前に「ドル買い」に関する質問をした者です。
回答を締め切ってから、新たな疑問が涌いてしまいました。

「ドル買い」が進むとドル高になる、という説明があったのですが、
これはつまり、ドルを買い占めると世の中に流通するドルの量が減り、
ドルが希少になって値上がりし、ドル高になるということで理解して
いました。

しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
世の中に流通している円のいくらかをドルに換えてしまうということだから、
世の中から減るのは円であり、ドルは逆に世の中に増えてしまうという結果
になるのではないでしょうか。

輸入業者がアメリカに対して、輸入代金をドル建てで支払った場合、
アメリカには今まで流通していた以上のドルが流通することにならない
のでしょうか。もしそうなると、ドルが巷に溢れることになって、
希少性は薄くなり、ドルの価値も下がってドル安になるのではないで
しょうか。

何か大きな勘違いをしていると思うのですが、どこがおかしいのか見当
がつきません。再度、お助けください。

A 回答 (2件)

こんにちは。


がんばって答えてみます。

まず、貨幣の値段の決まり方についてお話したいと思います。
ドル・円の『値段』=為替レートの決まり方は、もう少し具体的にいいますとそれぞれの貨幣の需要量と供給量の関係で決まってきます。簡単に言えば、
ある『価格』において需要過多、(供給過多)というのでは必ず、今の価格よりも少し高い価格を払ってもよいという人がいるわけですから、価格が動きます。需要と供給が一致するところで価格が決まるのです。
つまりある価格の下では供給と比べて需要が多すぎる場合はその貨幣は『希少』なわけですから、価格が上昇します。(円であれば円高)また、その逆で需要が
供給に比べて少ない場合はその貨幣は『希少価値』がないので値段が下がります。円安になります。

わかっていただけたでしょうか。

>しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
>世の中に流通している円のいくらかをドルに換えてしまうということだから、
>世の中から減るのは円であり、ドルは逆に世の中に増えてしまうという結果
>になるのではないでしょうか

とおっしゃっていますが、ドルや円の供給量について、われわれの需要次第で変わりうるように思い違いをなさっているようですが、それぞれの貨幣の供給量は各国のセントラル銀行(日銀・フェデラルリザーブバンク)が決めています。
つまり、ある一定期間は供給量は固定されているわけです。
もちろん、政策のひとつとして、需要が多いので供給量を増やすという意味で、
間接的にわれわれの需要行動が供給を影響することもあります。

つまり、円売りドル買いが行われても、円が消えてなくなるわけでも、ドルが自動的にふえるわけではありません。供給量は一定です。ただ、人々の需要行動がドルに好意的になっているということです。売られた円は消えるわけでもなく、市場で取引が行える(円売りができる)ということはその円を買っている人がいるわけですよね。また、ドル買いができるということはそのドルを売っている人もいるわけですよね。
つまり、円売り、ドル買いが進んでいても、
ドルを売る人がまったくいないわけでも円を買わない人がまったくいないわけでもありません。それではそれらの貨幣の市場は存在しません。そのような状態が起こらないように、価格=為替レートが動いているわけですから。
つまり、市場で取引が行われているということは、それぞれの貨幣を売ってもいいという人と買ってもいいという人が同時に存在してなければなりません。

すなわち、ある一定期間を見ると、供給量は一定です。それに大して需要量は変動しうるのですが、供給量と需要量の相対的な量で『希少性』がきまり、価格が決まるわけです。価格を自動的に決定するという意味で、市場には『見えざる手』が存在するというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分がドルを買うということは、同時に、誰かに対して円を売っている
ということになるから、流通する円やドルの量が増えたり減ったりする
わけではないのですね。納得しました。
貨幣も一つの商品と考えてよいのであれば、各国のセントラル銀行は、
その商品を市場に供給している会社のようなものですよね?
商品に市場が存在するように、貨幣にもそれを取引する市場が存在し、
やはり需要と供給の関係で値段が決まる、と。普通の商品に限らず、貨
幣も市場で取引されて値段が決まるものなんですね。その市場で決まっ
てくる貨幣の値段が、為替レートということになるのですね。
漠然としていた「為替レート」というものの意味が、はっきりして来ま
した。もっと勉強します。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 23:40

「ドル買い」が進むとドル高になる、という説明があったのですが、 これはつまり、ドルを買い占めると世の中に流通するドルの量が減り、 ドルが希少になって値上がりし、ドル高になるということで理解して いました。

