光るミミズを見ました。調べたところ発光ミミズとしか分かりません。家に持ち帰ってもつぎの日には光りません。大きさ、生息場所、またどんなときに光るのか知っている人がいれば教えてください。
「ヤマミミズ」といわれているものも、光るらしいですがその辺のことも知りたいです。

A 回答 (3件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLが主に「ミミズを使ったゴミ処理」ですがミミズに関するリンクが充実してます。



探した範囲では、発光するミミズは見つかりませんでした。このリンク先のミミズを研究している大学に問い合わせた方が早いかもしれませんね?

bazilさん見られたのは、多分「土ホタル」で当方もNZで見てきました。これは、ハエの幼虫との事でした。

ご参考まで。

参考URL:http://www.jps.net/sabala/mimizu/books&links.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLと見てきましたら、光るミミズ以外も興味を持ってしまいました。「土ホタル」というハエの幼虫ですか?
それと同じものでしたら、びっくりしますね。一度大学の方にでも問い合わせてみます。
ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

そのミミズは夜に光るミミズなんですか?


だとしたら、私にもよくわかりません。
私もひじょうに興味があります。

ミミズじゃなければ、ホタルの幼虫なんかが光ります。
明るいところで、ミミズの胴体が虹色に輝くのは、
ごく普通に見られる現象で、特に大きな固体によく見られます。
飼育環境が悪いと、虹色に光らないですけど。

この回答への補足

ミミズは夜と言うより刺激を与えると光っていました。
私が見た物は大きくて1cmくらいで、たまたま車を退けたら発見したもので土の上をはっていたわけではありません。ミミズと書いたのですが違う可能性も・・・
見た目はミミズでした。色は蛍光塗料のように緑色で綺麗に光ります。

補足日時:2000/12/05 23:30
    • good
    • 0

すみません。

直接は関係あるかわかりませんが、近い話を少し。

オーストラリアでglow wormっていう蛍のように光る虫を見ました。それは山にある鍾乳洞のような洞くつに大量にいました。洞くつの中で上を見上げるとまるで星空を眺めているほどです。同じものが日本にいると言うのは初耳です。たしかオーストラリアでは天然記念物のような扱いを受けていました。

あと家に持ち帰って翌日光らないと言うのは、飼育環境によるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。光るミミズは外国にもいるのですね。しかも、天然記念物扱い。面白い話でした

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミミズやヒルが苦手でもお魚は飼えますか?

魚の飼育は経験がありませんが、知人の話を聞いたり、近くのホームセンター等でめだかや熱帯魚を目にするたび、
うっとり見とれてしまい、飼育してみたいという気持ちが日々高くなりました。
めだかが初心者には比較的簡単と聞いたので、まずはめだかかな?と思い、
図書館で本を借りて読んで、さあそろそろ準備はいいかな?と思ったところ、知人の水槽を見る機会があったのですが、
よ~く観ていると、糸ミミズのようなものがあちらこちらにうじゃうじゃいるのです!
聞くと、「これはヒルで、水槽で魚を飼えば、必ずわく」というのです。

私は女性ですが、ミミズや幼虫といった類のものが大の大の苦手です。
(生きたミミズを餌に…とかも、たぶん無理です。フリーズドライの餌
があるようなので、それを与えれば大丈夫かな?と…。)
正直、その気色悪い光景を見て、不安になってしまいました。
こちらで検索しても、ヒルや糸ミミズ等が繁殖してしまい困っている人は多いみたいですね。
水槽の環境をきれいに保ち、気をつけていても、そのようなものが発生することは普通にあり得るということですか?
ミミズにょろにょろ系が苦手な人は、お魚を飼うことは厳しいでしょうか。
めだかも熱帯魚も、ヒルの類がわくのは同じような確率ですか?
お魚に詳しい方、経験者の方、アドバイスいただけたらうれしいです。

魚の飼育は経験がありませんが、知人の話を聞いたり、近くのホームセンター等でめだかや熱帯魚を目にするたび、
うっとり見とれてしまい、飼育してみたいという気持ちが日々高くなりました。
めだかが初心者には比較的簡単と聞いたので、まずはめだかかな?と思い、
図書館で本を借りて読んで、さあそろそろ準備はいいかな?と思ったところ、知人の水槽を見る機会があったのですが、
よ~く観ていると、糸ミミズのようなものがあちらこちらにうじゃうじゃいるのです!
聞くと、「これはヒルで、水槽で魚を飼...続きを読む

