいですが、実際音楽とは全く関係ない大学出身の方もいらっしゃるようです。
就職のことを考えるなら専門学校のほうがいいですが、芸大や音大でもコンピュータを使って音楽を作る学校もあります。

私も高校生のときに、先生から「趣味や好きなことを将来に結びつけるのは難しい」と言われました。でも今、それを現実にするために頑張っています。
お互い、頑張りましょうね。
    • good
    • 1

私もaikohimeさんと同じ夢を持っています。



最初に一言キツイですが言ってしまうと、音楽が好きなだけでは仕事には向かないと思います。
まぁ、どの仕事に関しても言えることですが。
私も周りから散々好きなだけでは無理だと言われ続けています。
ただ音楽が好きなだけでは続けられないと…。
私も周りに言われて辛いですが頑張っています。

就職というよりまずその種のアルバイトをしてみると良いと思います。
私も同じく知識や技術は全くありません。
しかしその種のアルバイトをしてやはり私にはコレだと思うことが出来ました。

技術職に就きたければ、専門学校の方が良いと思います。
技術職でなければ大学で良いと思いますよ。
ただ質問文を読んでいると、「とにかく音楽が好きなんだ」という事が読み取れます。
ただ音楽が好きなら仕事にするのではなく、趣味の方が良いですよ。
芸能人と知り合いたいという気持ちがある時点で考えが甘いのではないかと思います。
そんなに甘くない業界ですよ。
私の知り合いにレコーディングスタジオで働いていた人がいます。
色々話を聞いていると、仕事事態とにかくキツイらしいです。
時間も不規則だし、すぐ辞めてしまう人も多いらしいです。
その人にも音楽が好きなだけだったら仕事にはするなと言われました。
それぐらい厳しい世界だと思います。

少しキツイ事を言ってしまいましたが、まずはその種のアルバイトをしてみてから就職を考えても良いのではないかと思います。
アルバイトをすれば少しは分かると思うので。
同じ夢を持つ者同士頑張りましょうね!
    • good
    • 4

専門学校とかはどうですか、音楽関係の専門学校などを卒業すれば、就職するのにとても有利だと思います。

楽器をしないのなら、ミキシングやミュージックビジネス(プロデユーサー)などを学べるとこもあります。
大学でも、芸術大学では、舞台芸術などを学べるところもありますので、いろいろ検索してみるといいかもしれません

http://shingaku.edu.yahoo.co.jp/bin/list?p=%B7%D …

http://www.muse.ac.jp/subject/business.html

http://www.neec.ac.jp/dept/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頑張って探してみます!!
好きなだけじゃだめだ、と周りに言われて言い返すことが出来ません。でも音楽の才能は無くても、音楽が好きです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/07 21:12

たぶん、レコード会社か放送業界(テレビ・ラジオ)各社、番組制作会社、あるいは音楽雑誌を出している出版社、もしくは芸能プロダクションのマネージャー、といったあたりが進路として考えられるでしょう。



大きな会社に入社するつもりであれば、それなりの大学へ進学してきちんと勉強しましょう。
東京の大学なら製作現場へアルバイトとして入ることも可能です(必ずできる、というわけではありません)。

ちなみに私の知っている作曲家さん(一時ハリウッドで仕事したこともある方です)は普通の大学を出た方で、大学卒業後はしばらく(音楽とは無関係な)某大手電気メーカーに勤めておられましたが、小さいころからずっとピアノを習っていて、高校のころには音大のピアノ科の人並みの腕前をしておられました。

その世界に入るにせよ、そこで生きていくにせよ、たぶんaikohimeさんの想像の10倍は厳しい世界だと思います。がんばって、としか言えませんが、夢が叶うとよいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
進路を決めるのに、私が好きなのはやっぱり音楽だ、と気付きました。
他の人にその話をすると、「芸能人や歌手にただ会いたいだけやろ、ミーハーなだけや」といってきます。昔私は芸能界に入りたかったのですが、やはりルックスの面からしてもなるのは無理だと挫折してしましました。確かに芸能人と知り合えたりしたい、という気持ちが無いと言ったら嘘になります。
けど、少しでもそんな業界の役に立ちたい!と強く思っています。
私は今東京にも出たいと思っていますが、お金の問題もあり、親には反対されています。
2年のうちに、進路を決められるように頑張ってみます。

お礼日時:2005/09/07 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q進路 :音楽大学?専門学校?就職先?

