人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

07年に開校予定の教職大学院ってどうなんですか?
文句言ってる人たちもいますよね。
私はまだ高校生なのですが、教育学部へ進学し卒業後は教職大学院へ行って、教員になりたいと思っています。
が、専門的な教員を育成すると言うところに惹かれてそう考えているだけです。
結局のところ、教職大学院っていいものなんですか?悪いものなんですか?
2年間遅れてまで行く甲斐のあるものなのでしょうか?
まだ、具体的なことが出てきていませんが、今の時点での皆様の意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

教職大学院といっても色々です。


大学ごとに特色があります。
従って、一概に是非を論ずるのは大ざっぱすぎます。
ただ、国の方針として教師は修士の学位を持つ方向であり、その中心は教職大学院であることは確かです。
少なくともあなたが4年生になる頃には方針がハッキリしていくでしょう。

現場で学べば良い、というのであればあなたが学んだ先生は全てそれで学んでいます。
で、どうでしたか?
では、逆に、大学院に進学すれば良い、というのであればそれを教えている大学教師はどうでしたか?

つまり、教職大学院を本人がどう使うかです。
    • good
    • 0

色々ご意見を書かれている方も多いかと思いますが、このような新設学校や教育機関については、初物は避けた方が良いというのが私の私見です。


一般的にしばらく様子を見るというのがクレバーな選択かと思います。

なので、あなたがまだ高校生というのならば、ラッキーです。
学部に在籍し、3回生になる頃に世の趨勢を見計らって、
「大学院どーしよっかなー」と考え始めると良いかと思います。

焦ること無いですよ。
まずは目先の大学生活をいかに充実したものに出来るかを考える事をお勧めします。
    • good
    • 1

こんにちは!!



教職大学院については、float_worldさんと同じように、私も少なからず興味を持っています。ネットで『教職大学院』と検索するだけで色々な情報が得られますが、果たしてどうなのか・・・><。賛否両論あるみたいですが、私の考えを書かせてもらいます。

私は現在、教員養成課程の大学で学んでいて、来年からは教壇に立ちます。これまでにも、大学院に進むか、教員採用試験を受験するかで悩みましたが、『先生』という職業はまずは現場に出て何ぼだという結論になりました。

確かに、教職大学院を含め、学部から更に進学し研究すれば、多くのことが学べます。理学部や工学部の学生の大半が院へ進学するのはそのため。『教育学』を極めたいのならそれがベターな選択肢でしょう。しかし、一般的な企業の専門職とは違い、『先生』に求められる‘力’は進学して身につくものと必ずしも一致するとは限りません。実際に現場に出て、十人十色の子どもたちを目の当たりにすることで先生としての力量が養われると考えています。頭でっかちの先生は使えません。【踊る●捜査線】にもあるように、事件は常に現場で起こっています!!笑。
ある意味では、現場が即戦力を培う大学院(?)と考えることもできるのではないでしょうか!!進学して学び、それから現場に出るという道もありますが、逆に、とりあえず現場に出て、そこで自分に足りないものや研究したい事を見つけて教職大学院に進むという道も1つだと思います。教職大学院が現職の先生を募集の対象にしているのはそのためでもあります。
    • good
    • 0

大学で、先生の免許を取るための科目を担当している者です。

先生志望ですか。楽しみですね。

さておたずねの件ですが、そりゃナイフって、いいもの?悪いもの?と聞いているようなもので、どちらにもなりうるでしょう。教職大学院を出た人が妙なエリート意識を持って学校現場を支配するようなことになれば具合悪いし、いろいろな意味で力のある先生が育つチャンスになるなら、そりゃいいことでしょう。

 私自身は教職大学院に関係しない立場ですが、教職大学院について考える場合の最大のポイントは、それがいますでに存在している教員養成系の大学・学部の上にある大学院とは違うものとして構想されているということですね。東京学芸大学に教職大学院ができるとしたら、それはいまある東京学芸大学大学院とは別のものになるはず、ならなければならないはず、ということです。

 何が違ってくるかといえば(まだよくわからない、決まっていない部分が多いようですが)、学校現場との交流が重視されていわゆる実践的指導力の育成が中心となるのではないでしょうか。医学部終えた後の研修医みたいな感じでしょうかね。従来の付属学校に加えて、協力校とかが設定されて、週に3日は現場へ、3日は大学へ、なんていう学習スタイルになるかもしれません。現職の小中学校の先生を、そのまま(3年間とか任期を定めて)大学院の先生として雇用するとかいうこともあるかもしれません。

