例えば,小泉(こいずみ)という人に「氏」をつけても「こいずみし」と読むのが普通なのに,「源氏」と「平氏」はなぜ「みなもとし」「たいらし」ではなく,「げんじ」「へいし」と読むのでしょうか。「みなもとし」だと読みにくいからとか,「源平」とセットで呼んでるうちにそうなったのか,とか推測はできるものの,根拠がないので教えてほしいです。また,ほかにもこんな呼び方をする苗字はあるのでしょうか。

A 回答 (2件)

 


  おそらくこういうことなのでしょう。
  最初の小泉氏の「氏」は、Mr.Koizumi の Mr.に当たるもので、一種の敬称です。小泉氏の夫人は、小泉氏とは言いません。小泉夫人、小泉さんなどです。
 
  それに対し、源氏というのは、源という姓の人の敬称ではないのです。現代人で、仮に源角栄という人がいれば、源氏は、「みなもと・し」でしょう。しかし、平安時代の例えば、源融などは、「みなもとのとおる」と読みますが、この人を敬称で呼ぶ時、源氏(みなもとし・みなもとうじ)などとは呼ばないはずです。源氏大臣(げんじのおとど)とか呼ぶはずです。
 
  源氏は、「源の一族」の意味で、源という姓の個人の敬称ではないのです。少なくとも、古典時代(平安とか、鎌倉……等)ではそうです。『源氏物語』の原文は、ほとんど読んでいないので確言できませんが、原作では、光源氏を「光源氏」とは呼んでいないと思います。「源氏の君」とか「光る源氏の君」「源氏のおとど」などのはずです。これらは、「源一族の身分ある御方」「源一族の大臣」という意味で、「源氏」という人名ではないのです。
 
  元々、源は、平や、橘、藤原と同様に、賜姓(天皇から賜った姓)で、源は親王に対し、平は王に対し与えられた姓だとされます。(皇族は、姓を持たないからです……天皇一族は、姓を持たず、皇族である限り、同様、姓がないからです。時代が進んで、皇族が多くなりすぎた時、天皇が、自己の皇子やなどに、源の姓を与え、臣下に降下させたのです)。
 
  何故、同じ賜姓でも、藤原氏は、「ふじわらし」と読み、源氏は「げんじ」と読むのか分かりませんが、確実ではありませんが、平安や鎌倉時代には、源氏のように「源の一族」の意味と同じ、「藤原の一族」を表すのに、「藤原氏」とは言っていなかった可能性があります。「源氏の長者」(または「源氏の氏の長者」)という言い方があると思いますが、「藤原の長者」とは言いません。「藤原の氏の長者」です。
 
  では「藤原一族」は何と云っていたのか、よく分からないのですが、「藤原家」と言っていたのかも知れません。平安時代にはすでに、藤原は多数の家に分かれ、「近衛家」「一条家」「冷泉家」などとなっていますが、賜姓としての源は、814年に臣籍に降りた嵯峨天皇の皇子三人で、しかし、「嵯峨氏」とか「嵯峨家」とは呼ばず、もっとも勢力のあった村上源氏でも、「村上氏」「村上家」とは呼んでいませんから、一方の藤原が、上に述べたように、近衛家とか九条家などに平安時代すでに分かれていたのと大分違います。
 
  また、紫式部は、藤原氏出身で、「式部」が女房名で、式部という女房は大勢いたので、区別するため、「藤式部(とうしきぶ)」と呼んでいたのが、『源氏物語』の紫上の名前の影響で、「紫式部」となったものですし、清少納言も、「清原の少納言」で、少納言も女房名で、出身姓の清原の最初の文字一字を付けて、「清少納言(せい・しょうなごん)ですから、藤原一族は「藤氏(とうし)」、清原一族は「清氏(せいし)」などと呼んでいたのかも知れません(清原も賜姓の一つです)。
 (「源氏の君」は、平安時代には、「ぐうぇんしのきみ」と読んでいたようです)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 Answer,ありがとうございます。
 なかなか難しいですね。過去の質問の「なぜ名字と名前の間に「の」が入る人名があるのか」の答えや,『国史大辞典』で「四姓」は読んだのですが,じゃあ,どうして「藤原氏」は「とうげんし」と読まないのか?と,結局,源氏と平氏だけが特別な読み方に思えて,よくわからなかったのです。「平氏」「源氏」以外で音読みする姓ってありますか?