はじめまして。
僕は高校生ですが、将来的にプロの作曲家になりたいです。
現在はピアノで作って、打ち込み、テクノ系の音楽を作っています。
ピアノ歴は13、4年ですが、別に特別うまくありません。
進路について考えているのですが、

まず、音楽専門学校、音大どちらにいくべきでしょうか?
基本的な音楽知識、作曲技法など詳しく知りたいです。
それぞれのメリットデメリットなどあれば教えてください。

また、オススメの専門学校、音大などあれば教えてください。
関東地方で考えています。
学力はそこそこですが、
演奏することに対してのセンスはないと思います。

最後に就職先についてですが、
プロデューサー、作曲家になるにはどういう会社に
就職するものなのでしょうか?
またどのようなところで下積みすればいいのでしょうか?
教えてください。

長文失礼しました。読んでくださったかた、
本当にありがとうございます。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

作曲の分野がクラシックではないのならば、音大に入らなくてもやっていくことはできます。

でも、音大に入ることは、スキルアップにもなりますし、自分の作品を教授などに評価してもらう場が生まれますし、多くの人に知ってもらったり演奏してもらう機会も生まれ、そこを卒業することは一種の社会的なステータスになります。だからできるだけ進学を勧めたいです。

ポピュラー系でしたら、専門学校は山ほどありますが、自分としてはここはやはり音大の方がいいでしょう。
なぜならば商業音楽も立派な音楽の一分野として個性を持っており、クラシックと決して相容れないものではないからです。

昭和音大や東京音大は商業音楽系に強く、有名です。音大では特にポップス系の学生はほとんど「プロ」として扱われるそうで、厳しい訓練が施されるそうです。

演奏があまり得意でないそうですが、商業音楽は常に作曲と演奏が一体のものとしてつきまといます。
即興演奏や、耳コピなどのスキルはとても重要なものなので、身に付けておかねばなりません。

就職などの話もありますが、やはり音大を卒業するほうが断然コネが広くなり、よい仕事が回って気易くなります。

作曲の分野がクラシックではないのならば、音大に入らなくてもやっていくことはできます。

でも、音大に入ることは、スキルアップにもなりますし、自分の作品を教授などに評価してもらう場が生まれますし、多くの人に知ってもらったり演奏してもらう機会も生まれ、そこを卒業することは一種の社会的なステータスになります。だからできるだけ進学を勧めたいです。

ポピュラー系でしたら、専門学校は山ほどありますが、自分としてはここはやはり音大の方がいいでしょう。
なぜならば商業音楽も立派な音楽の...続きを読む

Q音楽と哲学、音楽の解説、音楽と自然科学、その他音楽に関する論文

音楽に関してさまざまな視点から考察をした論文で、お勧めのものはありませんでしょうか。

わたしは、音楽をカッコイイといった次元とは異なった次元で考えてみたくなった者です。たとえば、音楽理論を数学的に、あるいは、心理学的に考えてみると、どのようなことがいえるのだろうかということを考えています。音大生等ではありませんので、なかなか興味深い論文を探し出すこともできません。

音大生、音楽専門学生、また音楽に詳しい方は、今までどのような興味深い論文を読まれましたか。教えてください。よろしくお願いします。

なお、ジャンルは不問です。

Aベストアンサー

 
 1
 
── 婦人はかつて唄を唱いピアノを弾くことを禁止されたことがある
だろうか。にもかかわらず、なぜ女性は作曲をしないのであるか。また
作曲をしても、その作品がなぜ不朽ではないのか。メービウスは音楽史
上に見出されるすべての女性作曲家の名を苦心して集めてみたが、その
長い人名簿のうちで、これはと思うのは、クララ・シューマンとファン
ニー・メンデルスゾーンとコロナ・シュレーターの三人だけであった。
しかもクララはその夫によって、ファンニーはその兄によって、またコ
ロナはその友ゲーテによって、それぞれ有名になったにすぎない。
── クレッチマー/内村 祐之・訳《天才の心理学 19820118 岩波文庫》P196-7
 Mobius, Paul Julius 精神医学 1853‥‥ Duitch 1907‥‥ 54 /
 Kretschmer, Ernst  精神病学 18881008 Duitch 19640208 75 /
 
