友人Aの伯父の不法侵入、占拠についてです。
Aの実家は同じ敷地内に自宅の他にもう一軒住居があります。その家はAの父親(他界)が祖父母のために建てたものです。Aの伯父もその家に住んでいた事があります。祖父母の他界を期に伯父もその家を離れ6年間別の場所に住んでいたようですが最近帰ってきて出入りしているとのことです。Aの父と祖父母、伯父との関係は最悪で家族関係は崩壊していたらしいです。
 現在敷地内の土地、家の権利はすべてAに相続されておりAは伯父を立ち退かせるためにいい方法はないものかと考えているようです。伯父は過去に住んでいた経験を盾に出て行こうとはしません。話し合いには応じようとしません。
また伯父の所有物もいくつか残っているようです。

・これまでにAが取った対策
 1、立ち退きを促す警告
 2、立ち入り禁止の看板
・検討中の対策
 1、侵入できないようにバリケードを造る。
 2、伯父の所有物を出してしまった上で家自体を壊してしまう。

このようなケースは立ち退かせる側が悪だというイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、Aの父の事業への妨害、印鑑偽造による土地売買など伯父はそうとうの困り者らしいです。
Aはまだ10代の若者です。ぜひ力になってやりたいのです。また全くの他人でなく父の兄と言うことで手を焼いているようです。
 この「伯父」を立ち退かせるにはどうするのが一番良いか?法的な方法からちょっと強引なやり方まで皆さんの意見を是非聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

不法侵入」に関するQ&A: 不法侵入ですよね?

A 回答 (3件)

 親の財産を相続した世間ずれしていない人に近づく親戚には余り良い人はいないと考えますので、なし崩しに居座られる前に法的処置を考えた方が賢明だと思います。



 叔父さんが考えているのは期限の定めの無い使用賃借として居座り、ある程度の立ち退き料を要求するのが最終目的でしょうか、それとも遺産を相続したのが何も出来ない子供だと思って、このまま居座ることが出来ると思っているのでしょうか。

 10代の方と書かれていますが、親権者のことが書かれていませんが、お母様も亡くなっていて親権者がいない場合は、後見人が選任されていませんか。
未成年者は単独では法律行為はできませんので、親権者か後見人に相談されてから、弁護士さんに相談し方法を考えて貰ってください。
 考えられるのは、弁護士さんの名前で立ち退き要求をする、それを無視したら、裁判所に立ち入り禁止命令を出して貰い、それも無視した場合は間接強制ですがこういう人からは取れるお金は無いでしょうから、警察に告訴することが一番効き目があるのかも知れません。
 今の段階では警察に相談しても身内の揉め事と思われて適切な対応を求めることは難しいですが、時間が掛かってもこちらが正当な法的処置をとってから相談すれば警察も適切な対応をしてくれます。

 弁護士さんが交渉すれば、上記のようなことを言って叔父さんが争っても勝ち目が無い事を理解して貰い少額の立ち退き料を支払うことで解決して貰うことも出来ると思います。
こちらとしては押しかけて居座る人間にお金を支払うなんて我慢できないでしょうが、今後の煩わしさを考えればお金で解決するのも一法だと思います。
その場合は今後一切関わりをもたないように弁護士さんに書面を作って貰えば将来何か難癖をつけてきても門前払いできます。

 まずは、弁護士さんに相談して行動をすることをお勧めします。

この回答への補足

 早速の回答ありがとうございます。
 
>叔父さんが考えているのは期限の定めの無い使用賃借として居座り、ある程度の立ち退き料を要求するのが最終目的でしょうか、それとも遺産を相続したのが何も出来ない子供だと思って、このまま居座ることが出来ると思っているのでしょうか。

真意は定かではありませんがAの母親は立退き料目的だと考えているようです。また叔父は以前住んでいた経験がある事、建築の際に資金的援助をした事を盾に我が物顔だという事です。また資金的援助に関しては書類での証拠なし。Aの父親が自分で銀行、公庫から借金して建てたことは確かのようです。

親権者にかんしては母親が健在です。今回はその母親から相談を受けました。

>考えられるのは、弁護士さんの名前で・・・
弁護士には相談したらしいです。しかしこういった内輪の問題は、どの弁護士でもいやがるそうです。いないのを見計らって建物を壊すとか、出入りさせないように強引に何かするといった方法を勧められたたそうです。また警察は刑事事件でないと出動してくれないといった対応だそうです。

