みなさんに質問です。「ヒヤリハット」ってご存知ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「ヒヤリ・ハットの法則」の事だと思いますが…、おそらく。



「重大事故」対「軽微な事故」対「傷害に至らない事故」の割合が、
過去の統計上「1:29:300」程になる…、と言うことのようです。

参照URLは、医療事故について語られているものですが、
我々の業界でも、経営会議のたびに、この話(話題)は、よく出ます。

ちなみに、我々の職業も「人命」に係わっています。

要するに「少しでもヒヤッとした経験を生かして、事故を未然に防ぐよう!」という事のようです。

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n2000dir …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
医療ではないのですが、中身は違えど共通なんですね。

お礼日時:2001/11/05 21:00

私の記憶では、労働災害や交通事故防止で、仕事をしているとき、運転をしているときなどに「ヒヤリ」としたこと、「ハット」ことなどの事例を集め事故防止の資料として役立てようとする。


そのようなときに使われていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
結構、みなさんがご存知の言葉なんですね。

お礼日時:2001/11/05 20:58

こんにちは。



知ってますよ~。会社で何度か教育とか実践とかしました。
最近、私自身もヒヤリとしたり、ハットしたり、そんなことではいけないと気合を入れる今日この頃です。

他にも『KYT』とか『5S』とかもやってますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 あたしは今年社会人になったのですが、「ヒヤリハット」という言葉をきいて
そのままじゃないか~!!と思い、でもこれってうちの会社だけで通じるの?
と思い質問しました。共通なんですね、ヒヤリハットって・・・

お礼日時:2001/11/05 20:53

 こんばんは。



 例えば、比較的危険を伴うであろう作業をしている時に「ヒヤリ」とした経験や「はっと」した経験を、そのまま「危なかったね」で済ませるのではなく、データとして蓄積して、以後の安全確保に役立てよう、というものですね。

 同様の言葉として「KY活動」というものもあります。こちらは「危険予知」の頭文字(というのかな)を取ったものです。どちらもネーミングとしては「ベタ」ではありますが^^;。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 うちの会社には「ヒヤリハット報告書」なるものもあるんです。
ほんと「ベタ」なネーミングですよね・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は今介護度は要支援2の認定をうけました。デイサービスはリハビリを主な目的として居るデイサービスに週

私は今介護度は要支援2の認定をうけました。デイサービスはリハビリを主な目的として居るデイサービスに週2回行って1時間位マシンでの運動をして居ますが、他のデイサービスと1日づつ週一回づつ行く事は出来ないですか?他に週一回1時間のヘルパーが来てくれています。詳しい方に教えて頂きたいと考えています。私が無知なので本当にすみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ケアマネジャーに相談してください。
要支援2の認定を受けている方は、自立していることが多いので週2回が限度です。(週2回利用で自己負担が原則1割なので4000~5000円+昼食費が1回500円程度)
同じ施設でデイサービスを受ける方が何かと便利だと思います。(仮に別々に通うと、ライバル事業所に通っていると見られますから心証が悪くなる)
ちなみにジムに通っていますが、脳梗塞の後遺症で片手片足が不自由な人もいます。水中ウォーク:水の中では負荷が少なく身障者には見えない程の人もいます。(月7000円前後)

Q「ご担当者様」「ご担当様」どちらの表記が正解ですか?

案内状を送付する際の宛名表記について教えてください。

不特定多数へ送付する案内状の宛名部分ですが、各位をつける場合は「ご担当各位」となり「者」は不要であるとどこかで見たことがありますが、「様」をつける場合も「者」は不要なのでしょうか??
「ご担当者様」「ご担当様」どちらの表記が正しいのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

履歴書の書き方などでも「ご担当者様」とマナーの一例で上げているのが圧倒的に多いです。

実際下記で検索してみると
「ご担当者様 宛名 常識」
「ご担当様 宛名 常識」

ご担当者様 宛名 常識 の方が圧倒的に多いです。

者(もの)単体で見ますと「人」に比べて卑下したり軽視したりするような場合に用いられることが多いだけであって、担当者それ自体が上から目線とはなり得ないと思いますが・・・

