ukとusってなにが違うんですか?というかなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

質問が簡便に書かれすぎていて、どういった場合に使われる用語か分かりませんので当たっているかどうかは分かりません。



インターネットなどのトップドメインに使われる国を表す2文字ドメインなら
usは米国(United America)
ukは英国(United Kingdom)
を表します。
    • good
    • 0

 質問内容がはっきりしませんが、単にUK、USといえば国の略号で、それぞれイギリスとアメリカを示します。



UK:United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

US:United States of America

 日本ではイギリスと呼んでいますが、正式な国名は「大ブリテン島および北アイルランド王国連合」です。この王国連合の部分の略号がUKです。他にも、BGRという記号も使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆さんありがとうございます!
別に音楽のことではないんですね、カテ違いでした(汗)

お礼日時:2005/09/08 18:33

uk・・・United Kingdom イギリスです。


us・・・United State of America アメリカです。

インターネットのドメインですね。
    • good
    • 0

参考です。



参考URL:http://www4.plala.or.jp/nomrax/TLD/#jp
    • good
    • 0

日本のドメインは…jpのようにイギリスがuk アメリカがusだと思います。

    • good
    • 0

トップレベルドメインでは?アドレスの最後の表記。


日本:JP
イギリス:uk
アメリカ:us
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUS盤とUK盤

タイトルに書いていますように、
US盤とUK盤で曲数が違うのは何故でしょうか?
keaneの1stアルバムを例にとると、
US盤よりUK盤のほうが1曲多く、
(さらに国内版では、UK盤より2曲多いのですが)

keaneがイギリスのアーティストだからUK盤がひいきしているのでしょうか?
仮に、keaneがアメリカのアーティストだとすると、
US盤のほうがUK盤よりも同じか多いかになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国の違いというより、契約の問題ですから、基本的にUKとUSの区別はありません。
全世界同じ内容で発売されるCDも多数あります。

国によって発売日が異なる事が多いので、その場合は付加価値を付ける意味でボーナスの曲数が異なるケースがあります。

一般的に、日本盤は価格が高いので、安い輸入盤より少しでも多く売る目的で、発売日を早くしたりボーナスを増やしたりします。
UKとUSの違いも、上記と同様の理由によると思われます。
US盤よりもUK盤の方が割高です。
http://homepage3.nifty.com/stop-rev-crlaw/faqs/mb-faq.html#q3

QUS盤とUK盤

こんにちは。
日本盤が発売されていないCDで、輸入盤を買おうと思っているのですが、US盤とUK盤どちらにしようか迷っています。

音質やその他(CDにビニールがかかっているかなど)の面で、どちらがいいでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたらお教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アナログの時代ならUK盤の質が良かったみたいですが、デジタルになると殆ど差を感じませんね。
パケは欧米でもCDプレスがアジアなんて事も稀にありますから、そうなると何が何やら・・・。
一部メーカー(主にEMI)では、UK(EU)盤をCCCDにして、US盤をCDDAで発売するケースがありますから、最近の選択肢はCCCDが基準になるのではないでしょうか。

Q80年代のUSとUKの音楽性の違い

自分ではアメリカはメタルとかLAロックとかヒップホップで民衆向け?でUKはよく分からないです。
音楽に詳しい方当時はそれぞれの国で何が支流だった、どう違ったのか、どうして違ったのかなど教えてください。

Aベストアンサー

40代です、いちおう当時はリアルタイムで聞いてました。

アメリカは80年代のごく初期(81年頃まで)はディスクミュージック一色という感じでした。というかヨーロッパ(特にドイツやイタリア)もアメリカも巻き込んで70年代末からなぜかディスクミュージックがブームだったのです(ヨーロッパとはいえ、イギリスは少し事情が違います)。82年頃に一気にディスクミュージックブームが終わり、1~2年間は覇気のない雑多な時代という感じです。


イギリスのは80年代のごく初期は70年代の中頃~終わりにかけてのパンクムーブメントの終焉で、そこからの流れでポップ色の強いニューウェーブ(デュランやウルトラボックスやカルチャークラブ)やニューロマンチック(ABCやスパンダー・バレー)が徐々に人気を得ますが、82~83年頃まではマニア向けという感じでした。

