私は近頃、従業員200名ほどの会社から内定をいただき、その会社に来年入社することを決めた大学4年生です。
 就職活動を終えてから、いくつか会社に対する不安が生まれてきました。
その中で今気になっているのが、社員の「平均年齢」です。
 自分は「社員の平均年齢が若い=その会社で勤めきる人間が少ない」
と考えてしまうのですが、実際、社員の平均年齢の若さが示す意味は何なのでしょうか?自分はこの会社で定年まで働き続けたいと考えているので心配です。アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

うちは創業20年くらいの割と大きな企業です。


20年そこそこで誰もが知る企業へ急成長を遂げた会社ですから、
会社自体も全く発展途上で・・・・
組織がしっかりしてないです。

考え方も極端で、駄目と判断されたらぜーーーーッタイに出世できません。
その判断って言うのもたいした理由じゃないっていうか、実際の仕事の評価ではなかったりします。
だから、ついてゆけない人や仕事はできるのに出世街道から外れた人、
または賢い人ほど見切りを付けてさっさといい会社へ転職します。
そして中途採用は若い子(上司が20代とかだから年上はとりたくない)ばっかりで、ロクな職歴もないのですぐ辞める。
っていうことで、平均年齢が異常に若く、離職率も高いです(笑

こういう会社たくさんありますよ。
でも、そんな中でも逆にさっさと出世して行く人もいるわけですから
やってみないと分からないです。
まさにサバイバルですね。ある程度の精神力ないと病気になってしまう人も続出してます(怖
質問者さんの会社がどういう会社か分かりませんが、
いまはスキルアップして転職してゆくことも珍しくない時代です。
定年うんぬんにこだわらないで思い切りがんばってみてください。
会社がおかしいと思ったら切りのいいところで転職→年収UPとかも
目指せるわけです。

ちなみにうちの会社、定年までいようって人いないと思います(笑
来年はいるかなーとかそんなレベルの会話とか普通です。
だいたい定年迎える頃まで会社が存在してるかもわかりませんし~

自分の身は自分で守りましょう。
がんばってくださいね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社に入ってみないと分からない部分もあり、自分の気持ち次第な部分も大きいということですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 23:15

その会社がいつできたかを見てみるのも


ひとつの方法だと思います。

若い会社の場合、平均年齢は低いのが普通らしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをどうもありがとうございます。少し安心できました。

お礼日時:2005/10/10 23:11

業種によって平均年齢が低い会社もあります。

例えば製造業では、新規に工場を立ち上げた場合、生産ラインで働く高卒の社員が多くなり平均年齢が低くなることがあります。サービス業も同様に高卒の社員が多く平均年齢は低くなると思います。

勿論、他の方の回答のような要因がある事も考えられますが、そこで頑張れば幹部にもなり易いのではとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~なるほど。いろいろな要素で平均年齢って変わってくるものなのですね。あまりそこにとらわれずにがんばっていこうと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 23:13

私のところも平均的に若い人が多く、勤務期間も3年とか、半年、私の入社の


3週間前、私の入社の1週間前と、結構短いことに入社時は驚きました。
でも、就職で苦労したし、もうそこで続くまでがんばるしかないと思ってます。気にせず、定年までがんばってやると頑張ったほうが、いいと思いますよ!
逆に、みんなが早く辞めていく?中で長年やってるとかっこいい頼れる存在になれると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに平均年齢くらいでクヨクヨしてたらとてもやっていけませんね。。腹を決めてがんばります。御助言どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 23:14

こんばんは



その会社はいつできたのですか?

年数が40年未満でしたら、平均年齢は下がります。

それより、離職率を教えてもらうといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社はどうやらまだ若目の会社のようなので、気にせず精一杯やっていこうと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 23:16

会社の歴史が浅いためとか


業績が好調で新規雇用者を多く採用している場合も
平均年齢が若くなりますよね。
そこらへんはどうですか?