Aベストアンサー

イトミミズやヒルといったものは、通常は川から取ってきた水草、石、砂利などについていたものか、
買ってきた水草についているものが水槽内で発覚する場合が多いようです。
ヒルは80度の高温でも死なないと聞いたことがあり、小魚のえさにもならない厄介なものですが、
意外に塩素に弱いと聞いたことがあります。
私の水槽でも水替えの直後に大きなものがガラス面に這い出してきて、ゾゾ~ッとしてしまいました。
あれは女性には、ちょっと・・・私も女性ですが、ピンセットでどうにか処理しました。二度と見たくないものです。
イトミミズは触らない限りは女性にも大丈夫だとは思いますし、かりに水槽に紛れ込んでも爆発的に増えてしまうこともないでしょう。
また、砂利のえさをよく探すタイプの魚なら、見つけ出して食べてしまいます。
いずれも、砂利の掃除を定期的に行っていればわりと安心できます。

それよりも厄介なのは、スネールという小さな貝ですね。
買ってきた水草に卵がついていたりすると気づかないうちに増えてしまいます。乾燥飼料の中に卵が混じっていたりしても、水槽内で孵化してしまう場合もあるので・・・。

イトミミズやヒルといったものは、通常は川から取ってきた水草、石、砂利などについていたものか、
買ってきた水草についているものが水槽内で発覚する場合が多いようです。
ヒルは80度の高温でも死なないと聞いたことがあり、小魚のえさにもならない厄介なものですが、
意外に塩素に弱いと聞いたことがあります。
私の水槽でも水替えの直後に大きなものがガラス面に這い出してきて、ゾゾ~ッとしてしまいました。
あれは女性には、ちょっと・・・私も女性ですが、ピンセットでどうにか処理しました。二度と...続きを読む

Q可視光以外の光を出す発光生物ている?

蛍やウミホタルなど発光生物は多くいますが、知られているのはみな(あたりまえですが)可視光を放つものばかりですよね。

でも実際にはミツバチと蝶とかは人間の知覚できない周波数の光を見ているというし、蛍光標識法とかでも紫外で測定することもありますよね。
音に関しても人間が聞き取れない音をだして、コミニュケーションしている生物もいます.イルカとか。

ということは人間が知覚できない周波数の光(紫外線とか赤外線など?)を発している発光生物っているのですか?もしくはいると思いますか?

Aベストアンサー

紫外線は、エネルギーが高いのでどうかなあ、と言う気がするし、赤外線は体温のある生物ならみんな出しているから、シグナルとしての有効性はどんなもんかという気がする。

Qワームスというミミズ対戦ゲームについて。

私は小さい時に外国でかったワームスというソフトをまたやりたいと思ったのですが、もう何年も昔にかったものでなくしてしまいました。

そこで、またワームスを買おうと思ったのですが、中々売っていません。調べたところ、ワームスにはワームスアルマゲドンなど新しい種類のものもでているようです。

そこでワームスアルマゲドンを買いたいと思っているのですが、私のPCはXPで、ワームスアルマゲドンの対応機種はWIN95,98となっています。プレイできるでしょうか。また、取り扱っているお店・通信販売店をご紹介ください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

すみません、ワームスアルマゲドンの続編が買えそうなサイトしか
見つかりませんでした。続編は「Worms World Party」という名称で、
http://www.tzone.com/diy/index.jsp?CAT_CD=13&CAT_CD=64&PAGE=7&SORT=1&PRODUCT=WORMSWORLDPARTY
上記で注文はできそうです。しかし入荷は不確定で、XP対応でも日本語環境版での動作保証がありません。
http://www.team17.com/games.html
↑は開発元のウェブサイトの製品ページです。(ワームズは、長く続いているシリーズなんですね。)
お店を併設していますが日本へ発送できるか分かりません。

役に立たないかもしれませんがお目当てソフトの入手につながれば幸いです。

Qミミズの走光性について

光害の研究の一環として,異なる光源(波長)の光が動物に与える影響を調べるため,ミミズを用いて実験しています。

実験はLEDや白熱灯など異なる光源を10lxにそろえた上で,腐葉土の入った昆虫ケースに当てます。
ミミズを14匹程度上に乗せ,1、2晩してからどれだけもぐったか調査します。

ミミズは負の走光性を持つという解釈でいるため,「ミミズがどれだけもぐったか=ミミズがその光源から受けた影響の度合い」と解釈してよろしいでしょうか??

Aベストアンサー

熱とか湿度は考えなくていいんですか?

Q大根ミミズを養殖したのですが

裏の畑に行けば昔はアホみたいに取れましたが、宅地になってしまいもう取れません。水槽等でミミズを飼育されている方が居られましたら、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

張っときます。

参考URL:http://www.geocities.jp/douketeibb/mimizu.html

Q本当のところミミズは鳴きますか?