 教職大学院がどんなものになるかまだわかりませんが、よく様子をみて、大学3年生くらいになったら真剣に考えればよろしいのではないかと思います。参考URLは、来年春から特色ある教員養成のプロジェクトに取り組むための少し大きな補助金の支給を受けることになった大学のリストです。これらは教職大学院の準備プロジェクトとも言われています。ご参考までに。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/kekk …
    • good
    • 0

教職大学院がいいものか、悪いものかと聴かれれば、悪いものでしょう。

おそらく、しょうむないところだろうと確信しています。

ただ、2年かけて行く価値があるかないかと聴かれれば、「ある」と応えます。なぜなら、これから少子化・学力低下のこの時代、教員に採用されるには、「修士」の学位が必要だからです。学部卒だけでは、教員採用試験に合格するのは難しくなるでしょう。ですから、採用に有利なように、大学院に2年くらいいくのは仕方ないと思います。攻めてその間に、たくさん本を読み、教養を高めた方が2年の価値を高めると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教職大学院の現状は?

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょうか?

自分は今のところ大学卒で教職に就くことを目指していますが、正直なところ
教育学部ではないのでどうしても現場での指導経験が不足してしまいます。
そのため、自分が学校の教壇に立って指導する姿が想像できません。

そう考える反面、教職に就けば結局は実践の連続なのだから教職大学院ではなく
教育学研究科(または専門学部の教科教育学研究科)に進学して、何か問題が
起きてもブレない理論と分析力を身に付けるのも良いのではないかとも考えます。

現在、教職大学院はどのような評価がなされているのですか?
意見を聞かせてください。

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


 北米・・アメリカ、カナダですと大学にはご存じのように医学部、法学部がありません。医師、弁護士になりたければ、とにかく四年制大学を卒業してその後メディカルスクール、ロースクールへ入学して、卒業後それぞれの認定試験に合格すると医師、弁護士になれるという高等教育制度になっています。日本では医科大学院は実現せず、法科大学院だけが実現しました。

 で、教員になるためにも同じ過程を辿る必要があるんですね。4年制学部卒業後、修士課程にあたる教員養成課程に進み、卒業して国家試験に合格すると「教員免許」が与えられます。
 日本の教員に較べると就学期間が長く、かつ免許の取得は国家試験に合格しなければならない、という厳しさです。教職大学院はこれをモデルにしたものと思います。

 で、4年間の大学教育+ちょっとの教職科目の追加取得と2週間の実習だけで「教員免許」が取れてしまう日本は「教員免許」の重さが吹けば飛ぶようなものです。しかし、それを補ってきたのが「教員採用試験」の狭き門ではないかと思います。じっさい、40人以上を一斉授業で面倒見るという日本の教員についての評価は「Amazing」と言われることが多いようですよ。

 国民性、教育制度の歴史、文化その他の違いがありますんで単純比較も危険ですが、日本ではそれでも教師は「よく機能している」と思います。

 ダラダラとなりましたね。とにかく自分の能力は自分で高めるのが基本。次に教職員大学が期待するリーダーとしての教諭などというものは、どうにも日本では機能しないだろう。そして、だいたいそのような教育機関の講師が、「元校長」「指導主事」という行政職員、生徒を相手にしたことがない大学教授、というのが大学院に対してあまり期待しない、という私の意見の根幹にあります。退職した元教師だったら期待できるのですが。

 

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


...続きを読む

Q教職と大学院

過去にも、似た質問はあったのですが、疑問解決には至らなかったので、教えてください。

娘が、教育系の大学(社会文化専攻)に行っているのですが、4年生の今になって突然、大学院に行きたいと言い出しました。
大学院に行っていた方が、教員採用とか、採用後の昇進に有利だと言うのですが、その実感がありません。
大学院修了の方が4年卒より採用で有利になるのでしょうか。(必ず採用してもらえるという保証は、当然ないはずでしょうから。)
かえって、就職の範囲を狭くするような気がしています。
実際、教員採用にあたって、大学院の評価はどうなのでしょうか。お教えください。

Aベストアンサー

友人が教育大学の大学院を卒業して専修免許を取得してから小学校の教師になりました。

大学院卒業が採用試験に有利かといわれれば「有利でも不利でもない」といった感じがします。

友人は大学院卒業時に採用試験を受けましたが見事に落ちました(^^;
その後小学校で常勤講師(産休教諭の代理)のバイトを1年間続け、その間時間をみては採用試験の勉強を続けて翌年採用試験に合格しました。