MTVの出現で80年代の中頃(83~84年頃)にアメリカに少し動きがあり、様々なミュージシャンが出て来ますが、大抵は潤沢な資本による大々的なプロモーション且つメロディアスでキャッチーな曲で一気に人気を稼ぐやり方が主流のいわゆるアメリカ産業ポップスというかアメリカ産業ロックみたいなものが隆盛を極めます。分かりやすいところでマドンナやマイケルジャクソン、バンドではTOTOやナイトレンジャーやジャーニーなどの類いです(「アメリカ産業~」というのは芸術性よりも「人気商売の産業としてのポップミュージック」という意味でやや蔑視が込められた言葉です)。バン・ヘイレン、モトリー・クルーやツイステッド・シスターなどのメタル(ハードロックかな)系のバンドも人気でしたが、総じて前述のような売り込み方だったのでミュージシャンというよりもアメリカンポップスバンドという色彩が強かったです(ちなみに、当時これらのバンドのファンの人たちに「アメリカ産業ロック」というと「産業ロックじゃねぇ!」と怒ってました)。
当時、ヒッピホップはRUN DMCがマニアに好まれていた程度だったと記憶してます。

で、イギリスの方もMTVの出現により、ややマニア向けであったニューウェーブやニューロマンチックもメジャーになり一気にピークを迎えた、という感じですね。少なくとも86年頃まではとても人気がありました。

両者(イギリスのニューウェーブ/ニューロマンティックとアメリカのアメリカ産業~)のピークはバンドエイド/USA For Africa/ライブエイドがピークだと思います。

80年代の半ば頃までは、アメリカもイギリスもメタルやハードロック系はたまにヒット曲は出るものの、どちらかというとマニア向けという感じでした。ちなみに当方は当時、マイケル・シェンカー・グループとスコーピオンズの大ファンでした。一方でクラッシュやデュランデュランも高中正義も大好き、という当時ならではの節操のない高校生でした。

クイーン、デボッド・ボウイ、ストーンズなどの大御所は、MTVの影響は受けたものの、とくに当時の潮流に左右されることなく、一定の人気があり一定のヒットを飛ばしてたという感じです。

当方が語れるのはここまで、80年代の中頃から非常に偏った好みになってしまったので、80年代の中頃以降の全体の動きがよく分からないのです。


以上、「そうじゃない!」という人もいるかもしれませんが、概ねの流れは合っていると思います。

40代です、いちおう当時はリアルタイムで聞いてました。

アメリカは80年代のごく初期(81年頃まで)はディスクミュージック一色という感じでした。というかヨーロッパ(特にドイツやイタリア)もアメリカも巻き込んで70年代末からなぜかディスクミュージックがブームだったのです(ヨーロッパとはいえ、イギリスは少し事情が違います)。82年頃に一気にディスクミュージックブームが終わり、1~2年間は覇気のない雑多な時代という感じです。


イギリスのは80年代のごく初期は70年代の中頃~終わりにかけてのパン...続きを読む

QUS・UKベスト10

ベスト10に入っている曲すべてを試聴できるサイトありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UKランキングが入っているかはわかりませんが、UKで有名なCOLDPLAYは私も好きでしょっちゅう聞いているので、UKで上位は、USAでも知られているのではということでご紹介します。YAHOOのLAUNCHというサイトをお勧めいたします。私の愛用サイトです。行ってみてください。

参考URL:http://launch.yahoo.com/musicvideos/

Qこれぞ!UK!!US!!な曲

こんばんわ。

音楽に国境がないのはわかっていますが
敢えて。

あなたのこれぞ!!UKっぽいメロディ(曲)
これぞ!!USっぽいメロディ(曲)を教えてください。

ちなみに私は
UK
Heaven 17 - Let Me Go!

US
PearlJam-Animal

感覚的なものなので
ジャンルは問いません。
(敢えて)比較して書いていただけると
聴き比べが出来てうれしいです。

Aベストアンサー

 それでは、すごくマイナーなところを突きましょう。

UK=Burning Bridge(STATUS QUO)
 ローリング・ストーンズと並ぶ化石バンド(?)ステイタス・クォーの代表曲の一つ、バーニング・ブリッジ。
 単純でストレートなシャッフル・ベース・ランとバグパイプの曲の様なギターのリフ、それに他愛もない『歌謡曲の様な』歌詞は、これぞ元祖UKブギー・ロックです。

US=CROSS ROAD BLUES(ROBERT JOHNSON)
 数々のブルース・ロッカー達にコピーされ、何度も演奏されたブルースの名曲『クロスロード』の原曲がコレ。
 ミシシッピ河口のデルタ地帯で発生した『デルタ・ブルース』の歴史上、最も重要なブルースマンであるロバート・ジョンソンの代表曲です。
 アメリカのロックは、まさにここから始まりました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報