この回答への補足

御回答どうもありがとうございます。
会社は設立が1974年です。
30年という年数はまだまだ会社としては歴史が浅い方なのでしょうか?

補足日時:2005/09/20 01:34
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「火薬類取締法(昭和25年法律149号)(1950年)」の第23条の2項の成立時の原文を見たい!!

インターネットで検索できる「火薬類取締法(昭和25年法律第149号)(1950年)」の第23条・2項の文面は、成立時から幾多の変更がなされたのち現在生きている文面であって、昭和25年、この法律が成立した当時の原文ではありません。成立当時の第23条・2項の原文がどのようなものだったのか、また今、その原文をどのようにしたら見ることができるのか、の2点を教えてください。

Aベストアンサー

成立時法令は、衆議院制定法令情報から検索出来ます。 国立国会図書館の日本法令検索を参照してください。
なお、成立時の原文は以下のとおりです。
法律第百四十九号(昭二五・五・四)
◎火薬類取締法
(中略)
(取扱者の制限) 
第二十三条 十八才未満の者は、火薬類の取扱をしてはならない。
2 何人も、十八才未満の者、白痴者又は精神病者に、火薬類の取扱をさせてはならない。
3 前二項の規定は、火薬類を包装する作業等の危険の少い取扱であつて通商産業省令で定めるものについては、適用しない。
(以下略)

Q「当社は平均年齢27才」や「若い社員が多く、活力のある会社です」といった表現

今現在、就職活動を行っている方や就職活動を経験された方にご質問させて頂ければと思います。

「当社の平均年齢は27才で、若い社員も多く・・・」
「若い社員だけの活力のある会社です」
といったような記載が、求人雑誌等では溢れておりますが、
こういった記載に関してどう思いますか?
また、そういった会社に興味を持ち、面接を受けますか?

予測するに20代前半の方と20代後半~30代の方では意見が異なるかとは思いますが、参考までに色々なご意見を頂ければと思います。

簡単なアドバイス等でも構いませんので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

40歳、サラリーマンです。

私の会社も若い人多いんですよ。
でもこれって若いうちはいいかもしれません。
年取ってからのポストがないですよ。

優秀な社員は、課長→部長と生き残れるかも
しれません。でも優秀じゃ無い社員はほんと
年取ってから働く部署がないんですよね。

だから就職はいいかもしれませんが、定年ま
で居ることは考えない方がいいかもしれませ
ん。
また「若い社員が多く、活力のある会社です」
は、会社からの圧力で定年まで居られない可能
性が高いことを物語っています。

Q「東京キッド」の歌詞について(昭和25年の世相)

「東京キッド」の歌詞について(昭和25年の世相)
歌も楽しや 東京キッド
泣くも笑うも のんびりと
金はひとつも なくっても
フランス香水 チョコレート
空を見たけりゃ ビルの屋根
もぐりたくなりゃ マン・ホール
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND13824/index.html

昭和25年発売の「東京キッド」ですが、
1.当時東京っ子のことを東京キッドと呼んでいたのか。
2.東京キッドは浮浪者の子ですか。
3.金がないのにフランス香水、チョコレート?
4.この頃、子供がジャズの歌をうたっていたのですか?
 たとえばどんな歌でしょうか。

Aベストアンサー

昭和25年には世の中大分落ち着いていた時代です。

でも昭和27年、東京の立*高校とのバスケットボール定期戦で歓迎会をしてくれた池袋、**家の辺りには爆撃跡の空き地もたくさんありました。

1.東京の子供たちを東京キッドとは言いません。当時映画は西部劇がはやりだした初期、主人公に**キッド(名作、駅馬車の主人公ジョン・ウエインはリンゴー・キッド)などと言う名前が多かったので、作詞時イメージ的に書いた名前でしょうね。

