アフリカで内戦や干ばつ、洪水とか天候などで不作になって、飢餓状態にある人とか、
何万、何十万人単位で、困っている人たちがいたら、
1ヶ所でもいいです、どこか地名、国名を教えてください。
(できたら人数も)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 下記URLを、参照して下さい。



参考URL:http://www.tcp-ip.or.jp/~gorba/jrc/98-kiga.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。
一つでも教えてくださいどころか、ゴロゴロありますねぇ。
1998年制作ということですが、たぶん、今も状態は変わってないんでしょうねぇ。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 06:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氷河期中年フリーターの老後ってどうなるの?

氷河期中年フリーターの老後ってどうなるんですか?
彼らは結婚もしてないし子供もいない人が多いんですよね。
お金も身寄りもキャリアもない、無い無い尽くしの貧困老人になるのですよね?
しかも大量にいるとか。

その時は超高齢社会で、現役世代も少なく支えきれないらしいです。
何とかして支えようとすると、現役世代が重課税で疲弊してしまい、結婚や子供を諦めるようになってしまい、消費も冷え込み、数十年後にまた身寄りのない老人を大量に生み出す事になってしまいます。
それは良くないですよね。

氷河期世代の中年フリーターって、本当にどうすればいいのでしょう?
やはり身体が動く限り死ぬまで働いてもらい、何とかして自活して頂くしかないのかな?

因みに氷河期の人に敵視している訳ではないです。
現実問題として、どうするのが最良なのかを考えたいのです。

Aベストアンサー

自己責任なんですけどね。

本音としては、野垂れ死にして欲しいのですが
そうもいかないでしょう。

生活保護の方法を大幅に改善するしか
ないと思います。

寮みたいな施設を作り、そこで集団生活してもらい
ます。
食事は現物供与として食堂で提供します。
部屋は4畳半に4人ぐらいで共同生活。

そうすれば、経費は大幅に減らせます。

Q今後のアフリカの飢餓問題について

アフリカ(サブサハラアフリカ)の飢餓について分からないところがあるので、教えてください。お願いします。

☆ アフリカは食料を自給できていない覚えがあります。しかし、ある文献で、アフリカは本来自給できており、海外に輸出するために国内で飢餓が発生。購買力がないために、目の前に食料があっても買えない?正しいですか?
つまり、この考えでは、いくら国内生産を増やそうがあまり関係がない?


私はアフリカの飢餓原因は1、購買力がない。2、人口の増加。3、世界の穀物需要が増加し、輸入できない
この3つだと考えています。つまり、国内の自給率を向上させれば、飢餓は減少すると書きたいのですが、上の星で書いたとおりならば国内生産を増加させても、解決にはつながりませんか?解決にはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人口の割合の大きい国がたくさんあります。

そもそも自給率という言葉は日本以外であまり使われず、
国際開発上重要なキーワードではないです。
分母となる供給量に問題があり、自給していても供給量が少ない国では、
穀物が輸入できないために食糧事情が悪い可能性があります。
輸入できる能力があれば食料のキャパシティはあるわけで、
石油輸出能力がある国で栄養不足の問題は比較的小さくなります。
原理上は、中国のように工業製品を輸出することや、
インドのようにソフトウェアを輸出することでも食料と交換できます。

従って輸入に依存できる能力があれば食糧不足にならない仕組みですが、
自給率というよりも農業生産量は増加した方が望ましいと考えられます。
第一に自国産物の価格低下、穀物価格上昇、資本逃避などの変動で
輸入能力が低下した時に食料消費水準が悪化する可能性がある点、
第二には生産能力拡大による所得水準向上のために、
第三には世界レベルの供給拡張の必要性のために、
農業生産の増加は貧困脱出にとって重要となると思われます。

飢餓の最も多い地域と、紛争地域または最近まで
紛争を抱えていた地域は顕著に一致します。
これらの地域は、安定を保てればインフラが大きく改善できるかもしれません。
所得の低い地域では紛争が起こりやすいという関係も指摘され、
そのためなかなか貧困から脱出できない面もあります。

一方、人口問題に関しては、懸念はあるとはいえ、
一見想像されるほど所得水準や飢餓に与える影響は絶望的ではないかもしれません。
人口増加前にも飢餓がなかったわけではなく、
現状の供給能力が飽和しているという証拠は特にありません。
1980年のアフリカの人口は今の半分強で、人口的に余裕があるように見えますが、
ほとんどの国で1人当たりの消費カロリーも今より少なく食糧事情はよくなかったりします。