>その場合は今後一切関わりをもたないように弁護士さんに書面を作って貰えば将来何か難癖をつけてきても門前払いできます。
その方法をすすめてみたところ父親の生前から相当額を搾り取られており立ち退き要求となるとまた法外な値段を要求されるだろうということでした。

世の中には信じられない理不尽な人間がいるものだと思ってしまいます。現在、強引な立ち退き方法(元叔父宅の解体を視野に入れたバリケード構築、私物移動)を進めるらしいです。この状況をふまえて何かアドバイスできることがありましたら是非お聞かせ願いたいです。よろしくお願いします。
 

 

補足日時:2001/11/07 21:57
    • good
    • 0

 


 建物を取り壊す方法を考慮中とのことですが、その場合は、何月何日までに退去しない場合は、建物内に残された叔父さんの私物は所有権を放棄したとみなしますと一言書面にて通知しておいた方が後々のトラブルは避けられると思います。

 警察に動いてもらうのは難しいですが、弁護士さんに相談しても親身に聞いてもらえませんでしたか難しいですね。

 法的に強制退去させる方法となれば、裁判所に家屋明渡しの仮処分をする方法があります。弁護士さんに依頼できない場合は、司法書士さんに書面を書いて貰って本人(法定代理人のお母さん)が申し立てできますが、今回のケースで仮処分が妥当かどうかは私の知識では判断できませんので、地方裁判所の保全係の書記官に事情を話して相談すれば詳しく教えてくれると思います。
 仮処分はあくまでも本訴の前の仮の処分ですから、裁判をすることを前提に行うものです、ですので法的に解決するとなると時間とお金が掛かります。叔父さんが留守の間に手っ取り早く取り壊せるのならその方が早く解決するでしょうね。

 何のアドバイスにもならないような回答ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になります。ありがとうございます。
最終的な判断はA家族によって決定されますが裁判所への相談は勧めてみます。

お礼日時:2001/11/08 02:05

 お困りの様子が分かります、Aさんは大変でしょうね。



 法的な措置もあるでしょうが、仮に法的措置も含めて強引に叔父さんへ対応をしたとしても、根本的な解決には結びつかないような気がします。強引な措置をしても、又、時間の経過地と共に、恨みも加わって同じ事が繰り返されるような気がします。

 叔父さんが何故そこまでするのか、きいて上げたことはありますか?強引な方法も時には必要でしょうが、一歩引いて心情を和らげて上げることも必要かもしれません。

 Aさんはまだ10代の若者であれば、人生経験も少ないためとまどいもあるでしょう。例えば、Aさんの親戚で話を聞いてくれる人、相談に乗ってくれる人、叔父さんとの仲介をお願いできる人、親戚会議を開いてくれる人、そのような人がいると思いますので、そのような方法から解決の糸口を探ってはどうでしょう。叔父さんも親戚の1人ですし、Aさんもこれから長い付き合いがあると思います。このような方法を取って話し合いをしても解決方法が見つからない、話し合いが付かない場合は、次の手段として法的措置を考えても遅くは無いと思います。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

>叔父さんが何故そこまでするのか、きいて上げたことはありますか?強引な方法も時には必要でしょうが、一歩引いて心情を和らげて上げることも必要かもしれません。
常識的にはそうなのですが・・。この問題はAの父親の生前から続いている問題なのです。上記回答にたいする補足でも記しましたが話し合いという段階ではないようです。また父親方との親族関係は叔父との確執からほぼ断絶状態のようなので仲介約というのは残念ながら存在しないようです。A側からしてみればなんとしても出て行ってもらわなければという状況のようです。

この状況をふまえて再度アドバイス頂ければ幸いです。

補足日時:2001/11/07 22:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝鮮学校の敷地内に日本人が入ると不法侵入で警察沙汰になると聞きましたが、本当ですか?

朝鮮学校の敷地内に日本人が入ると不法侵入で警察沙汰になると聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

朝鮮学校の敷地内だけでなく、
他人の家(住居)又はマンションやアパートなどの共同住宅に無断で侵入した場合は住居侵入罪に問われ、
店舗や公共建造物などの看守者がいる建物に不法侵入した場合は建造物侵入罪に問われます。
この場合の住居や建造物にはその付属地も含まれます。

Qもし、家の敷地内に侵入した人を車でひいてしまったらどうなりますか?