2.浮浪者は戦前からいました。ルンペンと言うほうが一般的でした。終戦当時、子供が疎開していて生き残り、東京へ帰ったら両親も家もなく已む無く浮浪児として生きなくてはいけない子供たちが沢山いました。国は知らんふりで(余裕もなく神戸の大震災どころの話じゃない程酷かった)浮浪時狩りを行い収容していました。

浮浪者の子供ではありません。運の良い浮浪児は進駐軍の将校などに拾われ養育された例は沢山あります。

3.フランス香水やチョコレートは当時の街頭の女性(今で言うストリートガールですが生活のため、家のため已む無く身を投じた女性も多かったし、進駐軍相手のお仕事と称して若い女性を集め、仕事の内容から身を持ち崩した気の毒な女性もいました)の憧れ、子供にはチョコレートです。

そのチョコレートは軍隊用の硬くて塊が連なったようなもので、今のような板チョコのイメージとは程遠いものです。
ただしお金があれば闇(横流し)で何でも買えた時代です。

4.ジャズを歌うと言うことは、進駐軍相手の店やキャンプで歌手が歌う以外にはありません。
戦後の大人も子供も口ずさんだ「りんごの歌」や「青い山脈」に始まり、正当な歌謡曲(演歌はありません)を歌うのが常でした。

25年当時、世の中も相当落ち着き、レコードも洋楽が出だした時代で昭和29年にかけてアメリカのジャズ界の大物が続々来日。ベニーグッドマン、サッチモ、ジーンクルーパー、JATP、ハリー・ジエームス等々、私も夜汽車で東京へ出かけ空き腹を抱えてジャズに酔いしれた口です。

25年当時、最初流行ったレコードはハーレム・ノクターン、クラシックじゃハイフエッツやメニューインの来日で一気に。

エル・マンボがはやり、ザビア・クガートの来日などでラテンも。

その後、アメリカンPOP全盛で、パティ・ページをはじめレコードが続々。

言い換えれば、27年頃からアメリカンPOPソングが次々発売され、。中学生、高校生は英語の歌詞を覚え口ずさむことが常でした。

ただし全国すべてがそうであった訳ではありません、主に都市部のみです。

流行ったのは「涙のワルツ」「テネシーワルツ」「ワンワンワルツ」「リトルシューメーカー」「星を見つめないで」などなど順次多数。

26年の映画「白昼の決闘」その後は暴力教室の主題歌「ロックアラウンドクロック」には衝撃を受けました。

今でも歌詞を覚えているせいか色々歌えますけれどね。(^^)

取り留めなくなってすみません。

昭和25年には世の中大分落ち着いていた時代です。

でも昭和27年、東京の立*高校とのバスケットボール定期戦で歓迎会をしてくれた池袋、**家の辺りには爆撃跡の空き地もたくさんありました。

1.東京の子供たちを東京キッドとは言いません。当時映画は西部劇がはやりだした初期、主人公に**キッド(名作、駅馬車の主人公ジョン・ウエインはリンゴー・キッド)などと言う名前が多かったので、作詞時イメージ的に書いた名前でしょうね。

2.浮浪者は戦前からいました。ルンペンと言うほうが一般的でした。...続きを読む

Q6/9にとある企業の最終面接を終えてその日の夜に合格のメールが届き、その中に明日(6/10)改めて電

6/9にとある企業の最終面接を終えてその日の夜に合格のメールが届き、その中に明日(6/10)改めて電話で今後について連絡しますと書いてありました。しかし、この日電話がくることは無く今もまだきていません。もしや別の人に合格連絡しようとしていたのを間違えて私に送ってしまったのではないかとも思ってしまいます。まさか内定を取り消したというようなことはあり得るのでしょうか?また、こちらからこの旨について電話してもよろしいのでしょうか?不安でたまらないのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

たしかにそのご状況は心配になってしまいますよね。
結論お電話をしてご確認頂いて全く問題ありません。
メールに、6月10日にご連絡が来る旨も記載されているとのことですので。

また合格の旨も、記載されているようであれば一般的に考えて証拠も残っているので
取り消しといった対応もほぼないでしょう。
こうしたケースは担当者が忙しすぎて、その日中に連絡が出来なかったというのが多いように感じます。

ただもちろん世の中には、常識的に考えづらい対応をされる企業も残念ながら存在します。
何にしても、こちらから確認のお電話を1本入れることが必要ですね!

