アレニウスプロットとはどんなものですか?そこからどんなことがわかるんでしょうか?簡単でいいので教えてください。

A 回答 (3件)

 Umada さんもお書きの様に「物理化学」と付いた教科書には出てくると思います。

また,この OK Web でも何度か関連質問が出ています。TOP ペ-ジ(↓1番目)で「アレニウスプロット」と入れて検索してみて下さい。

 その中の「QNo.161176 アーレニウスの式」(http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=161176)及び ANo.#4 で siegmund さんが紹介されている関連質問(「QNo.32415 Arrheniusの式(速度論)について」↓2番目)の回答が参考になるかと思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=32415
    • good
    • 0

Arrheniusの式、およびArrheniusプロットは大学教養課程程度の化学でなら出てきます。

ヒントだけ述べるなら、この両者は活性化エネルギーに関するものです。
反応速度論などというその分野専門の本を持ち出さなくとも、通常の物理化学の教科書(大学1、2年生程度)で十分載っています。教科書をお持ちでなければ、岩波の理化学辞典(10cm近い厚さのある有名な辞典)あたりを引いてみて下さい。これにも載っています。

ネット検索でもヒットはするでしょうけれど、むしろ応用研究の中で手法としてArrheniusプロットを使った話がほとんどだと思います。初歩の人向けに丁寧に解説したページがうまいこと見つかればいいんですが・・・
    • good
    • 0

レポートでしょうか・・・?


ネット検索でもHitしますが、反応速度論等の関連成書には必ず記載がありますので、参考にして下さい。

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの加速試験

現行のファンの寿命が短いため、代替のファンを検討しています。
ファンの寿命を予測するため、モーターの加速試験を行いたいのですが、
どのように実施すればよいか教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

ブラシレスなら、寿命は殆ど軸受けできまります。

 軸受けは殆ど焼結のオイルレスメタルが使われていますがシャフト
とオイルレスメタルの接触しているメタル側のポーラスが目詰まり
を起こすと含浸されているオイルの循環が妨げられるようになり
やがては焼付けを起こしてしまいます。

 従って、このメタルのポーラスの目詰まりを起こすストレスとして
は、
 (1) 温度(高温)
 (2) 高回転

が上げられるかと思います。

Qこの問題なんですが解こうと思えば無理やり解けるのですが、簡単な考え方がイマイチわかりません。わかりま

この問題なんですが解こうと思えば無理やり解けるのですが、簡単な考え方がイマイチわかりません。わかりますか?

Aベストアンサー

「50」と「51」のどっち?

「50」の(1)は、全10チームが「自分以外の9チームと試合する」のだから、すぐ計算できる。ただし、それだけだと「自分」と「相手」が逆のものをダブルで数えているから、それを補正する。
  10チーム × 相手9チーム / 2 = 45

(蛇足)ホーム&アウェイで各対戦を2試合ずつやるなら、2で割る必要はない。全チームが、自分以外の9チームをホームに招いて試合をすればよいのだから。

(2)7回の並びのうち、「裏」2個をどこに置くか、ということ。「1~7回目」というカードから、「N回目」と書かれたカードを2枚引く組合せと同じ。
  7C2 = 7! / (5! * 2!) = 21

「51」
 不等号なのだから、a, b, c, d は別々の数字。
 0~9から何でもよいので「4個」選んで大きいものから順番に並べればよい。「大きい順番」は1通りしかないし、大きい順に並べれば a が「0」になることはないので、「nは4桁の自然数」を満たさないものはない。
 ということで、「0~9から何でもよいので4個選ぶ」選び方の数が答。
  10C4 = 10! / ( 6! * 4! ) = 210


「簡単な考え方がイマイチわかりません」って、突き詰めて考えていないだけでは? 「つまり、それってどういうこと?」というのを、論理的に、突き詰めて考えればよいだけです。
「イマイチ」ということは、「かなりのところまでは分かっている」ということですよね?