 2
 
── クレッチマーは梅毒が脳にある程度の刺激を与えたため、脳髄に
破壊がおこらない時期には天才を促進することになったのではないかと
想像する。(略)ウォルフの創作を検討してみると、一八八八年までは、
一八七五-七八年ころに、いくらかの作品はあるが、独創的ではないし、
一八七九年以来、四年間はほとんど、まったく作品がなく、一八八三年
には一曲、一八八四年から八五年の間はゼロである。
── 宮城 音弥《天才 19670220 岩波新書》P078-080
 
 3
 
 堀内 敬三《明治音楽百年史 19680930 音楽之友社》によれば、初めて
日本の音楽(新内・俗曲など)を聴いた、お雇い外人の音楽教師たちは
「この民族は永遠に西洋音楽を理解できないだろう」と嘆いたそうです。
 
 その後140年たって、たしかに西洋音楽は日本に定着しましたが、
日本人の作曲で、欧米に輸出された作品は、あまりにも希少です。
 つまり、われわれが思うほどに西洋音階を掌握できなかったのです。
 
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1409684
 
 4
 
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1657834.html
── アラン/宗 左近・訳《音楽家訪問 1927-1965 白水社》
 Arland, Marcel   作家   18990705 France 19860112 86 /“新世紀病理論”
 
 上記の本は(いま手もとにないのですが)24人の音楽家を訪ねて、
それぞれの“調性”に関する架空の対話を著しています。
 わたしには、とても退屈でしたが、参考書としては有効かと思います。
 

 
 1
 
── 婦人はかつて唄を唱いピアノを弾くことを禁止されたことがある
だろうか。にもかかわらず、なぜ女性は作曲をしないのであるか。また
作曲をしても、その作品がなぜ不朽ではないのか。メービウスは音楽史
上に見出されるすべての女性作曲家の名を苦心して集めてみたが、その
長い人名簿のうちで、これはと思うのは、クララ・シューマンとファン
ニー・メンデルスゾーンとコロナ・シュレーターの三人だけであった。
しかもクララはその夫によって、ファンニーはその兄によって、またコ
ロ...続きを読む

Qヤマハ音楽教室幼児科以降の進路

娘がヤマハ音楽教室の幼児科で学んでいますが、次にジュニア科に行くべきか、
エレクトーンジュニア科個人(現在の教室にエレクトーンジュニア科のグループコースが無いため)
にすべきか迷っています。

娘は最近「もっと先にどんどん進みたい」「ペダルも使ってやりたい」と言いますので
これは、エレクトーンの方かな、と思うのですが、実際のところ娘は
お気に入りの曲は自分から弾くのですが、ヤマハの為の練習となると
私から言われてやっとする程度で、家で私が手取り足取り指導することによって
順調にマスターしているという状態です。
エレクトーンカーニバルなどの発表会も「出たい出たい!」と言う割には
やはり練習となると自主的ではなく、私がかりです。

こんな調子なので、エレクトーン科に行かせても、私が頑張るだけなのでは・・・と思えたりします。
また、エレクトーン科に進んだ場合、現在使っているEL100が、どこまで使えるのか不安です。

どうかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

家の子は幼児科の後ジュニア専門コースに行って、グループレッスンとピアノ個人レッスンだったので、エレクトーンのコース名は詳しくないのであまり参考にならないかもしれませんが、楽しさとアンサンブルが好きというならジュニア科で、上達を望みたいなら個人レッスンで。又、両レッスンできれば理想的だと思いますが、宿題も多くなると思いますので、それなりの覚悟とやる気がいるかと思います。

