アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

10歳の娘です。以前遠視のメガネを作りましたが、視力が落ちて前より見えなくなったので、もう一度検査に行ったところ、「近視か遠視か判断がつかなく瞳孔を開く薬を使い視力をはかる」ということで、アストロピンという点眼薬を渡され、一日二回三日やって検査するということでした。
土曜日から点眼したのですが、初め、眩しく目を開いていられないといい、宿題の文字も見えなくなり、今日は、色もわからないと言っています。
学校でも移動するのに友達に手を引いてもらっているそうです。
今日、眼科に行ってきましたが、「そのままで、土曜日に来てください」といわれました。子供は、とても不自由で不安で泣いています。このままでだいじょうぶでしょうか?どなたかしている方教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アトロピンは、調節麻痺効果が最も得られる散瞳薬で、主に小児の屈折検査に使用します。


これは他の散瞳薬に比べ、効果が長く続きます。
使用の際は、施設にもよりますが、1日2回程度の点眼を5~7日間続けてもらい、最終日に度数をチェックします。この際、散瞳しているので、眼底検査も行います。この点眼薬は、点眼終了後も個人差はありますが、10日~2週間ほどは散瞳している状態が持続しており、調節麻痺効果も続いていますので、天気のよい日はかなり眩しく、また、遠視がある場合はどこにもピントが合わないため、かなり見にくくなります(特に近くは見にくさが増します)。遠視の子供さんで、初めて眼鏡を掛ける場合は、この効果が続いている間にメガネを作ってもらい、掛けていただくと、調節緊張が働かない状態でメガネに慣れやすい利点もあります。

しかし、大抵の場合、3歳児健診等で屈折異常を指摘され、初回の屈折検査で高度の遠視が疑われたり、もう少し弱い調節麻痺剤でも十分に調節麻痺効果が得られなかったり、調節性内斜視が疑われる例に使用し、初回に行った後はアトロピンを使うことなく、サイプレジンなどの少し弱めの調節麻痺剤を使用します。

アトロピンでは前述しましたが、調節麻痺効果があるために遠視があるとピントがかなりぼやけます。しかし、色が分からなくなると言うことはありません。細かな色彩の絵を見ていて、ピントがぼやけたためにその細かい色の区別が付きにくいというのであればうなずけますが。

子供さんにとってはかなり辛いとは思いますが、うちの施設では10歳程度の子供さんの場合、アトロピンは使わずにサイプレジンで屈折検査を行う事がほとんどです。
昔の遠視の眼鏡はいつ作り、その眼鏡はきちんと掛けていたか、その間定期的にきちんと眼科診を受けられていたか等の詳細が書かれていませんので分かりませんが、遠視の子供さんの場合、ある程度遠視の眼鏡を掛けることにより視力が出てくると、眼鏡を外しても見えるので、外してしまいがちになり、その後眼鏡を掛けると調節緊張のために眼鏡度数が合わなくなり、逆に見にくさを訴えて余計に掛けるのを避けるようになります。視力発達時期を終えている時点で視力が出ていて眼鏡を外すならまだ良いですが(一概によいとも言えませんが)、まだ感受性期が続いているうちにこのような行動にでますと、弱視に逆戻りし、それが固定化してしまうことがあります。

遠視は子供の成長と共に減少傾向にありますが、過度の調節緊張があると、一見近視のように出てしまうことがあります。しかし、遠視度数によっては、遠くを見る時に調節力を使ってしまって、近視の結果が一見出ていても、近見視力が出ないというちぐはぐな結果が出ることがあります。こうなると、現在の屈折度数がどの程度あるのかの情報を調節麻痺剤を使用して検査しなくてはいけなくなります。頑固な調節緊張状態が起こっている場合は、サイプレジンによっても十分な調節麻痺効果が得られない場合もあります。

アトロピンによる副作用で発熱や、顔面紅潮など他の気になる症状がある場合は眼科に問い合わせてください。しかし、眩しさはどうしても出てしまうので、その旨を学校側にも伝え(運動会の季節で大変ですが)、できるだけ戸外の遊びも控えていただく他はありません。子供さんもイライラするとは思いますが、大事な検査なので、頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。土曜日に来てくださいと言われたものの、このまま、この状態が続くのか・・・ととても心配でした。お医者さんもこの検査は、慣れていないようで、使用説明書を見てやっているみたいで、不安でした。点眼をやめ、土曜日に検査で、大丈夫なのでしょうか?今回の検査は無意味になるのではないでしょうか?今朝6時半に点眼し、今、色について聞いたところ、少し色がわかるようになった気がすると言っています。このまま、見えるようになればいいのですが・・・もう少し、様子を見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/12 19:28