Q昭和25年から現在までの銀行の貸付金利を教えてください

昭和25年から現在までの銀行の貸付金利を調べる方法は無いでしょうか。
どこかの銀行のデータがあれば良いのですが、無ければ推測するよい方法はないでしょうか。現在の金利と過去の公定歩合との比から推測しようかとも考えています。

Aベストアンサー

 一言に銀行の貸付金利といっても、個人・法人などの貸付先、短期資金や長期資金、また資金使途で制度化された貸付等、さまざまな貸付金利があり、それはいくつかの金利を基準として各銀行が定めたりしています。現在の金利は各銀行がおおむね自由に設定していますが、昔、預金金利が一律で制限されていた時代は、貸付金利も一定のの基準金利を指標とし、ある程度一律だったと思います。
 法人向けの貸出金利は、短期資金は各銀行の短期プライムレートを再優遇金利とする考え方が一般的です(昔は公定歩合を指標)。また長期資金は各銀行で短プラに上乗せした新基準の新長期プライムレート(昔の長プラは現在旧長プラという)が一般的です。
 個人向けの貸出は住宅ローンが現在一般的ですが、金利の設定は現在自由化されているのでまちまちです。昔は旧長期プライムレートに連動するタイプが一般的でした。
 以上から、あなたが調べたい貸出金利は、短期資金であれば昔は公定歩合、現在は都市銀行短期プライムレートを短期貸出金利、長期資金であれば、長期プライムレート(旧長期プライムレート)を基準として調べれば良いでしょう。

 一言に銀行の貸付金利といっても、個人・法人などの貸付先、短期資金や長期資金、また資金使途で制度化された貸付等、さまざまな貸付金利があり、それはいくつかの金利を基準として各銀行が定めたりしています。現在の金利は各銀行がおおむね自由に設定していますが、昔、預金金利が一律で制限されていた時代は、貸付金利も一定のの基準金利を指標とし、ある程度一律だったと思います。
 法人向けの貸出金利は、短期資金は各銀行の短期プライムレートを再優遇金利とする考え方が一般的です(昔は公定歩合を指...続きを読む

Q派遣社員から正社員を選ぶ会社の考え方が知りたい

私は、IT関連の一流企業に派遣社員として3ヶ月程度しか働いていませんが、正社員を希望したところ、採用されました。
しかし、会社に対して疑問を感じます。
理由として、そんなに簡単に正社員にするのか?ということです。
面談をしていただいた際、自分が御社の大舞台で正社員として働きたい希望はあるが、スキル不足で即戦力とはならないとは思うこと、今まで、自分が会社に対して貢献したと思うことを話しました。貢献したと思っている内容は、派遣で入社し、御社のような一流企業が、こんな現場な訳がないと感じて、だらだら仕事をする人たちの中で浮いても疎まれても構わないという姿勢と信念で、バリバリ仕事をし、過酷ないじめに胃潰瘍になりながらも今でもその姿勢を崩さず、頑張っていることです。
面談をしてくださった管理職の方は、ヒューマンスキルの面を認めているということでした。
たった3ヶ月くらいこのようなやる気を出しているだけで、会社は本気で認めているのでしょうか?ぜひ、人事担当等、経営陣の本音の部分を伺いたく質問いたしました。
私が人事担当であれば、本当に見極めるには半年、一年と考えるため、疑問を感じた次第です。