家での練習ですが、お子さんが大きくなれば解消する問題だと思います。むしろやっと幼児科でこれからという時期ですし、同伴のうちは特にお母さんが一緒にやってあげたほうがいいと思います。
家の子も小学3年になって、やっと自分から練習するようになった、というか練習の大切さがわかったという感じで、小学4年の今も叱咤激励の毎日です。周りのお友達を見ていても、上達するお子さんはお母さんが常に気にかけている方が多いように思えます。毎日の練習時間を確保してあげたり、声を掛けたり、時には一緒にやったりと。私は弾けませんがだからといって放っておかず、私なりのアドバイスをします。うるさがりますが「もっと上手になってほしいから言うのよ」という意思も伝えます。

EL-100のエレクトーンですが、周りのお友達を見ていても、ジュニア科は問題ないと思いますが、個人レッスンともなると機能として不足し本来の練習ができなくなってくると思います。皆さんステージアを購入しています。値段だけ見ると高い買い物ですし、新機種がすぐに出てきてしまいますが、いくら習っても楽器がそこそこ整っていないと上達は望めないような気がしますし、先生と相談してみるといいと思います。

いずれにしてもジュニア科以降のグループレッスンと個人レッスンではやることが全く違います。グループレッスンではエレクトーンを習うわけではなく、いろいろな音色が出て、音も簡単に出るという理由でエレクトーンを使って音楽全般を楽しみながら学び、アンサンブルをするだけですから、少しはエレクトーンのボタン操作をしたり足ペダルを使うことは先生によってあるかもしれませんが、特にエレクトーンを持っていなくてもいいくらいだと思います。足鍵盤を使ったり、エレクトーンの機能を覚えたり、エレクトーンとしての演奏を学びたいのならば個人レッスンでしょう。

家の子は幼児科の後ジュニア専門コースに行って、グループレッスンとピアノ個人レッスンだったので、エレクトーンのコース名は詳しくないのであまり参考にならないかもしれませんが、楽しさとアンサンブルが好きというならジュニア科で、上達を望みたいなら個人レッスンで。又、両レッスンできれば理想的だと思いますが、宿題も多くなると思いますので、それなりの覚悟とやる気がいるかと思います。

家での練習ですが、お子さんが大きくなれば解消する問題だと思います。むしろやっと幼児科でこれからという時...続きを読む

Q教育学部音楽科の進路について迷ってます。

私は今高校三年生です。早く進路を決めなければならないのですが、国立大学の教育学部音楽科に進むべきかどうかなやんでいます。私は、小さい頃からピアノを習ってきましたが、特に将来音楽の道を目指そうと考えてきたわけではありませんでした。しかし、進路を決める事になり、音楽をこれからもっと学ぶ事も考えはじめました。でも、将来音楽の先生になりたいなどと考えているわけではなく、大学でもっと音楽に関する事を学びたいのです。私が考えているのは、広島大学教育学部の音楽文化系という所ですが、そこは、勉強のレベルも高いので、両立できるか不安です。それに将来先生を目指してるわけではないのに、そのような学部を目指していいのかわかりません。こんな私に何かアドバイスを下さい。あと広島大学の音楽文化系についてや、教育学部の忙しさも教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

国立大学の教育学部音楽科を卒業して3年になります。
大学によってカリキュラムは違うとは思いますが、教育学部の音楽科というのは、やはり教育に関する授業が多かったです。私の場合は小学校教員養成課程だったので、特に音楽以外の教科に関する授業も多く、卒業のためには必ず教育実習の単位も必要でした。私はいずれ教員の道を選ぶつもりだったので良かったのですが、中にはやはり教員になるつもりはない学生もいて、その人たちにとっては教育実習などはかなり嫌な、つらいものだったようです。
結論としては、先生をめざしていなくて音楽をやりたいということであれば、音楽に重点をおいた大学を選んだほうがいいのでは?と思います。教育学部で、先生以外の道には必要のない教育関係の授業を受けている時間を、音楽の授業に使ったほうが充実した大学生活を送れるような気がします。
最後に、教育学部もいろいろな免許を(小学校教員免許や中学校教員免許)あれこれ取得しようとするのでないならば、他の理系の学部などに比べればそんなに忙しいとは感じませんでした。1,2年生の間は一般教養などでけっこう授業がつまっていましたが、3年生あたりから曜日によってはけっこう時間割に空きができてましたので。

可能ならば、実際に広島大学の音楽文科系に通っている先輩の話を聞けるのがベストですよね。
今から半年、がんばってくださいね!

