この2つの説明の回答がすぐにほしいです。
図や表などなしで文章での説明をお願いします。
あまり生物が得意でない人でもわかるようなものでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 どのレベルでの回答をお望みかがわかりませんので,的外れな回答になるかもしれませんが,次のページ等は参考になりませんか。



◎池田博明『高校生物』のインターネット公開授業(↓1番目)
 「第2部 生体内の化学反応,第1章 生物体を構成する物質」や「第3部 生命の連続性,第2章 発生」を御覧下さい。
 
◎細胞生物学の世界へようこそ(↓2番目)
 「核-遺伝情報の倉庫」や「細胞分裂と細胞周期」を御覧下さい。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biology/t … http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/celldi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、ごめんなさい。
わかりやすくて参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 19:06

yuriko-amarige様



ものすごく初歩的な素人の説明ですが、それでも良ければご参考までに…。
yuriko-amarige様が、どのくらいまでご存知なのかわかりませんので、もしかしたら「こんなことくらい知ってる」ということかもしれません。
私の知識は、かの有名な、でももう50年も前のワトソンとクリックの研究を簡単に説明したのみです(卵の形成過程は、説明できませんです。どなたか回答があるといいですね)。
●DNAの分子構造について
まず、DNAはデオキシリボースという糖の一種とリン酸が長くつながった鎖が二本、らせん状にからみあっています。長さは細胞一つの中にあるDNAで1.8メートル、重さはおよそ1ピコグラム程度。その鎖の上には、A、C、G、Tという4つの核酸塩基(ヌクレオチド)が並んでいます。たとえばグアニンなら、人の細胞一つにつき10億以上あるらしく、他の塩基も大体同じくらいあるので、ACGTが数十億並んでいることになります。Aはアデニン、Cはシトシン、Gはグアニン、Tはチミンという塩基の省略形です。このヌクレオチドが、もう一本の鎖のヌクレオチドとくっつきあうことで、二本の鎖がほどけることなく結合しています。A、C、G、Tの結合には決まったルールがあり、一方の鎖にAがあれば、もう一方の鎖は必ずTがくっついており、同じようにGならCが、TならAが、CならGがくっつきます。このように一方の塩基が決まるともう一方の塩基が決まります(これを塩基対といいます)。…DNAの転写機能については、触れなくてもいいんですよね?
●ぜんぜんお役に立てていなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

retu45さん早速お返事ありがとうございました。
わかりやすく書かれていて生物の遺伝があまり得意でない私でも理解することができました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 02:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタンパク質の多い料理は?

タンパク質の多い料理は?

タンパク質の多い料理と調理方法を教えてください。

Aベストアンサー

肉、大豆、玉子ですね。
油分、それ以外のものを抑え高タンパク低カロリーを求めるなら
鳥のムネ肉、ササミの蒸し物、あるいはフライパンで焼いたものでしょう。
(味付けは塩コショウのみ)

そうでないならオムレツ、焼肉、麻婆豆腐など肉(魚含む)、大豆(枝豆、豆腐、豆乳、揚げ、湯葉など)、玉子を中心とした料理です。

Q生物得意な方、回答よろしくお願いします。

本日、学校の授業で、生物も自分の体を犠牲にして相手を守ろうとする「利他行動」というものをする
と、先生がちらっとおっしゃっていました。

授業の本題とは違う話だったので、それだけしかおっしゃってなかったのですが、
気になって調べてみました。
すると、親が子を守るため、また配偶者や群の仲間を守るために、自分が囮になったりすると知りました。

そこで質問なのですが、
その利他行動が機能しなくなるときはないのでしょうか?
あるとしたら、どういった時に機能しなくなるのですか?