ほんの一月前まで眼科に通っていた者です。


私も検査のために瞳孔を開く目薬を使用していました。点眼後、半日程度まぶしく感じましたが、なんら以上はありません。なので、大丈夫だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。土曜日に来てくださいと言われたものの、このまま、この状態が続くのか・・・ととても心配でした。お医者さんもこの検査は、慣れていないようで、使用説明書を見てやっているみたいで、不安でした。もう少し、様子を見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/12 19:22

アトロピンという薬品ですね。


植物性の天然成分ですし、百年以上も昔から医療用に使われている薬品です。
副作用とかの問題もほとんど無い、安全なものです。

瞳孔が開いてまぶしいのは、その薬の本来の作用ですから心配ありません。
点眼後数時間から半日でその効果が切れ、普通の目の状態に戻ります。
半日の間隔をあけずに点眼しているので、瞳孔が開いたままになっているわけです。

とりあえず、サングラスでも使用されたら良いのではないかと思います。
点眼しないで半日以上経過すれば、元に戻ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。土曜日に来てくださいと言われたものの、このまま、この状態が続くのか・・・ととても心配でした。お医者さんもこの検査は、慣れていないようで、使用説明書を見てやっているみたいで、不安でした。もう少し、様子を見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/12 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 遠視<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    遠視とはどんな病気か  眼に入ってきた光は角膜(かくまく)・水晶体(すいしょうたい)を通過し、網膜(もうまく)に到達します。正視ではちょうど網膜上でピントが合っていますが、遠視では眼の奥行きの長さ(眼軸(がんじく))が短いことが多いため、網膜よりも後ろにピントが合う状態になります(図72)。  遠視は「遠くが見えるよい眼」と勘違いされがちですが、眼の屈折状態としては、本当は遠くにも近くにもピントが合ってい...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q子供が近視で、眼科で瞳孔を開く目薬を使ったら視力が上がりました

7歳の子供が近視で1年位前から眼科に通っています。最初は両目とも0.5でしたが数ヶ月前からだんだん
下がり去年の10月には0.3くらいでした。もうそろ
そろメガネを作ったほうがいいといわれていたので、
昨日はメガネを作るつもりで眼科に行きました。検査
をすると両目とも0.2でめがねを作ったほうがいい
でしょうといわれ、瞳孔を開く目薬を使って検査をす
ことになりました。ところが目薬をした後に再度視力
を測ると右が0.4左が0.7で今のところまだメガ
ネは必要ないといわれました。本人は背が高いので学
校の座席は一番後ろなのですが、黒板の字はちゃんと
見えるといっておりテレビなどを目を細めて見ること
もほとんどないのですが、それは普段は本来の視力が
でているからでしょうといわれました。メガネを作ら
なくていいといわれて内心ほっとしました。しかし後
で疑問が残りました。今まで検査をするたびにあまり
いい視力がでなかったのに、本当に普段はそれだけの
視力がでているのでしょうか?今回使った目薬の名前
はわからないのですが、数分おきに何度か目薬をさし
ました。2、3日近くが見にくくなってふらつくかも
しれないといわれました。この眼科では常に数人の医
師が診察しており特に指定しなければ毎回別の医師に
診てもらうことになってしまい、医師によって言うこ
とが違ったりするので以前から疑問に思っていました
。でもどの先生がいいのかわからずに今まで通ってい
ました。一番疑問なのは
やはり普段の視力が右0.4左0.7あるのかと
いうことです。医師は緊張によって裸眼視力の検査の
ときはどうしても近視よりになってしまうといってい
ましたが、日常生活の中でも緊張によってたびたび視
力が落ちているということはないのでしょうか?

7歳の子供が近視で1年位前から眼科に通っています。最初は両目とも0.5でしたが数ヶ月前からだんだん
下がり去年の10月には0.3くらいでした。もうそろ
そろメガネを作ったほうがいいといわれていたので、
昨日はメガネを作るつもりで眼科に行きました。検査
をすると両目とも0.2でめがねを作ったほうがいい
でしょうといわれ、瞳孔を開く目薬を使って検査をす
ことになりました。ところが目薬をした後に再度視力
を測ると右が0.4左が0.7で今のところまだメガ
ネは必要ないといわれました。...続きを読む

Aベストアンサー

眼科受診時に使われた調節麻痺剤は、効果の説明から、サイプレジンを使用したのだと思います。
小さいお子さんの場合、そのままの状態で視力検査したのでは物を見ようとした時に働く「調節」という状態が起こりやすく、正確な度数がどの程度あるのかがしっかり分かりません。調節が起こると、遠視がある場合は遠視の度数が減ったりあるいは近視の様に出たり、また屈折異常は無くても見かけ上近視化してしまったり、さらには調節緊張が起こりやすい場合は近視度数が実際以上に強く出てしまうことがあります。

視力の値だけでは、その人が遠視なのか近視なのか乱視の程度はどの位か等の肝心な情報が分かりませんが、文面を見る限りでは近視の傾向があるのでしょうか。問題は矯正視力が出ているかどうかですが、レンズを入れて測った視力は1.0以上あったんですよね?

