タイトルのまんまです。
学校の頃(高校まで)は必然的にクラスにいた異性と話す機会があって、
と言う感じなのですが、社会人になってから全然異性と話すきっかけがありません。
(自己中かも知れないのですが)
一人暮らしを長年していて(大学の頃より)、このごろ特に安心して話せる(異性の)
相手が欲しくいてたまらないのです。(何かすごく欲求不満みたいな言い方ですね)
(もちろん最初からこのような関係を求めているのではないです)

出会い系サイト等では、いかにもという感じがして気が引けてしまいます。
みなさん、どうのようにしているかお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

異性の知り合いというか同姓の知り合いもおなじではないでしょうか?


やっぱり同姓の友達の多い人って異性の友達も多いと思います。
わたしは多分その中の一人で、同姓の友達と一緒にいると自然と異性の友達がよってきます。ここでいう異性の友達とはいい、わるいと色々な友達をふくみます。
(下心ありなしなど・・・。)私は今結婚して子供も一人いますが、昔からの同姓の友達がいます。やっぱりうちにはひきこもってないで、週一くらいで、一人ででかけます。(ここでいう一人とは、旦那、子供をおいて友達と出かけると言うことです。)異性のひとから声かけられたり友達になったり色々たのしいです。
もちろんその時だけであとはメールのやりとりなんてひともいますけど、結構親身になって相談きいてくれたりもします。で結論としては、異性異性じゃなくてまずは同姓の友達見つけてみてはいかがですか?
    • good
    • 0

私の場合、自然と仲間が増えていく感じなのですが、一人でいけるスナック(ショットバ-がよいかも)が有れば最適です。

出来たら気品の良い場があれば、同性異性問わず、良いメンバ-が自然と集まりますよ。片や柄の悪い(いかにもって感じ)の場所はそれなりの人しか集まりません。(ただ、出会いはは何処に転がっているか分かりませんので自己防衛本能に基づいて入っていくのも一つの手だとは思います。)
つぎに何かのサ-クル・グル-プに入るのも手でしょうね。同年代に限らずいろんな人の考え・言葉を聞ける場所は最高です。
    • good
    • 0

下の書き込みのものです。

訂正です。
すみません。「彼女が欲しい」じゃなくて「彼氏が」でした(汗)
    • good
    • 0

お気持ちわかりますよ。

私も学校卒業後すぐは女性ばかりの職場に就職したんで
まったく男性と知り合う機会もありませんでした。
今付き合いがある男友達は、殆どがネットで知り合いました。
ネットをはじめた頃は既に結婚していたので、勿論出会い系ではなく、
地方のメーリングリストと、チャットです。
結局サークルみたいなもんで、みんな共通の話題で盛り上がれるから
とても面白いです。その仲でカップルも数組誕生しました。
出会いがたまたまネットだっただけであり、それはとても自然な事だと思います。

参加の際注意すべき点は
いきなり「彼女が欲しい」「会いたい」は禁句です。
なお私が参加しているところは、その時点で「はじかれ」ます(;^_^A
「友達になりたい」も、できればやめたほうがいいでしょうね。
話が面白ければ自然に人がついてくるというか、
自然に友達になってしまうところは、現実の世界と同じです。頑張ってください。
    • good
    • 0

安心して話せる相手とは、彼氏と言うことでしょうか?


それとも気取らず話せる友人でしょうか?
私の場合は学生時代に作った友人(異性)と、ずーっと連絡取り合ってるので、
新しく作るといった努力はしてませんが、同性の友人はいらっしゃるのでしょう?
その友人の友達(異性)とか誘って、飲み会するとか・・・。

私の友人の会社の男性が、彼女が欲しくて「お茶」を習いに行ってましたよ。
運良く見つかって結婚されましたが・・・。
男性の方もされるような、お稽古事なんかどうですか?
    • good
    • 0

うまく行くときって、出会いを目的にするんじゃなくて、自分の趣味とかに関連する集まりなどで、いつの間にか気があって・・・と言うことが多いような気がします。



ガツガツしてる時ってのは、不思議に相手が寄ってこないんですよね。寄ってきてもろくでもない人ばかりだったりとか・・・(笑)。

やっぱり自分が一番充実した時間を過ごしてる時って、魅力的でいられるんじゃないでしょうか?自分に余裕もありますし、そう言うときに出会った相手にも余裕を持って接することが出来るからうまく行くのかなぁと思ったりします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報