ネットオークションでお酒を売ろうとしたら、「免許が無い人は販売してはいけません」とでていました。私は免許なしでネットオークションにワインを出したいのですが、どうすれば良いのでしょう。もしつかまるとどんな罰則があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下、国税庁のHPからの引用です。



Q10  家庭で不要となったウイスキーを小学校のバザーで販売したいと思いますが免許が必要ですか。

A    
  1  酒類の販売業をしようとする者は、販売場の所在地の所轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要がありますが(酒税法第9条)、酒類の販売業とは、酒類を継続的に販売することをいい、営利を目的とするかどうか又は特定若しくは不特定の者に販売するかどうかを問わないこととなっています。
 したがって、家庭で不要となった酒類を学校のバザーで販売するような場合は、通常は継続的な販売には該当しませんので、免許は必要ありません。
 これは、ガレージショップやインターネットオークションなどに酒類を出品する場合も基本的には同じです。


これを読むと、継続的でなければ、酒販免許は必要ない、と解釈できますが、詳しくは上記サイトを参照して、法律を遵守の上、販売するのがよいでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/sake/01/qanda/03/1 …
    • good
    • 0

本当は今年酒販法が撤廃になるはずでした。


今の時点では、撤廃は2年後以降になるということが決まったそうです。
罰則等は税務署に聞くと良いと思います。
    • good
    • 0

お酒を販売するには酒類小売り業免許が必要です。

これは酒税法の規定です。
免許を取得するには、申請者が健全な経営をしているか、など人的要件と人口に比例した需給調整上の要件などの規定があります。
また、新規の許可は年1回の審査に合格する必要があります。
よって、結論から言えばお酒を売ることは法律違反になります。違反した場合は税法違反になり、罰金と刑務所が待っています。あきらめましょう。
    • good
    • 0

違法行為を教唆した場合、このOKWeb自体の存続が危ぶまれると思われます。


このような内容を質問することは控えるべきだと思います。
どうしてもということであれば、免許を取るなり、近所の酒屋さんに委託するなり
ではないでしょうか?
ちなみに罰則規定などについては分かりません。

追記
同一内容の質問を複数上げることは止めましょう。
回答が発散してしまい、質問した側にとっても不利益ですし、
回答側にしても、どこに回答するべきかに悩みます。
また、ここは掲示板などでなく、FAQアーカイブです。
あとから来た、同様の疑問を抱えた方々が、
スマートに回答を得られるように気を配りましょう。

この回答への補足

Kamuyさんのご指摘ごもっともですね。質問の内容,ポシティングの方法ともにちょっと思慮が足りませんでしたね。これから気をつけますので、よろしくお願いします。

補足日時:2000/04/19 20:04
    • good
    • 0

お酒を売るには、許可が必要になります。

(どこが許認可権を持っているかすぐには分からないのですが)たしか、昔「こちかめ」で両さんが無断でうんぬんという話があったようにおもえます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお酒って値上げしてますが材料は上がってないんですよね?

何かのニュースで見ましたがお酒は値上げしたけど材料はあがってないんですよね?

ただメーカーか小売スーパーなどがボッタクリしてるだけですよね?
円高で麦の輸入は普段より安く買えたはずだし・・・・・

詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

どんなものでも、工場で機械を使って生産している以上、原油や電力が値上げされれば、影響を受けるのは当然です。

さて、お酒の価格ですが、ビールは本来、麦だけを使って作る酒ですが、現実問題として、日本のビールにはコーンスターチが混ざっていることが多く、これはバイオエタノールの普及に伴い、食用に回される分が減っているだけ、値上がりしています。麦の価格について言えば、あまり知られていないことですが、日本では米と同様の保護貿易を行っており、日本の小麦価格の水準にあわせてわざわざ関税をかけ、高額な小麦粉をパン屋・うどん屋などに納入するということをしているため、円高だろうがドル安だろうが、通常の小麦粉の値段は高止まりしてしまうのです。ビールの場合は小麦粉ではなく、厳密に言えば、小麦を初めとする麦が水を吸って発芽する状態になったもの(モルツ)を原料としているので、この保護貿易ルールに抵触するのかは、調べてみないと分かりません。ただし、上記のコーンスターチのような炭水化物は、酒税低減のために開発された発泡酒の場合、通常のビールよりも混入率が高いので、せっかく安価なものを作ったのに、コーンスターチ価格向上の影響をまともに受けてしまいます。また、麦は麦でも加工食品で、かつ、通常日本ではほとんど生産されていないデュラム麦をつかったスパゲッティについては、おそらく保護貿易的な関税はかかっていないので、私はよく、イタリア製パスタを安価に購入しているのですが、現在の市場動向は円高というよりもドル安と言ったほうが正しい状況であり、ヨーロッパ製品が値下がりすることはありません。むしろ、原油高で値段が上がっています。ちなみにこのパスタを主食とする生活を始めると、米を食っているのがバカバカしくなるほど安価であることに気がつきます。ある輸入食品店で見かけたのですが、パスタのところに「新しい主食」という宣伝文句を掲げてありました。

