この度、バイク部品のバフがけを行いたいと思っております。
電気ドリル等で磨くことをHPで書いてあるのを発見しました。
ホームセンターに出向き、購入を検討しようとしましたが、全てばらばらに売っており、素人にはどれをチョイスすればよいかわかりません。
どなたか詳しい方がいらしたらご教授願います。

なお、まるっきり素人な為、道具をそろえても手順等が分かりません。
なるべく詳しく教えていただけるとありがたいです。
大変不躾で申し訳ありません、長くなりますがなにとぞ宜しくお願いします。

【個別質問】
・電気ドリルはどのようなスペックを購入すれば良いでしょうか?
・どのような手順で作業をすればよいのでしょうか?
・どのような時に、どのような工具&液体等を使えば良いのでしょうか?
・リュータと書いてあるのを見かけました、なんの事でしょうか?ドリルより良いですか?
・電気ドリルとグラインダー(?)みたいのがありますがどちらが便利ですか?
・固定するものは必要でしょうか?万力等必要ですか?
・電気ドリルの先っぽにつけるものは何をそろえればよいですか?いろんなブラシ、スポンジ、布等ありわかりません。
・青棒、白棒等あるがいったい何のことでしょう?
・コンパウンドと良く言いますが何をそろえれば良いでしょうか?(ピカールってコンパウンドの一種ですよね?)
・磨く時の注意点等ありますでしょうか?
・仕上げとは何をするのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

研磨機を固定してワークを手に持つ方法(ワークが小さいとき)


ワークが固定されて研磨機を手にもつ方法の二種類の方法があります。

単車に取り付けてある部品を磨くなら後者、部品を取り外して部品単体で研くなら前者。

何処まで仕上げるのでしょう。
鏡面・超鏡面(きれいにするほど技術が必要です)

単純に研くだけならどんなドリルでも代わりが出来ると思うけど、研きの押さえによりトルクが必要なのでアドバイスの使用が無いなあ、まともな研磨屋さんはそんな物使わないので・・・

青棒・白棒は研磨剤です、フェルトバフに青棒を塗って仕上げに使います。

注意することはどちらを固定するにしても、しっかり固定すること。
軍手など手袋は使わないこと。
どちらも巻き込みに対する注意です。

バフの種類は研磨する物により段階により変えます。

よく車のポリッシュにドリルの先に円盤スポンジをつけてくりくり研いていますが、研磨屋はあんな事しません跡形
だらけになる。

あまり回答になってなくてごめんなさい。

リュータとは
http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/kosaku/anaa …
    • good
    • 0

バフ研磨とは、ちょっと違うけどサンドブラストという方法もあります。


アルミナという研磨材を圧縮エアーで吹き付けて汚れを落として
その後に、ガラスビーズを吹き付けるとバフ研磨とは違う光沢を出すことが
出来ます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中型・大型バイクをお持ちの方に質問です/磨くだけで満足?

GWに九州の兄夫婦のところへ行ってきました。兄は250ccバイクを所持しています。バイクにはあまり詳しくない私から見ると、ひとまわり小さいハーレーのように見えます(ゴツイです)。
ところで本題ですが、兄のお嫁さんが「せっかくバイク持っているのに全然乗らないのよ」とこぼしていました。実際兄は通勤に軽自動車を使っています。休みの度にバイクを磨いては自己満足に浸っているようです。
ちょっとイジワルだと思いましたが「兄ちゃん、本当は乗れないんじゃないの?」と聞くと「そういう問題じゃない。お前達には分からない」とそっけなく言われてしまいました。
せっかくローンを組んで買っているのに、月に数回しか乗らないようです。私には全く理解できません。納得できるような助言をいただけたら幸いです。お嫁さんにもなんだか悪くって・・・(汗)お願いします。

Aベストアンサー

気持ちわかります。
できれば同じバイクを2台買って1台は飾りで、
1台は乗り専用にしたいぐらいです。

道具として考えるか宝物として考えるかによって
違ってくるんじゃないでしょうか?
車でも汚れるから乗らないでガレージの中で磨くだけとか、
高級ブランドのバックも箱に収めて、
専用の収納庫に入れてたまに手袋をはめて
指紋をつけないようにして取り出して眺める
物を入れて使うのはもってのほか・・・
とかいろんな人がいます。
マイセンのこんな感じのお皿とかhttp://store.yahoo.co.jp/ddc/wmei270501.html
棚に飾って日ごろの料理には使わないですよねー

お兄様はその対象がバイクなんじゃないですか??

Q一度の走行でリーンイン・アウト・ウィズ又はハングオン等使い分けていますか?