私は、IT関連の一流企業に派遣社員として3ヶ月程度しか働いていませんが、正社員を希望したところ、採用されました。
しかし、会社に対して疑問を感じます。
理由として、そんなに簡単に正社員にするのか?ということです。
面談をしていただいた際、自分が御社の大舞台で正社員として働きたい希望はあるが、スキル不足で即戦力とはならないとは思うこと、今まで、自分が会社に対して貢献したと思うことを話しました。貢献したと思っている内容は、派遣で入社し、御社のような一流企業が、こんな現場な訳がな...続きを読む

Aベストアンサー

正社員と派遣社員の違いは、
長期的に勤めてくれた方が会社にとって、
得か損か?の問題です。

流動的な人材が望まれるならば派遣社員であり、
固定的な人材が望まれるまらば正社員が企業に望まれます。

昇格なのではなくて、
固定的な人材として望まれたということです。

派遣社員と正社員を上下関係で見ることは、
派遣社員に失礼ですよ。

Q年齢を誤って契約してしまった保険は有効ですか?

本当は、昭和25年生まれなのに昭和26年生まれで保険の契約をしていることが分かりました。
今日、押入の整理をしていて出てきた保険証書に誤った年齢が書いてあったのです。
契約から4年が経過している野ですが、このような場合どうなるのでしょうか?
病気も何もしていないので保険金を受け取ることがないのですが、このままだといざというとに「契約時の内容と違っていたので保険金は支払えない」といれれそうで焦っています。

この年になると、1歳違うだけで大分保険料も違うので、もし保険会社に年齢が違う旨説明したら差額を請求されるのでしょうか?

契約時には全く年齢のことなど確認されなかったので、正直不親切さも感じますが、実際このような場合はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

NO1です。
以前ですが生命保険会社で事務をしてました。
思い出したことがあり、追加させて下さい。

保険にはそれぞれ加入できる年齢、また、年齢によって
通算での限度額があります。それに、ひっかからなければ、
生年月日訂正の書類を提出すれば、保険は有効です。

また、保険の年齢は通常の年齢の数え方と違い、
生年月日の前後6ヶ月が、保険年齢になります。
質問者さんの様に、単に昭和25年生まれが、26年生まれになってるとすれば、契約年齢は一歳上がりますが、
月や日にちも間違えてたとすれば、契約年齢は変わらず、ということもあり得るのです。

生年月日の訂正は、流石にそんなに多くはありませんが、
珍しいことでもなかったです。
まずは、加入してる保険会社に連絡して、書類を整えるのが一番かと思います。

Q社員の平均年齢が20代の職場って…?

今月から新入社員として働き始めているのですが少し疑問に思った部分があり
まだ正式に雇用契約を結んでいないので、参考にしたいと思い質問します。

僕の職場は20代のスタッフが中心でとても活気のある職場です。
そこで思ったのですが、社員が若い人ばかり=平均勤務年数が低いのでしょうか?
あまり一生働ける職場ではないのかな?と思いましたし
入れ替わりの激しい職場なのかな?とも不安に思いました。
(1)若い人ばかりの職場に対し、上記の認識は合っているのでしょうか?
もちろん職場によると思いますが、若い人ばかりの職場に対し
どのように感じられるか回答お願いします。

求人サイトを見ても「従業員の平均年齢が20代」というアイコンが表示されていたり
企業としての特徴のように書かれているのを見かけます。
(2)若い人ばかりの職場って何かメリットがあるのでしょうか?
また、デメリットもあれば教えて下さい。

上記について考えていたところ、ふと思ったのですが
(3)一生働ける職場ってどんな特徴があるところなんでしょうか?

