先日、主人が飲酒検問で止められて、風船を膨らませる検査をされたのですが、幸いわずかに酒気帯びの規定値より少なくて助かりました。その後主人が、警察官に止められる寸前に(検問の30m位手前)車を止めて、エンジンを切って、その場で缶ビールか、ワンカップのお酒などを、いっき呑みしたら、検査されてもアルコールが検知されて当たり前と違うかなー?と言うのです。それ以前に飲んだアルコールか、今飲んだものかわからない?それでその車は、そこから先、助手席にいた私(お酒を飲んでいない)が運転すると言えばいいというのです。
そんなことが、可能なのでしょうか?もし一人で運転している時なら、その場に止めた車の駐停車違反だけで済むのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 通常、人に対して罪を問う時、その因果関係を立証する必要があります。


質問されているように、検問の直前で、エンジンも完全に切り、後部座席に
行って、アルコール類を飲んだ場合、血中や、吐息に含まれるアルコール分
は、運転以前に飲んだものなのか?その運転後に飲んだものなのかを、立証
する事が困難となります。
 確か、同じような事を、対警官の本か、警官を困らせる為の本かテレビ番
組などで、読んだのか、見たのかの記憶も定かでない頃(15年~20年前)
に、知り合いの弁護士と酒の肴で、その話をした記憶があります。
 その時の結論的な事では、質問内容と同等の答えであったと思います。
 しかし、最後に、「警察はそんなに甘くないし・・・。」という最後の
弁護士の台詞も思えています。
 現在、警官にも接触する機会がありますが、彼らの普段の対応と、犯人逮捕
に対する執念、考えのようなものを現実に見るとき、「警察はそんなに甘くな
い」の感想を実感します。

 以下は私の想像ですが、
 そのような「運転手」を「公務執行妨害」で現行犯逮捕し、身体捜査令状で、
血中のアルコール分を測定し、あとは、統計学的に、運転前若しくは運転中の
血中アルコール濃度を割り出し、起訴するなり、道路交通法違反で行政処分
を行うことができるように思われます。
 「公務執行妨害」の射程距離の問題がでてきますが、その現場において、
交通取締が行われている事を認識して、違反取締を妨害したと解釈できるのか?
の問題のように思われます。
 しかし、そのような事案が出た場合、世論としては、警察を認める方に傾く
と思われますが・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 23:22

反感を買うのを承知の上で書かせていただきます。


このサイトを見ている人の中にも、飲酒(酒気帯び)運転に起因する事故の被害者になっている人もいるでしょうし、そうでなくても、世の中にはそのような事で尊い命を失っている人も多数います。(言葉のあやかもしれませんが)酒を飲んで運転していたが検挙されずにいて助かった、という発言は控えた方がいいのではないでしょうか?事故を起こさずに済んで助かったというのであれば別ですが。
酒気帯び運転については、道路交通法施工令第44条の3で定める数値(血液1mlにつき0.5mg又は呼気1mlにつき0.25mg)以内しか検出されない場合は(違法行為ではあるが)処罰はされない事になっています。ただし、酒酔い運転に関しては、正常な判断力を有さず、身体的な運動能力の低下等が認められ、正常に運転できないと判断されれば、体内のアルコール含有量に関係なく検挙されます。違反点数については、酒気帯び運転が6点であるのに対し、酒酔い運転は15点となっています。運転していた人間が、停止と同時に酒を飲み始めるなど、到底まともな判断力がないであろうと思われます。警察が調べれば、その運転手が運転する以前にどこでどれくらい酒を飲んだかはすぐに調べがつきます。これにより(アルコールの量はともかく)飲んでいたことは立証されるでしょう。体内にアルコールを含んだ人がそのような奇行に出るのであれば、それは当然まともな判断が出来ない酒酔い運転だと判断されることでしょう。
それ以前に、何故酒を飲んでいない人が助手席にいながら、その人が運転をしないのか?理解に苦しみます。
万全を期しているつもりでも起こりうるのが交通事故です。酒を飲んでいながら事故でも起こした場合、どう責任を取るつもりですか?(どんなことをしても責任など取れるはずはないですがね。)交通刑務所に行く覚悟があるからそれでいいとお考えですか?破産宣告でもして禁治産者になる覚悟があるからそれでいいとお考えですか?
この問題は警察に検挙されるかどうかということではないと思いますよ。
一人の無責任な行動が、(本人をも含めて)どれほどの多大な迷惑や悲しみを与え、時には命さえも奪いかねないということをもう一度よく考えてみてください。
真剣に警察の取り締まりを逃れる方法として質問しているのなら、全く話になりませんので、質問ごと削除されればいいと思います。
軽い気持ちで(冗談の延長で)何気なく聞いたと言うのであれば、もう一度真剣に考えてください。
私自身の知り合いにも飲酒運転による交通事故により亡くなってしまった人がいるので、感情的になったところもあろうかとは思いますが、よく考えてみてください。
最後に法律的なことについての回答を補足程度に。
飲酒運転で検挙されれば、駐停車禁止違反にはなりませんが、もし検挙されなければ(停めた場所にもよりますが)駐停車禁止違反で取り締まりを受けます。
そして、(No.3の回答者のbonnouさんには否定するようで申し訳ないですが)公務執行妨害罪は成立しません。同罪が「公務員の職務を執行するにあたり、これに対して暴行又は脅迫を加えることによって成立する」ものであるため、自分が酒を飲むことによって警察の取り締まりを逃れようとしたところで、”これに対して”の部分に該当しないため、成立しません。
長くなりすぎたため具体的な言及は避けますが、悪質なものを取り締まる法律はいくらでもあります。法律を知らないことは違法性を阻却する事由にはなり得ないため、悪いことをすれば何らかの報いを受けるということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 23:24