 ヘッポコライダーです。
なんとか上手く、綺麗に乗れるようにと日々努力してますが
まだまだ道のりは長いです。
本屋に行くとついついライディング虎の巻のようなもの
ばかり買ってしまい「頭でっかち」になりがちです。
 
 さて、質問なのですが、その「ライディング奥義」のような本、一冊の中にリーンインもアウトもウィズもハングオンも全て載ってます。
まぁ、過去に特集した総集編みたいな内容なので仕方ないでしょうが
様々な雑誌に様々なライディングスタイルが掲載されていてそれぞれが正しいと主張しています。
 こうなると私のような者にはどれが正しいのか混乱してしまいます。
実際に皆さんは、例えば上り、下りやコーナー半径などで(それが一度のツーリング中であっても)乗り方を変えているのでしょうか?
それとも一度シートに跨ったら、その日降りるまで同じ乗り方なのでしょうか?教えていただければ幸いです。
(CB400SFでツーリングメイン、下りタイトコーナー苦手、多角形コーナリング、乗せられている感じを強く感じる、乗りこなしていない)

Aベストアンサー

乗り方は、ケースバイケースで変えます。一度乗ったら帰り着くまで同じ乗り方というのは考えにくいです。
路上でのUターンやタイトな左折ならリーンアウトでしょうし、それ以外の公道上のカーブならほとんどリーンウィズになるでしょう。
その時・その場の速度やコーナーの曲率半径(r)や路面状況、周囲の交通状況に最適な乗り方をしますよ。リーンウィズやリーンインなどのどれか一つが、「万能で通用する絶対正解」や「最強のライディングスタイル」ではありませんよ。

それにリーンアウトもリーンウィズもリーンインも、基本姿勢は同じ。上半身(頭)の位置が違うだけで、下半身の位置は3つとも共通です。下肢やくるぶしでマシンをしっかりホールドしていれば、リーンウィズからリーンインへ、あるいはリーンアウトへ変更することは(コーナリング中であっても)簡単です。(ハングオンもこの延長線上にある)
基本が出来ていれば、あとは質問者が乗りやすいと思う姿勢をケースバイケースで選べばいいと思います。

QSACTなど、複数コンパウンド配合のタイヤ

ブリジストンのタイヤ技術にSACT、スポーツSACTというのがあり、センター部分はハード、サイドにソフト目のコンパウンドを使って寿命とグリップを両立しましたってことになっています。
しかし現在のラインナップを見るとあまり積極的に使われているとは言い難く、ラジアルタイヤとなると採用なしです。個人的にはハイグリップタイヤで高速を走ると「もったいない」と思ってしまう位なので有効な技術ではないかと思っているのですが、あまりメリットはなかったのでしょうか。もしくはメリットを越えるデメリットがあったのか。
ミシュランもレース用タイヤとはいえ、2CT(2コンパウンドテクノロジー)なんてのをリリースしていますし、無駄なくタイヤを使うには悪くないかな、と思ってます。
実際乗っていた方の感想などあれば聞かせて貰えると嬉しいです。
バイク用タイヤの寿命が(値段の割に)あまりにも厳しいため質問させてもらいました。

Aベストアンサー

これは私の個人的な体感ですが、私はこの複合コンパウンドのタイヤは好きではありませんでした。
その理由は、つなぎ目辺りの接地感の変化が、ライディングに違和感を与えたからです。

あんまり荷重を掛けずに、ツーリングと峠道をそこそこのペースで流す程度、ならいいのですが、直線終わりのブレーキングから、コーナー前半に掛けてブレーキを残しながら初期旋回で向きを変えていく、と言ったような、荷重をしっかりと掛けていくライディングをすると、グリップ感の変化が、ライダーに不安感を感じさせるんですね。
ブレーキの接地感もそれほどではないですし、倒し込み初期で向きが変わりにくく、アンダー的な感触があるタイヤを信じて、しっかりと寝かせていく事が、私はけっこう怖かったです。

おそらく、しっかりと荷重コントロールが出来るライダーなら、ハードブレーキング時の接地感も求めるでしょうから、センターにもグリップするコンパウンドが欲しくなるでしょうし、荷重を掛けきる技量が無いライダーですと、そもそも寝かせられないですから、横のソフトコンパウンドも必要ないと言えます。

ハイグリップを求めると、センターのロングライフコンパウンドが「使えない」ですし、ロングライフを求める人なら、横のハイグリップコンパウンドを「使えない」と言う事なのかと思います。

ライフを伸ばす事と、グリップさせる事は、相反する要素です。
ライフを伸ばすならロングライフなツーリングタイヤ、グリップを求めるならハイグリップタイヤ、と言うように、ユーザー自身が割り切って買っているのかも知れませんね。

ミシュランの考え方は、ライフの問題ではなく、それぞれタイヤが受ける応力によってコンパウンドを変えているようです。
長持ちさせるためのコンパウンド区分とは、少し質が違うようですね。

これは私の個人的な体感ですが、私はこの複合コンパウンドのタイヤは好きではありませんでした。
その理由は、つなぎ目辺りの接地感の変化が、ライディングに違和感を与えたからです。

あんまり荷重を掛けずに、ツーリングと峠道をそこそこのペースで流す程度、ならいいのですが、直線終わりのブレーキングから、コーナー前半に掛けてブレーキを残しながら初期旋回で向きを変えていく、と言ったような、荷重をしっかりと掛けていくライディングをすると、グリップ感の変化が、ライダーに不安感を感じさせるん...続きを読む

Qビッグバイク用のタイヤでサイドより中心が固めのコンパウンド?