お礼日時:2001/11/12 22:29

橋本治の「双調 平家物語」のなかには、藤原氏のことを「藤氏(とうし)」と呼ぶシーンがありますので、源氏平家以外にも、そういうことはあったのではないかと思います。

どうしてかはわかりませんが‥‥短いほうが呼びやすいとか、なにかのTPOとか、あるいは漢語の発音の方が「はいから」(笑)な感じがしたからとか‥‥というのは勝手な当て推量ですけど。海外でも、自分の名前をわざと外国読みにして呼ばせた人がいる、なんて話も聞いたことがあるので、そんな感覚なのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Answer,ありがとうございます。
藤原氏はご指摘の通り,どうやら当時は「とうし」と呼ばれていたようですね。

お礼日時:2001/12/04 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q河内源氏と他の清和源氏の関係は?

河内源氏と他の清和源氏の関係は?
河内源氏の源義朝や頼朝と摂津源氏や美濃源氏に甲斐源氏といった他の源氏は主従関係にあるんでしょうか?それとも会社における上司と部下みたいな関係だったんでしょうか?それか単なる協調関係だったんでしょうか?平氏に対してまとまりに欠けているような感じがするので教えてください。

Aベストアンサー

平安時代の大きな枠組で言えば、中央政権の権門と個別の権力者に奉仕する受領層・在地領主という構造の中で、受領層・在地領主というのが源氏であり平氏であり、魚名流藤原氏や宇都宮氏です。
個別の受領層・在地領主にとってのライバルは、同じ受領任官を狙っている別の受領層であり、隣接の荘園を持っている別の在地領主です。
なので、将門の乱にしても、その他の源氏の内訌にしても、見た目が一族内の戦いに見えても、彼らの主観的には、同じ利権を求めてのライバル争い。
しょっぱなは源護攻撃からです。源氏を倒すとかではなく、協力者である平真樹を助けて攻めたと言うのが実情。
在地領主の集合離散の戦いです

Q「源平交代思想」によると、徳川(源氏)を滅ぼしたのは平氏?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E5%B9%B3%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E6%80%9D%E6%83%B3

「源平交代思想」によると、武家政権は、源氏と平氏との間で行ったり来たりします。
荒唐無稽な思想だと思われますが、室町時代ごろは信じられていたそうです。

平氏(平清盛の一族)
源氏(源頼朝の一族)
平氏(執権北条氏)
源氏(室町幕府、足利氏)
平氏(織田信長)
源氏(江戸幕府、徳川氏)

北条氏が平氏で足利氏が源氏なのは周知の事実ですが、織田氏が平氏で
徳川氏が源氏なのは私は最近知りました。
(ハクをつけるための詐称かもしれませんが)

さて、この「源平交代思想」に従うならば、源氏である徳川幕府を倒し、のちに
明治政府において権力を握った人物の中に平氏がいるという事になります。

「倒幕・維新に関わった人物または明治政府を主導した人物」と言えばたくさん
いますが、その中に平氏はいますか?

Aベストアンサー

桂小五郎は元々は和田氏なので、和田が三浦氏の流れならば関東八平氏の一つの流れになるかも知れない。

まぁ源平交代説でいうと、「秀吉はどうなるの?」ということになり、力さえあれば「豊臣つくっちゃいました」でOKというのが、権力でございます。

Q源氏の氏の長者

徳川幕府の歴代の将軍は、征夷大将軍であると同時に源氏の氏の長者の職にも任じられました。
この氏の長者の職について教えて頂きたいことがあります。
1.源氏の氏の長者の源氏とは、清和源氏だけのことでしょうか。
宇田源氏や村上源氏など他系統の源氏も含まれるでしょうか。
2.他の氏、藤原氏、平氏、橘氏などにも氏の長者はいたのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは
徳川幕府の将軍全員が源氏の氏の長者になったわけではありません。秀忠はなっていませんので
1 源氏の氏の長者は源氏全体から選ばれるので「清和」源氏だけから選ばれるのではありません。
  本来は公家源氏がなっていたのを足利義満がなっていわゆる武家の源氏もなり始めました。それでも室町時代では久我家の当主もなっています。最後の源氏の氏の長者は久我建通です(久我家は村上源氏)
  くわしくは講談社新書 岡野友彦「源氏と日本国王」に記述されています