他の友人(大学院卒の教師)も大学院を卒業したからと行って採用が有利になることはないと言ってました。

ただ採用されてしまえば大学院卒(専修免許所持)のほうが将来性があります。教頭になるには専修免許が必要らしいですからね。ただ教頭になるつもりがない(=出世欲がない)のであれば大学院まで行くメリットはそれほどありません。

なお学部卒でも大学院卒でも、卒業後すぐに採用されることは非常に難しいです。2~3年くらい講師を続けてやっと採用されるという方も多いです。高校なんかだと30歳くらいになってやっと正規採用されるという教師もいますよ。(ちなみに妻子持ちでした^^;)

ただ問題なの大学院へ行って採用試験に落ちた場合です。そのまま講師を続けて採用試験に挑むならまだ良いのですが、教員の道を諦めて民間企業に就職したいと言い出したら問題があります。文系の大学院卒だと民間の就職先がかなり限られます。しかも女性となると就職なんて皆無かもしれません・・・
文系の大学院の知識が生かせる仕事は少ないですし、学歴が高いため給料をたくさん払わないといけないので採用担当は敬遠します。しかも女性となると結婚してすぐに退職する可能性があるため直され敬遠されます。

ですから大学院へ行くなら数年の就職浪人(教員採用試験を毎年受ける)を覚悟して臨む必要があります。

友人が教育大学の大学院を卒業して専修免許を取得してから小学校の教師になりました。

大学院卒業が採用試験に有利かといわれれば「有利でも不利でもない」といった感じがします。

友人は大学院卒業時に採用試験を受けましたが見事に落ちました(^^;
その後小学校で常勤講師(産休教諭の代理)のバイトを1年間続け、その間時間をみては採用試験の勉強を続けて翌年採用試験に合格しました。

他の友人(大学院卒の教師)も大学院を卒業したからと行って採用が有利になることはないと言ってました。

た...続きを読む

Q教員の専修免許をとると?

今学部で教職課程を履修中なのですが、
大学院をでれば教員免許も1ランクUP,というのをよく耳にします。

そうすると、どのように得なんでしょうか?
専修免許をもっていないと採用してもらえないという学校もあるのでしょうか?

私はいわゆる名門校で一度は教鞭をふるってみたいと考えているのですが…


あと、一度各都道府県の教師採用試験で採用通知を受けて、保留というような
ことはできないのでしょうか?教職は、教職を離れてもまた復職できるシステム
になっていると聞いたことがあるので・・・。

Aベストアンサー

専修免許が校長になるために必用というのは、関係ありません。教員になる前の経験が教員の(学校の)長たる、校長になるための条件であるはずがありません。教員としての経験を生かし、学校の運営の責任をとるに値する人物、教員から信頼の得られる人物として成長できたかと言うことです。

教員採用試験は現在とても難しくなっています(子どもの数が減っていますから)採用通知を受けて、保留なんてことはまずできないと思います。試験に受かり採用候補者名簿に記載されたけれど、結局、採用通知は来なかったので講師などをしながらまた次の年の採用試験を一から受けなおす(その年、再び受かるとは限りません)という人もいます。採用候補者名簿に載ると講師としての経験は大変有利です(経験のない大学卒より当然働けるわけですから)。

教職を離れてからまた復帰するというのは、教育現場はなれ、1・2年大学などに長期研修として行けた場合(教員としての熱心な向上意欲と研究会や様々な研修をつんだ実績と試験があり、これも難関です)。また、女性なら、1年の育児休暇の後も元の職場に戻れるようにはなっています。

いわゆる名門校で教鞭をふるえるかは、私立校なら直接その学校の採用試験を受けるわけですが、公立校の場合は教員の職場の異動、都道府県の教育委員会で行うので、異動したい学校に行けるとは限りません。恐らく、落ち着いた名門校には多くの教員が異動したがりますので、まずは、荒れた学校でも過疎地の学校でも高校なら工業・商業校でも行って、その学校の生徒に応じた柔軟な指導ができなければなりません。そのような経験の中からあなたの臨機応変な指導力や創造性のある授業が認められれば、名門校にも行けるかもしれません。

「名門校」という表現からすると、あなたは高校の先生になりたいのでしょうか。小学校や中学校に比べると学校の数が少ないですから、ますます採用数は少ないと思います。

でも、先生はいいですよ。教科以外にも児童・生徒との人間的なふれあいが楽しめるような人なら手応え満点です。教科の難しい内容をばりばり教えて、生徒も向上心旺盛でどんどん授業についてくるというような学問の場としてだけで、学校が、教師と生徒が十分に信頼しあい、楽しく働け、学べるという環境は本当に限られて一部の学校だけですよ。