ご主人のおっしゃることは無理だと思います。


止められたら、それは証拠というか何かをつかんでいるからでしょう。蛇行運転とか・・。
運転席にいたのがご主人で、止めて、お酒飲んでたらまずいでしょう。
>もし一人で運転している時なら
道端に車をとめて飲酒・・・それ自体不自然だと思いますけど。

言い逃れは通らないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 23:23

 ご主人は、あきらかに違います。


 警察が検挙するのは、「現行犯」としての飲酒運転なのです。
 その時点で運転している人から、規定以上のアルコールがでれば、処罰です。
 助手席に座っていた人は、関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイクでの飲酒運転の基準について

飲酒した後、バイクのエンジンをかけず押して歩いて移動させた場合も、飲酒運転の対象になるのでしょうか。
また、エンジンをかけずにバイクにまたがって移動させた場合はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

”バイクのエンジンをかけず押して歩いて移動させた場合”この場合は歩行者と同じです。
”エンジンをかけずにバイクにまたがって移動させた場合”これで坂道とかを下っていくと、自転車と同じ軽車両扱いで違反になります。

Qアル中もアルコール依存症も酒癖悪いのも酒飲んでクダ巻くのも全部一緒です

アル中もアルコール依存症も酒癖悪いのも酒飲んでクダ巻くのも全部一緒ですよね?
違いなんて無いですよね?
この世の迷惑極まりないですよね?

ついでに聞きたいのですが、何でアルコールが違法にならないんですか?
麻薬同様人に迷惑かける以上違法にしてもらいたいのですが!

Aベストアンサー

「アル中」=「アルコール依存症」ですが
「酒癖悪い」のも「酒飲んでクダ巻く」のも、一部「アルコール依存症」の方もいますが、全てが「アルコール依存症」(アル中)と言う事ではありません。
ただ、酒癖が悪いだけです。
・・・・・
1920年に、アメリカで「禁酒法」が出来ました。
そのおかげで、それまでは、麻薬とギャンブルだけが収入源だったギャングが、密造酒で大儲けし、「アル・カポネ」等のギャングがはびこり、「アンタッチャブル」と派手な撃ち合いをしました。
結局、アメリカは「禁酒法」は悪法として、1933年に廃止しました。
アメリカの禁酒法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A6%81%E9%85%92%E6%B3%95
アンタッチャブル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%96%E3%83%AB_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
・・・・・
今、日本で同じように禁酒法を成立させると、
・お酒が麻薬と同じように闇ルートで流れる事になる
・したがって、暴力団がはびこる
・国の税収が下がる(酒税が入らない)
・警官を雇う金がないので、警察が、暴力団を取り締まれなくなる
・いよいよ、暴力団がはびこる
等々・・・・・色々問題が出てくると思います。
こんな物騒な社会でも良いですか?
それよりも、警官を沢山雇って、平和な社会を作りましょう。
少し位の酒癖の悪さくらい許してあげましょう。
(いえ、「許して下さい」でした。)
「酒癖の悪いのを許して下さい」