下記本によると鳴くそうなのですが。
「ミミズが鳴くってほんとう? (調べるっておもしろい!)」
http://www.bk1.co.jp/product/1991016/review/26687

未読なのですが、もくじで
「なんとミミズは鳴いていた」
と結論づけています。

鳴く器官がないので、土にこすれて鳴くような音を出しているんでしょうか?
一般的に言われているオケラ説は間違いだったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミミズの鳴き声を録音した方がおられますよ(^_-) 真偽のほどは御自分でどうぞお確かめください(^_-)

参考URL:http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/mimizu06.htm

Qミミズの赤ちゃんについて教えてください。

ミミズの赤ちゃんについて教えてください。
生ごみリサイクルのために、生ごみにEMボカシを加えてたい肥を作り初めました。
土の中を見ると白くて、細くて(太さ0.5mm位)長さ10mm位のクネクネした生物が比較的多数
いました。これはミミズの赤ちゃんでしょうか、それとも別物でしょうか。馴染みの太いミミズは一匹
だけいることは確認しましたが、この赤ちゃんに比べて余りにも少数なので大変気がかりなのです。
赤ちゃんのサイズはいつも大体このサイズで、成長して子供位になったものも
殆ど見つかりません。みみずの成長速度は遅いのでしょうか。
みみずに詳しく、ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

wata717さん

こんにちは

それは、ヒメミミズ(その大きさが大人)といいまして、主に細菌を食べるグループのミミズであると直感したのですが、

念のために、Google ブックスで紹介されている佐原みどり(著)「生ゴミを食べてもらうミミズ御殿の作り方」183頁を参照したところ、

ヒメミミズ 体長1cmほどの小さな白いミミズ。「ミミズ・コンポスト」をしていると、どこからとなく入ってきてミミズ箱の中で繁殖する。シマミミズの赤ちゃんと同じようなサイズだが、シマミミズの赤ちゃんは小さくてもよく見ると少しピンク色がかっているが、ヒメミミズは全身真っ白。

と書かれております。ヒメミミズがいるということは、有機物を分解する細菌が豊富ということだと考えております。

堆肥中では、フトミミズよりもシマミミズをよく見かけます。ご心配でしたら、魚釣り道具専門の店で販売されておりますシマミミズ(別名キジ)を投入されたらいかがでしょうか。ただし、ごみにEMボカシを加えてたい肥の作り方に、ミミズを入れることが書かれていないのでしたら、ミミズを投入する必要がないと思います。"あなどるなかれ堆肥分解細菌のパワーを"です。

wata717さん

こんにちは

それは、ヒメミミズ(その大きさが大人)といいまして、主に細菌を食べるグループのミミズであると直感したのですが、

念のために、Google ブックスで紹介されている佐原みどり(著)「生ゴミを食べてもらうミミズ御殿の作り方」183頁を参照したところ、

ヒメミミズ 体長1cmほどの小さな白いミミズ。「ミミズ・コンポスト」をしていると、どこからとなく入ってきてミミズ箱の中で繁殖する。シマミミズの赤ちゃんと同じようなサイズだが、シマミミズの赤ちゃんは小さくて...続きを読む

Q物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。 その光量がわかったことを何に活かすことができる

物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。
その光量がわかったことを何に活かすことができるのかがわかりません。
一体何に活かすことができるのでしょうか。。。

Aベストアンサー

透過しなかった(吸収された)光の波長と光量がわかれば、エネルギーがわかり、それによって固定された炭素(糖)の量がわかれば、効率みたいなものが計算できそう。 また、吸収される波長が限られているなら、地下室などで植物を育てる際の効率的な光の周波数などを予想することができると思う。

Qミミズ腫れ状の発疹。痒みを伴う。10月のタイ旅行から帰って来た後くらいから写真のような発疹が時々出る

ミミズ腫れ状の発疹。痒みを伴う。10月のタイ旅行から帰って来た後くらいから写真のような発疹が時々出るようになりました。思い当たる事としては、やたらとヤブ?蚊?に刺された事くらいです。
これってやっぱり皮膚科に行った方が良いのでしょうか?それとも内科が良いのでしょうか??
そもそもこれってなんなのでしょうか???

Aベストアンサー

絶対病院に行かないと。
受付の看護師がいるので聞いてからが良いかと。

Q生物の質問です。 「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物の

生物の質問です。
「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物のクロロフィルが吸収する色が赤色であるから」という答えで丸をもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

東京理科大学・理工学部・応用生物科学科の井上康則先生のお答え。

正の光発芽性種子は赤色光で発芽が誘導され、近赤外光あるいは暗黒下で発芽が抑制されます。小型種子は貯蔵物質量が限られているため、地中(暗所)深くから太陽光のある地表へ芽生えを伸ばすことができません。光が当たったと言うことは、種子が地表近くに存在することになりますが、上空に他の植物が繁茂していると、クロロフィルにより赤色光は吸収されてしまい、わずかな緑色光と大量の近赤外光が地表に到達します。よって、近赤外光を受ける条件下では、発芽しても他の植物の陰になり光合成を営めないことになります。一方赤色光が当たったと言うことは、上部に他の植物が存在せず、発芽後直ぐに光合成を営める環境であることになるわけです。ですから、正の光発芽性種子は確実に光合成が営める状況下でのみ発芽しているわけです。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0847&target=number&key=0847


人気Q&Aランキング

おすすめ情報