( ←正しい)

しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
(×世の中に流通している)『資産として一時的なりデッドとなっている』円のいくらかを『現在流通している』ドルに換えてしまうということだから、
世の中から減るのは(×円)ドルであり、(×ドル)円は逆に世の中に増えてしまうという結果
になる・・・

輸入業者がアメリカに対して、輸入代金をドル建てで支払った場合、(←このお金こそが流通している資金です。)
アメリカには今まで流通していた以上のドルが流通することにならない …なりません。

厳密に言うと、流通量ではなく、『お金そのものの信頼性』と言うべきものだとどこかのテレビで言っておりました。ドル売りが続けばドルの信用がないということで価格が相対的に下がる…信用がなければ流通量が少なくとも価格は低いままなんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私にはちょっと難しい話なのですが、その貨幣が信頼されているからこそ
みんなが手に入れようとして、その結果、流通量が減り、価格が高くなる、
というシナリオが一般的に考えられている「価格が高くなる仕組み」なの
ですよね?
でも、逆もまた真であるわけではなく、流通量が少ないからといって、必
ずしもその貨幣が信頼されているわけではないから、価格が高くなるとは
言えない、ということですね。
勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアジア近隣諸国の輸入食品 流通 チルド 冷凍

アジア近隣諸国で生産され、国内に輸入される食品、特に食肉(牛、豚、鶏肉)について、質問します。

1.輸送温度(チルド、冷凍)は、製品価格にどれほど影響を及ぼしますか?
2.流通は何をもって チルド、冷凍に分けられるのでしょうか?
3.また、価格差が出るとしたらどちらがより高額な製品となるでしょうか?

Aベストアンサー

チルドは、0-10°程度の低温で、可能な限り冷凍させずに加工されたものをさし、冷凍はそれよりもごく低温(-20°以下が多い)で加工されたものを指します。

1. 食品には凍らせた方がよいものと凍らせてはいけないものがあります。例えば肉類は凍らせた方が良く、生野菜類は凍らせてはいけない場合が多いです。

2. 基本的に冒頭に書いた製造方法により分けられます。ただし、スーパーなどの店頭では、チルドでも「冷凍食品」として扱われる場合もあり、このような呼称については割と混同されているようです。

3. どちらかといえば、という程度ですが、チルドの方が後の工程が含まれやすいので高額になる傾向があるように感じます。

Q非流通紙幣(820兆円?)と流通紙幣(70兆円)

 非流通紙幣(国民の貯金)は、どのようにしたら市中に出回るようになるのでしょうか?

 アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非常に難しい問題です。解答から言ってしまうと、国民の貯蓄は、金融機関に入っています。金融機関は銀行、証券会社、生保などです。結局ここから、融資や投資という形で、資金が出て行きますが、問題は、これら金融機関が、融資判断をきつめにするか、それとも緩和するかと言う事と、金融機関自身の財務体質の問題なんです。まず分りやすい後者から説明しますと、金融機関が、劣悪な債権を相当保有している場合、正直言って、融資どころではないんです。危ない所や危なくない所から、資金の回収に入ります。そうなると、市中に資金など回りません。従って、このような不良債権を大量に持っている金融機関の経営体質を改めさせ、それら金融機関の財務体質の健全化を図る事が第一点です。それから、経営体質の改善が終わり、さて融資しようかという段階になった時、決め手になるのは、融資先の経営体質です。仮に、融資先が経営体質を改め、金融機関の融資判断が緩和すれば、資金は出てくる事になりますし、きつめにしたり、もっと酷い場合には、回収に力を入れだすと、前向きの資金は出て行かず、逆にデフレ状況になってしまいます。では、どうやったら、前向きの融資が出て行くかといいますと、個人にしろ事業会社にしろ、融資先が金融機関が気に入るような財務体質に改める事です。借り入れを行う側が、業務で無駄をなくすように継続的に経営を改善したり、本業から入るキャッシュフローを増加させるような経営体質にしたりすると、現在の金融機関は、資金を貸してくれます。なぜか?倒されるリスクが少ないからです。また、マクロ的に言うと、やっぱり景気の拡大です。これが無いと、資金の借りてである企業の設備投資需要があまり活発に起こりませんし、企業が金を借りたがりません。また、景気が拡大すると、所得が増えますので、例えば、住宅投資や他の耐久消費財を購入する場合、ローン契約すると思いますが、所得の伸びがあれば、家も買おうということになりますが、所得水準が低く推移しそうだと判断すると、今は止めておこうという事になり、金を借りないわけですから、市中にお金も回らないということになってしまうと思われます。基本的に、どのような時に金を借りるのか?また、こんな人には、金を貸したい、こんな人には金を貸せない、など、融資を受ける側、融資する側の立場に立てば、ある程度、イメージはつかめると思いますし、マクロ的なことは、勉強しなければなりませんが、基本的なところは、たいていの教科書に書いてあります。実はこれは、信用逼迫問題と関連していて、経済学ではホットなトピックです。