「アル中」=「アルコール依存症」ですが
「酒癖悪い」のも「酒飲んでクダ巻く」のも、一部「アルコール依存症」の方もいますが、全てが「アルコール依存症」(アル中)と言う事ではありません。
ただ、酒癖が悪いだけです。
・・・・・
1920年に、アメリカで「禁酒法」が出来ました。
そのおかげで、それまでは、麻薬とギャンブルだけが収入源だったギャングが、密造酒で大儲けし、「アル・カポネ」等のギャングがはびこり、「アンタッチャブル」と派手な撃ち合いをしました。
結局、アメリカは「禁酒法」は悪法...続きを読む

Q仏の飲酒運転の基準について

こんにちはー。
くだらない質問ですみません。

以前、フランスのニュースで飲酒運転の取り締まりについて取り上げていましたが、ワインだと取り締まりの対象になるけどビールなら大丈夫だとありました。

日本だとビールだってお酒だから当然取り締まりの対象になりますけど、フランスだと大丈夫なんでしょうか?

因みに私はお酒を飲みません。

Aベストアンサー

検査を行なう時はアルコールの濃度を調べるのだからお酒の種類は関係有りません。
ただし、アルコール飲料の種類によって元々のアルコール濃度が違うので、同じ量を飲んでも体内に摂取したアルコールの量は変わってきます。
フランスの規制ではワインならグラス2杯、ビールなら750clちょっとの計算になるそうです。
参考 http://www.angs.jp/world.htm

欧州でも飲酒運転の取り締まりが有りますので、大規模なイベント、結婚式や誕生会など個人が主催するパーティーでの「アルコール検査サービス」なんて商売もあるそうです。
参考 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/world/080702_blowme/?bzb_pt=0

Qアルコール0.00%と間違ってアルコールを飲んだら

居酒屋などでアルコール0.00%を注文し、アルコール0.00%だと思い込み飲んだとします。
でも、実は居酒屋側の間違いでアルコール0.00%ではなくアルコール分を含むビール(飲み物)を提供してしまい、それに気づかず運転した場合、
お酒を飲んで運転してしまったのだから飲酒運転・酒気帯び運転になりますよね。

ではお店側はどうなるのでしょうか?
知っていて提供・知らずに提供で変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

「間違い」ですから刑事罰はありません。

理論上は飲酒運転で取り締まりされ、店側に損害賠償請求することになります。


しかし現実にはその証明は困難。
居酒屋の外で飲んだのではないという証明
またはアルコール0.00%を注文したという証明
はまず無理でしょう。

Q飲酒検問:基準以下の飲酒運転はOK?

質問です。
私は飲酒検問と言うものに遭遇したことが無いのですが、飲酒検問で検挙されるの基準値以上(呼気0.15mg)のアルコールが検出された時ですよね。
しかし、法律上は一切のアルコールを帯びての運転を禁じており、基準値以下でも検挙はされないものの運転は禁じています。
そこで質問なんですが、飲酒検問で0.1mgなどのアルコールが検出された場合、警察はどのような指示をするのでしょうか?
明らかに法に違反していますが、「気を付けて行きなさい」と言うのでしょうか?
それとも、アルコールを帯びているのだから車を置いて行きなさいというのでしょうか?
仮に「気を付けて行きなさい」と言うのであれば、明らかに法律違反している者を見逃していることにならないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

実体験からお話します。飲酒検問に掛かり。検査されました。規定外のレベルで、違反にはなりません。警察官曰く、飲酒を確認したので、見過ごしは出来ない。あなた(私)が自分で大丈夫と思うまで、車を止めて休憩するように警告します。一時間程その場で、休憩し、その場を去りました。と言う事で、規定外はお咎めなしでした。以来飲酒運転はしていません。その後法律が変わったか、どうかは解りませんので、たとえ少量と言えども、飲酒運転はしては駄目です!

Q駐停車禁止の場所に車を止めさせて違反切符を切ること

私の近所でよく見かける光景なのですが,
問題はないか質問をさせてください。

交番のある交差点で,左折禁止(指定方向外進行禁止)
になっていて,よく気づかずに左折する車が交番の警官に
つかまっています。

ところが,その左折した先にがすぐに
駐停車禁止(電車の踏切から10m以内の場所)なのです。
赤いバッテンの標識。

左折禁止の違反切符を書かせるためにその違反車両を,
駐停車禁止の場所に停めさせて交番内に運転手を入れています。

この駐停車違反場所に車を停める行為(&停めさせる行為)は,
違反にはならないのでしょうか。

警察官の指示のもとだからOKなのでしょうか。

Aベストアンサー

警察官が停止を命じることができる根拠は
道交法第6条 警察官又は第114条の4第1項に規定する交通巡視員(以下「警察官等」という。)は、手信号その他の信号(以下「手信号等」という。)により交通整理を行なうことができる。(略)
ですが、
あまりにその妥当性を欠いたものだと思われるものは
道交法第1条 この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。
に抵触すると思われます。ただし、水戸の印籠であることには変わりないので、即道交法違反だっ!と騒ぎ立てることはできないでしょう。