2 藤原氏は他の方が回答しておられますし、平氏は私はわかりませんので橘氏(それも江戸時代ですが)だけお答えします。
  江戸時代の橘氏の氏の長者は梅宮社の社家「橋本氏」がなっていました。(梅宮社は橘氏の始祖諸兄と嵯峨天皇皇后橘嘉智子ら橘氏4柱を御祭神として祀っています)ただ、朝廷からじかに任命されるのではなく、五摂家筆頭近衛家から任命されます。
  ここの詳しい経緯の出典は失念してしまいました。もうしわけありません。

Qなぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。

なぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。
徳川氏は「徳川」「家康」と「の」がつきません。
その違いは何でしょう。

Aベストアンサー

「藤原」が本姓だからです。源平藤橘と言う言葉を聞いたことありませんか?
源、平、藤原、橘、皆天皇からいただいた姓なのです。
それ以外に苗字があり、これが織田や羽柴、徳川なのです。
ですから、徳川家康も持っており源になります。(途中で改姓したので)本姓で言えば「源(の)家康」と言うことになります。
豊臣秀吉も豊臣は本姓ですから正式には「とよとみ の ひでよし」と読みます。
秀吉の苗字は羽柴ですから俗称は羽柴秀吉ですね。このときは間に「の」は入れません。
本姓は明治3年の平民苗字許可令と明治8年の平民苗字必称義務令により日本人全員が苗字を持つことになり廃止されました。
それ以前の江戸時代までは苗字を持っているは武士階級や名主などの一部平民だけで、一般平民は苗字を持っていませんでした。

Q源氏物語の紫の上

源氏物語の紫の上

高校生のとき古典の勉強として源氏物語を少し読みましたが、今は趣味として源氏物語を
読んでいます。
高校生の時は紫の上は源氏の最愛の女性で幸せだったんだと思っていたのですが、ちゃんと読んでみると、紫の上は源氏物語の中で可哀想な女性だっと感じました。

藤壺の姪であり、容姿が似ているからと奪い、育て、理想の女性となった紫の上ですが、やはり藤壺を愛している源氏。
私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。

源氏を愛している&大事に育ててきてくれたことから他の女性の子を育てたり、正妻により自身の立場に不安を抱くが、愛する源氏のために我慢しなければという葛藤で苦しむ紫の上。
源氏の身分を考えれば女三の宮を正妻にしたことは納得できるのですが、やはり源氏には紫の上のように藤壷の姪ということへの期待があったと思うと、紫の上が哀れでなりません。


私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、
源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。



紫の上は源氏に振り回された人生で幸せだったのでしょうか・・・・・

源氏物語の紫の上

高校生のとき古典の勉強として源氏物語を少し読みましたが、今は趣味として源氏物語を
読んでいます。
高校生の時は紫の上は源氏の最愛の女性で幸せだったんだと思っていたのですが、ちゃんと読んでみると、紫の上は源氏物語の中で可哀想な女性だっと感じました。

藤壺の姪であり、容姿が似ているからと奪い、育て、理想の女性となった紫の上ですが、やはり藤壺を愛している源氏。
私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。

源氏を愛している&大事に...続きを読む

Aベストアンサー

源氏物語って、読むたびに発見がありますよね。

> 私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。
ちょっと違いますが、それっぽい設定になっている「マンガ」を読んだことがあります。

その「マンガ」では、紫の上は、源氏が「自分」を見ていないと知っています。

「野分」で、夕霧が紫の上を垣間見してしまうシーンがありますよね。

原作では、紫の上は夕霧に「見られた」ことは気づいていませんが、源氏は「もしかしたら夕霧が紫の上の姿を見たのではないか」と思い、自分と同じ過ちを繰り返すのではないかと疑心暗鬼になっていますよね。

その「マンガ」では紫の上は夕霧に「見られた」ことに気づいて、夕霧に微笑みかけています。
関係を結んだり、子供ができたり…ということはありませんが、紫の上は、死の間際に、いかにも夕霧と関係があったかのように呟き、そのまま息を引き取ります。
それを聞いた源氏がとても苦悩する…という内容だったと記憶しています。

レディース系の「マンガ」だったような記憶がありますが、源氏物語関係の書籍には、いろいろと手を出しているので…。

私が初めて源氏物語に触れたのは、中学1年生の時に読んだ「少年少女古典全集」の現代語訳でした。本格的にハマっていたのが高校生の頃で、もはやその後の進学先では源氏物語を専門にしようとは思わず、その「背景」を専門にしました。