頑張ってください。

専修免許が校長になるために必用というのは、関係ありません。教員になる前の経験が教員の(学校の)長たる、校長になるための条件であるはずがありません。教員としての経験を生かし、学校の運営の責任をとるに値する人物、教員から信頼の得られる人物として成長できたかと言うことです。

教員採用試験は現在とても難しくなっています(子どもの数が減っていますから)採用通知を受けて、保留なんてことはまずできないと思います。試験に受かり採用候補者名簿に記載されたけれど、結局、採用通知は来なかった...続きを読む

Q(教育)院試勉強法

過去と同じような質問になってしまったのですが、どうしても漠然としていてわからないものがあるので質問します。

自分は教育学部でもないし、教育課程をこともありませんが、教育研究と教員免許取得のため兵庫教育大学か上越教育大学に入学したいと思っています。

教員採用試験の参考書や大学院試験の過去を使えば、独学でもなんとか合格できるとかいろいろ意見をいただいたのですが、勉強するポイントが全くわかりません。 教育哲学、学校心理、教育法規? 1つ、教育の基礎みたいな参考書を購入したのですが、どこを中心に勉強したらいいのかがわかりません。

学部外の方、独学で勉強された方はもちろん、教育学部で勉強された方、

◎「教育知識ゼロの初心者は、大学院入試に向けて、教育学のどこから勉強したらいいのか」と、いうことを教えて教えていただきませんか? 助言をお願いします。

Aベストアンサー

 教育採用試験用の参考書を使うというのも良いですが、院試の場合の筆記試験の出題は、論述試験が一般的です。例えば、各専攻(コース・講座)によって出題方法は若干違ってきますが、例えば、発達教育や臨床心理系の専攻(コース・講座)であれば「発達障害の一つを取り上げ、そこに生ずる注意と記憶の問題について述べよ」「脳活動の測定方法を列挙せよ」など論述形式が一般的です。また、これらのことを論述するには、学部や教職課程などで使用されるテキストなどや関連書籍を読んで、文章としてまとめるという作業も必要かと思います。

 したがって、自分が専攻する分野の関連書籍や入門書などを読んでおきある程度内容理解しておくことが不可欠であるといえます。また、全て勉強するというのもムリことなので、自分が専攻する分野と関連してくる単元を中心に進められると良いでしょう。

 参考までに、北海道大学大学院教育学研究科の院試の論述問題を掲載しておきます。また、上越・兵庫教育大学は、各大学の入試課などに問い合わせして見てください。

 入門書や教員採用試験問題集などで志望領域と関連してくる内容を中心にインプットし論述できるように練習しおくことが必要かと思います。ただ、暗記するだけでは忘れると思うので、サブノートをつくって内容をまとめて見たり、実際に他大学などの入試試験問題や上越・兵庫教育大学など過去問題などをベースに書くことになれることが必要かと思います。

 また、院試では、志望計画書や口述試験(面接)なども重要視されるので、大学院でどのような研究をしていきたいか?具体的に、志望計画書を書くことが必要です。また、面接担当する教官は、あなたが志望する専攻(コース・講座)の教官になります。その研究室で「何を中心にやりたいか(研究したいか)?」ということを教官にわかってもらうことが必要です。

 大学院で教員養成プログラム(長期履修プログラム)などを利用して教員免許を取得することもできますが、大学院は、あくまで研究することがベースになるので… 頑張ってください。

 何らかの参考になれば幸いです♪

・『兵庫教育大学大学院学校教育研究科 試験問題』
http://www.office.hyogo-u.ac.jp/office/master_ent/index.html

・『北海道大学大学院教育学研究科 試験問題』
http://www.hokudai.ac.jp/educat/examination/index.html

 教育採用試験用の参考書を使うというのも良いですが、院試の場合の筆記試験の出題は、論述試験が一般的です。例えば、各専攻(コース・講座)によって出題方法は若干違ってきますが、例えば、発達教育や臨床心理系の専攻(コース・講座)であれば「発達障害の一つを取り上げ、そこに生ずる注意と記憶の問題について述べよ」「脳活動の測定方法を列挙せよ」など論述形式が一般的です。また、これらのことを論述するには、学部や教職課程などで使用されるテキストなどや関連書籍を読んで、文章としてまとめるという作...続きを読む

Q他大学、他学部からの大学院入試(修士)について

私は、私大の4年生で他の大学院への進学を希望しています(社会学→教育)。
それは、小学校の教員になりたいと思ったからです。
在学中の大学では教職を取っていません(小学校課程もありません)。

志望大学院は、兵庫教育、上越教育、鳴門教育です。
これらの大学院では、免許未取得者でも院で3年学ぶと専修免許が取得できる「教育職員免許取得プログラム」を行っています。

大学院を目指す上で、以下のような問題があります。

1、他大学で他学部
2、3大学とも場所が遠くて教授訪問ができない(入試で面接あり)
3、今からだと後期受験しかできない
4、日程的に3大学受験できるが、連携をしているので3つ受験すると問題がある(?)

