こんにちは.私は機械工学を専攻している学生です.電気回路に詳しい方に質問があります.ある計測器からの信号の電位(0~10V)を0~5Vまで落とすために,可変抵抗(ボリューム)を組んだのですが,出力が線形とならずに非線形(上に凸の2次曲線)ででてきます.抵抗というのはこのような特性があるのでしょうか?また,こういう特性があるとしたら,他に電位を落とす方法(位相遅れがないもの)はないのでしょうか?よろしくお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足拝見しました。


計測器の許容負荷値も問題なさそうですね。

可変抵抗器を、固定抵抗器2ヶに置き換えてもダメですかね?
その抵抗値を、1k→10k→100kと変えてみても同じ状況だったら、ゴメンナサイ。分からんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tecchiさん,ありがとうございます.抵抗2個におきかえて抵抗値を大きくしてみます.本当にありがとうございました.

お礼日時:-0001/11/30 00:00

出力側(この場合計測器)のインピーダンスが、その出力を受ける側のインピーダンスよりも十分に低くない場合は出力側の機器の出力自体が非直線になってしまう可能性があります。

例えば出力側の機器の出力インピーダンスが数KΩあるものに数100Ωの物をつないだ場合など、出力側の機器の終段回路が飽和近くになるまでは直線的に出力が増加する可能性がありますが、飽和状態に近づくにつれ非直線性を示すようになり、飽和してしまえば一定になってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました.勉強になりました.もう一度考えてみます.

お礼日時:-0001/11/30 00:00

A型またはC型のVRを使用していませんか?これらのタイプのVRは軸の回転角度と抵抗値が比例しません。

軸の回転角度と抵抗値を比例関係にしたいのであれば、B型のものを使用してみてください。入出力に接続された機器のインピーダンスに問題が無ければ、これで直線になるはずです。

この回答への補足

sailorさん,回答ありがとうございます.比例関係にしたいのは,計測器の出力(抵抗回路に対する入力)と抵抗の出力です.一つ質問があるのですが,どういう状態が入出力に接続された機器のインピーダンスに問題があるのでしょうか?インピーダンスマッチということばを耳にしたことがありますがどういうものなのか全くわかりません.ぜひアドバスの程よろしくお願いします.

補足日時:2000/12/05 10:50
    • good
    • 0

今までのやり取りを見ての想像ですが、



ADコンバーター(以下ADC)の入力インピーダンスが入力電圧により異なるのではないでしょうか?
FVからの出力を抵抗(10KΩ)で分圧し、バッファーと呼ばれる増幅度1のアンプを通し(単なるインピーダンス変換が目的です。)、その出力をADコンバーターに入れてみてはいかがですか?

別な方法は、FVCの出力電圧(これは他の電圧計で測れますよね。)とADCの表示電圧との相関表を作り、実測値をその相関表で補正することにより求める周波数を測定する方法が考えられます。

後、FVCの出力インピーダンスと送出し能力が充分にあれば抵抗(VR?)を10Kから1Kとか500Ωに下げてみるとか?

この回答への補足

pen2sanさん,回答ありがとうございます.pen2sanさんの回答に対して質問があります.ADCの入力インピーダンスが入力電圧によって異なることはありません.また,バッファーを入れるということは,インピーダンスを合わせる目的でということでしょうか?


FVCの送出し能力とは何のことでしょうか?
また,その能力があるとして,10Kから1Kとか500Ωに下げることでどのような意味があるのでしょうか?

補足日時:2000/12/05 10:22
    • good
    • 0

可変抵抗を組んだというのは、何をどう接続してどこの電圧を測定


したのでしょうか?電圧を半分にしたいという意味にとれましたが
可変抵抗を使う意図はなんでしょう?非線型というのは計測器の出
力電圧に対してという意味でしょうか?

もうすこし補足がある方が答えやすいと思います。

この回答への補足

punchan_jpさん,回答ありがとうございます.arikaさんの回路図を使わせていただきますと
OUT0--
|
R
|
+--- out
|
R
|
GND
このように組んでおります.具体的には,F/Vコンバータの出力がAD変換器の許容電圧を越えてしまいますので,許容電圧内に収めるために抵抗をかましております.非線形といいますのは,punchan_jpさんがおっしゃいますように計測器の出力電圧に対してという意味です.
何かよきアドバイスがありましたらよろしくお願い申し上げます.

補足日時:2000/12/05 00:07
    • good
    • 0

1.計測器の出力インピーダンス(○○オーム) 2.可変抵抗器の仕様(○○オーム)、3、可変抵抗器の出力電圧を測定している計測器の入力インピーダンス(○○オーム)、を教えてください。



さらに、落とした電圧は測定するだけで良いのですか?
何か別の機器を駆動させるのですか?
それによって、「線形に電圧を落とす」手段も変わってきそうです。

この回答への補足

tecchさん,回答ありがとうございます.計測器の出力インピーダンスとは,取説に「出力信号許容負荷抵抗:電圧出力1kΩ以上 F・S」とありますが,これの事でしょうか?出力インピーダンスと,はっきり書かれたものはありません.また,可変抵抗の仕様は10kΩです.3はAD変換器で,1MΩです.
 落とした電圧はAD変換器に入力されるだけです.
 よろしくお願い致します.