どなたかご存じの方がいれば回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もうだいぶ前になりますが、私が生物の先生に教わった時には
利他行動や群れを優先する行動は
結局は自分かそれに近しい遺伝子を遺すための行動であり
利己行動がより効率的な形を選んだ結果である、というようなことを聞きました。

子供など襲われて「これもう無理だ」とか
わが身が危険に強くさらされたら
そこでもう放棄するかと思います
子の大きさによっては親が死んだら自立できないぐらいであれば

Qタンパク質が多い食べ物教えて下さい

現在、筋トレして筋肉で体重を増やしたいと思っているのですが、タンパク質の多い食べ物を知りたいので教えて下さい!あと体重を増やすいい方法があればドンドンアドバイスして下さい。プロテインは飲んでます。

Aベストアンサー

現在、20kgダンベル運動を中心にボディメイクしている者です。周りからは、今以上に筋トレするとtooマッチョで気持ち悪くなるので、これ以上の筋トレ筋肥大を抑えるように文句を言われています。

筋トレに関する質問なら、「栄養」のカテゴリーよりも「ダイエット&フィットネス」のカテゴリーの方が、熟練者やスポーツトレーナーなど詳しい人が大勢いらっしゃいます。http://okwave.jp/211/c409_23733.html どちらかと言えば、こちらのカテゴリーで見聞きする方がいいと思います。タンパク質の多い食べ物だけではなく、筋トレに効果的な摂取のタイミングや量なども、詳しく説明してもらえる可能性があります。自分もここのサイトで、トレーニング方法や栄養摂取法などを指導してもらっています。

ちなみに、ブルース・リーみたいな筋肉質のカッコイイ体を作りたいという目的だとすると、栄養摂取だけでなく筋トレ種目や休養、増量→減量→増量のボディメイク・サイクルなどの基礎知識を身に付けた方が、より確実に、より早期に目標達成できると思います。とりあえずは、「ダイエット&フィットネス」のカテゴリーを見てみましょう。

あとタンパク質の多い食べ物は、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、牛肉、豚肉、鶏肉などの動物性タンパク質が筋トレに適しています。大豆や納豆、魚・イカ・タコなどもタンパク質ですが、植物性や魚類などよりも、先述の動物性の方が筋肉増量に効き目はあります(理由:アミノ酸スコアが100点あるため)。

ただし、人間が一回の食事で摂取で吸収できるタンパク質の限度は決まっているので、それ以上摂ってしまうと、結局脂肪になってしまいます。筋トレにおける適切な栄養摂取の仕方は、想像以上に奥が深く難しい世界です。

次は「ダイエット&フィットネス」のカテゴリーでお会いしましょう。

なお、質問するときは、自分の年齢、身長、体重、体脂肪率、これまで
の運動経験、現在のトレーニングメニュー、トレーニング環境(ジムor自宅器具)、毎日の食事メニュー、筋トレする目標・目的を、それぞれ具体的に明示して質問すると、マッチョの熟練者の方々にやる気が伝わりやすく、トレ方法でも栄養摂取でも、より具体的かつ効果的なアドバイスも多く得られやすいです。

がんばりましょう☆

現在、20kgダンベル運動を中心にボディメイクしている者です。周りからは、今以上に筋トレするとtooマッチョで気持ち悪くなるので、これ以上の筋トレ筋肥大を抑えるように文句を言われています。

筋トレに関する質問なら、「栄養」のカテゴリーよりも「ダイエット&フィットネス」のカテゴリーの方が、熟練者やスポーツトレーナーなど詳しい人が大勢いらっしゃいます。http://okwave.jp/211/c409_23733.html どちらかと言えば、こちらのカテゴリーで見聞きする方がいいと思います。タンパク質の多い食べ物だけ...続きを読む