ワインの場合、ヨーロッパ産はやはり値上がり傾向です。新世界ワインの場合、まだ大きな影響は出ていないような気がしますが、カルフォルニアワインにはドル安が直撃し値上がりする可能性があります。その際、オーストラリア産、チリ産、南アフリカ産などに切り替えないと、酒量の多い人にとっては出費を抑えることは困難でしょう。

蒸留酒系では、アメリカのバーボンはまともにドル安の影響を受け価格があがるでしょう。ウィスキーの場合、本場はイギリスですが、世界各国で生産されていますので、市場動向を見てみればよいと思います。ウォッカの場合は、ロシアの景気が順調でルーブルの価値も上昇している可能性がありますので、そのような状態であれば、本場もののウォッカは値上がりする可能性が高いのではないでしょうか。国産の焼酎のついていえば、これらは多彩な材料を使って生産されているため、原材料となる炭水化物ごとに分類して分析してみないと、どれが値上がりし、どれが価格を維持しているのか分かりません。一般論としていえば、おそらくですが、イモ系は原材料そのものは国産なので極端には高騰しておらず、他方、そば系はカナダ産そばを使っている場合などでは材料費の高騰も予測されます。

いずれにせよ、日本国内の流通コストが原油高により上昇基調にありますので、暫定税率問題がかたづいて旧来通りの揮発油税率が復活してしまった場合、決して価格が下がることはありません。

スーパーはぼったくりをする余裕などない業界です。景気回復と言われながらも物価が停滞しているか、もしくはデフレ傾向の中で、いつまでも個人消費が回復せず、大苦戦をしています。消費者向け小売業はイトー・ヨーカドーやセブンイレブン、セブン銀行、西武とそごうの百貨店を所有し、幅広い分野で総合流通企業を志向し、徹底した売り上げ分析と小技の積みねや、新事業を小さく生み大きく育てることを得意とするセブンアンドアイ・ホールディングと、ひたすらスーパーを買収しまくり、大規模経営と業績の悪いスーパーの再建を得意とするイオン(ダイエーもイオンの影響下にあります)の2強の争いとなっており、それ以外の小売業者は、ほとんどもう、スーパーやコンビニにおける競争から脱落しています(伊勢丹や高島屋のような高級百貨店や、徹底してニッチマーケットを狙う成城石井などは別ですが)。両社とも「円高利益還元セール」をやっています。そこまでしないと、客が来ないのです。私はセブンアンドアイ・ホールディングの株を持っており、「景気が回復し物価が上がり始めれば、放っておいても値上がりする株だ」という根拠で購入を決めました。しかし、期待とは裏腹に、いつまでたっても個人消費に火がつかないので、株価があがりません。セブンアンドアイ・ホールディングの場合、飲料について「同じ製品なのに、ヨーカドーに納入する時は価格が安く、セブンイレブンに納入する時は高い価格にしているのは許容できない。セブンイレブンにもヨーカドーと同じ価格で納入しろ」というえぐい要求をメーカーにしたこともあります。結局、これは上手く行かなかったのですが、コンビニのように細かいスケジュールで1日に何回もトラックがやってくるような業態では、輸送コストが高額となり、結局のところ、スーパー向け価格でコンビニへの納入を行うのは不可能だったのです。

結論としていえば、酒の値段は大きく下がることは無いと思うし、それはメーカーやスーパーがぼったくっているからではありません。

どんなものでも、工場で機械を使って生産している以上、原油や電力が値上げされれば、影響を受けるのは当然です。

さて、お酒の価格ですが、ビールは本来、麦だけを使って作る酒ですが、現実問題として、日本のビールにはコーンスターチが混ざっていることが多く、これはバイオエタノールの普及に伴い、食用に回される分が減っているだけ、値上がりしています。麦の価格について言えば、あまり知られていないことですが、日本では米と同様の保護貿易を行っており、日本の小麦価格の水準にあわせてわざわざ関税...続きを読む

Q酒販免許がないのにネットオークションで酒を売るのは?