自宅の敷地が、近道をするのに丁度よいらしく
人が勝手に通り抜けをしています。

洗濯物が干され、花壇などがあり、明らかに個人宅の庭という印象で、
普通の感覚なら、その家に用がない限り立ち入れない感じだと思いますが、
長年、この土地が空き地だったため、通る癖がついてしまっているようです。

人がとおり抜けるところには、通れないように柵を作ったのですが
頑張って屈めばくぐり抜けられるらしく、結構くぐって通る人もいます。

人が通り抜ける所には、駐車スペースもあり、
いつも車をバックさせて入れているのですが、
先日、車を入れようとバックしたところ、敷地内に人がいて危うくぶつかりそうになりました。

昼間だったからよかったものの、夜は街灯も無く暗い地域ですので、
もし夜だったら引いてしまったかもないと思うとぞっとします。

もし、このような状態で人をはねてしまった場合、どうなるのでしょうか。
家の敷地の、人がいるはずもない駐車場に勝手に侵入している人でも
はねた方が罪に問われるのでしょうか。
気になって仕方がありません。どうか教えてください。

自宅の敷地が、近道をするのに丁度よいらしく
人が勝手に通り抜けをしています。

洗濯物が干され、花壇などがあり、明らかに個人宅の庭という印象で、
普通の感覚なら、その家に用がない限り立ち入れない感じだと思いますが、
長年、この土地が空き地だったため、通る癖がついてしまっているようです。

人がとおり抜けるところには、通れないように柵を作ったのですが
頑張って屈めばくぐり抜けられるらしく、結構くぐって通る人もいます。

人が通り抜ける所には、駐車スペースもあり、
いつも車を...続きを読む

Aベストアンサー

この質問は実際に事故が起きて裁判の判決が下りないと正確な回答は出ないでしょう。

それよりも「自宅の敷地が、近道をするのに丁度よいらしく人が勝手に通り抜けをしています。」という状況を認識し、現実に「車を入れようとバックしたところ、敷地内に人がいて危うくぶつかりそうになりました。」ということがあるのですから、人が通れないようにすることと、個人宅の庭であり駐車場で事故寸前の事態が起きたと理解を求める看板などの設置をすることが先決ではと思います。

例え、刑事罰や民事での賠償を免れても、事故が起きればお金では済まされない嫌な思いをすることと思います。

事故が起きてからのことより、起きないように対策して下さい。(自己防衛ですね)

Q会社の敷地内に停めてある車にビラ配付【不法侵入?】

会社の敷地内に停めてある社員個人の車、および会社の車のワイパーに車買取のチラシが挟まれていました。
このチラシを挟めた者は不法侵入罪に該当しますか。
また、やめてもらうにはどうすれば良いでしょうか。
訴えることも可能ですか。

Aベストアンサー

 管理エリア・管理者がはっきりと示してあれば、建造物侵入罪になりそうな気がします。
 チラシを挟んでいる者が、そこの店員・バイトなのか、街の広告代理店なのか分かりませんが、まずはそこの買い取り専門店へ、会社管理領域内へ正当な目的なく(チラシ配りなどの為に)立ち入ると告訴し捜査してもらうことになり、それらの為に要した費用・時間を損害賠償することになる旨をやさしく、内容証明郵便で「警告書」を送ってみるというのはいかがでしょうか。
 弁護士名で送ると「本気」が伝わりやすいです。

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義の車があります。知人に話すと相続だと言われました。もう一度お聞きしたいのですが

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、税務署も休日で聞けません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な所有者(購入者)はローンを組んだお母様です。自動車販売店は担保として所有権を保留しているに過ぎません。使用者であったお父様が亡くなったので使用者の変更登記は必要でしょうが、お父様の財産ではありませんので相続には関係ありません。
自動車税は4月1日現在の使用者で課税されるので、その時点でお父様が亡くなっていたのであれば納税者は実質的な所有者であるお母様であり、障害者でなければ減免は受けられないでしょう。詳しくは自動車税事務所に聞いてください。連絡先は通知書に書いてあるはずです。自動車税は都道府県税なので、国の機関である税務署は関係ありません。
使用者の変更登記は車検証を発行した陸運支局又は自動車検査登録事務所で行います。ディーラーや車検場に代理を依頼してもよいでしょうが、ご自分で手続きすることもできます。