国立大学の教育学部音楽科を卒業して3年になります。
大学によってカリキュラムは違うとは思いますが、教育学部の音楽科というのは、やはり教育に関する授業が多かったです。私の場合は小学校教員養成課程だったので、特に音楽以外の教科に関する授業も多く、卒業のためには必ず教育実習の単位も必要でした。私はいずれ教員の道を選ぶつもりだったので良かったのですが、中にはやはり教員になるつもりはない学生もいて、その人たちにとっては教育実習などはかなり嫌な、つらいものだったようです。
結論として...続きを読む

Q音楽の成績と音楽の才能

はじめまして。私自身は音楽と関係のないところで仕事しており、この世界の右も左もわかりません、、、それで、すこしへんな質問ですが、。

たとえば、偉大な発明家、ノーベル賞受賞科学者、などの中には、子供の頃(あるいは高校くらいまで?)あんまり学校の勉強がとくいでなかった人がいたなんて話をときどき聞きます。
で、音楽家の場合はどうなんでしょう?現代では優れた音楽家すなわち学生時代も優秀な音大生ということでしょうか? あ、いろいろジャンルもあるでしょうから、ジャンル分けしてでもけっこうです、、。クラシックの音楽家で、学校の音楽の成績のぱっとしなかった人なんて、いるんでしょうか、、?。

変な質問で恐縮です。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は趣味で声楽を習っていましたが、そのときの先生に、(巧い、ヘタは別として)「あんたの声は、百人に一人の声」(決して百万人に一人ではない)といわれたことがあります。
それなりの過程を踏んで技術をマスターし、どこぞの音大の声楽科に進んでいたら、まあ、そこの学校ではトップクラスになれたかも?
ってことかな(笑)

悲しいかな、歌声だけは親からの貰い物なので、声質が優れてるというのは、天性のものでしょうね。

現在はどうか知りませんが、学校の音楽の成績なんて、何の当てにもならないんじゃないでしょうか?
大体基準がピアノ習っているコが上位を占める(当たり前だけど)訳ですから。
日本の子供たちの多くは、音楽の授業をちゃんと受けていても、楽譜の読み書きさえ出来ない状態で大人になっています。

noel2さんはどんな理由でこの質問をされたのかわかりませんが、もし、これから何か音楽の勉強をしたい、ということであれば、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

子供のころから憧れて、やって見たいな、でも音楽の成績は良くなかったから、自分には出来ないのでは・・・としり込みしていらっしゃるのでしたら(邪推だったらごめんなさい)、努力次第で必ず夢は実現しますよ。

だけど、最低楽譜が読めるようになること、何か表現できる手段(楽器など)を駆使できるようになることは必要ですね。

音楽畑の一家でなくてもまず、スタートラインに立つためにはどんな演奏家・作曲家でもこの辺はだいぶ努力したと思います。

ちなみにドヴォルザークは靴屋の息子だったそうです。

私は趣味で声楽を習っていましたが、そのときの先生に、(巧い、ヘタは別として)「あんたの声は、百人に一人の声」(決して百万人に一人ではない)といわれたことがあります。
それなりの過程を踏んで技術をマスターし、どこぞの音大の声楽科に進んでいたら、まあ、そこの学校ではトップクラスになれたかも?
ってことかな(笑)

悲しいかな、歌声だけは親からの貰い物なので、声質が優れてるというのは、天性のものでしょうね。

現在はどうか知りませんが、学校の音楽の成績なんて、何の当てにもならな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報