ZZR-1100を乗っていて、上記のようなタイヤがあると聞いたのですが、教えて下さい。使った事がある人はコメントなどもお願いします。
通勤、ツーリング(高速、峠)、などに使います。高速では150キロぐらいで走ってます
他にお勧めのタイヤあったら教えて下さい、なるべく減り難いタイや探してます

Aベストアンサー

使用してたバイクはZRX1100ですので多少は違うかと思いますが参考にどうぞ

確かミシュランのマカダム90X?100X?のどちらかが中央が硬く、サイドが柔らかめだったと思います。

私はツーリング向けのタイヤだからだと解釈しております。

使用感(2年くらい前ですが)は普段ツーリング、通勤などでしたら一切不満ありませんでした。
ですが峠で遊ぼうとしたら熱ダレ、安心感で不満がでました。

マカダム以外でしたら、BT57・BT56・パイロットスポーツ・パイロットレース(2?)履いた事あり、トータルで良かったのがパイロットスポーツ(今はないかも?)です。
タイヤの持ちでしたら、マカダム>BT57>パイロットスポーツ>BT56>パイロットレースの順で、パイロットスポーツで2000km程で交換してました。

あとパイロットレースはこの時期でしたら通勤などはやめましょう!交差点であっさりこけますよ(暖めないと全然駄目です)

QゴルフIIIのドアノブ・パワーウインドウ等不調について

ゴルフIII(平成10年製・走行30000kM)を中古で乗っています。

国産車に比べるとトラブルが多いのは分かっていましたが、
○パワーウインドウが作動しないことがある
○ドアノブが空回り?し、ドアが開かないことがある
(中からも外からも)
なったりならなかったりするので、修理に持っていっても
その場ではOKだったりしてしまいます。

○このような不具合はよくあるのでしょうか?
○ますます悪くなる、すぐに修理しないといけない不具
合でしょうか?それとも気にせず、だまし騙し使ってい
ればいいような不具合でしょうか?
○修理するとして、大体の費用はいくらでしょうか?

以上、何かご存知の方、アドバイスくださいませ。

Aベストアンサー

ゴルフIIIのセダン版であるヴェント(平成9年、86,000km)の故障続きにうんざりして、あと1週間で手放します。故障もさることながら、部品と修理代の高さはファミリーカーとして致命的です。

私もずいぶんネットで情報を集めましたが、パワーウィンドウとドア(あとサンルーフ)の故障はもはや仕様としか言いようがないです。我が家のヴェントでも運転と助手席ドアが開かずに、後席に移ってやっと出たこともあります。その後、ドアロックをせずに走ると不具合が出にくいようです。

運転席ウィンドウは上がったままウンともスンとも言いません。修理代は5万ほどだそうですが、後席ウィンドウも修理した後で、もはや修理する気力がないので、パーキングなどではドアを開けてチケットを取っています。後ろに車がいると焦りますね。

どこかを修理してもすぐ他が壊れるという車なので、余程の愛着があるとか、いっそ買い換えを考えないならば騙し騙し乗るしかないように思います。私はVWと自動車雑誌に騙された思いですよ。ゴルフIIIは日本ではファミリーカーではなく、故障が気にならないマニアの車です。

自動車雑誌が深刻な売れ行き減少で、廃刊も多いらしいですが、こんな維持費の高い車を「一家に一台の車として国産車より10年は進んでいる」と誉めそやした提灯記事に愛想をつかした読者も多いことでしょう。私も今は長期テストのある雑誌しか信用していません。

ゴルフIIIのセダン版であるヴェント(平成9年、86,000km)の故障続きにうんざりして、あと1週間で手放します。故障もさることながら、部品と修理代の高さはファミリーカーとして致命的です。

私もずいぶんネットで情報を集めましたが、パワーウィンドウとドア(あとサンルーフ)の故障はもはや仕様としか言いようがないです。我が家のヴェントでも運転と助手席ドアが開かずに、後席に移ってやっと出たこともあります。その後、ドアロックをせずに走ると不具合が出にくいようです。

運転席ウィンドウは上がっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報