「50」と「51」のどっち?

「50」の(1)は、全10チームが「自分以外の9チームと試合する」のだから、すぐ計算できる。ただし、それだけだと「自分」と「相手」が逆のものをダブルで数えているから、それを補正する。
  10チーム × 相手9チーム / 2 = 45

(蛇足)ホーム&アウェイで各対戦を2試合ずつやるなら、2で割る必要はない。全チームが、自分以外の9チームをホームに招いて試合をすればよいのだから。

(2)7回の並びのうち、「裏」2個をどこに置くか、ということ。「1~7回目」というカードから...続きを読む

Qアルミ電解コンデンサの加速試験

アルミ電解コンデンサをセンサの電源平滑化に使用したとき、製品寿命を加速試験で確認したいと思っています。
どのような条件で行えば良いでしょうか。

センサ仕様
 電源仕様 AC24V(50Hz/60Hz)/DC24V +/-10%
 使用可能温度範囲 -20°~+60℃
 センサ構造 エポキシ樹脂モールド
 電解コンデンサ前段にダイオードブリッジを入れています
 製品寿命 10年として設定
 
電解コンデンサ仕様
 定格電圧 50V
 温度仕様 85℃/105℃ 考慮中

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>アルミ電解コンデンサの温度仕様85℃を使うとしても100℃にすれば良いのでしょうか。

試験方法としては正しいです。
100℃に拘らず、110℃にすれば、試験期間は半分になり、
120℃、130℃と上げていくと、試験期間が更に、1/2、1/4と短縮できます。

で、凄く気になった事として、85℃の電解コンデンサを使うなら、
そんな試験をするまでもなく、10年持ちません。
60℃の環境で、10年の寿命を期待してるなら、85℃のコンデンサは選択肢に入りません。

例えば、ニチコン のUVRシリーズの耐久性は、85℃2000時間と
カタログに記載されています。
このコンデンサを使って、10年の寿命を期待するなら、
コンデンサの温度を31℃以下で使用しなければなりません。

コンデンサメーカーの耐久性表記が正しいかどうかを確認するのが
目的なら選択肢になりますが。。

Q反省文ってどんなこと書けばいいんですか? 昨日、学校のルールを破ってしまい、反省文を書くことになりま

反省文ってどんなこと書けばいいんですか?
昨日、学校のルールを破ってしまい、反省文を書くことになりました。
でも、具体的にどんなことを書けばいいかよくわかりません。
教えてください!

Aベストアンサー

検索すればいくらでも出てくると思うけど…
1.なぜそんな事をしたのかを書く
 面倒だったから魔がさしたとか…
2.そのおかげでどうなったかを書く
 みなさんに迷惑を掛けたとか、みんながルール守らないと大変な事になるとか…
3.二度とやらない決意を書く
 具体的に、どうやって二度とやらないかなど…
 もし再び同じような状況になっても、先生の顔を思い出して、繰り返しませんとか…