Aベストアンサー

1について
絶対的にそうなりますよね。まあ、採用基準にもよりますが、短大卒~29歳まで働いておよそ7年。設立から若い会社なら、全員がそれなりに若く、このあとは 20代中心の職場ではなくなっていくかもしれないけれど、設立からある程度立っているなら、新陳代謝の激しい(つまり年齢があがると皆やめる)会社であるように思います。

>若い人ばかりの職場に対しどのように感じられるか
元気がある、スタミナがあり無理がきく、というイメージ?また、若い感性も期待できるかも。ただ、見通しをちゃんとたてているのか、仕事にもよりますが、他社との連携、トラブルへの対処など、その業界での常識的行動や経験が問われる場面では若干の不安があると思います。

2について
求人に応募する人にとってのメリットは「重要な仕事も任せてもらえそう」ということではないでしょうか?
氷河期以来、大手企業は採用を渋り、その結果氷河期直前に採用された40代がいつまでたっても新入社員(下っ端)がするような仕事ばかりさせられてきて、結局勤続年数に見合う実力がついていない、と問題になったことがあります。そういう意味では、経営に関わる仕事が距離的に近く、その経験を経て自分が起業家になりたい、という人も多くいるのではないでしょうか?
また、上下関係が嫌いなタイプであれば、そういった「上下の関係での煩わしさが少ない」ということがあるのかも?また、近い年齢なのでうまく空気があえば和気あいあいなサークル的なノリである会社もあるかもしれません。(会社によりますが…)

予想されるデメリットは、「若さ」のメリットである「体力」が期待される職場であるかもしれない、というところ。もちろん、面白い職場で自ら頑張っている、という人もいるでしょうが、会社的に「残業」に対して「当たり前」な会社であることが多いです。運動部的なノリで、長時間労働も厭わないタイプや、家庭などのしがらみがない「仕事第一」でいられる人(若い人)を望んでいる可能性は高い。(だから、そういった転機で辞めていくことが多かったり)。その上で、教育体制ができているとは思えません。採用後、「何もしなくても出来る人」をふるいにかけて、残った人だけ大事にする、という可能性も否定できません。「重要な仕事」をまかせてもらえる代わりに、それに対する研修や教育もなくただ「なんとかしてやって!」と投げられる可能性もあります。実際、そう投げられて四苦八苦している人を何人も見てきました。それでもやれる人はよいですが、やれなかった場合のサポートも会社によってあるとは限りません。プレッシャーに弱い人だと押しつぶされる可能性もあります。また、同じ年代の人が多い職場では、空気に「合う」「合わない」の落差が激しい可能性もあります。それは入ってみないとわかりませんが。

3について
今の時代、なかなか「これがそう」とは言えないかもしれませんね。
「職場」という点では「一生」を保障するところはありません。
自分で起業し、自分が「一生これでやっていく」と頑張れば、それは一生やっていける「職場」といえるのかな?今の時代、サラリーマンでも「自分会社」と思っているくらいのものを身につけていかなくては、何かあったときに対応できないように思います。私も派遣で10年同じ職場で働いていて、安定企業であっただけに「もしかしたら、このままいけるんじゃね?」とも思い始めた頃、まさかの部署ごと消滅。仕事場そのものが切られました。それでも、個人的に技術を持っていたので、なんとかフリーで食べています。

個人的な意見では
「機械に置き換えることができない」仕事であること。
「外国人労働者にはできにくい」仕事であること。
「生涯にわたって、一定の需要がある」仕事であること。
「素人がいきなりできない」仕事であること。
こういった点から人相手の細やかな対応が必要な仕事を扱う職場なんかが近いのかもしれません。

就職する会社があなたに合う職場であるとよいですね。

参考まで。

1について
絶対的にそうなりますよね。まあ、採用基準にもよりますが、短大卒~29歳まで働いておよそ7年。設立から若い会社なら、全員がそれなりに若く、このあとは 20代中心の職場ではなくなっていくかもしれないけれど、設立からある程度立っているなら、新陳代謝の激しい(つまり年齢があがると皆やめる)会社であるように思います。

>若い人ばかりの職場に対しどのように感じられるか
元気がある、スタミナがあり無理がきく、というイメージ?また、若い感性も期待できるかも。ただ、見通しをちゃんとたて...続きを読む

Q年金の支給開始年齢引き上げ?