私は、最初のころからあまり紫の上が好きにはなれませんでした。
嫉妬深いこと以外に、殆ど『個』を感じられなかったから、興味を惹かれる人物でもありませんでした。

源氏物語の中で、紫の上が「自分は幸せだ」と思っている節は、見受けられないと思います。
ですから、
> 紫の上は源氏に振り回された人生で幸せだったのでしょうか・・・・・
幸せだったとは思えません。

> 私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。
私もそう思います。
いわゆる「無くして初めて価値を知る」パターンですね。
ただ、それが「紫の上」に向けられたものなのか、「自分が育て上げた自分にとっての理想の女性」に向けられたものなのかが、未だに理解できないんですよね。
源氏が、紫の上の「何」を価値と思ったかが、よく解らないんです。

同じ「藤壺の姪」であっても、朱雀院の女三宮は魅力がなく、紫の上には魅力がある…ということは、「元は同じでも、女は育て方で違ってくる」ってことを言いたいのかな?と思えるんです。
それは、ある意味、源氏の「自画自賛」じゃないのか?と思えるんですよね。
「こんな素晴しい女性を育てあげた自分って凄くない!?」というカンジで。
まるで、ショーでチャンピオンとなるような犬や猫を育てて、ブリーダーやトレーナーが自身を称賛しているような印象しか受けないんです。

源氏物語って、読むたびに発見がありますよね。

> 私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。
ちょっと違いますが、それっぽい設定になっている「マンガ」を読んだことがあります。

その「マンガ」では、紫の上は、源氏が「自分」を見ていないと知っています。

「野分」で、夕霧が紫の上を垣間見してしまうシーンがありますよね。

原作では、紫の上は夕霧に「見られた」ことは気づいていませんが、源氏は「もし...続きを読む

Q源平の時代「天皇家」は「王家」でOK?

大河ドラマ「平清盛」が始まった当初、
劇中、天皇家を王家と呼んでいて話題となっていました。
結論として、どれでしょうか。
1.当時は「王家」と呼んでいた。
2.当時は「王家」と呼んでいなかったが、適切。
3.「王家」と呼ぶのは誤り。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えは3.です。

続日本紀に以下のような記述がある。つまり正解は「皇室」です。大河ドラマ「平清盛」は賊臣が捏造した御伽噺です。

<引用開始>
孝謙天皇 天平宝字元年八月十八日

 天皇は次のように勅した。

 朕は徳が薄いのにもかかわらず、忝くも皇位を継ぎ、八方の国土に君臨し、今に至ること九年、これまで善い政治もしていない。これについて日も夜も憂いの思いを抱いている。危険な淵に立っているように案じ、薄い氷を踏むように慎重にしている。

 ところが去る三月二十日、天の神は我に「天下泰平」の四文字を賜わって、天下の安らかなことを表し、朝廷の運命の永く続くことを示された。

 しかるに賊臣である廃太子の道祖と安宿・黄文・橘奈良麻呂・大伴古麻呂・大伴古慈悲・多治比国人・鴨角足・多治比犢養・佐伯全成・小野東人・大伴宿禰麻呂・答本忠節らは、生まれつきの性質が悪くかたくなで、迷った心で悪事に走り、君臣の道を顧みず、鬼神の力も恐れず、密かに謀反の徒党を組み、皇室の本家を傾けようとはかった。しかしことごとく天の咎めを受け、皆、罪科に服した
<引用終了>

道祖王は一度は皇太子に立てられながら、不行跡を咎められて孝謙天皇によって皇太子を廃されて、橘奈良麻呂の乱に加担し獄死した人です。

答えは3.です。

続日本紀に以下のような記述がある。つまり正解は「皇室」です。大河ドラマ「平清盛」は賊臣が捏造した御伽噺です。

<引用開始>
孝謙天皇 天平宝字元年八月十八日

 天皇は次のように勅した。

 朕は徳が薄いのにもかかわらず、忝くも皇位を継ぎ、八方の国土に君臨し、今に至ること九年、これまで善い政治もしていない。これについて日も夜も憂いの思いを抱いている。危険な淵に立っているように案じ、薄い氷を踏むように慎重にしている。

 ところが去る三月二十日、天の神は我に「天下泰...続きを読む

Q源氏とは?