・消費カロリー水準
(アフリカの人口 (1980)4.8億人 (1990)6.4億人 (2000)8.2億人)(UNより)
ナイジェリア (1980)2050kcal(1990)2430kcal(2000)2700kcal
エジプト (1980)2900kcal(1990)3180kcal(2000)3350kcal
スーダン (1980)2180kcal(1990)2160kcal(2000)2260kcal
タンザニア (1980)2190kcal(1990)2120kcal(2000)1960kcal
モロッコ (1980)2750kcal(1990)3060kcal(2000)3070kcal
アルジェリア (1980)2640kcal(1990)2880kcal(2000)3040kcal
ケニア (1980)2250kcal(1990)2020kcal(2000)2150kcal
ウガンダ (1980)2110kcal(1990)2310kcal(2000)2380kcal
ガーナ (1980)1700kcal(1990)2010kcal(2000)2650kcal
中国 (1980)2330kcal(1990)2680kcal(2000)2940kcal
インド (1980)2080kcal(1990)2370kcal(2000)2440kcal
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年)

平均の所得水準が悪化していないとしても、人口の増加に伴って、
栄養不足人口の絶対数が増加する問題はあります。
ただ、うまくいっていると人口が増加しながら
栄養不足人口が減少している国もあります。

・ナイジェリア
全人口 (1980)6430万人(1990)8600万人(2000)12400万人
栄養不足人口 (1980)2390万人(1990)1180万人(2000)1150万人
・エジプト
全人口 (1980)4390万人(1990)5580万人(2000)7190万人
栄養不足人口 (1980)360万人(1990)250万人(2000)240万人
・中国
全人口 (1980)10億4200万人(1990)11億6090万人(2000)13億1170万人
栄養不足人口 (1980)3億0400万人(1990)1億9360万人(2000)1億5000万人
・インド
全人口 (1980)6億8900万人(1990)8億4640万人(2000)10億6550万人
栄養不足人口 (1980)2億6130万人(1990)2億1480万人(2000)2億1200万人
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年、全人口は2003年)

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人...続きを読む

Q貧困層って年収600万円以下のことを指しますか?幾

貧困層って年収600万円以下のことを指しますか?幾ら以下が貧困層なのでしょうか?

日本は先進国の中でも貧困率が高いそうです。日本人の6人に1人が貧困層らしいですが、貧困層って年収幾ら以下の人を指すのでしょうか?

日本の平均年収は600万円なので、年収600万円以下の人が貧困層に該当するわけですか?

年収400万円が貧困層ですか?

先進国の貧困層。これを経済用語で何と言うのでしょう?先進国貧困層??

Aベストアンサー

>幾ら以下が貧困層なのでしょうか?

1年間丸々働いても生活に余裕がなく、
余暇も楽しめない年収ですから

200万円以下くらいです。

今のところワーキングプアと呼ばれていますが、
経済学用語じゃありませんね。

Qキャバ嬢とか夜の仕事のキャストってちゃんと税金とか払ってるの? 凄い収入あるのに市営住宅とかに住んで

キャバ嬢とか夜の仕事のキャストってちゃんと税金とか払ってるの?
凄い収入あるのに市営住宅とかに住んでる人いますよね!
母子家庭とかになると援助というか何か申請すると貰ってたり!
実際どうなんですかね?確定申告とか!

Aベストアンサー

ほとんど申告してないでしょう

申告しなきゃ税金の督促も来ないからね!

キャバ嬢が税金払った話聞いた事無いないよ♪(笑)

Q【相対的貧困層は貧困層ではない?】 車も家も買えない家庭は本当に貧困層ではないのでしょうか? 移動手

【相対的貧困層は貧困層ではない?】

車も家も買えない家庭は本当に貧困層ではないのでしょうか?

移動手段が自転車しかない家庭が貧困層ではない?

確実に貧困層だと思います。

家も賃貸です。

車も家も買うお金がない人が相対的貧困層だと思いますが世間ではこれは貧困層ではないと言うのでしょうか?

生活保護世帯が貧困層?

極端すぎませんか?

私から見たら車も家も持ってない世帯は相対的貧困層で一般家庭、一般世帯から見たら貧乏で貧困層ですよ。

Aベストアンサー

親戚が東京の真ん中家賃月43万円車無し。貧乏なの?貴方は収入いくらですか?

Qインドの飢餓状態について

急いでいます。よろしくお願いします。インドは今や食糧自給率が100%を超えており、輸出までしているとのことですが、一方で飢餓人口が人口10億人の35%である3億5千万人にものぼるとのことです。では、なぜ自給率100%を超えるインドがこんなにも飢餓に苦しんでいるのでしょうか。自給率や飢餓人口などの出し方にもからくりがあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

国際連合食糧農業機関(FAO)発行の「世界の食料不安の現状 2006年報告」によれば、インドの栄養不足人口は2億1千2百万人で人口の20%とされています。
人口の35%が1日当たり1米ドルPPP未満の貧困層であるのが原因でしょう。
http://www.jaicaf.or.jp/fao/publication/shoseki_2007_1.pdf

インドの所得格差に関しては、カースト制度が深く影を落としているようです。
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kado/pdf/d_0501d.pdf

急速な経済成長の反面、インフレが急速に進行しており、所得増加が物価上昇に追いつかない貧困層が、栄養不足になっていると考えられます。

なお、カロリーベース総合食料自給率は日本でしか使われていない概念なので、農水省が試算した12カ国分しかデータが存在しません。
試算されているのは、オーストラリア・カナダ・フランス・ドイツ・イタリア・オランダ・スペイン・スウェーデン・スイス・イギリス・アメリカ・日本だけで、インドの総合食料自給率は試算されていません。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/013.html
Q. 掲載された国以外の総合食料自給率は試算していないのか
A. 統計の不備により計算ができません(飼料自給率に関する数値がない等)。