Q生物実験DNAの内容です。よろしくお願いします。

生物実験で疑問に思ったことがありました。
参考書にも書いていないことだったので教えて頂きたいなと思っています。
よろしくお願いします。
DNAの抽出
材料:魚(タラなど)の精巣
方法
1.精巣1gを乳鉢にとり、トリプシンを耳かき1杯加え、よくすり潰す。
2.10%NaCl水溶液を20ml加え、よく混ぜたうえビーカーに移し、40℃で10分間保温する。
3.80℃以上の熱湯で5分間加熱した後、速やかに氷冷しながらろ過する。
4.ろ液の上にろ液と等量の冷やしたエタノールをビーカー壁面にそって静かに注ぎ、軽く水平にゆする。
5.現れた繊維状のDNAをピンセットで取り出し、スライドガラスにのせて乾燥させた後、染色液を落とし10分間程度染色する。
6.スライドガラスの裏から水を流し静かに水洗した後、光化学顕微鏡下で観察する。

疑問1.精巣を用いた理由。
疑問2.NaCl水溶液を加えた理由。
疑問3.40℃及び80℃で処理した理由。
疑問4.エタノールを加えた理由。

以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精巣を用いた理由。
 簡単につぶせる(筋肉、ひれ等と比べる)。組織が比較的大きい(脳、肝臓などと比べる)。
組織中のDNA含量が大きい。

NaCl水溶液を加えた理由。
 NaClの最終濃度が不明なので、分からない。加えた意味は最終濃度による。加えた後に、
溶液の粘度は上がりましたか?

40℃及び80℃で処理した理由。
 40℃はたぶん、トリプシンをよく働かせるため。80℃の意味はNaClの最終濃度にも
よると思うが、たぶんタンパク質の変性。

エタノールを加えた理由。
 DNAを変性させて沈殿させるため。

精巣というか精子のDNAには普通の細胞のようなヒストンではなく、プロタミンと呼ばれ
る特殊なタンパク質が結合している。これとDNAの結合はヒストンより、かなり強く、実
はきれいにはがすのは大変で、上記の方法だと結構残っているでしょうけど、巻き取るだ
けなら差しつけないでしょう。

Q卵やツナなどのタンパク質を摂ると、髪がふさふさになる?

髪はタンパク質から出来てるそうですが、卵やツナ、ササミやプロテインなど筋トレの人のようにタンパク質をいっぱいとると、髪がふさふさになったりするんでしょうか?

Aベストアンサー

髪の毛の成分は、たんぱく質とミネラルからできているのでどちらが足りなくても、髪は細くなります。この場合は。全体的に細い状態であり、前頭部が細いなどの場合には、頭皮下の血流の問題だと思います。事実、ミノキシジルなどの発毛効果は、血流改善がその大きな要因です。
全体に細いのであれば、たんぱく質(もっと言えばアミノ酸)とミネラルの摂取が効果的でしょう。ボンノクボから下の毛髪は。しっかりしている場合は、血流改善が、効果的です。

Q遺伝の問題を説明してください!よろしくお願いします

F1=AaBaとしたときに、なぜ配偶子はAB:Ab:aB:ab=1:1:1:1になりますか?
説明よろしくお願いします

Aベストアンサー

 確率の問題です。Aあるいはaと書かれたカードが同数ある中から一枚引くと、Aである確率は1/2、aも同じく1/2です。これと独立してBとbについても同じことをすると考えると同じく1/2と1/2です。
 この両者の組み合わせを考えると、引いたカードがABである確率は(1/2)*(1/2)で1/4。他の組み合わせについても同様に1/4となるので配偶子の比率は1:1:1:1になります。

Q自身の食生活で動物性タンパク質(肉・魚・卵など)は、食べないと決めていてペットを飼っている方々って、

自身の食生活で動物性タンパク質(肉・魚・卵など)は、食べないと決めていてペットを飼っている方々って、ペットのごはんはどうしているのでしょうか?

例えば、ペットが猫の場合も野菜しかあげないのでしょうか?
猫にも食事制限をかし肉をあげない方がいると聞いて、驚いて質問しました。

動物愛護のため、環境のため、信じてる健康法のため、宗教のため…

菜食を選択してる様々な理由があるのだと思います。
それは否定しませんし、私の場合は医者から控えるように言われています。

ただ、自分が食べないと決めてるぶんにはいいと思うのですが、ペットも同じようにしなければいけないのでしょうか?
ウサギならいいと思うんです。
ただ元々肉を主食に生きていたペットも菜食にすべきなのか気になり質問しました。

みなさんはどうおもいますか?

