はじめまして。 m(__)m

2次方程式の解き方を教えて下さい。

xの2乗 + 2mx - mの2乗 - 4m + 6=0の時

上記で、1つの解が、2<x<3の範囲にあり、

他の解がx<2 の範囲にあるような「m」の値を求める

場合の解き方を解説していただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。 m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3に対する補足



>> f(2)=-m^2+10<0よりm<-√10またはm>√10
>> f(3)=-m^2+2m+15=-(m-5)(m+3)>0より-3<m<5
>
>良ければここの意味を、もう少しわかりやすく
>解説していただけないでしょうか。

についてですが、
(1) f(2)やf(3)の意味が分からないのでしょうか。
(2) 2次不等式の解き方が分からないのでしょうか。
どちらでもない場合は、補足ください。

・(1)の場合

f(a)というのは、f(x)という式の変数xに、定数aを代入することです。
f(x)=x^2+2mx-m^2-4m+6 と置いたのですから、

f(2)=2^2+2m*2-m^2-4m+6 = 4+4m-m^2-4m+6 = -m^2+10 となります。
同様に
f(3)=3^2+2m*3-m^2-4m+6 = 9+6m-m^2-4m+6 = -m^2+2m+15 です。

>f(2)<0,f(3)>0であることが必要十分です。
ということなので、
f(2)=-m^2+10<0 と f(3)=-m^2+2m+15>0
の2つの不等式が得られます。

・(2)の場合
f(x) = n(x-a)(x-b) とできたとします。ここで、仮にn>0,a>bと大小関係を置いておきます。(このように置いても一般性は失われません。)

i)f(x) > 0 という不等式の場合(等号があっても同じ考え方です。)
 n(x-a)(x-b)>0 ですから、x-a,x-bが共に正か、共に負のどちらかとなります。
 よって、共に正の場合はx>a,x>b で、仮定から x>a(>b) となります。
共に負の場合は x<a,x<bで、仮定から x<b(<a)となります。
 合わせて、 x<b または x>a が答えとなります。

ii)f(x) < 0 という不等式の場合(やはり、等号があっても同じ考え方です。)
 n(x-a)(x-b)<0 ですから x-a,x-bのどちらかが正でどちらかが負となります。
 仮定から、x-a < x-b (*) ですので x-b が正、x-aが負になります。
 よって x>a かつ x<b すなわち、a<x<b が答えになります。

 (*)の説明(念の為しておきます)
  仮定は a>b でした。両辺に-1を掛けると
  -a<-b (負の数を掛けるので不等号が逆向きになります。)
  両辺にxを足すと -a+x<-b+x (同じ数xを足しても不等号の向きは同じ)
  よって x-a<x-b となります。

iii) 最後に a=b 、つまりf(x)= n(x-a)^2の形の場合
 f(x)>0 すなわち n(x-a)^2>0 はx=aを除く全ての実数について常に成り立ちます。
 f(x)<0 すなわち n(x-a)^2<0 を満たす実数xは存在しません。
 なぜなら、仮定で n>0としており、(x-a)^2 は2乗ですから、x=aを除く全ての実数について
 (x-a)^2>0だからです。
 x=a のときは、f(x)=0 になりますね。

※さて、本題の場合
 f(2)=-m^2+10 = -(m^2-10) =-(m-√10)(m+√10)<0 ですね。
 両辺に-1を掛けて(不等号の向きが変わります)(m-√10)(m+√10)>0 です。
 これは上記 i)の形ですから  m<-√10またはm>√10 となります。

 f(3)=-m^2+2m+15=-(m-5)(m+3)>0 (因数分解は大丈夫ですよね。)
 やはり両辺に-1を掛けて (m-5)(m+3)<0
 上記ii)の形ですから、-3<m<5 となります。

不等式の一番のポイントは、負の数を掛けると不等号が逆向きになることです。

長くなりまりたが、これで理解いただけましたか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hinebotさま、とてもわかりやすい解説をしていただきまして
本当にありがとうございました。
やっと理解することが出来ました。(汗)
これからもご教示のほど、よろしくお願い致します。  

お礼日時:2001/11/06 17:09

f(x)=x^2+2mx-m^2-4m+6と置きます。


y=f(x)のグラフ(下に凸ですね)の大雑把な図を描いてみましょう。
f(x)=0の解はこのグラフのx軸との交点なので、解が条件を満たすのは
f(2)<0,f(3)>0であることが必要十分です。
f(2)=-m^2+10<0よりm<-√10またはm>√10
f(3)=-m^2+2m+15=-(m-5)(m+3)>0より-3<m<5
よって√10<m<5(整数条件でもあればm=4ですね)

