最新閲覧日:

ご自分の経験で、10代のうちに
「やっておいたほうがいいぞ」
「これはやっておくべきだ」というようなことあったらアドバイスください。
お願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

1:身体と精神の強化・コントロール方法を学び始める事かと思います。



続ければ、一生上り道ですから、いつから初めても早いと言う事はありません。

2:今現在の環境で出来ることは全て身に付けておいてマイナスに成る事はないでしょう。
    • good
    • 1

カルシウムをとり、適度に運動して、骨量を貯金しておきましょう。


骨粗しょう症予防は10代から。
(女性限定)

                  ばーい 骨量70台( ̄□ ̄;)!!より
                  ひどいよね 好き嫌いないのに。
    • good
    • 0

憲法、法律に触れない程度にやりたい放題しましょう。


親子けんかもがんがんやってね。
    • good
    • 1

若いうちは恋恋恋だーーーーーー

    • good
    • 0

馬鹿をやっておく。


こればっかりは、若いうちじゃなきゃできません。
まぁ、大学生のうちはできるようですが・・。
私の友人は今、思いっきり馬鹿やってますね。(ちなみに21歳です)
まぁ、法律に触れない程度に、犯罪にならない程度に、やれるのはこのくらいの年までだと思います。

それと、自分のやりたいことをやる。
これに関して、私はマジで後悔しているので。
年を取るにしたがって、だんだんと追い詰められていって自分のやりたかったことができなくなってたりします。
やりたいことが、見つかったら、できるだけ早く行動に移したほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0

 「十代のうちにやっておくべきこと」なんて特にないのですが、強いて言えば、『自分に妥協しない』ことでしょうか。

とことん突き詰めてやってみることです。
 
 年齢を重ねると段々《臆病》かつ《面倒臭がり》になります。ステップアップを重ねていくと獲得するものより失いたくないものが増えるせいなのでしょうか。ついつい『今の自分』に《妥協》してしまいやすくなります。妥協せず、臆病にならず、面倒臭いと思わなくなれば、何年たとうが《十代》は永遠にあなたの掌中にあると思います。
 
 結論…妥協せず、無鉄砲ぶりを発揮せよ。十代こそ人生を思い始めた《原点》だったはずである。そう考えるとき、老成した自分を反省し、常に新しい自己の発見に胸ときめかせよ、と、30年以上も昔の自分自身を思い返して、ro8521さんのご質問に書き込む私です。
    • good
    • 0

こんばんわ~


ro852さんはまだ10代なんですね・・・
いいなあ~

でもそんな風に
『今自分は何をしておくべきか』って考えておられる事自体が、
すばらしい事だと思います。
私が10代の頃は、そんな事考えなかったなあ~~

10代に関わらず20代に入ってもそうだと思いますが、
色んな国を旅してみるのはどうでしょうか?
(お金が大変ですが・・・)

世の中、色んな国・価値観があって、
物価や文化・宗教も大きく違いますよねえ。
そんな事を若い内に、自分の体験を通して感じれたら最高だと思います。

物騒な世の中、
バックパッカーみたいな自由な旅行はなかなか根性がいりますが、
全日フリープランのツアー旅行でも十分いいと思います。
自分で計画したプランで、
行ってみたい方向に自由に行ってみるのも楽しいですよ!
あと現地では、
必ず現地の乗り物に(庶民的な)乗ってみる事をお薦めします。

とにかく色んな価値観の違いを、
身をもって体験したら面白いんじゃないかなあ~?!

ぜひ旅していただきたいです!
私もその点を後悔しています。
若い内に、若い感性で色々体験してみたかったです。
(いや、私もまだ若いんだけどね・・・・;^_^A)

がんばれ!若者!!!
私もまだまだがんばるぞ!!!
    • good
    • 0

こんばんわ。


私は30ん歳のおばさんです。
10代のころはご自分の趣味をお持ちになることをお薦めします。
このために寝食を忘れるくらいのめりこむものがあれば、それが生業となります。
また、たとえ職業にならなくても、趣味を持つことは人生を豊かにします。
大人になっていろいろな人と話をする機会があるときに、趣味が無ければ話題がありません。だから、私は興味の無い本を無理やり読んだりするよりも、趣味を深めることに時間を費やしていただきたいのです。

音楽が好きでバンドをやっているのならとことんバンドに青春をかける。アニメが好きでフィギュアマニアならとことんフィギュアに凝るとか。そのほうが私はより豊かな人生を送れるような気がするのです。
    • good
    • 0

10代のうちとは限りませんが、就職する前に、色んなアルバイトをやってみた方がいいと私は思います。

特に「自分が将来本当にやりたいことは何か」ということが見つかっていない場合、色んな職種のバイトを経験することでそれが見つかったり、また思ってもみなかったことに興味を持ったり、自分でも知らなかった可能性を発見できたりすると思います。
    • good
    • 0

自分が出来なかったことで。



10代のうち、つまり高校から大学1,2回くらいまでに

・実用外国語(英語に限らず)の基礎を固めておきたかった。
 受験英語は所詮受験英語です。話せて使える言葉の基礎訓練をしておけばよかったです。言葉の獲得はこれからの時代に不可欠ともいえますしね。
同時に日本語のステロタイプな思考から広く世界も視野に入れた複眼的な思考を獲得する道を開いてくれたりもしますし。

・古典文学をある程度読んでおきたかった。元々文系で人文科学系の学部へ進んだのですが、いかに教養課程で勉強しても、その人の思考や思想を広げるのは、世に多い古典文学を読んでおり、かつその良さを味わっていることだなと思いました。
日本・アジアの古典、西洋の古典、近代の代表的な小説など、読んでおきたかったですね。これは学習というよりも、今後の人生を豊かにさせてくれるものですし。

・知らない土地を旅する。私の頃には海外旅行はまだそれ程気軽なものではなかったのですが、海外に限らず、日本国内でも自分の知らない土地を旅してみるのはいいですね。旅のスタイルは様々ですが、観光だけでなくそこに生活する人の様子を伺えるような、ちょっとのんびりした旅をおすすめします。
修学旅行とはまた違った体験ができるのでは。

ま、あせらず、なまけず、常に好奇心と「楽しむ」ということを忘れずに色んなことにチャレンジしてみてください。失敗するのも良い経験ですしね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