掲題の通りです。
酒販免許の申請内容が緩和されましたが、決して無免許の人が自由に
酒を売っていいということではないと思いますが、ネットオークション
では、特にプレミアムの値段ががつくお酒を個人が頻繁に売っていますね。
これはいいことなのですか?
それとも一旦業者から買ったお酒ならば、自由に売って構わないのですか。
そのあたりがよく分かりません。

Aベストアンサー

種類販売業免許は自由化されたので業として行いたいなら申請するだけです。業として行うのでなければ関係ない。中古パソコンの販売でも取引回数多ければ「業として」とみなされる可能性あれば摘発対象だが、警察署に届けるだけだから(記録残す必要もあるが)住所さえあれば(^^)だれでもできる。

お酒についてはYahooオークションの手引きはこうです。
(引用)
アルコール飲料(小売業者から購入し、購入したままの状態での転売であって酒税法による「酒類販売業」に該当しない場合を除く。また、酒類の通信販売業許可を受けた者が酒税法等の関連法令および国税庁の指導等に従って出品する場合も除きます。)
(引用終わり)

製造にも免許いるがたいていの場合はそういうケースではなさそうです。

Q6月からの高速料金値上げ

6月からの高速料金値上げ

色々もめていますが、結局まだ見通しがつかないままなのでしょうか?
それとも6月から値上げは実施なのでしょうか?

Aベストアンサー

既にTVなどのニュースで報道されています。

6月の実施は無理と言う事です。
その先いつになるかは、既に、国土交通大臣は何も言わず、国会にゆだねる。とだけ言っており、事実上、投げてしまったという形になっています。

現実的に未だ審議にも入っていませんし、衆議院が終わっても参議院が有ります。
また法律で変わったとしても、次は、高速道路会社が対応するシステム変更を行わなければ対応できません。

ニュースなどの中では、来年の3月末までに決められればなんて話も出ているくらいです。
現実的に無茶な日程だったんですよね。

QCDを売りたいんですが...........

掲示板自動書き込みソフトやメールアドレス収集ソフトを裏情報とセットで、激安でオークション等で売りたいのですが、やはりやばいでしょうか?逮捕された等の具体例があったら教えてもらいたいのですが。それとも、警告されるだけなのでしょうか?そこら辺に詳しい人がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
コピー品を堂々と売っている人でも運が良ければ逮捕もないでしょうし、
損害賠償も求められないでしょう。全てを摘発できているとは思えません。

しかし、捕まらないから犯罪を犯してもいいという考えは問題があります。
今違法なコピーを販売して利益が出たとしても、時効成立までは
逮捕される可能性が残ります。

あと、変な話ですが、ここで質問してしまった以上、「違法性を指摘された
経験がある」という前提で、なおかつその行為を行ったと判断されると
警告なしでズドンの可能性が高くなるでしょう。
「違法性があるとは思わなかった」という言い訳が出来ないわけですから
「悪質」と指摘されるでしょう。

ということで、人生を賭けてやるような行為ではないと思います。

Qなぜ、タバコとお酒に税金がかかるのでしょうか?日本だけでなく、他の国で

なぜ、タバコとお酒に税金がかかるのでしょうか?日本だけでなく、他の国でもタバコやお酒には特別に税金がかけられていますが、これは、多くの人が買ってしまう物で、国に税金が入りやすくなるからですか?それとも体に害があるから、多めに設定しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 酒に課税するのは、我が国では足利義満が最初と言われる。現在の酒税は、明治初年に始まった。
タバコは、明治中期、専売制度発足時に遡る。

課税理由
1 酒・タバコは嗜好品であって生活必需品ではなく、購買者が成人なので担税力が期待できる
2 飲みすぎ、吸い過ぎは健康を害する 必要以上の消費は好ましくない
3 酒・タバコは全体としてかなりの消費量があるので一定の税収が見込める
4 隣国と同じレベルで課税しないと、密輸が増加する

酒に課税しない国は例外的。
グルジア、ニュージーランド、ドバイ、香港、マカオくらい。なお、イスラム諸国は原則禁酒国。

Q酒の販売と配達の免許

お酒の販売は税務署に申請すれば出来るかと思いますが、
配達はもう一つ、別の申請が必要なのでしょうか?