 真田太平記を読んで、その中に豊臣秀吉は源氏ではないので征夷大将軍にはなれなかったとありました。 源氏ではないというのは、源平時代の源氏の子孫ではなかった?もしくは源氏側ではなかったという事でしょうか? 誰か教えてください。

Aベストアンサー

 そもそも源氏とは、天皇の子孫が臣籍降下して得る姓です。これは、嵯峨天皇(50人もの子がいた)の子が源の姓を賜って臣籍降下(皇室のリストラですね)に始まります。
 源氏といえば、清和天皇の子孫である清和源氏が有名ですが、本来、清和源氏は、数ある源氏のうちでも格が低い存在でした。ところが、源頼朝が征夷大将軍になったために、その格式が高まったのです。
 徳川家康は、系図を偽造し、自分が清和源氏である新田氏の末裔であることを自称しています。祖先を新田氏としたのは、清和源氏足利氏のことを考えてのことです。新田氏は、足利氏の祖先の兄に始まる家系です。
 さて、豊臣秀吉ですが、征夷大将軍を狙ったことがあります。この地位を得るために、足利15代将軍義昭の養子となることを画策したのですが、義昭に断られて失敗します。そのため、近衛家の養子として、すなわち藤原秀吉として関白の地位を得ますが、その翌年、天皇から豊臣の姓を賜ります。これは、天皇から新たな姓を賜ったということでは箔がつく話ではありますが、「あんな百姓出身の奴に由緒正しい藤原を名乗らせてたまるものか」という公家たちの反発も反映していると考えられます。

 そもそも源氏とは、天皇の子孫が臣籍降下して得る姓です。これは、嵯峨天皇(50人もの子がいた)の子が源の姓を賜って臣籍降下(皇室のリストラですね)に始まります。
 源氏といえば、清和天皇の子孫である清和源氏が有名ですが、本来、清和源氏は、数ある源氏のうちでも格が低い存在でした。ところが、源頼朝が征夷大将軍になったために、その格式が高まったのです。
 徳川家康は、系図を偽造し、自分が清和源氏である新田氏の末裔であることを自称しています。祖先を新田氏としたのは、清和源氏足利氏の...続きを読む

Q「たいらのまさかど」の「の」とは何?

最近、気になっていることがあります。
日本史を古代から順番に勉強していると、いつの間にか人名の、姓と名の間に「の」が無い人ばかりになります。
藤原道長は「ふじわらみちなが」ではいけないのでしょうか?
逆に、
徳川家康は「とくがわのいえやす」ではいけないのでしょうか?

些細な疑問なのですが、どのようにネットで検索したらひっかかるのかわからないため、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

具体的な例ですが
平家物語の中で平清盛は「たいらのあそんきよもり」(平朝臣清盛)、
平将門を倒した、足利氏の先祖の田原藤太秀郷(たわらのとうたひでさと)
は、藤原が省略されて、表現されたりしています。
少し時代が下がりますが、「清水の次郎長」「森の石松」も「の」が
入っています。
よって、
1.平、源・・・の姓に付けるような使い方、
2.省略形で伝わる徳川家康などの例、
3.同姓区別・一般庶民的な出身場所などの意味を示す例
などですね。
ちなみに、わたしの家系の最初は、桓武平氏高望王となっていました
ので、昔なら「平の・・・」といったのでしょうか。
以上

Q源氏物語!

源氏物語高校のときに少し読みました。
ま光源氏がいろいろな女性とお付き合いする恋物語だったような気がしますが。
皆さんは源氏物語読んでどう思いましたか?お友達とどのような会話しましたか?
あと、源氏物語の名場面、源氏物語から学べることを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生きていた時代、紫式部の生い立ち、さらに対抗馬として清少納言とう存在、当時の時代を牛耳っていた藤原道長の存在などに関する書籍も平行して読み始めました。

すると最初の考え方が少しずつ変わってきました。主役は本当に光源氏なのか?後半は「夕霧」終盤は「薫」と「匂宮」の話し、そして「浮舟」の入水自殺未遂。そして「薫」が「浮舟」と「匂宮」を『疑い』ながら物語が終わってしまう。なんと切ない終わり方なんでしょう。

すこし前に戻って、光源氏の死もわずかに言及されたまま、「夕霧」「薫」の話しに移っていった点。言い尽くせない人間の心理の微妙な動き。すべてに魅了されてしまいました。そして本当の主役は光源氏・薫の周りにいる「女性たち」ではなかったかと思うようになりました。当時の女性たちは、少しでも地位・権力のある男性に身を委ね、自分たちの人生を託すしか生きていくすべのない生き方しか出来なかったのではないかと思うようになりました。そしてたとえそのような幸運に巡り会えたとしても、そののち宮中などでの他の女性たち(貴族は一夫多妻制度)とのつきあい。そしてすぐに出家してしまう女性・男性たち。