矯正視力が出ていれば、まず一安心。
近視の子供さんの場合は、眼前に焦点が合う距離があるので弱視に陥る心配はあまりありません。
また肝心なのは度数です。どの程度の近視の度数が調節麻痺後に出たのかは教えてもらっていないのでしょうか?
裸眼視力は点眼薬を使う前でも後でも不安定で、確実とは言えません。もしかしたら、調節麻痺後の度数はそれほど近視が強く出なかったため、眼鏡無しで様子を見ましょうと言うことになったのかも知れません。
その辺がどうだったのか、ご心配ならもう一度その眼科で説明を受ける方が良いでしょう。

実際の度数がそれほどないのに、近視のメガネを作ると、逆に調節緊張を誘発してしまい、近視化をより進行させる可能性があります。
こればかりは実際のデータが無ければ適切な判断は仰げないと思います。

小学校低学年のお子さんの場合、近視の傾向があっても、両眼で見た視力が0.5以上(片眼視力は両眼視力よりも悪く出る傾向があります)あり、度数的にもそれほど強く無い場合は、眼鏡無しで様子を見ることが多いです。教科書も黒板も文字は大きいですので、子供さんもあまり不便を感じていないことが多く、教科書等近くの物ははっきり見えていますので。
子供さんがどうにも見にくそうにしている場合は、もう一度眼科でご相談された方が良いでしょう。

眼科受診時に使われた調節麻痺剤は、効果の説明から、サイプレジンを使用したのだと思います。
小さいお子さんの場合、そのままの状態で視力検査したのでは物を見ようとした時に働く「調節」という状態が起こりやすく、正確な度数がどの程度あるのかがしっかり分かりません。調節が起こると、遠視がある場合は遠視の度数が減ったりあるいは近視の様に出たり、また屈折異常は無くても見かけ上近視化してしまったり、さらには調節緊張が起こりやすい場合は近視度数が実際以上に強く出てしまうことがあります。

...続きを読む

Q子供の弱視 瞳孔を開く検査について

6歳の娘ですが、就学時検診で、左目の視力の悪さを指摘され、受診して検査を受けるように園から連絡がありました。

受診し、視力検査の結果、右目1.5、左目0,4でした。
遠視の弱視と診断され、瞳孔を広げる目薬をつけて検査をする為、1時間くらい時間がかかるので予約をとって後日詳しく検査しましょう、といわれ、2週間後に予約をしてきました。

後日、セカンドオピニオンで別の眼科を受診しました。

そこでも視力検査の結果、数値は同じで、遠視の弱視という診断も同じなのですが、2件目の眼科では一日一回、七日間、アトロピンという瞳孔を広げる目薬を朝にさして七日後に検査しますとのことでした。

1件目、2件目共に、検査は同じことをするのだと思うのですが、瞳孔を広げる薬を検査当日に使うやり方と、七日間点眼して検査するのとではなにか違いがあるのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 先に
>後日、セカンドオピニオンで別の眼科を受診しました。
 これは先に受診された眼科医からの紹介状でもあったのでしょうか。
Secondオピニオンは先に受診された医療機関の診断や治療方針も踏まえ、
他の医師の参考意見も加味し納得のいく治療を考えるということであって
ドクターショッピングではありません。そのところを承知願います。

 アトロピン点眼については、
先の医療機関で検査前の一度点眼については瞳孔を開いて屈折検査等をする為のことかと思います。二件目の医療機関で7日間点眼の指示については弱視、調節障害の場合、
治療の目的でアトロピンを7日間点眼してみるということもあり、
その結果を後日受診した際に初診時の状態と比較するという計画かと思います。