1条と6条のどちらを優先させるかをちゃんと判断するということなら
もはや司法の場になると思います。

もし質問者さんがひどい取り締まり方法や
事後処理方法を目撃されたときは、そのことを現場の警察官なり
都道府県警察本部に問い合わせるなりもひとつの手であると思います。
喧嘩をけしかけるわけでは全くありません。
ただ、警察も一般市民からの苦情でしたらある程度は聞く耳持ってくれる
と思いますよ(そう信じていたい)

参考URL:http://www.houko.com/index.shtml

警察官が停止を命じることができる根拠は
道交法第6条 警察官又は第114条の4第1項に規定する交通巡視員(以下「警察官等」という。)は、手信号その他の信号(以下「手信号等」という。)により交通整理を行なうことができる。(略)
ですが、
あまりにその妥当性を欠いたものだと思われるものは
道交法第1条 この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。
に抵触すると思われます。ただし、水戸の印籠であること...続きを読む

Q飲酒運転の基準、なぜゼロより上に設定されているの?

酒気帯び運転の基準では、呼気1リットルに0.15mg以上のアルコールで違反となるようなのですが、なぜ、0.15mg以上なのでしょうか?
飲んだら乗るなだったら、「検出されたらアウト」にできないのでしょうか?
もしかしたら「飲んでないのに検出される」場合があるかもしれませんが、どういった時にそのようになるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

法律の解釈の問題かもしれませんね。
過去に、回答した内容が参考になると思われますので、もしよろしかったらご覧下さい。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=929058


つまり、例え0.15mg未満であっても違法であり、警察官が【付近の駐車場に車を置いて、
他の交通機関で移動するよう指導する】事は可能なんですね。

もともと道路交通法は、指導を前提としているので、軽微なもの(酒気帯びで言えば、
0.15mg未満で正常な運転ができる状態)に関しては罰則ではなく指導する事としてい
るんですね。

Qたばことかお酒とか整形って20歳からですがそれは20歳になる年ではなく

たばことかお酒とか整形って20歳からですがそれは20歳になる年ではなく20歳からなのですか?だとしたら3月生まれの人とかは少し損ですよね・・・・・・・・・

Aベストアンサー

質問の回答にはならないかも知れませんが、整形には年齢制限ありません。ただ10代は成長が著しいので、しない方が良いと言われてるだけです。

ご参考までに^^

Q公務員の飲酒運転懲戒免職について

公務員の飲酒運転懲戒免職について


公務員や飲酒運転を擁護するつもりはまったく無いですが、
一部自治体の「飲酒運転は原則懲戒免職」という規定や
世間の飲酒運転への風潮に疑問があります。

「飲酒運転での人身事故」なら結果責任として免職もやむを得ないと思うのですが、
多くの自治体は飲酒運転での検挙が発覚した時点で免職という規定になっています。


疑問は以下の2点
1.無事故の飲酒運転検挙の情報は外に出ないので自己申告となる。
つまり、正直に申告した人が懲戒免職になり、隠していれば処分を受けずに済むという不条理が発生している点。

2.無事故の飲酒運転について「一歩間違えば大事故に・・・」という理由で懲戒免職とするのならば、
信号無視やスピード違反も懲戒免職にならなければおかしいのでは?

無事故の飲酒運転は懲戒免職なのに、
スピード違反で起こした事故が懲戒免職にならないのは不思議です。


以上2点について理論的な説明やご意見をお願い致します。


-----参考-------
 飲酒運転した公務員を事故の有無にかかわらず「原則懲戒免職」としていた全国29自治体のうち、計10府県市が処分基準を見直すか、見直しを検討していることが毎日新聞の調べで分かった。06年8月に福岡市職員の飲酒運転で幼児3人が死亡した事故をきっかけに処分の厳罰化が広がったが、09年以降、「過酷だ」として免職を取り消した判決が最高裁で相次いで確定。厳罰化の流れに変化が生じている。
(毎日新聞)
------------

