河川浄化などに使われている、EM菌という菌があるよう
なのですが、EM菌ってなんなんでしょう?

なんか話しによると、宗教団体とか絡んでいるようなのですが、ご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授いただきたくお願いいたします。

A 回答 (3件)

EMとは有用微生物群(Effective Microorganisms)の事で、一般的には発酵を促す微生物のことを指します。


土壌中にはさまざまな微生物が住んでおり、作物に対する病原菌よりもEM菌が多ければ結局人間にとって住みやすいという考えがEM菌を利用する根拠です。
 EM菌を含んだ水が河川に流れると、菌が河川の底にある有機物(枯葉、死がい、ゴミ等)を効率よく分解してくれるのでヘドロ化を防ぐことができます。EM菌がなくとも有機物は別の菌(腐敗菌)によって分解されるのですが、嫌なにおいを出したり有害物質を出すためヘドロ化し、河川が汚れるのですね。
 実際に病原菌や腐敗菌を除去するという考えは農業において非常に重要で、土壌・水質の向上には有用であるといえます。

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~asahi/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いた有用微生物群”Effective Microorganisms”をたよりに調べて、もう一つの答えにもたどり付きました
EM菌を使った農業のことを、英語ではKYUSEI NATURE FARMING(救世自然農法)と言うんですね、宗教との関連も判ったので納得いきました。手がかりをくださり感謝しております、本当にありがとうございました!。

お礼日時:2001/11/05 22:20

私も、関係質問に回答したことがありますが、市販されているEMは、主成分は、酵母菌や乳酸菌だそうです。

高いお金をだしてかわなくても、米ぬかやヨーグルトの残りで使えるそうですよ。(市販品は米ぬかが原料みたいです)

生ゴミ処理につかっているやつは、結局「ぬかづけ」をつくっていることになるのですね。

比嘉教授の発表は、産業分野ばかりで学術分野での検証に欠ける、という話も聞いた事があります(救○教関係の文書だったと思うのですが、いつから救○教はEMにはまったんだろう・・)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ぬかづけですか・・・あの匂い・・・なるほど。
買って使っているという何人かに聞いたのですが、
単価が2000円だったと言う人から、2万円だった
という人まで、同じ物を買ったのでは無いと思うのですが
米ぬかが、2万円で売れるとは・・・。
たいへん参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/04 07:53

TOPページで「EM菌」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。



「EM菌」は琉球大の比嘉教授が考案されたもので、乳酸菌等各種の嫌気性・好気性菌が入っているようです。

これに関する書籍もいくつか出版されてます。

>宗教団体とか絡んでいるようなのですが
この情報は知りませんが、我が家でも「ぼかし」を使用して生ゴミ処理をここ数年してます。
ある地区では積極的に自治体レベルで推奨しているところもあり、最近は本の情報によると海外までも広報活動をしているようです・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TOPページからの検索で、いろいろ出てきました(類似検索してなかったのが、ばれちゃいましたね)見ていく内に、宗教の件の答えも、そこからのリンクで見つかりました。世○救○教さんでした。いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEM菌について教えて下さい

EM菌について教えて下さい。HP等で調べていますが、小学校等のHPなどばかりであまり参考になりません。研究所など専門的なことが知りたいので、詳しいHPなどありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

以下の参考URLには関連質問がありますが、参考になりますでしょうか?
さらにTOPページで「EM菌」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にして下さい。

◎http://www.emro.co.jp/
(EMRO)
このサイトで「データベース:EM関連書籍」を参考にしてください。

●http://homepage3.nifty.com/skis/em/em.htm
(EMの活用法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=76632

QEM菌の培養について

なぜEM菌は嫌気状態で培養するのですか?
また、糖蜜での培養が一般的のようですが、糖蜜だけで何十種もの細菌を増殖させることが可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと、興味が湧いたので調べてみました。
まず「EMとは何か?」
http://park5.wakwak.com/~kcy/em_toha.html
によると、

「人間にとってよい働きをする微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌、放線菌、糸状菌)を集合させた液体状のものです。Effectiv Microorganismsの略で、有用微生物群の訳です。」 うーん。定義が既に曖昧だ...人間にとって良い働き?同時に少し悪影響になる働きをするものはどうなるのか? 量の問題でもあるのでは無いか?