Qアレニウスの温度2倍速

アレニウスの式 k=Aexp(-E/RT) から
アレニウスの温度2倍速の式 L=L0×2^(T1-T2/10)
が導き出せるとのことですが、この数式が解けずに困っています。製品の加速試験結果から寿命を求めたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2倍則は要するに温度が10℃上がると寿命が半分になる,ということです.しかし,Arrhenius 式からそのような温度依存性を導くためには,まず活性化エネルギーEが決まらなくてはならず,しかもその上で近似も必要です.
Eがそのような値を取るという物理化学的根拠は何もなく,単にたまたまそのような系が多いのでそのような式が経験式として使われているというだけです.
L=L0×2^{(T1-T2)/10}
両辺の対数を取ると
lnL=lnL0 + {(T1-T2)/10}×ln2
=lnL0+(T1-T2)×(ln2/10)
∴ln(L/L0)=(ln2/10)×(T1-T2)
寿命と速度定数は逆数関係にあるので,もとのArrhenius 式を寿命で書けば
L=Aexp(E/RT)
T1でL0,T2でL の寿命だとすると
L0=Aexp(E/RT1)
L=Aexp(E/RT2)
∴L/L0=exp(E/RT2-E/RT1)
ln(L/L0)=(E/R)(1/T2-1/T1)
=(E/R)(T1-T2)/(T1T2)
={E/(T1T2R)}×(T1-T2)
ここで,T1とT2は絶対温度ですから加速試験程度の実験条件ではこの差は大きくありません.つまり,T1T2という項は通常は常温の2乗と近似してしまっても問題ないということです.そうすると,この式の{E/(T1T2R)}という項は活性化エネルギーが決まれば定数項として扱えるということです.
これが2倍則になるためには,Eが適当な値でなくてはなりません.式を見比べてください.
すでに述べたようにそのようなEになるという根拠はどこにもありませんが,経験的にそのようなものが多いようである,というだけです.
ちなみに化学反応では10℃上がると速度が3倍になる,という経験則がよく知られています.しかし,実際にいろいろと反応を見ていると,2倍にしても3倍にしても,そんなに適合しませんし,10倍くらい変わったり,ほとんど変わらなかったりするものも珍しくもなんともありません.それだけEの値はいろいろである,ということです.

2倍則は要するに温度が10℃上がると寿命が半分になる,ということです.しかし,Arrhenius 式からそのような温度依存性を導くためには,まず活性化エネルギーEが決まらなくてはならず,しかもその上で近似も必要です.
Eがそのような値を取るという物理化学的根拠は何もなく,単にたまたまそのような系が多いのでそのような式が経験式として使われているというだけです.
L=L0×2^{(T1-T2)/10}
両辺の対数を取ると
lnL=lnL0 + {(T1-T2)/10}×ln2
=lnL0+(T1-T2)×(ln2/10)
∴ln(L/L0)=(ln2/10)×(T1-T2)
寿命と速...続きを読む

Q技術の宿題をしているのですが、PSEマークがついてるものがわからないので次の中からついてるものを教え

技術の宿題をしているのですが、PSEマークがついてるものがわからないので次の中からついてるものを教えてください

・電子レンジ
・冷凍冷蔵庫
・照明器具
・オイルヒーター
・温水洗浄便座
・炊飯器
・IH クッキングヒーター

お願いします!

Aベストアンサー

http://www.gsr.jp/irs_sbiz/special/pse.htm
によれば以下の機器以外はPSEマークが必要なようです。

パソコン・プリンタなどパソコンやその周辺機器(令一)
電話機・FAX・無線など通信機器(令一)
スチームクリーナー(解III-6(25))
プリント機能を持つホワイトボード(解III-8(19))
UHFコンバーター(解III-9(5))


お書きになっているもの全てにPSEマークが必要なように思われます。
間違ってたらごめんなさい。

Qアレニウス酸、ア塩基においては価数を定義しますが

アレニウス酸においては価数を定義しますよね
アレニウス酸おいて 価数=1molあたりが出すH+のmol数

同様にアレニウス塩基においても価数を定義しますよね
アレニウス塩基において 価数=1molあたりが出すOH-のmol数

わからないのがブレンステッド酸やブレンステッド塩基において価数を定義するかどうかです
ブレンステッドの定義ではある物質が反応によって酸になったり塩基になったりしますよね
こういった状況で価数を考える意味は無いからブレンステッド酸やブレンステッド塩基においては
価数は定義しないような気もしますが、自信が無いです

定義をするかどうか、もしするならばその定義
を教えてください

Aベストアンサー

ルイス酸・塩基の場合は悩みますが、ブレーンステッド酸・塩基は通常アレニウスの定義と変わらないと思います。
というより、アレニウスの酸・塩基の概念を使う方が稀で、高校段階で既にブレーンステッドの定義が使われていると思いますが?