公務員の飲酒運転懲戒免職について


公務員や飲酒運転を擁護するつもりはまったく無いですが、
一部自治体の「飲酒運転は原則懲戒免職」という規定や
世間の飲酒運転への風潮に疑問があります。

「飲酒運転での人身事故」なら結果責任として免職もやむを得ないと思うのですが、
多くの自治体は飲酒運転での検挙が発覚した時点で免職という規定になっています。


疑問は以下の2点
1.無事故の飲酒運転検挙の情報は外に出ないので自己申告となる。
つまり、正直に申告した人が懲戒免職になり、隠していれば処分...続きを読む

Aベストアンサー

それが所属組織の方針だからです。

たしかに死亡事故の発生原因でみると法定速度違反は飲酒運転の4倍以上はあるといわれますし、普段から50Kオーバーで運転するような輩と飲酒運転常習者との間にどれほどの違いがあるのかといえば、根本的なモラルという点では何もありません。
ただ1点違うのは、速度超過はその他の安全義務違反同様に車に乗ってからの判断の範疇ですが、飲酒運転は乗る前の判断だということです。
運転中のアクシデントに完全に対応するというのは不可能ですが、飲酒運転であれば「体にアルコールが残っている可能性のある場合には運転しない」というルールさえ守ればほぼ100%防ぐことができます。
確実に出来ることから堅実にに行うのがリスクアセスメントの要諦ですので、交通事故対策として飲酒運転根絶が重視されるのは当然の成り行きです。
この対策は国・地方自治体の共通の事業であり、それに携わる公務員が自ら厳格に従うのは当然です。
市民に顔向けできないような行いをした以上、恥を知るならばもう真っ当な仕事はできないでしょうし、なおも平気で仕事ができるような恥知らずは、なおさら公僕には相応しくありません。
公に仕える人材を維持するためには、そうでない人材を適正に排除しないと組織が成り立ちませんから、そういった方針を明確にするのは当たり前のことです。

そもそも役所だけの話でもありません。
すべからく被用者の仕事というのは、すべて雇用者の方針に基づいています。役人が法を無視したり自由解釈しないのはいうまでもなく、企業の窓口や営業さんも何かを断わるときも必ず「会社の方針でそう決まっている」の趣旨を実に回りくどい表現でおっしゃいます。
これは何も間違っていません。
法律なり経営方針なり上が決めたことには組織人として忠実に従う、これは役所も民間も同じです。
できれば、警察OBが支配的な道路関連の特殊法人やモータリゼーションで利益を上げる自動車産業の中核企業の社員なども同様の処分(事故無しでも酒気帯び以上ならば懲戒解雇と氏名公表)を是非やっていただきたいものです。企業の社会的責任というものを口だけでなく実践する気があれば簡単にできます。なにしろお役所ですらやっていることですから。
まさか自動車労組なども反対などしないことでしょう。あの諸悪の権化たる自治労ですらHPから反論記事を撤回して「厳正に処分されなければならない」とコメントしたくらいですので。

まあ、行き過ぎた処罰は労働基本権どころか基本的人権にすら抵触するわけですが、少しでもこれを指摘しようとすれば「社会を蝕む労働貴族の眷属」と攻撃される今の風潮では、百害有って一理無し、です。
大儀の前の小義、黙って公の規制強化に従いましょう。
それで交通死亡事故が減少すれば大いに結構です。

まずは公務員から、で良いではありませんか。

それが所属組織の方針だからです。

たしかに死亡事故の発生原因でみると法定速度違反は飲酒運転の4倍以上はあるといわれますし、普段から50Kオーバーで運転するような輩と飲酒運転常習者との間にどれほどの違いがあるのかといえば、根本的なモラルという点では何もありません。
ただ1点違うのは、速度超過はその他の安全義務違反同様に車に乗ってからの判断の範疇ですが、飲酒運転は乗る前の判断だということです。
運転中のアクシデントに完全に対応するというのは不可能ですが、飲酒運転であれば「体にア...続きを読む

Q路駐違反の道ではないですが、夜軽自動車が公道に後輪だして、毎日8時間以上車庫代りにしています。これは

路駐違反の道ではないですが、夜軽自動車が公道に後輪だして、毎日8時間以上車庫代りにしています。これは違反では、ないですか?

Aベストアンサー

違反だと思います。車を買うときには、駐車場所があるかの確認があったはず。ないと買えません。公道に路駐を常時しているのなら、本来の駐車場所を使用していないということ。道路交通法くらいにはひっかかるのでは?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報