Q介護事業所目的でテナントを貸す予定。

介護などの事業に向いている不動産を持っています。新規で介護事業に参入したい法人が貸してほしいと言ってきましたが事前申請、本申請を経て事業の立ち上げをするまでどんなに早くて4もヶ月以上はかかりそうです。また申請が下りなかった場合や、申請が下りても中止になる場合なども想定できます。
このような場合賃貸契約はいつから結べるのでしょうか?
先方はとりあえず気に入ってくれたようですがいつから本格的に申請準備に入るのかもわかりません。できれば介護事業などに借りてほしいと思っていたのでそのまま入ってほしいと願っているのですがダメになることも考えるとその間他に募集をかけることができないのでこういう場合はこの物件で申請準備したいと申し出てもらったときから仮契約のようなものはできないものでしょうか?
それとも申請がおりるまでは待ってあげなくてはならないのでしょうか?
その場合ダメになった場合は半額だけもどるとか、話し合って決めることなど可能でしょうか?

Aベストアンサー

当然ながら、押さえで、契約するのですから、実際するまでを、0.2か月分とか、あなたが、そんをしないように、先方と話し合えばよいのでは。

もし心配なら、間に不動産屋をいれて正規の入居料、契約書をとってもらえばよいのでは。

通常、使用してもしなくても、普通に、払ってもらえばよいのでは、と思います。

Qネクサスって会社ってご存知ですか・・・?

お世話になります。
こんなことこの場で聞いていいのか解らないのですが、友人がこの会社に入ろうか悩んでおり、どなたかご存知の方がいらっしゃたらどんな会社か教えてください。通信関係の会社だそうです。人を大事にしてくれるかどうかを知りたがっています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この会社でよい評判を聞いたことがありません。余程のことで困っていなければ、入らない方がベストです。私もここの会社と以前お付き合いがありましたが、あまりにひどいので付き合いを辞めてしまいました。人は大切にしません。求人も使い捨てのように扱います。販売会社ですから、当然のように実績が出せないと厳しい状況になりますが、それならば、他の会社に行って営業をやったほうが、よろしいかと思われます。

Qヒヤリハットの書式・開示・保存

新設の介護ステーションの相談員をします。
介護ヘルパーがお客様の所で感じたヒヤリハットを
ヒヤリハット用紙に書いてもらおうと思っています。
その用紙をどういう書式にするか、相談員・事務員・
サービス提供責任者・各ヘルパー全体がそれを把握
できるようにするにはどういう方法が適しているかを
考えているところです。

皆さんの職場(福祉・在宅介護)では、「ヒヤリハット」を
どういう書式や職員への開示徹底、秘密保持のできる保存
をしていますか?
ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

施設と違って訪問ヘルパー事業所ですよね。
登録ヘルパーさんも多いでしょう。
事務所への立ち寄り、会議への出席状況は?

書式も記入するヘルパーさんが書き込みやすい項目で始めれば良いです。
たくさん項目があると書きにくくなります。
だからヘルパーさんの教育レベルに合わせて向上させます。

会議では、記載者の名前は呼びません。
事例報告と捉え方や考え方、今後の対応策を例示して指導しています。
「良く気付いたですね」
「小さなことですが、繰り返すと大きな事故につながります」
等と、言葉を選んでます。
ヒヤリ・ハットを「良く気付いた」と褒めることで書きやすい雰囲気にしてます。

内容について意見を求めると批判が出るので、特別な場合を除いてサービス提供責任者・主任が発表です。
検討が必要、周知徹底する、勉強が必要
な場合は、別に時間を設けています。

最近では、
ノロウイルス対策 
これは、消毒に対する認識低下で再教育が必要と判断したので。
挨拶・言葉使いについて
新人職員への教育を兼ねて何度も繰り返していますが…
介護保険改定について
介護保険事業に携わる者が知らないでは困るので、介護予防について3回目を先週実施

ノロウイルス対策は、携帯消毒器を忘れた報告を取り上げて勉強会
挨拶や言葉使いは、利用者の言葉が聞き取りにくい失敗談から再度教育
介護保険改定は、利用者の不安より勉強会です。
予防給付に移行する要支援利用者へは説明を一度行いました。
頷いていても理解されてないから、ヘルパーさんに聞くようです。
来月には、介護給付の皆さんへも生活4の負担についてお話しする予定です。

施設と違って訪問ヘルパー事業所ですよね。
登録ヘルパーさんも多いでしょう。
事務所への立ち寄り、会議への出席状況は?