この回答への補足

お忙しいところ、回答ありがとうございました。

> f(2)=-m^2+10<0よりm<-√10またはm>√10
> f(3)=-m^2+2m+15=-(m-5)(m+3)>0より-3<m<5

良ければここの意味を、もう少しわかりやすく
解説していただけないでしょうか。
いまひとつ理解できないもので・・・
よろしくお願い致します。 m(__)m

補足日時:2001/11/06 13:41
    • good
    • 0

xのn乗は x^n と表記して構いません。



f(x)=x^2-2mx-m^2-4m+6 とおくと、xの方程式 f(x)=0 は、2と3の間に解が1個だけあるので
f(2)<0, f(3)>0 または f(2)>0, f(3)<0 となります。
また、xy平面上のグラフ y=f(x) は、下に凸の放物線で、f(x)=0 のもう1つの解が x<2 の範囲にあるため、f(2)<0 となります。
※グラフを描いてみると、わかると思います。
よって、f(2)<0, f(3)>0 を満たすmの不等式になります。
あとは、mの2次不等式を解くだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、回答をくださりありがとうございます。

これからもアドバイスをお願い致します。 m(__)m

お礼日時:2001/11/06 13:47

二次方程式の解の公式を使って、xの解を出します。

これは、mの一次式か二次式に
なっているはずですね。

で、二つの解のうち、大きい方(±√の+の方)が2<x<3にあるのですから、
そのxに、さっきのmで表された解を代入して、不等式が二つ。

小さい方が、x<2ですから、同様にmで表されたxを代入して不等式がひとつ。

もしかすると、有理解を持つという条件で解の公式のルートの中身が正である、
という条件で不等式をひとつ、考え合わせる必要があるかも。

というわけで、mについての不等式が3~4でてきて、この連立不等式を解くだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、回答をくださりありがとうございます。

これからもアドバイスをお願い致します。 m(__)m

お礼日時:2001/11/06 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「A地点とB地点にいる二人が同時に出発して接近した」この問題の解き方を教えてください

「A地点とB地点にいる二人が同時に出発して接近した」この問題の解き方を教えてください

問題
A地点にいるA君と、B地点にいるB君が同時に出発して接近した。
A君は時速4キロ、B君は時速8キロで移動した
A地点とB地点は10キロ離れている
さて二人が接触する地点の位置はどこで、出発時刻から何分後か?
道中は平坦な直線であり途中に坂や障害などはないとする

さてこの問題の解き方を教えてください

小学校算数での解き方、
中学校数学での解き方、
高校数学での解き方、
それぞれ教えてください

Aベストアンサー

A君は時速4キロ、B君は時速8キロで近づいているので、
合わせて時速12キロで近付いています。
2人が接触するのは10/12=50/60時間=50分です。

t分後に接触したとして、
A君は時速4キロで、4*t/60キロ移動しています。
B君は時速8キロで、8*t/60キロ移動しています。
二人は合計で10キロ移動したので、
4*t/60+8*t/60=10
12t=600
t=50分後です。

A君は時速4キロでxキロ、
B君は時速8キロでyキロ、
走った時に接触したとして、
x+y=10
x/4=y/8
なので、
x=2y
3y=10
y=10/3
10/3÷4=10/12時間=50分後です。

Q【問題】mを実数の定数とし、2次方程式x^2-(m+2)x+3m+3=

【問題】mを実数の定数とし、2次方程式x^2-(m+2)x+3m+3=0の2つの解をα,βとする。
(1)α,βの満たす関係式を求めよ。
(2)α,βがともに正の実数となる条件を求めよ。
(3)α,βがともに正の整数となるmの値を求めよ。

≪自分の解答≫
(1)解と係数の関係から
α+β=m+2,αβ=3m+3

(2)実数だから(判別式)≧0よりm≦4-2√6,4+2√6≦m・・・(1)
さらにα+β=m+2>0 かつ αβ=3m+3>0 すなわちm>-1・・・(2)
(1)(2)より、ゆえに -1<m≦4-2√6,4+2√6≦m

(3)やり方がわかりません…
どなたかよろしくお願いします…。。

Aベストアンサー

#1です。^^

>α+β,αβが整数になるのでmは整数になるとおもうのですが…
ですね。
ただし、ここから単に「mは整数だから」とすると、α、βが整数にならない場合も含まれてしまいます。