経験者さん、知っていることがある方に
何かアドバイスをいただきたいです。

Aベストアンサー

初めまして。都内の私大の4年生です。私saitamasanさんと同じく、小学校教諭を志しています。
先日、めでたく兵庫教育大学と上越教育大学の修士課程を受験し合格しました。なので、アドバイスができればと思い返信しました。

1、私も非教育学部(社会系)でしたが、面接ではそこには一切触れられなく、ハンデではありませんでした。
2、教授訪問はしていません。受験時初めて大学に行きました。でも、訪問にすることにこしたことはないですね。
3、後期受験は確かにハンデです!大学院要綱の昨年の受験者データを見れば分かるかもしれませんが、後期受験は倍率は高いです。兵庫教育大学は特に厳しいかもしれません。でも、上越は入りやすいと思います!前期なんて、ほぼ全入だったのでは!?鳴門は分かりません。それと後、愛知教育大学も小学校教員免許プログラムを設置していますよ。
4、その問題は全く無いと思います。

試験対策ですが、筆記は学校全般の知識が問われます。面接は、研究テーマが全てです。頑張ってください!!

Q大学院へ進学か、高校の教員か

見ていただいてありがとうございます。

私は今年大学生になる(高3)18歳で東京に住んでいます。


中学生の頃から数学が大好きで、その頃から高校の数学の教員になりたい!と夢見ていました。
大学はもちろん数学科です。
それでずっとそう思っていたんですが最近数学をもっと勉強したいと思って大学院へ進学したいと思うようになってきました。
大学院へいくなら博士課程もとりたいです。

ですが大学院へいくとなるとお金の面もありますし、最短で27歳。大卒で高校の教員になってもほんとはもっと数学を勉強したかったとくいが残りそうです。

数学を奥深くまで勉強したいし、高校の教員にもなりたい・・・。でもお金のこともあるしみたいな感じです。



もう何質問すればいいのかわかんないんですが聞きたいことがいくつかあります。
・大学院のお金の面はどのようにしましたか?奨学金でしょうか?親というのは全く視野にないです。頼るくらいなら大学院あきらめます。
・大学院卒で高校の教員というのは一般的に見て普通にいるんですか?この場合修士、博士とできればわけてほしいです。
・院卒で高校の教員になった場合と大学卒で教員になった場合のメリット、デメリットは?(給料、待遇など)
・その他、疑問に思ったことや何か意見がある(私はこう思う、教員になってからも博士になれるよー(実際どうかは知りませんが例として)など)

聞きたいことがたくさんあってすみません><
他の方の質問回答を見て修士まで行ってから高校教員という道も考えてきました。修士なら今からでも学費は250万いかないくらいですので充分ためることが可能ですしね^^ですがやっぱり数学をとことん極めたいです。

でも高校の教員にもなりたいです。


よろしくお願いします!

見ていただいてありがとうございます。

私は今年大学生になる(高3)18歳で東京に住んでいます。


中学生の頃から数学が大好きで、その頃から高校の数学の教員になりたい!と夢見ていました。
大学はもちろん数学科です。
それでずっとそう思っていたんですが最近数学をもっと勉強したいと思って大学院へ進学したいと思うようになってきました。
大学院へいくなら博士課程もとりたいです。

ですが大学院へいくとなるとお金の面もありますし、最短で27歳。大卒で高校の教員になってもほんとはもっと...続きを読む

Aベストアンサー

*奨学金に関して。
 現在は、大学学部時代に借りた奨学金は必ず返還する必要があります。
 返還免除はありません。
 また、修士および博士で借りた奨学金は在学中の研究業績などで返還免除の可能性があります。
 私は、修士2年間博士1年間借りた奨学金は返還免除になりました。
 (博士の残り2年間は奨学金をもらわず給料で生活)

*大学院卒(修士修了)で高校教員はざらにいます。
 が、博士終了後になったとすると「なんで?」と思われると思います。
 というのも、高校教員になりたいのであれば、早くから経験を積んだほうが良いのではないかと思われるからです。
 博士に進んで専門性をあげても、高校教諭として高校生に教えるようなこととは違います。