補足日時:2000/12/04 23:55
    • good
    • 0

まず、計測器がどのくらいドライブできるのかが知りたいところです。


それと、どのように可変抵抗をいれたんですか?
0:10Vを0:5Vでいいなら、そして出力の大きさの順番が
同じなら、1:2になるような抵抗をいれるだけで、
済みます。
OUT0--
|
R
|
+--- out
|
R
|
GND
測定器の出力能力に応じてRの値は
変えます。一般的には大きめでいいでしょう。
(精度とかはどうなんでしょう?)

R:抵抗
OUT0:測定器の出力
OUT:観測出力

また、可変抵抗器はタイプがあるので、
もし購入したのでしたら、線形に抵抗値が
変化しないものもありますので、
気をつけてください。
でも2次曲線にはならないですよ。
よければ、接続方法などを書いていただければ
もっと違ったアドバイスができるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗値(色の配列)を教えてください。

写真は、酸化金属皮膜抵抗ではないかという事ですが、はっきりしてません。
ワット数も抵抗値も分かっていません。

色の識別の出来る方教えてください。

Aベストアンサー

抵抗の全長書けば何wかははっきりするかも。
後ろに写っている100μFの背低電解コンデンサの幅からすると1Wか1/2Wのような‥
色は茶、緑に見えるけど外して測った方が早いような‥
いずれにしろ焼損したらこんな色じゃ済まないから
一昨日は焼損した金属抵抗あったんだけど仕事納め掃除で捨ててしまって写真見せてあげられないのが残念。

μPC29M33A  入力電圧4.3V~16V 出力3.3Vのレギュレーターね 0.5Aと小さ目。

この回路だと入力(左)が9Vくらいで出力(右)3.3Vが出てれば正常ですな。
出力出て無くても色々保護回路入っているからレギュレーター助かっててOUT側に接続されているダイオード短絡とか
OUT→アース間の抵抗値が0Ωになっている可能性アリ。
真ん中のフィン外すにもハンダこては二本必要かも

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む

Q抵抗器の色の覚え方

電子回路の抵抗器の帯の色と数の対応を覚えるための語呂合せで、その一節が

ハイパワーのシロクマくん ・・・灰(ハイ)=8(パ) 白(シロ)=9(く)

であるものの全文をご存知の教えてください。
高校時代に習った覚えがあるのですが、ここ数年来気になっています。

Aベストアンサー

抵抗値のカラーコードについて denden keiさんの虹の色の配列が同じという覚え方もあります。
0:黒 黒い礼服
1:茶 お茶を一杯
2:赤 赤いにんじん             虹色の順
3:橙 第三の男               虹色の順          
4:黄 岸恵子                虹色の順
5:緑 みどり児               虹色の順
6:青 青二才のろくでなし          虹色の順
7:紫 紫式部                虹色の順
8:灰 ハイヤー
9:白 ホワイトクリスマス
以上 電子基礎マスターブック 岩本洋 監修 
森田克巳、天野一美 共書 オーム社より。

Q24VのACアダプタからの電源を+12V,-12Vに分圧

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを利用します。
ここまでで書き忘れていましたが電流は200mA程度です。

話を戻します。しょうがないので24Vのアダプタを利用しますが、肝心の+12V,-12Vを取り出す方法が思いつきません。
LM380あたりの石がそういうことが出来たような・・・と思ったのですが定格を見ると少し厳しくかんじます。
そこで上記の分圧の方法を教えてほしいのですが。
場合によってはそれを+15V,-15Vの回路に入れるためのアイデアなども出していただければ助かります。
よろしくお願い致します。

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを...続きを読む

Aベストアンサー

気持ちはわからないでもないですが、オンボードディアルトラッキング型のDC/DCコンバータを使用したほうが、手っ取り早く小さくなるのでは、

コストだけ下げたいなら
http://akizukidenshi.com/catalog/

参考URL:http://www.rswww.co.jp/cgi-bin/bv/browse/Module.jsp?BV_SessionID=@@@@0163113735.1108478155@@@@&BV_EngineID=cccdadddlehje

Q抵抗器の見分け方を教えてください。

金属皮膜抵抗と炭素皮膜抵抗の外見上の見分け方を教えてください。
通販で金属皮膜抵抗を購入したのですが本体の色が青いものと茶色のものがありました。
これまで青いものが金属皮膜抵抗で茶色のものが炭素皮膜と思っていましたがそうではないようです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カラーバーの数が多い(5環)と金皮の可能性が高いですが。
少ない時、メーカー・ロットにより、確実ではありません。

デジタルテスターで抵抗を測りながら、半田こてを当てれば直ぐに判ります。
金皮はあまり、ドリフトしません。これは絶対OKです。

Q直流型電位差計での被測定電池の内部抵抗

直流型電位差計で電池の電圧を測定するにあたり、
電池・蓄電池の内部抵抗の大きさ、および内部抵抗の変化は測定に影響するのでしょうか?