国際的に使用されている穀物自給率で言えば、インドの自給率は98%です。

国際連合食糧農業機関(FAO)発行の「世界の食料不安の現状 2006年報告」によれば、インドの栄養不足人口は2億1千2百万人で人口の20%とされています。
人口の35%が1日当たり1米ドルPPP未満の貧困層であるのが原因でしょう。
http://www.jaicaf.or.jp/fao/publication/shoseki_2007_1.pdf

インドの所得格差に関しては、カースト制度が深く影を落としているようです。
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kado/pdf/d_0501d.pdf

急速な経済成長の反面、インフレが急速に進行しており、所...続きを読む

Q「貧困率」について質問です。

「貧困率」について質問です。

橘木俊詔「格差社会」に、貧困率について述べられていました。
貧困率とは、その国の平均的所得の50%以下の所得以下人を貧困者と定義し、その割合のことと定義しております。
そして、60歳以上の人及び18~25歳の間の人の貧困率が高いことを上げ、その世代が貧困に陥っていると論じています。
しかし、よく考えればこれは当然のことですよね?
なぜなら、老齢者世代は就職していない場合が多く、その分「貧困者」になるのはとうぜんですし、さらに年功序列型賃金制度である日本社会において、若年層の所得が少ないのも至極真っ当なことであるはずです。
しかし、これらを貧困と称して、若者の貧困率が大きいのは非正規社員が増えたからだと論じる著者の論理展開は不当ではないでしょうか?
さらに、老齢者も所得は少ないけれども、貯蓄は大きいはずであり、一概に貧困者と見るのは誤りだと感じるのですがどうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご指摘の通りかと思います。

世代間の貧困率割合から理解し得ることは、年代別の所得の多寡と言うデータでしか有りません。
若年の非正規社員の増加に伴う社会問題を論じるのであれば、年度毎の年代別貧困率の推移で分析すべきです。

Q飢餓について

飢餓・貧困のことについてなんでもいいのでしっていたらおしえてください!!!

マリ共和国・スーダン民主共和国の歴史や今現在のじょうたいなどもわかるひとはおしえてください。

おねがいします・・。今がっこうでしらべているので、できるだけくわしくしりたいです。

Aベストアンサー

 国家の歴史や現在の概略については
マリ
http://www.sekainenkan.com/2001/3/003_d/D009.htm
スーダン
http://www.sekainenkan.com/2001/3/003_c/C018.htm

Q貧困からの脱出は女性より男性の方が困難なのでは? 女性の場合は男性と結婚することで貧困から脱出出来

貧困からの脱出は女性より男性の方が困難なのでは?

女性の場合は男性と結婚することで貧困から脱出出来ますが、男性の場合、貧困だと結婚してくれる女性がいないわけで貧困からの脱出は不可能に近い。あと女性には貧困の補助が多い。母子家庭補助とか。男性の場合は奥さんと死別しても、男性は働いてるであろうという昔のままの考えのために父子家庭補助という福祉の仕組みもない。

男性が貧困に陥ったらどうやって脱出するのでしょう。

女性の場合は国の補助と男性と結婚という2度のチャンスがあります。

だから男性は1度のチャンスの生活保護受給者が多いのも納得行きます。

それだけ男性の方が貧困層からの脱出は困難なのだと思います。

貧困層に陥ったらあなたなら何をして貧困層からの脱出を図りますか?

Aベストアンサー

>男性の場合、貧困だと結婚してくれる女性がいない
逆を言えば、貧困男性が多い状況だと女性も結婚しませんから、女性は結婚で貧困を脱するという筋書きはちょっと無理がありますね。
そもそも、女性の誰もがそう簡単に結婚できるわけでもありません。
>父子家庭補助という福祉の仕組みもない
児童扶養手当は母子家庭であれ父子家庭であれ、ひとり親家庭に支給されますし、都道府県でも独自の補助制度があります。
税金や年金の減免もあるし、寡夫控除もあります。

Qアンゴラ内戦

アンゴラの内戦について質問なのですが、ポルトガルの独立以来アンゴラの民族同士の争いを利用して天然資源を獲得しようとしたソ連とアメリカの内戦と聞きましたが、さらなる詳細を知りたいと思います。
しかし、なかなかこの内戦の本がなく困っています。どなたか、この内戦についての説明をしてくれる方、もしくはこの内戦についての初心者にはもってこいの本をご存じなたか教えてください。ちなみに洋書でもかまいません。

Aベストアンサー

Angolan Civil War
http://en.wikipedia.org/wiki/Angolan_Civil_War

日本語版ではかなり端折った説明になっています。

アンゴラ内戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A9%E5%86%85%E6%88%A6


人気Q&Aランキング

おすすめ情報