*院卒の場合、学卒と比べて年齢が上です。
 そのため、公立校においては「はじめてのお給料」という意味で差はあると思います。

他の方も言われているように、
中高での数学と大学の数学はまったく違います。
私は、数学以外の理系ですが、数学の道と悩んでました。
で、結局は選びませんでした。
大学に入って、数学科の講義を受講して、
「あ~、数学科に入らなくてよかった」と正直なところ思いましたね。
本当に違いました。

また、アルバイトに関して。
大学、大学院とアルバイトを続けられるおつもりでしょうか。
正直、厳しいと思います。
大学はまだしも、大学院は学ぶところではなく研究するところです。
アルバイトの時間なんてありません。
大学院生活を送るためにアルバイトをして時間を削られる、なんて本末転倒だと思います。

色々と書きましたが、結局はまだ先のことなので今は「なりたい」程度に思われていたらいいと思います。
実際、教育実習に行ったら教師になる気が失せるかもしれないし(私は、完全になる気が失せました)、
大学で数学を学べば自分がやりたいことと違うと感じるかもしれない。
まだ、先のこと、と思っていてもいいと思いますよ。

*奨学金に関して。
 現在は、大学学部時代に借りた奨学金は必ず返還する必要があります。
 返還免除はありません。
 また、修士および博士で借りた奨学金は在学中の研究業績などで返還免除の可能性があります。
 私は、修士2年間博士1年間借りた奨学金は返還免除になりました。
 (博士の残り2年間は奨学金をもらわず給料で生活)

*大学院卒(修士修了)で高校教員はざらにいます。
 が、博士終了後になったとすると「なんで?」と思われると思います。
 というのも、高校教員になりたいの...続きを読む

Q教職課程科目履修生制度について詳しく教えてください

文系四大を卒業して会社員をしているものです。
最近転職を考えていて、その中でも教員への志望が強いです。
具体的には、中学の社会科、高校の地歴科、公民科などを考えています。
とは言え、学生時に教職課程は全くとっていません。
少し調べてみたところ、四大の卒業生が教育職員免許状取得に必要な単位を履修するための制度があることを知りました。
この制度は具体的にはどういう制度なのでしょうか(例えば、時間や金はどのくらいかかるものなのでしょうか)。
また、首都圏ではどこの大学でこのような制度を実施しているのでしょうか。
通信で教員免許を取得できる制度もあるようですが、それと比べた場合のメリット・デメリットも知りたいです。
ちなみに、1~2年程度のスクーリングで済むならば、会社を辞めても良いと考えています(教員免許を取るためだけに4年間通い直すのは、さすがに躊躇します)。
アドバイスの程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の知ってるかぎりでご説明します。専門家ではありませんので用語等の間違いがあるかもしれませんが大まかで当ってると思います。
予め申し上げますが、質問者様の条件の場合、科目等履修生を利用するだけでは教員免許の取得はできません。その理由と、それ以外の取得方法も質問の順にお答えします。

>少し調べてみたところ、四大の卒業生が教育職員免許状取得に必要な単位を履修するための制度があることを知りました。
>この制度は具体的にはどういう制度なのでしょうか(例えば、時間や金はどのくらいかかるものなのでしょうか)。

これは科目等履修生の制度です。本科生以外の人間が大学の授業を受けて、その単位を正式に認められるものです。それに対して聴講生は単位取得を目的としないで受講を認められたものになります。よって、これにて単位を認められれば学生時代の単位と合算されて教員免許等の資格を取得することができます。
時間は本科生と同じように授業を受けるので変わりません、お金は、大学や卒業生か否か、通学か通信かでかなり変わります、普通の講義が対象なら入学金等1万~10万、1単位取得(3千~3万)あたりじゃないでしょうか。
***
ただし、この科目等履修生はすべての単位が取得できるとはかぎりません。ごく一部の大学を除いて、実験、実習などは受講をさせてくれません。この実習には教員免許に必須の教育実習等が含まれており、そのためにすでに実習系の単位を取得できてないものは科目履修生での教員免許取得はほとんど不可能です。質問者様のように教育課程を取っていない場合は、本科生になる必要があります。よって質問者様が、教員免許を取得するには、大学に再度入学して一般の学生として単位を取得する必要あります、その場合卒業の必要はありません。その大学は通信の大学でも可能です。