Aベストアンサー

<内部抵抗の大きさ、および内部抵抗の変化は測定に影響するのでしょうか?

全く影響しません。
電位差計で電池の起電力を測定する場合、電流ゼロになる条件が平衡条件ですから被測定電池の内部抵抗の影響を全く受けず、真の内部起電力が測定できます。

Q抵抗のW数

今まではすべて大きさで決まるものだと思っていました。
先日ネットで購入した抵抗(炭素皮膜)が小さかったのでクレームを付けたことろ、1/2Wの抵抗も小さめで茶色なら1/4W、ピンクなら1/2Wです。と返答があり、恥をかいてしまいました。
W数はどのような定義で決められているのでしょうか?
以前に店で買った1/2Wの抵抗は大きさは同じでも抵抗値によって茶色とピンクのものがありました。
また、買う時ではなく、既に持っている抵抗のW数を調べるにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

一般的な話として,大きいものほど定格電力が大きい,は正解です。ただし,ご質問者さんが経験されたとおり,炭素皮膜抵抗の1/2Wと1/4Wは同じサイズのものがあります。定義ですが,メーカが一定の条件のもとで試験をして,それにパスすればよい(1000~数1000時間くらい定格電力をかけて抵抗値変化率が数%以下,といった感じのテストです)という事で,メーカの1/2Wの試験にパスすれば小さくても1/2W保証の抵抗器になります。

色での見分け方というのはおそらくメーカの独自仕様であって,業界として決まっているわけではないと思います。

今持っている抵抗の定格の見分け方ですが,カラーコードからは定格電力は読み取れませんので,今お持ちの1/4Wと同じ大きさのものは1/4Wと考えるのが安全と思います。

なお,すでにご存知かもしれませんが,1/4W定格の抵抗であっても,通常はその半分以下くらいの電力で使用する(ディレーティングといいます)のが一般的である,という事を補足しておきます。
そうする理由は,
 ・抵抗器からの発熱が周囲の部品(特に電解コンデンサ)へ影響を及ぼすのをさける
 ・抵抗器にかける負担を少なくして抵抗器自体の長寿命化をはかる
   (実際には抵抗器は他の電子部品よりもはるかに長寿命ですが)

です。

こんにちは。

一般的な話として,大きいものほど定格電力が大きい,は正解です。ただし,ご質問者さんが経験されたとおり,炭素皮膜抵抗の1/2Wと1/4Wは同じサイズのものがあります。定義ですが,メーカが一定の条件のもとで試験をして,それにパスすればよい(1000~数1000時間くらい定格電力をかけて抵抗値変化率が数%以下,といった感じのテストです)という事で,メーカの1/2Wの試験にパスすれば小さくても1/2W保証の抵抗器になります。

色での見分け方というのはおそらくメーカの独自仕様であって,業...続きを読む

Q〜問題〜 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いて

〜問題〜
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか?

どのように書けば模範解答になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、0~900円の買い物ができます(100円単位)。
1,000円札が9枚あるので、0~9,000円の買い物ができます(1,000円単位)。
  ・・・
10^n 円札(あるものと考えて)が9枚あるので、0~9×10^n 円の買い物ができます(10^n 円単位)。

ということで、これらを必要数ずつ組み合わせれば、1円単位でどんな値段でも支払えます。最大額は、全財産を合計した
  10^(n+1) - 1 円
です。

例えば、現実のとおり、最大のお札を 10,000円(= 10^4 円、n=4)とすれば、支払える最大額は
  10,000円札 9枚 = 90,000 円
   1,000円札 9枚 = 9,000 円
   100円玉 9枚 = 900 円
    10円玉 9枚 = 90 円
    1円玉 9枚 = 9 円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  (合計) 99,999円 =100,000 - 1 = 10^5 - 1

直感的にわかりやすい「10進法」だと上のようになります。

ご質問は、これを「3進法」に置き換え(「10」を「3」に置き換える)、金額の「円」を重さの「グラム」に読み替えれば、#1、#2の回答になります。

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、...続きを読む

Qこれらはなんという種類の固定抵抗でしょか。

オンキョーのパワーアンプでM-506RSの基盤に他の固定抵抗より
背の高い(足の長い)青色(紫?)の、(グリーンのもあります)が、
この抵抗の種類を教えてください。
これを交換したいのですが、なんていう種類の抵抗なんでしょうか。
普通のカーボン抵抗を代用としてもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

酸化金属皮膜抵抗と思います。
同種の物で代替して下さい。

Q切削抵抗と切削温度の特性について

切削抵抗と切削温度の特性について、旋盤を使った実験を試みるとします。どんな実験装置を用い、どのような実験を行えば特性についての詳細を求めることができるのでしょうか。

Aベストアンサー

私が学校で習っていたころは何十年も前のことなので、参考になるかどうかわかりませんが、一番簡単なのは、旋盤で、切削油を使う場合と使わない場合(切削材料や回転数など他の条件は同一として)、加工中のバイトの刃先(チップ)の表面温度(表面温度計が便利か?)を測り、切子の形状を比較してみたらどうなっているか、また、加工面の状態(仕上がり具合)を調べてみるなどしてはどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報