ということで、 定義にはこだわらずに、(人間にとって悪い作用をしない)ある種の微生物群ということにして考えます。

嫌気条件で培養するのは、好気条件だと、ある種の細菌(通常は好ましくない細菌)が非常に早く、大量に増殖してしまうからです。それと、通常の好気呼吸の過程では、有機物は酸素で酸化されるので、最終産物である二酸化炭素と水にまで分解されてしまうので、物質生産からみても好ましくはありません。
 また、糖蜜だけで...という質問に対しては、純粋培養系では無いので、他の無機塩類などは、持ち込まれていると思います。一番肝心なC原を糖蜜で取ることができれば、多くの微生物は増殖が可能だと思います。また、微生物同士が中間代謝物をやりとりする事でお互いの増殖が促進される事も多く、純粋に単離培養する事が難しい事も多いと思います。

ちょっと、興味が湧いたので調べてみました。
まず「EMとは何か?」
http://park5.wakwak.com/~kcy/em_toha.html
によると、

「人間にとってよい働きをする微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌、放線菌、糸状菌)を集合させた液体状のものです。Effectiv Microorganismsの略で、有用微生物群の訳です。」 うーん。定義が既に曖昧だ...人間にとって良い働き?同時に少し悪影響になる働きをするものはどうなるのか? 量の問題でもあるのでは無いか?

ということで、 定義にはこだわらずに、(人間にと...続きを読む

QEM菌を利用した食品微生物の実験について

私はバイオテクノロジーを専攻していて、EMを利用した研究をしてみようと思っています。
そこで、今私が考えているのがキノコや微生物にEMを投入し、EMの量(濃度?)を変えて、生育比較や増加量比較を行う…と考えているのですが、問題が生じてしまうのです…例えば、寒天培地にEMを投入して、そこに微生物を床置する。一見簡単なのですが、寒天培地をまずオートクレーブで滅菌しなくてはなりません。EMが入っていたら、もちろん滅菌したら死んでしまいます。それでは意味が無いのは、暗黙の了解ですよね。キノコも同じです。オガクズ培地等も一緒にEMを入れても、滅菌したらおしまいです…。
まず、寒天培地やオガクズ培地だけを(EMを入れないで)滅菌し、そして無菌操作室で(クリーンベンチ内で)その培地の上からEMを投入する…といった考えもしたのですが…かなり無理があるのでしょうか?
何か良いアドバイスがございましたら、お願い致します!!m(__)m
※私は高校生ですので、何かと誤りがあると思いますが、ご了承ください。できれば、ご指摘していただくと幸いです★

Aベストアンサー

実験にクリーンベンチを使うのはやめましょう。中から
空気が吹き出してきますので、実験者が微生物により
汚染します。安全キャビネットを使ってください。

共存する菌の相互作用は、液体培地でやるのが普通の
ように思います。新しい培地を少しずつ加えて、菌液を
オーバーフローさせて数週間から数ヶ月にわたって、
それぞれの菌の濃度を観察します。専用の装置は高校生
には高価なので、500mlの培地から毎日50mlを
取り除き、50ml加えるというようなやり方で代用
できるのではないでしょうか。

例えば、大腸菌とEMを滅菌した培地に加えて培養を
始める訳ですが、培地の種類、菌濃度、培養温度は試行
錯誤になると思います。生物学というよりは、工学部の
人がやっていそうな実験です。

Q今朝見つけたコガネ虫みたいなの名前がわからないのでご存知の方がみえましたらご教授願います^_^

今朝見つけたコガネ虫みたいなの
名前がわからないので
ご存知の方がみえましたら
ご教授願います^_^;

Aベストアンサー

この子はシロテンハナムグリですね。カナブンとは違います

Q河川氾濫時の魚の挙動についてご教示いただけたら幸いです。

お盆を過ぎてから私の住む地方では大雨があり河川の増水による被害などもちらほらとありました。そこでその河川に住んでいる魚について気になることがありました

自然の川であれば増水しても必ず淀む場所があり、あるいは水流と地形の関係で必ず淀みが出来ます.魚たちは増水の際には淀みの場所に集まって水が引くのを待つとされていますが、完全に護岸工事された川では集まるべき場所が全く無いように思えます.魚たちは下流に流されていったのでしょうか? もしそうなら海まで流されて塩から水で困らないだろうか?水が退いた後には元の場所に戻って来れるのだろうか? あるいは、流されないように徹夜して迄も必死に泳ぎ続けているのだろうか??それならさぞや疲れ果てるだろうな?腹はへらないのかな??睡眠不足にならないか?・・・等と色々気がかりになったので質問しました。

Aベストアンサー

護岸工事が完全に行われて、大増水すると実際多くの魚が流されてしまって、河口に近い海岸にフナやコイが
多く打ち上げられているを見かけると聞きます。
しかしながら上流部でも同様に増水しても、水が引いた時に多くの魚が残っているのも事実です。
ふつう増水すると岸の草木の根元に集まります。それは根元の水はすぐには濁りにくく流れが緩やかですから。
また大きな石や橋脚の影や合流点は流れが緩やかになりますのでそこに避難します。

ウナギは実際見たことはないですが、雨が長く降る時には急峻な崖でも登って他の魚が上がれない
上流部にも住んでいると聞きます。
亀が道を引越し?産卵準備?の為か歩いているの数回見た事があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報