書式も記入するヘルパーさんが書き込みやすい項目で始めれば良いです。
たくさん項目があると書きにくくなります。
だからヘルパーさんの教育レベルに合わせて向上させます。

会議では、記載者の名前は呼びません。
事例報告と捉え方や考え方、今後の対応策を例示して指導しています。
「良く気付いたですね」
「小さなことですが、繰り返すと大きな事故につながります」
等...続きを読む

Q自衛隊さんの生活って…。どなたかご存知ですか?

初めてここで質問させていただきます。
最近、11も下の男の子に恋してしまいました。
彼は自衛隊の病院の教育部の看護学生さんで、
私は患者、彼は実習に来ていました。
彼は私なんて患者の一人としか見ていません。
ただ、私の精一杯として、一緒に撮った写メを
写真にして送る約束だけしました。(彼ら学生の寮の住所はほかの看護学生から一応聞いていた)
そこで質問ですが、自衛隊の看護学生さんって
どんな生活を送っているのでしょうか???
外部の、ちょっと関わっただけの一般人から
手紙なんて来ちゃって、うわさになったり迷惑に
なったりしてしまうのでしょうか?また、
一日中勉強勉強で、テレビやネットも出来ないのでしょうか?やっぱり女の子が圧倒的に多いのでしょうか?
22の男の子からして、33の女からアプローチされるのはどんな気持ちなんでしょうか…ってこれは
カテゴリーが違いますね。どうぞ、ご存知の方からの
お返事お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

父がその関係でした
ので、結婚相手である母から聞いたところ
手紙を上司が閲覧するようなことは無いそうで
ただ、規則と規律で遊ぶ余裕はないそうです

ご参考までに

Q看護の臨床実習でのヒヤリハットについて質問です

看護の臨床実習でのヒヤリハットについて質問です。
高齢者の施設で、1階と2階は施設の方が暮らしており、3階はデイの方が利用されています。
3階から2階へ移動しようと学生がエレベーター前へ行くと、70代ぐらいの女性がおり、エレベーターが来ると乗ってこられました。外見に障害などを感じさせるところはなく、周りに施設のスタッフもいなかったので、「何階ですか?」と聞くと、「1階です」と答えられたので1階のボタンを押しました。学生が2階についたので降りようとすると、2階からスタッフの方が乗ってこられ、その女性をみて、学生に「この人何階からきたの?」と聞くので、「3階です」と答えました。
結局、その女性はデイサービスを利用されている方でした。
担当の教員は、デイサービスを利用されている方は名札をつけていることや、デイサービスについてのオリエンテーションも全く行っていませんでした。
スタッフも、施設側のヒヤリハットや教員の指導不足として判断しているようですが、教員は学生だけのヒヤリハットとして判断し、ヒヤリハットの報告書を書かせようとしているようです。
また、同様に以前にもその教員は自分のヒヤリハットを学生のヒヤリハットとして処理しようとし、統括の教員に指導をうけていました。

これは、学生だけのヒヤリハットとして扱われるべき問題なのでしょうか。

看護の臨床実習でのヒヤリハットについて質問です。
高齢者の施設で、1階と2階は施設の方が暮らしており、3階はデイの方が利用されています。
3階から2階へ移動しようと学生がエレベーター前へ行くと、70代ぐらいの女性がおり、エレベーターが来ると乗ってこられました。外見に障害などを感じさせるところはなく、周りに施設のスタッフもいなかったので、「何階ですか?」と聞くと、「1階です」と答えられたので1階のボタンを押しました。学生が2階についたので降りようとすると、2階からスタッフの方が乗って...続きを読む