Q瞳孔を開く目薬の副作用について

子供の視力が2・3ヶ月でずいぶん落ちてしまいました。眼科に通っていましたがどんどん悪くなるので心配になり 他の眼科へも行ってしまいました。    そこで先週瞳孔を開く検査をし、結局いつも通ってる先生と同じことをいわれました。        その為いつも行ってる眼科へ定期検査に行ったところ来週もう一度瞳を広げて検査しましょうと言われてしまいました。                  先週やったばかりだといえずそんなに何度もその目薬を使い視力に悪い影響をあたえないか心配しています。黙って受けてしまってもよいでしょうか?正直に打ち明けた方がよいでしょうか。どうぞ教えてください。子供はまだ小学1年生です。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
屈折度数がどの程度かはお聞きではないのですね。

学童期の近視は、勉強やゲームなどで近くを長時間見続けることによって起こる調節緊張により、短期間に急速に近視化が進むことがあります。
調節緊張状態がほぐれると、裸眼視力が回復することがありますが、子供さんの調節力は強力ですのでなかなかほぐれにくいかも知れません。
まだ小学1年生ということですが、テレビゲームなどを長時間したりするのでしょうか?
近視化が進む時期としては、小学校高学年から大学受験期頃が多いようです。

この他、眼球の形態の問題で、眼の奥行き(眼軸)が長いことに因る軸性近視というものがあります。これは親が強い近視だったりすると、子供もそのようになることがあり、遺伝が関与します。もちろんこの軸性近視に調節緊張による屈折性近視が合わさることも多いです。

近視の場合は、特に高度でない限りは視力発達に影響することはほとんど無く、裸眼視力が0.5~0.7程度であれば低学年の内は子供さんが不自由を感じない限りは裸眼のまま様子を見ることがあります。
しかし、通常の屈折検査で近視だからといって甘く見てはいけません。前にも述べましたが、調節力を強く働かせる癖が付いている場合は、実は遠視であるのに、近視のように見えることがあるからです。
このため、小さなお子さんの場合、きちんとした屈折度数を把握するために調節麻痺剤(散瞳剤)を使用して正確な屈折度数の測定をする必要があります。

通常の検査で近視と出たお子さんが来られたら、裸眼での遠見視力(5m)と近見視力(眼前30cm)を測定します。近視であれば、遠見視力より、近見視力の方が良く出るはずです。遠視の場合は、その逆です。それは潜在している遠視度数を帳消しにするために必要以上に調節力を働かせる必要があり、30cmの距離を見る調節力はもう使い果たして無くなってしまうからです。しかし視力発達が十分でない弱視の状態にあり、中程度の遠視が存在する程度では、遠見も近見も裸眼視力が変わらない事もあります。しかし、薬を使わずにある程度の屈折異常の検討はつけることができます。

矯正視力は1.0以上出ているのでしょうか?また斜視の存在は指摘されませんでしたか?そうなると視力発達には問題ないと思われます。

短期間に急速に視力が落ちたのであれば、生活態度を改める事により、調節緊張が取れ、裸眼視力が回復することもありますので、まずは子供さんの物の見方、ゲームなど近くを見続ける時間がどの程度あるか、物を食べたり、本を読んだりする姿勢はどうかなどをじっくり観察してみてください。
正しい鉛筆、箸の持ち方、正しい姿勢、規則正しい生活をすれば、まだお小さいので回復が望めるかも知れません。今はマジカルアイや視力回復センターなどで視力回復を図る方が多いですが、生活習慣を変えなければ、結局また元の近視に戻ります。
成長と共に近視化の傾向に傾きがちですが、視力発達に問題が無く、眼底等に異常が無ければ、後はお子さんの現在の裸眼視力の状態により眼鏡装用の必要性を定期的に診てもらえば良いと思います。

まずは潜在する遠視が無いか、正確な屈折検査をしてもらい、今の子供さんの状態について医師、あるいは視能訓練士(眼科によってはいない所もあります)から納得のいく説明を受けてください。

補足ありがとうございます。
屈折度数がどの程度かはお聞きではないのですね。

学童期の近視は、勉強やゲームなどで近くを長時間見続けることによって起こる調節緊張により、短期間に急速に近視化が進むことがあります。
調節緊張状態がほぐれると、裸眼視力が回復することがありますが、子供さんの調節力は強力ですのでなかなかほぐれにくいかも知れません。
まだ小学1年生ということですが、テレビゲームなどを長時間したりするのでしょうか?
近視化が進む時期としては、小学校高学年から大学受験期頃...続きを読む

