始まりと終わりのない民話や昔話、神話を探しています。始まりと終わりがないというのは、話に切り目がない(ループしている)ものです。何かありましたら教えてください。

A 回答 (3件)

 黒ヤギと白ヤギが手紙をやり取りしている歌。

    • good
    • 0

島に一本のロープが天からつり下がっていて、そのロープを伝って一人の男が降りてきて、その島の支配者を殺して、ようやく、その島を支配したと思ったら、次の男がロープを伝ってまさに降りてくると言うような感じの内容のギリシャの劇だったかな、昔話だったかな、を、中村雄二郎先生が著書(多分、岩波新書)に引用して書かれているのを読んだことがあります。

でも、その書物は、手元にないし、すぐには分からないのですが、そういう循環構造を持った話ってありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変助かりました!!
早速、教えていただいた本を読んでみます。本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/07 23:48

もうご存知かもしれませんが、C.S.Lewis著の、「ナルニア王国物語」なんて、正にお求めの一作だと思いますよ。


全7巻ですが、結果として、永遠に続いていく物語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ナルニア王国物語」ですね。知りませんでした。じっくり7巻読んでみます。
7巻が永遠に続いてるなんて面白そうですね。お返事ありがとうございました。
大変助かりました!!

お礼日時:2001/11/07 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渡し守の昔話、民話、神話?

昔読んだ昔話か、民話か、神話だと思うのですが、題名が思い出せません。
どなたか知っている方がいましたら、教えてください

とある人物が川を渡してもらうときに、渡し守が相談をもちかけます。
自分は渡し守をやめたいのだが、どうしたらいいだろうか? と。
相談された人物は答えます。
帰りに、この川を渡してもらったら教えようと。
その人物の帰りも、渡し守は川を渡してやります。
その人物は川を渡し終えてもらってから言います。
次に、川を渡してもらいたいという人が来たら、その人に櫂を渡してそのまま逃げてしまいなさいと。
その言葉の通り、渡し守は次に川を渡してもらいたいと言ってきた人物に櫂を渡して逃げてしまいます。
櫂を押し付けられた人間は、次の渡し守として、川に来る人間を渡すことになってしまったのでした。

うろ覚えですが、こういう内容だったと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が子どもの頃に読んだ物語で、そういった内容に覚えがあったので検索してみました。
たぶんこれではないでしょうか?

参考URL:http://enkan.fc2web.com/minwa/fate/06_2.html

Q神話や昔話を集めたような本

神話や昔話を集めたような本があったような気がしたのですが(^^;忘却。。
…誰か何でもいいから教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書名は「ヴィジュアル版 世界の神話百科ー東洋編ーエジプトからインド、中国まで」
原書房 定価は4800円でした。

いろんな本があると思いますが写真(その神話や神についての美術品、絵)があり、五十音順で地域別に分かれている本があります。楽しんで読むこともOKですが、調べる時にかなり便利です。

Qマヤ神話、アステカ・トルテカ神話の本

最近、都市について学ぶうちに神話にも興味を持った者です。

そこで、皆様にマヤ神話、アステカ・トルテカ神話についてのオススメの本を教えて頂きたいと思い、質問致しました。

入門編的なものから、応用編的なものまで、なんでも構いません。(ただ、入門的なものか、応用的なものか書いて頂けるとありがたいです。)

ただ、まだ初心者程の知識しか有しておりませんので、入門編的なもののほうが、ありがたいかもしれません。

一応個人的にはアステカ・トルテカ>マヤと考えてはいますが、教えて頂けるようでしたら、なんでも構いません。

それでは皆様、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・アイリーン・ニコルソン『マヤ・アステカの神話』(青土社)
・土方美雄『マヤ・アステカの神々』(新紀元社)
・デイヴィッド・M・ジョーンズ他『ヴィジュアル版 世界の神話百科 アメリカ編 ネイティブ・アメリカン / マヤ・アステカ / インカ』(原書房)
これらは入門書といえるものなのではないでしょうか。

Q昔話 ひょうたんの中にはお米がいっぱい このお話はなんでしょう。

昔話が思い出せません。

最後に、たくさん生ったひょうたんの中には、お米がぎっしり入っていて、良いおばあさんはおおよろこび・・・・。たしか、すずめもでてきたような・・・。

子どものころ、よく見た絵本でした。先日突然最後のページだけを思い出しました。それ以来気になって・・・。

どなたかわかる方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

『腰折れすずめ』でしょうか?
日本の昔話ですので、絵本もあると思います。

http://www21.big.or.jp/~tamomo/Hiratukasihakubutukan/robata/robata20000220/kosioresuzume.htm

参考URL:http://www21.big.or.jp/~tamomo/Hiratukasihakubutukan/robata/robata20000220/kosioresuzume.htm

Q「イッサイガッサイ」という名前の犬が出てくるヨーロッパの民話をご存じないですか?

小学生のころに図書館で読んだ民話がずっと気になっています。
民話集に収められている短編の中の1つで、細かい内容は憶えていないのですが、「イッサイガッサイ」という変わった名前の犬が出てくるのが印象に残っています。

・短い話がたくさん入っている民話集で、ヨーロッパの民話だったと思います。
・「〇〇編」のように、シリーズで何冊も並んでいました。
・コミックスぐらいのサイズのハードカバーで、小学校高学年ぐらいが対象だと思います。
・ほかの話も聞いたことのない物が多く、わりとダークな感じの話がたくさんあったように記憶しています。
・父親と娘が森の小屋に住んでいて、娘は犬をかわいがっているが、父親はいじめていたような?

タイトルが分からず、内容もほとんど憶えていないため、色々検索してみるのですが見つかりません。
どなたか心当たりのある方いらっしゃいませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません、合っているかわからないのですが、図書館にあった民話のシリーズは、
ぎょうせいの「世界の民話」のシリーズではなかったでしょうか。
複数の子供向け図書館や学校の図書館に置いてあったのを覚えています。
リンクにある本は新装のもので収録作がすべて記載されているわけでもないので
お探しの話がこのシリーズに収録されているのかは分からないのですが、
「聞いたことない話が多く、わりとダークな感じの話がたくさん」というのには
当てはまっていると思います。

参考URL:http://www.gyosei.co.jp/home/bunya/bunya_category.html?category_code=104&subcategory_code=0014&kind_code=2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報