最新閲覧日:

超純水はイオン交換水をどう処理したものですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは


一般的に純水とは電気伝導率が1マイクロジーメンス/cm、溶解性固形分0.5ppm以下を示しています。
超純水は電気伝導率が0.1マイクロジーメンス/cm、溶解性固形分0.1ppm以下を示しています。
水の電気伝導率が0.0582マイクロジーメンス/cmです。
純水は蒸留-イオン交換で製造され、超純水は純水をさらに限外濾過と逆浸透膜によって処理されて作成します。
超純水は超微量分析の際使用されています。
    • good
    • 0

関係分野によっていろいろな方言があるのですが.



蒸留水・イオン交換水などの1回精製した水が「純水」で
「純水」をなんだかの手段で.もう1回精製した水が「超純水」
となります。工業用水を単にイオン交換すると.残っているものは.
細菌の胞子.鉄などのコロイド.微生物.イオン交換樹脂から溶け出したえたいの知れないもの
です。これを限界ろ過(きわめてりゅうけいが小さいろ紙(メンブランフィルター)や中空糸フィルターをくぐすこと)をしたものです。
分析関係では.蒸留イオン交換とした水.あるいは.更に限界ろかをした水が.超純水として使われるのですが.半導体関係では.蒸留をせず直接限界ろ過をするようです。
    • good
    • 0

イオン交換で取り除けない成分、たとえば溶存気体や微生物、固形成分などを膜などで除去して得られる水です。



水は酸素と水素の化合物です。しかし、水素と酸素のみで構成されている水は存在しません。水素と酸素を反応させて水ができたとしても、その瞬間から空気の溶解や容器表面成分の溶解が始まり、これらの不純物が混入した「水」にすぎません。なお、上述の水素と酸素のみで構成される水を「理論純水」と呼び、文字どおり理論的にしか存在しないものです。

しかし、今日では工業的に作られた超純水の比抵抗は理論純水の値(18.24)にかなり近いものになっています。
    • good
    • 0

JIS K 0211 分析化学用語(基礎部門)に用語とその意味の記載があります。


超純水;蒸留及びイオン交換を行い、更に、イオン交換、逆浸透又は限外ろ過などを行って高度に精製した水。
対応英語;ultrapure water;extrapure water
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#4で紹介したサイトも参考にして下さい。

概略として、イオン交換水は蒸留の後処理として行われたとして、RO(逆浸透膜)処理をしてものです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=149964
    • good
    • 0

 水を蒸発させることにより、蒸発残留不純物を除去し、更に発生した水蒸気中の揮発ガスを吸着除去することなより、超純水が得られるようです。



参考URL:http://www.jtm.or.jp/JTMDB/kani/1997/002/L199700 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