最新閲覧日:

渦電流解析で、

△Φ=0

なるラプラス方程式を
有限要素法を用いて解こうとしています。
境界条件の適用方法がわかりません。

空気との境界条件→電流が流れない:J=0
→E=-▽Φ-dA/dt
→E=0

や、異なる媒質間(媒質1と媒質2)の境界条件→電流連続
→σE1=σE2

等はどのように組み込めばよいのですか?

A 回答 (1件)

 結論から言うと解析領域内の媒質間において境界条件を与える必要はありません。


 全体剛性マトリクスを組み上げるときに、各節点を共有する要素の情報がその節点に関する式に反映されます。これによって、要素間の媒質の状況によって、その状況を満足するように自動的にポテンシャルが求まります。(まさか、要素剛性マトリクスや全体剛性マトリクスの組み立て方に関する質問ではないですよね)
 それよりも、解析領域端部の境界条件をどのようにされているのかが気になります。問題によっては、自然境界条件や固定境界条件ではまずいときもあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