Aベストアンサー

私はベジタリアンではないのですが、
ベジタリアンかそれに近い生活をしている(らしい)知人は複数います。
通常はペットに肉さかな類をあげているようですよ。
特に猫などは肉食ですので。
たまたまかもしれませんが、ベジタリアンかそれに近いらしい知人たちは、
ペットフードではなく、手作り食を選んでいる人が多いので、
生肉などもさばいたりして作っているようです。

ちなみにベジタリアンの極端な人が肉食の動物にも肉を食べないですむようにと
色々と試行錯誤をしている例があるというのは私も聞いたことがあります。
ライオンなどの猛獣の肉食の生き物にもいずれ(パンダのように昔肉食だった生き物が、
他に食べ物がない状態で竹?笹?を食べるように変化した例があるからとかなんとか)
肉を食べないでもいいようにならないかとかそういう話をしている人がいる、というのも
何かの本で読みました。なんだったかうろ覚えなのでちょっと明確に「これこれでこういうひとが」と
書けないんですが。

でも、大概のひとは、さすがに、というとあれですが、肉食動物を飼育する際には肉をあげている
ようで(少なくとも私の周りでは)、しかも自分が肉を食べるのでないのなら、
肉をさばいたりしている場合も多い、という回答になります。

ジャイナ教など極端な例だと、自分のものを持たない、となりますので、
動物の飼育などは一切しないんでしょうし、
フルータリアンなどのベジタリアンなどが、ペットをそもそも飼育できるのかどうかは
わかりません。私の知っている人たちのなかで1番厳しいベジタリアンがヴィーガンでしたが、
少なくとも猫には肉をあげていましたね。

私はベジタリアンではないのですが、
ベジタリアンかそれに近い生活をしている(らしい)知人は複数います。
通常はペットに肉さかな類をあげているようですよ。
特に猫などは肉食ですので。
たまたまかもしれませんが、ベジタリアンかそれに近いらしい知人たちは、
ペットフードではなく、手作り食を選んでいる人が多いので、
生肉などもさばいたりして作っているようです。

ちなみにベジタリアンの極端な人が肉食の動物にも肉を食べないですむようにと
色々と試行錯誤をしている例があるというのは私も聞いたこ...続きを読む

Q生物基礎の質問です!丸ばつで答えてくださいお願いします1、生物の生命活動を支える化学エネルギー

生物基礎の質問です!
丸ばつで答えてください
お願いします
1、生物の生命活動を支える化学エネルギーの源は光エネルギーである

2、熱エネルギーは生態系内を循環する

3、酵素には細胞外に分泌されて働くものもある

以上です
お願いします!

Aベストアンサー

(1)は○ 光エネルギーを光合成で有機物エネルギーに変換した植物を我々が食べてそれをATPという化学エネルギーに変えることにより命が維持されているので

(2)は× 熱エネルギーは生態系内を循環しません。一方方向です。循環するのは物質です。

(3)は○ 酵素には2種類あって、細胞内で働くものと細胞外で働くもの(例:消化酵素)があります。

Q卵のたんぱく質は白身?黄身?どっちに多い?

卵のたんぱく質は白身?黄身?どっちに多いのでしょうか?
黄身だと思ってました、白身だと言う人が多く・・・。
では、黄身の成分は主なる栄養分はなんでしょうか?
卵の栄養素について詳しいかた宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「タマゴの栄養素に詳しい」人ではありませんが
回答させてください。

自分が以前筋トレでジムに通ってたとき、
インストラクターの方に卵の白身を勧められました。
理由は、
白身=要素のほとんどがたんぱく質
黄身=栄養価は高いが、コレステロールも高い

でした。
参考になりましたでしょうか。

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報