Q不法侵入

私はマンション営業でアパートを飛び込み訪問していました。そしたら隣で畑仕事をしていた大家さんに「不法侵入だ!勝手に人の敷地に入ってそんなことしていいのか?お前のせいで住んでる人が引っ越したら俺の家賃収入が減るだろ?損害賠償もらうからな。」と言われました。
これって不法侵入になるんですか?
郵便局員が郵便物を届けるのも不法侵入ですか?
ピザ屋がポストにチラシ入れにいくのも不法侵入ですか?
うちの会社はずっとこのスタイルの営業やってるんですけど、問題あるんですか?
法律に詳しい方是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

> これって不法侵入になるんですか?

一般論として、土地所有者の意思に反した場合には、不法性ありといえます。もっとも、正当な業務行為であれば不法性ありとはならず、また、土地所有者と建物の住民とが異なる場合等のときは、住民の利益になる等であれば不法性ありとはならない場合があります。

この点、マンション営業は、営業担当者やその所属会社にとっては、正当な業務といえましょう。しかし、土地への侵入を無制限に認めるまでの正当性があるとはいえませんから、ここでいう「正当な業務行為」には該当しないでしょう。

そうすると、住民の利益等になるかどうかが問題となりますが、この点については微妙です。例えば営業行為そのものの利益性を取り上げても、潜在的需要者の利益になるといえる一方で、無料情報誌の存在等を考えれば、営業行為をした業者の利益にはなっても住民の利益には必ずしもなるとはいえない、という見方も出来るからです。そのため、個々の事例の結論は、裁判になって始めて出るものだといえましょう。


> 郵便局員が郵便物を届けるのも不法侵入ですか?

これは正当な業務行為なので、不法性がないでしょう。


> ピザ屋がポストにチラシ入れにいくのも不法侵入ですか?

マンション営業と同様の規範で検討することになりましょう。


なお、その大家さんが損害賠償に言及したということは、民事上の問題であって、刑事上の問題ではありません。その為、住居侵入罪や共産党員の事例は本件とは無関係であり、そのまま判断基準とするのは危険です。

> これって不法侵入になるんですか?

一般論として、土地所有者の意思に反した場合には、不法性ありといえます。もっとも、正当な業務行為であれば不法性ありとはならず、また、土地所有者と建物の住民とが異なる場合等のときは、住民の利益になる等であれば不法性ありとはならない場合があります。

この点、マンション営業は、営業担当者やその所属会社にとっては、正当な業務といえましょう。しかし、土地への侵入を無制限に認めるまでの正当性があるとはいえませんから、ここでいう「正当な業務行為」に...続きを読む

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義のあるんですが・・・

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、詳しい方よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけるその方の財産について,所得税を補完する形で相続税が課税されます。

・贈与税は,相続税をさらに補完するために設けられたものです。
 相続税は亡くなった方の亡くなった時点での財産に課税する事から,亡くなる以前に他人に無償で移転してしまえば,相続税を課税回避できてしまう事になります。そのため,相続税を補完するために贈与税があります。

◇「相続」,「遺贈」,「贈与」

・「相続」はこれは人の死亡によってその亡くなった方(被相続人)の財産に属していた一切の権利義務を,その亡くなった方と一定の血族関係にある方や配偶者(相続人)が包括的に承継する事をいいます。

・「遺贈」とは,遺言による財産の無償の譲渡をいいます。これは,死亡した人の意志に基づく財産の無償移転形態であり,包括遺贈と特定遺贈があります。

・「贈与」とは,当事者間の意志により,一方(贈与者)の財産を無償でもう一方(受贈者)に移転させる事をいいます。これは贈与者が無償移転する意志を示し,受贈者が受諾してはじめて成立します。

◇「相続税」
・「相続税」の対象になるかどうかは,財産の移転が一方的な行為であるかどうかで決まります。

・「遺贈」については,遺言という一方的な行為であり,遺言者の死亡によって効力が発生します。したがって,相続税の取扱いとなります。

・一方,「贈与」については,当事者間の意志により成立しますから,相続税の対象にはなりません。

--------------
 以上から,

>ローンで購入しましたので所有者は自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は母親名義で購入しました。出来れば使用者である父の名義を変更して使いたいのですがそうすると相続にみなされるのでしょうか?