Q遠視検査のアトロピンを使われた方教えてください

3歳9ヶ月の男の子です。遠視と乱視による弱視と言われ、夏休みに入ったらアトロピンを1週間点眼して視力測定をし、眼鏡を作ります。
アトロピンを点眼すると、眩しく近くも遠くも見えにくいと聞いたのですが、子供はどのくらい不便なのでしょうか?
点眼中の1週間は家にこもる事になりそうですが、皆さんはどのように過ごされたのですか?絵本を読んであげるくらいしか思い浮かびません。
外遊びが大好きな息子のストレスをどのように解消して、トータル2週間を過ごせばいいのか不安です。
アドバイスお願いします。

眼鏡の下見に行った時に見せてもらった点眼していない時の視力データーですが、どういう意味なのでしょうか?
   +5.25  C+1.50  75
   +4.75  C+1.00 100

Aベストアンサー

以前、眼科で勤務していた者です。

アトロピン点眼ですが
これを使うと調節麻痺になると同時に散瞳状態(真っ暗闇で物を見ている時の瞳と同じ)となるので
外に出るとまぶしく感じたり近くのものが見づらかったりするかと思います。
ただ、見えづらいといっても個人差があります。まったく平気にしている子もいます。
お子様の調子に合わせてみてください。

また、視力のデータですが
おそらく上段が右眼、下段が左眼で
右に限定してみると
「+5.25」は遠視の度数を
「C +1.50」は乱視の度数を
「75」は乱視を矯正するレンズの角度を表します。
このレンズを使うとちょうど正視できるという事です。

最後に、眼鏡をとっても嫌がる子供が多いです。
「かえって見づらくなった」とか「かっこ悪い」とかいろいろ理由を並べてくるかもしれません。
しかし、遠視や弱視を矯正するためには正しく合わせた眼鏡を常用する事が大切になってきます。
保護者の方も大変かと思いますが、お子様に力を貸してあげてください。

Q子供の遠視の治療はいくつまでやるものですか?

子供の遠視の治療はいくつまでやるものですか?


小3女子(10月で9歳になります)の子供のことで相談します。

3歳児検診のときに視力検査で引っ掛かり、「遠視性乱視」とのことで
年中時(4歳10か月頃)からずっと眼鏡をかけています。


今年の春そのことで子供の治療方針について主人ともめました。
主人いわく「このままもうY(子供の名)は眼鏡は外れそうにもないから、お前も病院の付き添いは
大変だろうし、近所の眼鏡屋で定期的に視力測ってもらうようにすれば。」と。


確かに近所の眼鏡屋さんは病院で同じような機械で視力を測るようなものもあるし、
あの瞳孔をムリヤリ開く目薬を差して視力を測るものかえって目に負担をかけるような気がするし・・・。

とは、思いましたがやっぱ自己判断は駄目だと思い、私的には渋ってしまいました。
主人は渋った私に対して不機嫌でしたが、「あと1年通ったらやめたら。」とのことで話はおわりました。


もう9歳になるので通院以前に治療終了になる気もします。


あ、そういえば、子供の視力の状況とか書き添えておかねば…。


3歳児検診の後、大学病院の精密検査では斜視はないようです。
だいたい0.7~1.0の間を子供の機嫌で行ったり来たりしてました。
そのあと第2子の妊娠で身動きが取れず通院再開後4歳10カ月後
眼鏡着用開始。


その後1.0~1.2の間をキープするも、親の独断で2度ほど眼鏡を外させた時
視力が急落。

1度目は目がギラギラすると訴えたため主人が外そうと言い出した。

2度目は小2進級時フレームがなんかきついと言い出し、もう視力が安定しているから
大丈夫だと外し。

3か月もあれば急落していたと思います。
先生からは「この子は外してしまうと視力が落ちてしまうんだから眼鏡は掛け続けて
ください。」と怒られました。


ちなみに主人はド近眼のド乱視で眼鏡がないとなにもできないそうです。
私はずっと裸眼人生で過ごしています。

4月の話し合い(?)のときに「お前は眼鏡をかけたことがないから、わからないんだろう」的な
ことも言われました。わからないから不安なんです。


不安なのはやっぱり前科(2度勝手に眼鏡を外させて視力を落としてしまったこと)が
あることで、また独断で病院通いをやめて子供に不便というか不利な思いを
させたら嫌だなということです。


主人を納得させることは出来なくとも(理屈っぽいので、口では負けてしまうから(^_^;)
自分の中では納得したいです。

どうかアドバイスお願いします。



ちなみに主人情報としてもうひとつ。
子供のころ主人は「ロクに診察もせず、恫喝して眼鏡を買わせる眼科医」にかかって以来
眼科医不信なところがあります。(それは本人も自覚しております)

子供の遠視の治療はいくつまでやるものですか?