>4+2√6≦mという範囲があって…mが整数になる値が無限にあるように思えます…
確かに言われるとおりですね。^^;
となると、別の方法を考えてみましょう。
(i) α+β= m+ 2
(ii) αβ= 3m+ 3= 3(m+ 1)

mが整数ということなので、当然 m+ 1も整数です。
そこで、m+ 1が「ある 2つの数」の積であると考えてみましょう。
m+ 1= p* q(p, qは正の整数)とおいてみるということです。

置いた式は、αβ= 3p* qとなります。
あとは、α= 3p、β= qであるとして、(i)式にあてはめます。
このようにすることで、整数問題として解くことができます。

すっかり、範囲が閉じていないことを忘れていました。^^;

Q問題の解き方をHPにのせるときの著作権について

はじめまして。
HPに学習ページをつくろうと思っています。
教科書の章末問題などでは、問題と答えだけしかのってないものがありますよね。
自分流に問題をといて、解き方をHP上にのせるのは
著作権の侵害になるのでしょうか?
「~~という本のP32の問1の解き方」とか書いたら侵害になるのでしょうか?
こういうタイトルをかかないで、問題と解き方だけを書いたほうがいいのでしょか?

Aベストアンサー

> 自分流に問題をといて、解き方をHP上にのせるのは
著作権の侵害になるのでしょうか?

なりません。

> 「~~という本のP32の問1の解き方」とか書いたら侵害になるのでしょうか?

もし、このURLに書いてみる内容と合致すれば、
問題ないのかも。
http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan6_qa.html

私も法律家ではないので詳しくはないですが、
こちらを参考にされてみてはいかが?
http://www.cric.or.jp/

Q∫cosh^2(x)/(a^2+(b-x)^2)dxを-∞<x<∞の範囲で定積分をしたいのですが、やり方を...

∫cosh^2(x)/(a^2+(b-x)^2)dxを-∞<x<∞の範囲で定積分をしたいのですが、やり方を教えて頂けませんか?
最終的には、bを変数としてグラフを描くことが目標です。

mapleを(初心者ですが)使って不定積分すると、

-2/[(e^x)^2+1](a^2+b^2-2bx+x^2)+∫4(b-x)/(a^2+b~2^2bx+x^2)^2((e^x)^2+1)dx

となり、積分結果に積分が出てきます。

また、直接定積分を行うと積分されずにそのままの∫の形で表示されます。
mapleの使い方が悪いのか、そもそも扱っている式が難しいのかわかりません。
数値計算を行う方が適していたら、その方法もお教え下さい。

申し訳ありませんが、どなたか教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Maple持っていますが、pet_bottle さんと結果が違います。被積分関数が質問の通りならMapleコマンドは以下のようになります。
   int(cosh(x)^2/(a^2+(b-x)^2),x);
この結果は虚数とarctanと指数積分(∫exp(-x*t)/t^n dt )を含むかなり複雑な式になり、-∞~+∞までの定積分は∞となります。
   int(cosh(x)^2/(a^2+(b-x)^2),x=-inifity..infinity); → ∞
被積分関数は cosh(x)^2/(a^2+(b-x)^2) で正しいですか?

定積分が発散しないなら、以下のコマンドで、定積分を a と b の関数として
   f:=(a,b)->evalf(int(被積分関数),x=-infinity..infinity));
で定義して、以下のコマンドで3Dグラフが描けます。
   plot3d(f(a,b),a=0..1,b=0..1,axes=boxed,grid=[50,50]);

Q指数関数の解き方

a2x=3の時

  a3x-a-x
-----  この解き方が解らないので
   ax+a-x
         解き方のヒント教えて

Aベストアンサー

分子と分母に a^x をかけましょう。

分子は a^{4x}-1 = (a^{2x})^2-1 = 3^2 - 1
分母は a^{2x}+1 = 3 + 1

となります。

Q3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2=(x+2y-1)(3x+y-2)について

3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2を因数分解せよという問題で、xについて整理し、3x^2+(7y-5)x+(y-2)(2y-1)という方針で解いていくやり方と、
yについて整理し、2y^2+(7x-5)y+(x-1)(3x-2)という方針で解いていくとき方の2通りありますが、どちらで解く習慣を身につけておいた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

xやyのどちらの文字で整理するかで決めるのでなく、
次数の低い方、
その文字の現れる項数が少ない方
両方とも同じなら最高次の係数が小さい方
の文字に着目して整理して解くのが基本かと思います。

例題の場合はx,yについて共に2次、項数も共に3項で同じ、最高次の係数も3と2で素数の小さな数ですから、あまり差はありません。後は好みだけの問題でしょう。同じならxと決めて置いても

他の方法としてxとyの両方に着目し2次の項の因数分解
3x^2+7xy+2y^2=(x+2y)(3x+y)
をしてから、一時項を含めた因数分解に進めます。
左辺=(x+2y+a)(3x+y+b)
定数項ab=2に着目してa,bの候補を絞れば良いですね。