・この車の所有者は,現時点ではローンが終わっていないことから自動車販売店です。
 つまり,お父様の財産ではありませんから,そもそも相続財産ではありませんので,相続の対象にはならないです。使用者の名義変更をされるだけで足ります。

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけ...続きを読む

Q不法侵入について

今日、家の敷地内に老女と新聞勧誘員に不法侵入をされました。
こちらが咎めると、警察を呼ぶなら呼べということになり警察を呼びました。
警察は15分経ってもやってこず、再度110番をし、やっと警察がきました。

2度目の110番の前に向かいの家の住人が、「徘徊老人です。」という趣旨の110番をしたらしく、私への応対が遅くなったということでした。

その25分間、悪意があるのかないのかわからない不法侵入者を前に鞄を開けられるたびに刃物でも出すのではとはらはらしながら地獄のような25分間を過ごしました。

警察到着後も不法侵入者に対してなんのボディーチェックも行わず「訴えますか?」と不法侵入者の前で聞かれました。

この場合、訴えるべきなのか?
訴えた場合、徘徊老人が一人悪者になるのか?
向かいの人と新聞の勧誘員がグルで仕組んだことではないかという疑念が強く訴えたところで憤懣がおさまらないのです。不法侵入者が武器の携行をしているかどうかも調べないまま、その場で恐怖を味あわされたこと、不法侵入ですという者には25分待たせた上現場に来たことをこちらが察知してこちらから出て行くまでなんの知らせも無いなど警察に対する不振と不満でいっぱいなのです。

よきアドバイスをお願いします。

今日、家の敷地内に老女と新聞勧誘員に不法侵入をされました。
こちらが咎めると、警察を呼ぶなら呼べということになり警察を呼びました。
警察は15分経ってもやってこず、再度110番をし、やっと警察がきました。

2度目の110番の前に向かいの家の住人が、「徘徊老人です。」という趣旨の110番をしたらしく、私への応対が遅くなったということでした。

その25分間、悪意があるのかないのかわからない不法侵入者を前に鞄を開けられるたびに刃物でも出すのではとはらはらしながら地獄のような25分間を過ご...続きを読む

Aベストアンサー

私ならビデオカメラなり何なりを設置します。
「防犯のため録画撮影中」と張り紙すれば私有地内ですから自由に撮影可能です。
肖像権侵害なんて民事の問題ですから、私有地内には適用できるはずもありません。

証拠が残れば、新聞勧誘員も入ってこなくなります。
新聞社に抗議も可能です。

徘徊老人については困りますね。
責任能力がないですから。
管理責任は問えますから、保護者に文句は言えますので堂々と警察を呼んだら良いと思います。

大体警察は被害が無いと動きません。
そのためにも撮影等は必要かもしれませんよ。

Q伯父が死んだ時の相続についてですが、伯父には結婚歴ナシ、内縁の妻等もな

伯父が死んだ時の相続についてですが、伯父には結婚歴ナシ、内縁の妻等もなし、妹が一人です。妹には子供3人、孫4人います。妹が死に、その次に伯父が死んだ場合に伯父の所有している土地の所有権はどのように映るのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたがどなたか存じませんが、
1.妹さんの孫は親が元気なら除外されます。
2.法定では親、子が相続人になりますが、それがない場合、兄弟姉妹に相続権が発生します。
(親、子が居ると兄弟姉妹は遺留分がない)
3.この場合妹さんが先死にその子が残ると子供三人が均等に相続する権利が生じます。つまり1/3ずつ。
4.孫の方は1.に書いたように妹さんのお子さんが元気なら相続権はありませんが、妹さんのお子様が亡くなっている場合、死んだ親の代襲相続権が生じます。

四人のお孫さんの相互関係が分からないので、これ以上は分かりません。

Q不法侵入者を死刑にする法律作れば、泥棒も減り、安全な世の中を作れますよ

不法侵入者を死刑にする法律作れば、泥棒も減り、安全な世の中を作れますよね。
なぜそれをしないのでしょう。

不法侵入に対しての刑罰は甘すぎるのではないのでしょうか?