このまま少子高齢化が加速すると年金の
支給開始年齢の引き上げも検討している
ようですがただそうなったとしてもいきなり
「支給開始年齢を来年から70歳にします」
なんてことにはならず66歳、67歳と段階的に
引き上げていくことになるのでしょうね?

Aベストアンサー

現在すでに、受給年齢の引き上げがされています、
生年月日が、
男性 昭和16年4月1日以前、女性 昭和21年4月1日以前のかたたちは、
報酬比例部分と定額部分共に、60歳から受給できましたが、

男性 昭和16年4月2日 ~ 昭和18年4月1日 、女性 昭和21年4月2日 ~ 昭和23年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ61歳から。

男性 昭和18年4月2日 ~ 昭和20年4月1日、女性 昭和23年4月2日 ~ 昭和25年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ62歳から。

男性 昭和20年4月2日 ~ 昭和22年4月1日、女性 昭和25年4月2日 ~ 昭和27年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ63歳から。

男性 昭和22年4月2日 ~ 昭和24年4月1日、女性 昭和27年4月2日 ~ 昭和29年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ64歳から。

男性 昭和24年4月2日 ~ 昭和28年4月1日、女性 昭和29年4月2日 ~ 昭和33年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ65歳から。

中略

男性 昭和28年4月2日 ~ 昭和30年4月1日、女性 昭和33年4月2日 ~ 昭和35年4月1日のかたがたは、
定額部分が65歳から。
報酬比例分が61歳からになります。

中略

男性 昭和36年4月2日 ~ 、女性 昭和41年4月2日 ~のかたがたは、
定額部分と報酬比例分の双方とも65歳からの受給になります。

男性は1953年4月2日以降、女性は1958年4月2日以降に生まれた方たちは、こういう予定のようです。

65歳から老齢厚生年金を受けることができる方が、
65歳からは受け取らずに、66歳以降に支給の繰下げの申出をした場合は、
そのときから増額された老齢厚生年金を受けることができます。

最終的には受給開始を70歳にするようです。
当然年齢引き上げは段階的に行うと思います。

現在すでに、受給年齢の引き上げがされています、
生年月日が、
男性 昭和16年4月1日以前、女性 昭和21年4月1日以前のかたたちは、
報酬比例部分と定額部分共に、60歳から受給できましたが、

男性 昭和16年4月2日 ~ 昭和18年4月1日 、女性 昭和21年4月2日 ~ 昭和23年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ61歳から。

男性 昭和18年4月2日 ~ 昭和20年4月1日、女性 昭和23年4月2日 ~ 昭和25年4月1日のかたがたは、
定額部分のみ62歳から。

男性 昭和20...続きを読む

Q会社の平均年齢

就職活動中の者です。
応募しようと思ってる会社があるのですが、平均年齢が20代後半で若い事業所です!と書いてありました。
平均年齢が低いというと、すぐ辞めていくという、あまりいいイメージはないのですが
敢えてそれを書くっていうことは平均年齢が低いことに別の意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私もかつて平均年齢が28歳と言う会社におりました。そこは急成長をしていて、毎年採用をして人数が増えるところでした。そのため10年以上平均年齢が上がりませんでした。
離職率は低いと言うほうではなかったですが、最悪と言う感じでもありませんでした。一方待遇は抜群でした。それだけ激務と言う意味でもありました。
世の中のベンチャー企業にはこういうところは結構ありますよ。
私のいた会社ではそれをマイナスに見るよりは、若いエネルギーに満ちた会社と考えていました。
単順に平均年齢だけで考えるのではなく、その実態で見るほうが良いのですが、これはなかなか社外からは伺えないところはありますね。
でも毎年平均年齢が1歳上がる会社は成長がないという意味ですから、それよりは良いと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報