Q因数分解の解き方について

因数分解の解き方について
質問です。

3x2 -7x+2

たすき掛けをつかわない
因数分解の解き方を
教えてください。

たしか、海外の学生の解き方で、
まず数字をかけるやり方だったと思います。

分数などにはせず、
最後は見事に解答が出る方法です。

思い出せず、モヤモヤしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>>たしか、海外の学生の解き方で、まず数字をかけるやり方だったと思います。

ありましたね。

>>>思い出せず、モヤモヤしています。

私もサイトをお気に入りに入れていなかったので、もやもやしています。^^

たぶん、x^2 につく係数を整数の2乗にするんじゃなかったかと思います。

これでうまくいっているのかわかりませんが、3をかけて
9x^2 - 3×7x + 6 = (3x+a)(3x+b)
 = 9x^2 + 3(a+b)x + ab
としてみると、
a+b = -7
ab = 6
なので、
a=-1、b=-6

わりと楽に行きました。
最後の仕上げに、3で割って元に戻しましょう。

ただし、これが思い出せないやり方と同じなのかわかりませんが・・・

Aベストアンサー

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると
   両方に(b2-b1)をかけた式で a1(b2-b1)-(a1b2-a2b1)=-a1b1+a2b1
   =b1(-a1+a2)>0 となるので a1>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となります
   したがって、ここでの解は(1)の解でよいことになります。
2.a1≦x<a2 のとき・・・x-a1は正、x-a2は負だから
   b2(x-a1)>-b1(x-a2)
   これを解いて、x>(a1b2+a2b1)/(b1+b2)
   ここで、1.のときと同様にして (a1b2+a2b1)/(b1+b2) とa1,a2
   との大小関係を考えると、省略しますが、
     a1<(a1b2+a2b1)/(b1+b2)<a2 となり、
   ここでの解は (a1b2+a2b1)/(b1+b2)<x<a2・・・(2)
3.a2≦x のとき・・・x-a1もx-a2も正だから
   b2(x-a1)>b1(x-a2)
   これを解いて x>(a1b2-a2b1)/(b2-b1)
   同様に a2 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると、また
   省略しますが a2>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となり
   ここでの解は a2≦x・・・(3)

以上、(1)~(3)が解となります。
各場合について、数直線をかいて考えるといいでしょう。

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (...
続きを読む

Q不等式の解き方教えてください!

不等式の解き方教えてください!
(100+z)-(100+z)×0.2≧100
↑↑の解き方を教えてください!

Aベストアンサー

(100+z)-(100+z)×0.2≧100

わかりやすく、ばらばらにしましょう。

100+Z-0.2×100-0.2×z≧100

つぎにまとめましょう。

(1-0.2)×z+(1-0.2)×100 ≧100

けいさんをすすめましょう

0.8×z+0.8×100≧100

さらにすすめましょう

0.8×z+80≧100

つぎに、りょうほうのしきから80をひいてみましょう

0.8×z+80-80 ≧100-80

ぱずるといっしょですね。

0.8×z ≧20

こんどはりょうほうのしきを0.8でわってみましょう

0.8÷0.8×z ≧20÷0.8

z≧20÷0.8=200÷8=100÷4=50÷2=25

だから・・・

z≧25

となりますね

Q【問題】f(x)=x^4+2x^3+10x^2+(10-2√2)x+2

【問題】f(x)=x^4+2x^3+10x^2+(10-2√2)x+23とする。実数αに対して, f(x)をx^2+αで割ったときのあまりを求めよ。このことを用いてf(x)を実数の範囲で因数分解せよ。

あまりを(10-2√2-2α)x-α(10-α)+23と求めたのですが…
ここからこれをどうすればいいのかわかりません^^;
あまりを0とおくのかと試みたのですが…

どなたか教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>あまりを(10-2√2-2α)x-α(10-α)+23と求めたのですが…
>ここからこれをどうすればいいのかわかりません^^;
>あまりを0とおくのかと試みたのですが…
そのやり方で良いですよ。
xの係数=0とおいて、αを求めて下さい。
そのαを定数項に代入すると定数項もゼロになります。

そうすると、そのαに対して、
f(x)は(x^2+α)で割れますので、商をQ(x)の式にαを代入すれば
f(x)=Q(x)(x^2+α)
の形に因数分解できたことになります。
Q(x)は2次式ですから、2次方程式の判別式Dで調べると分かると思いますが
D<0になるので実数の範囲では因数分解できないでしょう。


人気Q&Aランキング