小3女子(10月で9歳になります)の子供のことで相談します。

3歳児検診のときに視力検査で引っ掛かり、「遠視性乱視」とのことで
年中時(4歳10か月頃)からずっと眼鏡をかけています。


今年の春そのことで子供の治療方針について主人ともめました。
主人いわく「このままもうY(子供の名)は眼鏡は外れそうにもないから、お前も病院の付き添いは
大変だろうし、近所の眼鏡屋で定期的に視力測ってもらうようにすれば。」と。


確かに近所の眼鏡屋さ...続きを読む

Aベストアンサー

お子様は、眼鏡がないとどうなんでしょうか? 見えないのではありませんか。
質問内容を見ていますと、大人の身勝手さを感じました。お子様の立場を考えてください。
お子様は9歳ですね。本人に聞いてみてください。
親の独断で、眼鏡を外させるなどと言うことは、正しいとは思えません。
一度眼科で詳しく検査してもらってください。相談することも大切です。
無理矢理瞳孔を開く・・・・・これは散瞳と言います。眼底を詳しく診るための検査です。目薬を差してから、4~5時間位でもとに戻りますので、心配はありません。

眼鏡屋で度を合わせて、眼鏡を作ることはさけてください。
眼科医で、定期的に検査を受けてください。それが大事ですよ。

私自身は、成人してから、遠視と言われて、眼鏡をかけ始めました。何と、世の中がバァーッと明るくなった感じがして、見える見えると嬉しかったことを覚えています。以来ずっと眼鏡をかけています。眼鏡なしの生活なんて、到底考えられません。
だって、眼鏡がないと見えないので、不自由するんですもの。眼鏡歴34年です。
眼鏡を作る時は、必ず眼科で検査して、処方箋を書いてもらってから、眼鏡屋に行きます。ずっとそうしてきました。
現在は、網膜色素変性症も併発していて、遮光眼鏡も合わせて使用しています。
その遮光眼鏡も、眼科医で、色を合わせてもらっています。これは、通常使っている眼鏡の上からかけることができます。これは外で使います。


>>ちなみに主人情報としてもうひとつ。
子供のころ主人は「ロクに診察もせず、恫喝して眼鏡を買わせる眼科医」にかかって以来
眼科医不信なところがあります。(それは本人も自覚しております)関係のない話まで書きました。

 この部分に関して、眼鏡を補聴器と置き換えます。
  私は子供の頃から補聴器使用です。
  私自身、子供の頃かかった耳鼻科医が、ろくなところじゃなかったから、補聴器を使わざるを得なかったんだと今でも不信   感があるのです。
  なので、補聴器は普段は使っていないのです。腹が立っていますので。
  檀那さんの眼科医不信も何となくわかるような気がします。それだけ心の闇が深いのでしょうね。自分と同じ思いを、子供  にさせたくないのだと思います。

 

この回答に、不快を感じたら、私のところに書き込んでくださいね。

お子様は、眼鏡がないとどうなんでしょうか? 見えないのではありませんか。
質問内容を見ていますと、大人の身勝手さを感じました。お子様の立場を考えてください。
お子様は9歳ですね。本人に聞いてみてください。
親の独断で、眼鏡を外させるなどと言うことは、正しいとは思えません。
一度眼科で詳しく検査してもらってください。相談することも大切です。
無理矢理瞳孔を開く・・・・・これは散瞳と言います。眼底を詳しく診るための検査です。目薬を差してから、4~5時間位でもとに戻りますので、心配は...続きを読む

Q2才の子供が明日からアトロピンを点眼します

2才8ヶ月の子供が、斜視の検査のために、一週間、一日一回、1%アトロピン点眼液という目薬を使います。
一週間後に、鎮静剤で眠らせて屈折の検査をすると言われています。
とにかく力が強くて、検査や注射など、病院にかかるたびに、大人3、4人がかりで押さえつけています。
先月、眼底の検査を受けた際も、大人3人で四苦八苦して点眼したので、家でどうやったら上手に点眼できるか困っています。
あるサイトで、熟睡している時に、下まぶたを引っ張って、目薬を落とせばよい、と書いてあるのをみつけたのですが、睡眠中に点眼しても差し支えないですか?
お知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
病院・検査関係ではずいぶん苦労されている文面とお見受けしました。
2歳8か月ということですが、毎回病院に行くことについてはどんな風に本人に話されていますか?
まだまだ小さいから理解できないと思わずに、小さい子は小さい子なりに色々考えているものです。
「小さな大人」のように子どもの分かる範囲の言葉を使ってきちんと説明して、少しずつ検査や注射の意味をわからせてあげるようにするのが、今日明日はうまくいかなくても最終的に一番よい方法と思います。