Qキャッチフレーズでいいのかわかりませんが・・・どんなものありますか?

昨夜、本にアボガドが載っているのを子供が見つけて、
「アボガドは脂肪分が多いから、”森のバター”って言われているんだよ」と
教えてあげたところ、とても興味を持ったらしく
「他にもそんなのないの?」と聞かれました。

牡蠣=栄養たっぷりで”海のミルク”、しか思い浮かばなかったのですが、
他のものでもあるはず・・・

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
(食材だけではなく、広く知りたいです!オランウータン=森の人とか・・・)

Aベストアンサー

こんばんは。「畑の肉=白菜」から、この質問にたどりつきました。とても、勉強になりましたね。質問ですが、やはりお子様向けに勉強になる事例が一番なのでしょうが、あまり思いつきませんでした。(ダメですね~)

「海のギャング」:ウツボ、トド、ホオジロザメ、オオカミウオ、太刀魚。
ネットで検索したところ、こんなに出てきました…。トドは水族館のポスターで「北海の暴れん坊」というものを、見たことがあります。(いいかげんですね~)

なにかないかなぁ~と思っていたら、こんなページを見つけました。(参考URLをどうぞ)
(地球の美)
http://www.media-5.com/cdlist.html
一般的なネーミングではないと思いますが、いろいろありました。
「深山の妖精」オコジョ、「草原の貴公子」チーター、などが、私好みです。

あとは、ご希望の回答ではないと思いますが、思いついたものを…。

「東海一の弓取り」 徳川家康
↓こんなものもありました。
(戦国武将の異名)
http://pozyu.hp.infoseek.co.jp/imyo.htm

「人間機関車」 浅沼稲次郎(政治家。テロで死亡)
「ロープ際の魔術師」 ジョー・メデル(ボクサー)
「日本一速い男」 星野一義(4輪レーサー)
「平成の盾男」 武豊(JRA騎手)
「大英帝国のバカ息子」 ナイジェル・マンセル(F1レーサー)
(これは、ネットでヒットしません)
「ナニワのシューベルト」 つんく
(キダタロー先生が、つんくが昔自分でそう称していたとテレビで言ってました。怪しい)

後半になると、スポーツ新聞のようになってきてしまいました。(いまいちですね)
それでは、失礼します。

参考URL:http://www.media-5.com/cdlist.html

こんばんは。「畑の肉=白菜」から、この質問にたどりつきました。とても、勉強になりましたね。質問ですが、やはりお子様向けに勉強になる事例が一番なのでしょうが、あまり思いつきませんでした。(ダメですね~)

「海のギャング」:ウツボ、トド、ホオジロザメ、オオカミウオ、太刀魚。
ネットで検索したところ、こんなに出てきました…。トドは水族館のポスターで「北海の暴れん坊」というものを、見たことがあります。(いいかげんですね~)

なにかないかなぁ~と思っていたら、こんなページを見つけ...続きを読む

Qアレニウスの式の導き方?

反応速度の実験でアレニウスの式を使って、
活性化エネルギーを求めたのですが、
そもそもアレニウスの式というのはどのようにして導かれたのでしょうか?
それとも単なる経験則でしょうか。

もし、導き方があるようでしたらその方法も教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

特定のエネルギーをもつ分子等と絶対温度の関係は、ボルツマン分布で示されます。
それらの中で、反応するものの割合と関係した定数部分をかければアレニウス式になります。

細かいことは忘れたので、補足質問には多分答えられませんので悪しからず。

参考URL:http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/lec20-1.html

Q最近勉強したことで、面白いなっておもったことはどんなことですか?

最近勉強したことで、面白いなっておもったことはどんなことですか?

Aベストアンサー

夫:裁判所が詐欺の対象になること
私:FPジャーナル2016年6月号に載ってたニート対策(クライアントへのアドバイス)


人気Q&Aランキング