Aベストアンサー

ヒヤリハットって報告書なんだから、誰が書こうと関係ないと思う。

それに対して改善策が必要かを誰が判断するか、改善策を誰が策定するか、
誰が承認するか、誰が実施状況の確認を行うのか、、、
それは施設の問題。

インシデント、アクシデントの責任を取るのはあくまでも施設。
ヘンな賠償責任を契約に盛り込んでいれば、なんか起きた際に学校に損害賠償が
起こされるかもしれないけど、それは学校の問題。

報告者書くことに腹立てているなら、「指導を受けていないのが問題」と書けばよい。

Q「祭」という字の「又」は、「マ」が正しいのか、「又」が正しいのかどちらですか?

 どっちなのでしょうか?ワープロの字体によっては、又の下線が出たりでなかったりするのですが・・

Aベストアンサー

書体の違いによるデザイン状の問題であって、一方が正しく、他方は間違いというものではありません。
例えば、明朝体では「マ」、行書体では「ヌ or 又」に見えますね。
皆さんの回答に「ヌ or 又」が多いのは、学校の教科書にそのような書体を使っているからでしょう。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。参考URLで以下のように進んでください。

「参考資料」→「各期国語審議会の記録」→「第22期」→「表外漢字字体表」→「(2)「字体の違い」と「デザインの違い」との関係」

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Qヒヤリハット報告書について

60床程の病院勤務の看護師です。

ヒヤリハット報告書についてですが、当院での書式に
「起こった出来事についての事実」を記入する欄と、「その要因となった因子」を記入する欄と「反省・改善策」を記入する欄があります。

私は、以前の勤務先での教育により、
ヒヤリハット報告書は医療安全管理室が事故の傾向を知るための集計のための調査であり、
同じような事例が繰り返される場合やシステムの改善につなげられそうな事例について、医療安全管理者が中心となり分析や対策を行うための資料だと考えていました。

でも、今の病院では報告書に「個人の反省と個人レベルでの分析や改善策の提示」を求められています。さらに対策として具体的なことを記入すると、それに対する改善策の根拠について説明を求められ、さらには「気づいた人が行動を起こせ」と言われます。
そのため、みんな「注意します」「気をつけます」と書くのが得策と考えています。
度重なる事例についても、看過されている傾向があります。

なんだか、分からなくなってしまったのですが、何とかしたい気持ちがあります。

ヒヤリハット報告書って、個人の反省や振り返りのためのものですか?

それとは別に、似たような事例が度重なった場合、何例くらい重なると分析を行い対策に乗り出すべきなのでしょうか?

皆さんの施設では、どのようにされているのでしょうか?

60床程の病院勤務の看護師です。

ヒヤリハット報告書についてですが、当院での書式に
「起こった出来事についての事実」を記入する欄と、「その要因となった因子」を記入する欄と「反省・改善策」を記入する欄があります。

私は、以前の勤務先での教育により、
ヒヤリハット報告書は医療安全管理室が事故の傾向を知るための集計のための調査であり、
同じような事例が繰り返される場合やシステムの改善につなげられそうな事例について、医療安全管理者が中心となり分析や対策を行うための資料だと考えていました...続きを読む

Aベストアンサー

通常、トラブル系の報告の基本的な意味は、起こってしまった事故の内容と
その原因と対策を明確にし、同じ事故を再発させないようにすることです。
ご質問の「ヒヤリハット」に関しては「事故には至らなかったが一歩間違えれば危険な状況だった」事象で
実際には事故は起こっていない訳ですが、放置すればいずれ事故に繋がる恐れがあるために
「ヒヤリハット報告」などを通じて、危険が潜む事象を分析し想定される事故を未然に防ぐ活動を行います。