我が家も、生後1ヶ月半で分かった内臓疾患のために継続的な投薬・検査が必要でした。手術をしたのは生後半年ほどでしたが、その後も検査などで点滴を入れなくてはいけなかったり、超音波エコーなど苦手な検査もありました。

福音館書店の「かがくのとも」シリーズやその他、身体の仕組みを書いてあるような絵本などを読み聞かせるついでに、子どもの病気の話を簡単に説明したりして、普段から自分の身体について興味を持たせ、病院に行く時には突然ではなく、前日か数日前からそれが分かるようにしておきます。
病院で検査や注射をする時は、当然怖がると思いますが、検査内容を説明してその間動けないことやお母さんがずっと傍にいれる時には傍にいること、お医者さまや看護婦さんのいうことをきちんと聞けば一回で処置が終わることなども伝えます。
大事なのは、終わったら「頑張ったね」と褒めてあげることと、処置をして下さったお医者さまにきちんとお礼をいうこと(できれば子どもからも言わせること)、「これで早く治るね」と子どもに伝えることです。
薬をもらった時は、薬を見せて「この薬をきちんと使うと、早く治るよ」などと子どもに納得させること。

うちの子も、どうしても超音波エコーでにょろにょろと動いてしまってきちんとした腎臓の写真が撮れなかったり、1時間近く動いてはいけない放射線を使ったシンチグラムという検査では3歳までは導眠剤を使い、4歳からは横で私が読み聞かせ童話などを読むなどして気を散らせたりしておりました。
粉薬なども、本人が納得してさえすれば、3歳くらいで粉のまま、上を向いて口をあけた中に振り入れるという方法で飲めちゃったりします。

目薬は、今ちょうど3年生の長男が初体験で四苦八苦して自分で点眼しているので、つい目を閉じてしまう、というのは同じ状況と思いますが、それ以前にお子さん自身がそういった処置を怖がっているということ。
まずは本人がきちんと納得したうえで、絶対に痛くない、お母さんがやるから大丈夫、と信じさせてあげてください。
上手に動かないで点眼できたあとには、一口大のアイスとかちょっとしたおやつを用意しておいてあげるのも、お子さんなりに励みになると思います。一週間ほどですからね。

膝枕をしてあげて、目薬の先っぽをじいっとじいっと見つめてるんだよー。と言いながらそっと近付けて行って点眼しますが、一回やっちゃうとどうしても次は前の記憶から目を閉じてしまうので、やっぱり片手で両まぶたを開いて点眼してやることもしばしば。
それでも、頭さえ動かさないでいてくれれば、あっという間なんですよ。

近所のお友だちでスイミングなどに通っている子がいれば、スイミングの前後で子ども目薬を使っているお子さんは多いので、お願いして目薬使ってる体験の様子をお子さんと一緒に見せてもらうってのも、お子さん的に刺激になるように思います。トイレトレーニングと一緒ですね。
「目薬、上手にさせるようになったら、スイミングに通ってみる?」などと体験教室に申し込んじゃうとか(笑)

今回はすぐにお子さんが納得して協力してくれるとは限りませんので、熟睡している時に点眼するのもありと思いますが、中長期的に考えるとやっぱり色々お子さん自身が考えて理解できるというのが一番重要と思います。頑張ってくださいね。

こんにちは。
病院・検査関係ではずいぶん苦労されている文面とお見受けしました。
2歳8か月ということですが、毎回病院に行くことについてはどんな風に本人に話されていますか?
まだまだ小さいから理解できないと思わずに、小さい子は小さい子なりに色々考えているものです。
「小さな大人」のように子どもの分かる範囲の言葉を使ってきちんと説明して、少しずつ検査や注射の意味をわからせてあげるようにするのが、今日明日はうまくいかなくても最終的に一番よい方法と思います。