>また、首都圏ではどこの大学でこのような制度を実施しているのでしょうか。

ほとんどの大学で実施してると思います。

>通信で教員免許を取得できる制度もあるようですが、それと比べた場合のメリット・デメリットも知りたいです。

教員免許取得することに関してのみなら以下になります。
科目等履修生
メリット 
数単位程度の単位取得の場合に便利、入学試験は無いに等しいので希望の大学で学ぶことができる。
単位取得難易度は一般学生と変わらないので比較的簡単
デメリット 
本科生ではないので受講できる授業が一般講義のみとされる。
通信より1単位あたりの金額が高い傾向にある。

通信
メリット 
本科生になることによってまったく教職課程をもってないものでも免許取得が可能。
仕事を続けながらや、自分のライフスタイルに合わせて受講できる。
通学の本科生になるのと比べて、本科生になるのが簡単(入学試験は無いに等しい)。
デメリット 
単位取得難易度は通学と比べると難しい傾向にある。
通信といっても一部スクリーングがあり意外と仕事と両立するのは難しい。

>ちなみに、1~2年程度のスクーリングで済むならば
最低2年かかると思います。あと教育実習は丸々一ヶ月は潰れます。

最後に私からのアドバイス
正直、社会系の免許の取得のために今の仕事をお止めになるのはお勧めしません。その理由は難易度が非常に高いためです。中学校で最低10倍程度、高校で30倍は覚悟しておく必要があり、旧帝大院卒程度の能力でも1次すら通過できない難易度のところもあります。
最近の教員不足の報道は、その大半は小学校教師にあります。小学校ならば2倍台の自治体がいくつかあります。それ以外は理系が多少不足しています。

私の知ってるかぎりでご説明します。専門家ではありませんので用語等の間違いがあるかもしれませんが大まかで当ってると思います。
予め申し上げますが、質問者様の条件の場合、科目等履修生を利用するだけでは教員免許の取得はできません。その理由と、それ以外の取得方法も質問の順にお答えします。

>少し調べてみたところ、四大の卒業生が教育職員免許状取得に必要な単位を履修するための制度があることを知りました。
>この制度は具体的にはどういう制度なのでしょうか(例えば、時間や金はどのくらいか...続きを読む

Q教育実習の準備、どのようなことをすればよいのか。

来月6月はじめから高校で教育実習をします。
教科は日本史です。

自分の受け持つ範囲を知らされるのは、実習が始まる一週間前です。
実習が始まると毎日相当忙しくなるということを先輩方からよく耳にします。

たとえば、指導案のテンプレート(枠組みだけ)でも作っておくとか、そういったことはもちろん事前にしておくつもりですが、実際の教える内容の準備に関しては範囲が伝えられるまで手のつけようがありません。

一週間前に範囲を知らされて、それから毎時間の授業内容を考えるって結構大変だと思うのですが…

教育実習を体験したことのある方、授業内容の準備はどのくらい時間がかかったのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

指導してくださる先生によって実習内容も大きく変わりますので、
一概にこれという準備が必要とは言えません。
実際に授業を何回するかも、担当クラスの数、他の実習生の人数や
行事の予定でも大きく変わってきます。

高校ということですが、2週間でしょうか?3週間でしょうか?
私は中学校の英語(3週間)でした。
実習中の大きな流れとしては以下のとおりです。
(1)実習2日目まで・・・指導教諭の授業見学。他の先生の授業見学。
(2)実習3日目・・・初めての授業。
(3)実習最終日の前日・・・研究授業。         
確か合計25~28コマ(ホームクラスの総合含む)でした。

私が心がけていたことをいくつかあげるます。
「指導教諭の授業方法を大事にする」
だいたいの学校が期末テスト前です。
ノートや板書にこだわりがある先生もいらっしゃいます。
生徒もいきなりやり方が変わると大変驚きますし、受けにくいです。
かといって全く同じようにしているようでは、
新しくきてわくわくしている生徒の心をがっかりさせちゃいます。
指導教諭のやり方80%+自分オリジナル20%ぐらいが
ちょうど良いと聞いたことがあります。
何か授業中にやりたいことがあれば、指導教諭にアドバイスを
事前にいただくのが一番いいでしょう。
何にせよ、指導教諭との綿密な打ち合わせが必要ですね。

「名前を早く覚える」
当たり前のことですが、ホームクラスの名前は最低でも
3日以内に覚えてないとつらいです。親しくなれません。
授業で多少失敗しても、信頼関係ができていれば生徒がフォローして
くれます。個人的には授業よりも、クラスといかに馴染めるかのほうが
実習が成功するかどうか左右する重要な部分だと思います。

「勝手な行動はしない」
何をするにしても指導教諭の許可をいただくこと。
何でも指導教諭に相談すること。
うっとうしいと思われるかも・・・って勝手に判断してはいけません。
勝手に行動されるほうがよっぽど迷惑ですからw
わからないことは聞く、そしてメモを取ることです。


ちなみに、私の友人は英語の小ネタを授業でひとつ必ず入れていたそうで、
日本史だったらそういった裏話やおもしろネタを紹介しやすいのでは
ないかと思います。今準備するとすれば、その程度で良いのでは?