店で酒を販売していても、いわゆるデリバリーを追加するなら申請が必要なのでしょうか?
その場合、どこでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

>店で酒を販売していても、いわゆるデリバリーを追加するなら申請が必要なのでしょうか?

一般酒類小売業免許を持っている、お店を持っていると考えました。
この場合ですと、デリバリーを追加するだけですから、特別な免許は必要ありません。
たとえば、商品を陳列するお店がなくても直接倉庫などから同一の都道府県のお客さんに
配送することもできます。

将来のために酒類小売業免許の3種類(一般酒類小売業免許、
通信販売酒類小売業免許、特殊酒類小売業免許)全部もってるよというのはよく聞きます。

インターネットを介しての販売となると、話はややこしいです。

Qお薦めの日本酒を教えてください。

日本酒について皆さんのご意見をお聞きします。
日本酒には、普通の日本酒や純米酒・吟醸酒等が有りますが、手ごろで(1.8リットルで2000円前後)おいしい日本酒を教えてください。
ところで、日本酒はそれだけで糖分のあるアルコールなのにそれを添加しているのでしょうか。私は、それが納得できなくて純米酒を飲んでいます。
できれば純米酒のおいしい日本酒を教えてください。

Aベストアンサー

 本醸造酒等でアルコールを添加する理由は、風味の幅が広がるから。確かに純米酒は瑞々しく一本気な飲み口ですが、ある意味ストレート過ぎる。本醸造酒の場合、確かに粗悪な醸造アルコールによっては悪酔いすることもありますが、旨い酒が各種あります。率直に『本醸造に始まり、本醸造に終わる。』という言葉にも一理あると思います。

 純米酒の蔵として、金沢・福光屋のリンクを貼ります。HPのほか、メルマガもあります。ここは『純米蔵宣言』した酒造メーカーで、端麗系の純米酒です。

 個人的には、宮城の一の蔵、浦霞、広島西条の賀茂鶴が好きです。一の蔵はHPを見ればわかりますが、『ひめぜん』『米米酒』など研究的な酒造りもしています。あと、盛岡・あさ開の『夢灯り』かな。食用米の”ひとめぼれ”を日本酒にしています。いずれも手頃なお値段です。

 ただ、これからのシーズンは『酒風呂』ですよ♪

参考URL:http://www.fukumitsuya.co.jp/

Qヤフーオークションで。お酒を少し売っただけで・・・

ヤフオクで、お酒を少し売って、そんな、家庭が潤うほどでもない
一本200円の利益のものを、10年ほど前にしていましたが
このたび、突然税務署員がやってくることになりました。
私どもが税務署に、関連するのなら、他の何十万人の
お酒のオークションをしている人達は、いったいどうなるのでしょうか
納得がいかないのですが、なにか対処方を教えて下さい。
どうしても納得いかないです。

Aベストアンサー

販売業免許等
http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/qa/03/10.htm
継続的な販売にならなければ免許はいらないとかかれているので
そのことは関係ないのではないですか。
脱税の時効は5年+2年でとっくに時効だと思いますし。
最近それ以外の継続的に仕入れて販売している物があって
確定申告していないとかではないのでしょうか。

Qタバコの値上げは、いつですか?

お酒などは値上げがあったようですが、タバコの値上げは、いつになりますか?
タバコが一箱1000円になるかも・・という嬉しい話を聞いたのですが、本当の話なんでしょうか?

Aベストアンサー

まだ具体的な日取りは出てないですよ。
直近の増税施行年は前回03年・前々回06年なので次は09年かな?と予想はしてますが、個人的には今年中でも良いですね。

その筋の情報はこちらのサイトなどが詳しいようです。
「日本禁煙学会」
http://www.nosmoke55.jp/

Q自己破産をすると酒・タバコの販売免許は取り上げられますか?

お願いします。
酒、タバコを含め個人商店をしている者ですが、自己破産をした場合、それらの販売免許は(税務署に?)返上しなければいけないのでしょうか?今の店を失っても商売は何とか続けたいと思っているのですが。
どうか教えて下さい!

Aベストアンサー

ロコスケです。

販売免許が取り上げられることはありません。
財産として第3者に転売とか譲渡とかして処分できないからです。
安心してください。
自己破産の申請をする際に財産のリストに入れる必要もありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報