生き霊・死霊となって、光源氏にはとりつかず源氏の周りの女性たちに取り憑く「六条御息所」の心理。原文ではなく様々な評論的書籍を読むにつれて、調べ尽くしても尽くしようのないほどの深さを感じました。なぜ源氏物語がこれほどもで世界中でも読まれ、文学作品としてこれほどまで高く評価されるのかが片鱗ですがやっと分かったような気がします。その他の登場人物に関しても言い尽くせないほどの独自性があります。

現在は、なかなか他の小説を読む気にはなれず、源氏物語の古典原文(現代語訳付き)とE・サイデンステッカー氏とアーサー・ウェイリー氏の英訳本を比較しながら読んでいます。(かなり時間がかかるでしょう。)

最初に申し上げました源氏物語に関連した書籍の名前を挙げます。
・精神科医が読んだ「源氏物語の心の世界」---紫式部からの現代へのメッセージ
・「紫式部の欲望」
・「紫式部日記」(参考)
・「源氏物語の端役たち」
・「平安の祈り」源氏物語にみる人生観・死生観
・「源氏物語」英訳についての研究(参考)
・「アーサー・ウェイリー」源氏物語の翻訳者(参考)

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生き...続きを読む

Q「古文書」を「こもんじょ」と読む理由

多くの図書に

「古文書」は「こぶんしょ」でなく「こもんじょ」と読む。

とありますが、なぜ「こぶんしょ」ではいけないのか、ということに関し、合理的な説明を見たことがありません。

また「もんじょ」と「ぶんしょ」の違いについても同様です。

参考となる図書やサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

漢音か呉音かの違いであって、どっちの読みを使うかは、単なる慣習的なものだと思いますが。
大抵の場合、呉音の方が古くから使われている読みですから、歴史的に「文書」は「もんじょ」と読まれていたのでしょう。それが時代の流れとかで「ぶんしょ」と読まれるようになったんだと思います。「文章」も古くは「もんじょう」と読みました。
そもそも歴史っていうのは、昔のことを研究する学問なんですから、今風の読み方をする方がむしろ不自然でしょう。少なくとも私にはそう思えます。だから歴史を研究する者がそのまま呉音を使い、それが歴史用語として定着したのではないでしょうか。つまり、ルールというよりは慣習だと思います。
私自身、古代史をちょっとかじった程度ですが、「太政大臣」なんかは「おおまつりごとのまえつぎみ」とほとんど無意識に読みますし。

漢音が使われるようになった経緯なんかは言葉によっていろいろでしょうが、やっぱり流行とかに左右されることが多いんじゃないでしょうか。
たとえば、「関西」は普通は「カンサイ」と読みますが、関西学院なんかは「カンセイ」と漢音で読みますね。あれは当時の新進学徒が漢音で読む風潮があったから、そう読ませる(正確には「クヮンセイ」だそうですが)のだそうな。当時のかっこつけ言葉と思っていいんじゃないですかね。よく言えば流行語。「彼氏」とかもイマドキ語では語尾を上げるでしょう。あれと同じようなものだと思いますよ。
仏教語は一般に呉音で読まれることが多いですが、宗派によってわざと区別することもあるようですし、同じ漢字で違う意味を複数持つ言葉なら、読みによって意味を区別するのは非常に合理的。そういう理由で読みを変えていった言葉もあるんじゃないでしょうか。

ちなみに、Wikiを参考として載せておきます。「各音読みの使用状況」のあたりに「文書」が出てますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E8%AA%AD%E3%81%BF

漢音か呉音かの違いであって、どっちの読みを使うかは、単なる慣習的なものだと思いますが。
大抵の場合、呉音の方が古くから使われている読みですから、歴史的に「文書」は「もんじょ」と読まれていたのでしょう。それが時代の流れとかで「ぶんしょ」と読まれるようになったんだと思います。「文章」も古くは「もんじょう」と読みました。
そもそも歴史っていうのは、昔のことを研究する学問なんですから、今風の読み方をする方がむしろ不自然でしょう。少なくとも私にはそう思えます。だから歴史を研究する者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報