我が家も、生後1ヶ...続きを読む

Q4歳児で弱視。こんな歳からメガネなんて・・・。

4歳の子供が、たまたま行った視力検査で遠視が見つかり、このままだと視力の成長ができなくなる弱視と言われました。
今から小学校の高学年ぐらいまでメガネをかけて、なんとか視力を1.0ぐらいまでにあげたほうが良いと言われました。
メガネをしないでほおっておくと、目の視点もあわなくなったりする事もあるそうです。
しかも、牛乳瓶の底のような分厚いメガネらしく、きっと不便になるだろうと思います。
そろそろサッカーなどのスポーツも始めたいと思っていましたが、メガネをかけていても可能でしょうか?
メガネって子供にとっては全てがマイナスなイメージなので、なんだか気が滅入ってしまって・・・。
メガネっ子ってどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私の弟も4歳くらいから眼鏡をしていました。
1分でもじっとしていることができないくらい
よく動く子で、スポーツも好きだったので、
サッカー、野球等のスポーツしていましたよ。
サッカー等のスポーツをするときは眼鏡をはずしていたみたいです。
スポーツをするときだけ眼鏡をはずしても良いかは病院で相談してみてください。
眼鏡は中学生になるくらいにははずしていましたが、
中学生の時には部活でサッカー部に入ってました。
スポーツ嫌いになるかは人それぞれだと思います。

特に弟は眼鏡をしていることでからかわれてもいなかったように思います。
親がメガネっ子なんて思ってしまったらそれこそかわいそうです。

弟の視力は両目で0.8くらいあるみたいなので
今では普段は眼鏡をしないで生活をしています。

私の周りでは子供のころは視力がよかったけど、
今では眼鏡、コンタクトがないと生活ができないといってる人がたくさんいます。

大人になったときでも視力はある程度良いにこしたことはないと思います。

もし眼鏡が理由で治療をしないとして、
お子様が将来、もし裸眼での視力がある程度求められる仕事を
したいと思ったときに、小さいころに治していなかったことを後悔すると思います。

眼鏡をしていても楽しそうに遊んでいる子はたくさんいますよ。
ぜひお子様が気に入る眼鏡を選んであげて下さい。

私の弟も4歳くらいから眼鏡をしていました。
1分でもじっとしていることができないくらい
よく動く子で、スポーツも好きだったので、
サッカー、野球等のスポーツしていましたよ。
サッカー等のスポーツをするときは眼鏡をはずしていたみたいです。
スポーツをするときだけ眼鏡をはずしても良いかは病院で相談してみてください。
眼鏡は中学生になるくらいにははずしていましたが、
中学生の時には部活でサッカー部に入ってました。
スポーツ嫌いになるかは人それぞれだと思います。

特に弟は眼鏡を...続きを読む

Qアトロピンとサイプレジンの

5歳になる娘が強度の遠視による弱視と診断され、来週より5日間のアトロピンの点眼後に眼鏡作成のための検査になりました。
アトロピンの副作用や、点眼中はもちろん点眼後もしばらくの間眩しかったり辛いと聞き、仕方のない事とはいえ戸惑っております。

別の病院にお電話してみましたところ、そちらでは幼稚園前の子供にはアトロピンを使用することが多いが(7日間点眼)、幼稚園以上の子供にはサイプレジンの場合が多いと聞き、サイプレジンなら病院で点眼後にすぐ検査になり、その後の眩しい期間も2~3日との事で、その2つの目薬の違いに驚きました。
もちろん病院で実際に診ていただいてからどちらを使うか先生がお決めになるとの事ですが・・・。ちなみにそちらの病院は小児専門で、眼科は紹介状が必ず必要&初診予約まで2ヶ月ほど待たなければならないのです。

そこでお尋ねしたいのですが、アトロピンとサイプレンジンは検査結果に違いがあるのでしょうか?

ぜひご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

眼科医です。
調節麻痺をさせ、正確な検査をするならばアトロピンのほうがよいのですが、おっしゃるように1週間ぐらい散瞳し、まぶしくなってしまうため、サイプレジンを使用することがおおいですね。
最近はサイプレジンとミドリンの併用、もしくはサイプレジン単独による調節麻痺がどちらかといえば多いのですが、先に述べたように、アトロピンのほうが正確な検査になるので、そちらを選ぶ先生も少なくありません。

Q視力回復につかう目薬 なぜ瞳孔を開くと視力回復につながるのか?

眼科で視力回復のため瞳孔を開かせる目薬をもらいました。
なぜ、視力回復に瞳孔を開かせるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

散瞳剤といいます。ミドリンでしょうか?

まず、目には調節という機能があります。
簡単に言えば、遠くを見たり近くを見たりするときに、ピント調節しています。

次に、仮性近視というのは、この調節が痙攣したりなどの障害がある状態です。近視とはまた様子が違います。

この仮性近視の方によく処方されるのが、あなたが処方された散瞳剤です。
散瞳剤というのは、いわゆる調節麻痺剤ですが、ピント調節させる筋肉の緊張をほぐし、遠くの方を見ているのと同じ状態にします。 
薬が効いている間は近くの物が見にくくなりますから、就寝前に点眼します。

これを持続させてみて効果がなければ、近視ということになりますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報