長くなりましてすみません。
緊張するとは思いますが、びくびくせず、体当たりでぶち当たって
ください。健闘を祈ります。

指導してくださる先生によって実習内容も大きく変わりますので、
一概にこれという準備が必要とは言えません。
実際に授業を何回するかも、担当クラスの数、他の実習生の人数や
行事の予定でも大きく変わってきます。

高校ということですが、2週間でしょうか?3週間でしょうか?
私は中学校の英語(3週間)でした。
実習中の大きな流れとしては以下のとおりです。
(1)実習2日目まで・・・指導教諭の授業見学。他の先生の授業見学。
(2)実習3日目・・・初めての授業。
(3)実習最終日の前日・・・研...続きを読む

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Q学校の常勤講師で数年の生活はできますでしょうか?

24歳のサラリーマン(男)です。現在社会人2年目です。

28歳に会社を辞めて、中学校の数学教師になりたいと思っていますが、26歳には結婚をして、同時期に子供を生みたいと考えています。

28歳で教員採用試験が受かるのがベストなのですが、数年は常勤講師としての生活も考えられます。
中学校常勤講師で、妻と子供一人の生活をまかなっていけるものなのでしょうか?
講師として働く場所は、土地が高くない田舎の地方で働こうと思っています。

特に経験者の方がいたらご教示願います。よろしくお願い致します。


※28歳で辞める理由は、教員採用試験より「民間企業で5年働いた経験がある場合」という特別経験枠(社会人経験枠)がある都道府県がいくつか存在するので、それを活用できたら良いという思いからです。

Aベストアンサー

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


●経験者枠
採用試験に落ちても常勤講師で採用され、それも2~3年勤続したら、経験者枠で受験できる場合が多いです。社会人枠よりも合格しやすいような気がしますが如何。


●常勤講師の採用
ほとんど書類選考です。いかに各学校長の目にとまるかがポイント。指導できそうな部活動はありったけ書きましょう。履歴書の内容にインパクトがなければ、常勤講師の座も遠のきます。なお、勤務地などに条件を付けたら、採用される可能性は当然、下がります。理想は「勤務地不問」。

また、一度、常勤講師で採用され、問題なく?一年を勤め上げられたら、次年度の常勤講師に優先的に?採用されます。正規教諭で埋まらない穴は、まず最初に、前年度の常勤講師で埋められるだけ埋めていきます。それでも埋まらなかった枠に、ほかの登録候補者をあてる、という感じになりますので。

小学校の教諭だと人手不足で、常勤講師に登録したら即?採用らしいです。

ただ、最大の難点は、3月末になってはじめて「四月から勤務してもらえないか」と話が来る場合がほとんどだということ。ほかに仕事を持っていたら、「んな、急に今の仕事を辞めるわけにもいかんし!」と辞退せざるを得ないケースも。


●社会人経験枠
教育現場とどれくらい関連性をアピールできるか、ポイントにはなってくると思います。これって、その道のプロを教育現場に呼び込もう、という発想でできていると思いますので。なので、英語や工業(高校)、商業(高校)などに科目限定している自治体も多いような気がします。実際にこの枠から採用される数は少ないと思われます。


●一芸枠
ほかに、自治体によっては一芸枠?みたいなのもあります(北海道など)。全国大会出場レベルの、何か実績があれば採用されるとか、英検一級とか持っていると、別途考慮してもらえるとか。


●私学
コネがないと難しいと言われる世界ですが、意外と?公募しています。
http://www.shigaku.or.jp/koubo/index.htm

常勤講師か非常勤講師しか募集していませんが、受験者はほとんどいないようで、再募集をかけている学校も見かけます。公立の常勤講師よりも、とりあえず教壇に立てる可能性は高いような気はします。ただし給与は常勤講師で、ボーナス無し、一律で大卒の初任給くらいだと思っていた方が良いかと。勤務状態が良ければ、その学校の正規教諭への昇格が期待できると思います。

残念ながら私学での経験年数は、公立の採用試験の、経験者枠受験のための経験年数にはカウントされない自治体が多いかと思います。それでも、経歴としてはそれなりに評価してもらえるとは思います。

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


...続きを読む


人気Q&Aランキング