不法侵入なんて、家という区分が明確に区切られているわけですから、敷地内は多少間違えることがありますが、区切られている住居内への進入を間違えて行うはずがありません。鍵をかけている部屋に対して不法侵入した場合は、死刑や無期懲役の対象にしてもよいのはないでしょうか?家賃を数ヶ月滞納しているとか、借金を許可なく踏み倒したとかの理由なら別ですが、何の正当な理由もないのに、不法侵入をされるのは、平穏に暮らせるはずの生活が脅かされる行為を受けており、住居という、本来は個人にとって最も安心して安らぐことのできる場所を汚されていますので、加害者は死刑に値すると思いますが、どうでしょうか?

そのような重刑にすることにより、犯罪が減りますので、安全な町づくりにはかかせないと思います。
そして、多くの国民はその方がいいのではないでしょうか?

Aベストアンサー

先月、妻の実家に泥棒が侵入しました。
留守中に裏庭の掃き出し窓を割って侵入したようです。
幸い、被害は現金だけ数万円でしたが、家の中は荒らされました。
勿論、警察に被害届は出してあります。
しかし、証拠隠滅の為に放火されなくて良かったと被害が現金だけで済んだ事にホッとしてます。
もし、住居侵入罪が死刑なら、証拠隠滅の為に犯人は犯行後に放火するでしょう。
住居侵入(泥棒)が死刑にならないなら犯行後に放火する凶行はしません。
刑罰を罪状で分けるのは合理性があるのです。

Qお世話様です。父がなくなり(母はすでに他界)相続登記しようとしたところ

お世話様です。父がなくなり(母はすでに他界)相続登記しようとしたところ、抵当権(土地と家屋両方)が設定されていました。この抵当権は長男の私が事業を起こすため(融資)に設定してくれたもので、すでに銀行へは完済しています。相続人は私(長男)と妹(長女)の二人で、土地と建物(空き家)を二分の一ずつきれいに相続して、行く行くは売却の予定です。
そこで質問ですが、登記は司法書士に頼まず自分でやりたいと思います。素人なので相続登記と抵当権抹消を別々にやりたいと思います。相続登記はなんとかなりそうなのですが、抵当権抹消が不安です。どちらから先に行ったほうがいいのですか?また、被相続人が死亡している場合の抹消登記に必要な書類や方法をご教示いただけたら大変ありがたいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

先にしなければならないのは相続登記です。

抵当権抹消登記は土地建物の所有者(債務者は関係ありません)と債権者(銀行)との
共同申請で本来行うものです。
ですので、登記名義人が死亡していれば申請できないことになります。
ただし、この申請は認印でできますし、所有者の住所証明書や印鑑証明書は要求されませんので、
ずるい人は、所有者を生きていることにして申請することもありますし、実際できてしまいます。
ところがこれは大問題。
いずれ所有者の相続登記が申請されるので後日法務局にばれてしまいます。
本人申請は分かりませんが、司法書士がこれをやると間違いなく懲戒処分になります。
司法書士の懲戒処分は官報に掲載され、全国に知らしめることになります。
また、こうしたケースでの懲戒は業務停止2週間が相場のようです。
ですので、相続登記を必ず先にしてください。

完済しているのに抵当権が設定されたままになっているとのことですが、
「根抵当権」ではありませんか?
住宅ローンのように1回限りの借り入れの場合は抵当権を設定し、
完済すれば銀行から抹消に必要な書類が交付されますが、
事業資金の場合は、後日再び借り入れがおこるかもしれないことを想定して
通常は根抵当権を設定します。
根抵当権は債務者からの解除願いが出ない限り抹消に必要な書類は交付されません。

本人申請でやりたいとのことですので、必要書類は法務局の登記相談窓口で聞いてみてください。
最近の法務局は親切に教えてくれますから。
ただし、司法書士に依頼しないのですから
法務局には何度か足を運ばなければならないことは覚悟してくださいね。

がんばってください。

先にしなければならないのは相続登記です。

抵当権抹消登記は土地建物の所有者(債務者は関係ありません)と債権者(銀行)との
共同申請で本来行うものです。
ですので、登記名義人が死亡していれば申請できないことになります。
ただし、この申請は認印でできますし、所有者の住所証明書や印鑑証明書は要求されませんので、
ずるい人は、所有者を生きていることにして申請することもありますし、実際できてしまいます。
ところがこれは大問題。
いずれ所有者の相続登記が申請されるので後日法務局にばれてしま...続きを読む


人気Q&Aランキング