事故の再発防止や事故を未然に防ぐ為には、自分自身の意識は重要です。
「個人の反省や振り返りのためのものか?」という点で言えば
勿論大事な目的の一つだと思います。
しかし、組織において事故防止を考えると、自分自身が意識するだけでは不十分で
他者も含めて組織として対応しなければ、防ぐことのできない事故も存在します。
また例え個人レベルで対応できる内容であっても、同じミスを他者が犯す可能性もあります。
更に言えば、原因が必ずしも個人にあるとは限りません。
例えば、定められた手順で業務を行っていても、その手順に間違いがあり、それが原因になる場合もありますし
例えば、機器の不具合が原因となる可能性もあるでしょう。

従って、組織においては、こういった情報を共有することで、誰もが(=組織が)
同じ意識を持ち、事故の防止に努めることが大切となります。

「ヒヤリハット報告書は、個人の反省や振り返りのためのものか?」についてですが
このご質問は「個人の反省や振り返りのため『だけ』のものか?」という意味だと思いますが
勿論そうではありません。
前述の通り、個人の反省は勿論大切ですが、そこで終わってしまっては
単なる始末書や反省文と同じになってしまいます。
もっとも重要なことは「組織として事故を防ぐ」ことであり、ミスや事故の原因や対策を
関係者全員で共有し、全員が意識することです。


「何例くらい重なると分析を行い対策に乗り出すべきなのか?」への回答も踏まえて
理想的な活動方法例を簡単に述べると、次のようになると思います。

・各自が「ヒヤリハット」の事例として気づいたことがあれば
 関係者を集めた場で、その報告を行う。

 →(ひやりとした)事象の内容、想定される事故内容や事故に繋がる条件
  想定原因、対策案、報告者の反省点や所見など

・報告を受けたメンバーで、意見交換・検討を行う。

 →事故に繋がる可能性・影響度、原因の特定と対策案の決定など

 ※ここで、想定される事故が患者の健康や命に係わるような内容であれば
  例え1件でも早急に対応を取るべきでしょうし
  例えば、会計で釣銭間違い程度の事故で、且つ可能性が低いことなどであれば
  様子を見るという方法もあると思います。

通常、トラブル系の報告の基本的な意味は、起こってしまった事故の内容と
その原因と対策を明確にし、同じ事故を再発させないようにすることです。
ご質問の「ヒヤリハット」に関しては「事故には至らなかったが一歩間違えれば危険な状況だった」事象で
実際には事故は起こっていない訳ですが、放置すればいずれ事故に繋がる恐れがあるために
「ヒヤリハット報告」などを通じて、危険が潜む事象を分析し想定される事故を未然に防ぐ活動を行います。

事故の再発防止や事故を未然に防ぐ為には、自分自身の意識は重...続きを読む

Q「仕事」と「遊び」、その境界は?仕事関係の人と遊ぶ?のは「遊び」ですか?

「仕事」の定義は皆さんさほど違いがないと思いますが、
「遊び」、また「遊び」との境界を
どのようにお考えか、お聞かせください。

私は、基本的に仕事関係の人と食事・旅行に行くことは
「仕事」の一環(付き合い)だと思っています。
但し、気の知れた仕事仲間で自分が望んだものであれば
当然「遊び」に入ります。要は望むかそうでないかです。
客先の接待は明らかに「仕事」です。給料出ないけど。。

仕事とプライベートを最近の若者は分けたがるが、
それを明確にしない方がいい。
と、「仕事のできる人~」という感じの本にありましたね。
それも一理あると思います。皆さんはどうでしょう?

Aベストアンサー

私の場合はですが、同じ職場の人でも自分から見て仕事以外ではお付き合いしたくない(人間的に)と思う人との食事・飲みはどんな状況であっても「仕事」です。なので、自分から誘うということは絶対にないし、やむを得ず会社でそのような機会があってもいやいや「仕事上の」おつきあいをします。
が、同じ職場の人でも人間的に例えばどこか尊敬できるところがあったりする人との場合はそういう場であっても、気持ち的に少しプライベートが入ります。仕事があって通じている関係なので、はっきり「遊び」とまでは言い切れませんがそういう人といるときはあまり仕事のことを考えてませんね。純粋に「遊び」といえるのは、仕事上の利害関係がまったくない相手や、仕事の話を共有できない相手なら誰でもなりうるのでは?


人気Q&Aランキング