非常に難しい問題です。解答から言ってしまうと、国民の貯蓄は、金融機関に入っています。金融機関は銀行、証券会社、生保などです。結局ここから、融資や投資という形で、資金が出て行きますが、問題は、これら金融機関が、融資判断をきつめにするか、それとも緩和するかと言う事と、金融機関自身の財務体質の問題なんです。まず分りやすい後者から説明しますと、金融機関が、劣悪な債権を相当保有している場合、正直言って、融資どころではないんです。危ない所や危なくない所から、資金の回収に入ります。そう...続きを読む

Q日本の小麦澱粉輸入量と小麦グルテン輸入量の推移また主な輸入国を伺いたい

日本の小麦澱粉輸入量と小麦グルテン輸入量の推移また主な輸入国を伺いたいです。ありがとうございます。

Aベストアンサー

次で検索してください。
http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm?M=01&P=0
品目の指定で「品目コード指定」を指定し、その下で「110811 1109」を入力してください。

「110811 1109」は、次を参照してください。
http://www.customs.go.jp/tariff/2010_4/data/i201004j_11.htm

小麦澱粉は、09年度は、輸入が内容です。

Q「ドル買い」とは?

TVなどで、「大規模なドル買い」とか「円を売りに出す」とかいう言葉が
出てきます。この意味がよく分かりません。

例えば日本に住んでいる私が「ドル買い」をするということは、要するに、
「ドル建てで外貨預金をする」ということとイコールと考えてよいのでし
ょうか。

上記のような考えが正しいのであれば、「○○買い」というのは基本的に、
自分がすんでいる国の通貨を外国の通貨に交換して持っておく行為を意味
しているのでしょうか。

そうすると、例えば「日銀が大規模な円買いをした」というような言葉の
意味がよく分からなくなります。日本人が日本の通過である円を買ったり
出来るのでしょうか?日銀は特別?それとも、自分の国の通貨でも買うこ
とは出来る?よく分かりません。

それと、為替レートが変化するのは、こうした「ドル買い」「円買い」と
いうことが行われてドルや円の流通量が増えたり減ったりするために起こ
る、と理解してよいのでしょうか。

おぼつかない質問で済みませんが、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

あなたがドル買いして
いっぱいドルをもっていたときに
そのドルで円を買うと円買いになります。
日銀は、海外との決済で円のほかにいろいろな諸国の
通貨を持っています。
外貨準備高といいます。
この用意してあるドルで円を買うのです。
○○買いは、○○以外の通貨で○○通貨を買う行為と
理解しておくといいでしょう。
為替レートの変動はだいたいそういう理解でいいと思います。

Qなぜ日銀はドル買い介入しないの?

すいませんよろしくおねがいします。過去何度か円高ドル安になって、輸出企業が苦境にたった時、日銀が介入してドルを買って、ドル安を阻止していたと思う。けれど今回は日銀は介入せず、マスコミもそれについて何も言いません。何ででしょうか?

Aベストアンサー

 日銀がドル相場に介入するのはフェアなことではありません。ドルが上がると輸出産業は損をしますが、輸入品を扱う会社は得をします。また、諸外国は日本はドル相場に介入することで輸出産業を助けていると非難し、日本製品に報復関税をかけるおそれが出て来ます。ですから過度の変動を防ぐという大義名分のある場合以外はじっと見守ることがフェアな態度なのです。
 現に円が高くなったので、年末年始の外国旅行が活気づいているということですよ。マスコミは円高を大変と騒ぎ立てますが、石油の値段も相対的に安くなる等、円高のメリットもあるのですよ。
 不景気を克服するには円安を誘導して輸出によることでこれを達成するより国内の消費需要を喚起することの方がずっと効果があり、諸外国もこれを歓迎します。
 現在の日本は貿易収支が赤字になってもこれを補って余りある貿易外収支がこれを埋め合せてくれますから、外貨が減るという心配はないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報