経済について初心者でわかりません。

今日の朝日新聞でマイナス成長になる見通しだとでてました。
そこで、疑問に感じたのですが、何故、経済はプラス成長が前提として論じられているのでしょうか。プラスもあれば、マイナスもあるのは当然だと思うのですが・・・「2年連続は初めて」とかっておおげさに新聞ででていましたが、マイナス成長ってそんなに珍しいものなんですか。また、こういった見通しの発表は、さらに消費者心理を悪化させるものだと思うんですが、何の為にするのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も系統的に経済を勉強したわけではありませんが、、、。



「2年連続は初めて」というぐらいだから、やっぱり珍しいことだと思います。(なんせ、「初めて」なんだから。) 実際、戦後の日本では、オイルショックのときを除き、最近までマイナス成長になることはなかったみたいです。

clef さんがおっしゃるように、プラス成長を前提しない経済のしくみを構築すべきだと、論じる人は最近増えてきています。

たしかに、こういった見通しの発表は、消費者心理を悪化させます。それ以上に、経営者の心理を悪化させることの方が、より深刻だと思います。それは、プラス成長を前提にしているからです。「マイナス成長でも問題ではないんだ!」と冷静に受け止めることができたらなら、人々は実態経済にあった行動をとるでしょう。

見通しを発表しない場合、人々に疑心暗鬼になり、事実以上の心理悪化を生み出します。冷静な行動を阻害します。

狂牛病に対する官庁の対策が批判されているのも、まさに、情報を隠そうとしたり、事実と異なる発表したことにあります。

成長率の見通しにかぎらず、正しい情報は、冷静な(合理的な)消費者や企業にとって、最善の行動をもたらします。これは、日本全体にとっても、最善の行動だと、経済学では考えています。 そういう意味で、重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>プラス成長を前提しない経済のしくみを構築すべきだと、論じる人は最近増えてきています。

そうなんですか~私の母に今回の話をしたところ、やはり疑問に思ってたとのことでした。日本では、資本主義が本当に理想のように言われてますが、今のアメリカをみてると、やはり疑問を感じます。(テロ事件でその気持ちは余計強くなりました)だからといって共産主義やその他の主義が良いとも言えないんですが・・・難しい問題ですよね、本当に。


重ね重ね、回答いただきまして有難うございました。

お礼日時:2001/11/08 01:16

>「2年連続は初めて」とかっておおげさに新聞ででていましたが


マイナス成長自体に陥ることを問題にしているのではないと思います。
この見通しを発表したのは、日本国政府であり、今年度の見通しがプラス成長であったものをマイナスに変更したということを問題にしていると思います。

1.今回発表された数字よりも将来発表される実際の数字が更に悪化する可能性がある(経済の方向観が変った)
2.政府見通しに従い予算を組みたてており、経済成長率が下がるということは税収が当初見込みよりも下回るということを意味している
3.もともと政府が行っていたプラス見通し自体が甘い認識であったという疑い

などを問題としていると思います。

>こういった見通しの発表は、さらに消費者心理を悪化させるものだ
全く影響がないとは言い切れませんが、それほど大きなものではないと思います。消費者が物を買うか買わないかという行為の裏付けとなるのは、消費者自身の収入などの都合の方が遥かに強いからです。従って、12月の賞与(結構下がるといわれていますが)が幾ら貰えるかというものの方が消費者心理に影響を与えるものだと考えることが自然です。但し、この3月までの景気が良くないということは次の6月の賞与も芳しいことではないという予想を与えるものですので、そういう点においては影響が出ると言えます。

>何の為にするのでしょうか
前述と重なる部分ですが、先日政府は補正予算(今年度予算の追加を行うこと)を発表いたしました。また、1~2ヶ月後には第2次補正予算が噂されています。これらの行動が妥当であるかどうかということを判断するためには政府自身が自らの経済成長見通しを発表し、判断の基準を設けることが重要だと思います。
余談ですが、経済成長率の見通しを発表しているのは政府だけではなく、IMFや各経済研究所も行っています。政府の予想と他の予想を比較すると、政府の予想が楽観的な場合が多いように思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>マイナス成長自体に陥ることを問題にしているのではないと思います。

スイマセン。経済に疎いもので・・・ただ、見通しが2年連続のマイナス成長が初めてだということは実質のマイナス成長も初めてなのではないかと勝手に想像してしまたのです。混同してる部分があったのかも知れません。やはり、yohsshiさんの指摘されているところが今回の記事の主旨でしたね。盲点でした。

どうも、詳しくご説明有難うございました。よく、わかりました。もっと、政治や経済に関心を持とうと思います。

お礼日時:2001/11/08 01:06

補足です。



たしかに、新聞などのメディアが、必要以上に人々の不安感をあおるの問題だと思います。 ただ、メディアはセンセーショナルに、ものごとを報じて、売り上げを伸ばそうとするものです。冷静な消費者であるためには、そういう前提で新聞も読むべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>成長率の見通しにかぎらず、正しい情報は、冷静な(合理的な)消費者や企業にとって、最善の行動をもたらします。これは、日本全体にとっても、最善の行動だと、経済学では考えています。


正しい情報が最善の行動をもたらすのなら、政府はかなり甘い見通しをしていたものだと思います。おそらく、消費者も経営者も感覚としては、2年よりもっと以前から不況を感じていたと思います。だとしたら、それまでの発表は嘘だったということになるのでしょうか??


回答どうも有難うございました。何となくわかったような気がします。
hazenokiさんのおっしゃるとおり、本当にメディアの情報操作はたいしたものだと思います。人の噂のパワーを考えると「第三の権力」というより「第一の権力」といった方がいいと思います。

お礼日時:2001/11/08 00:54

まず、GDPというものが何から構成されているかを知らないといけないのですが、おおざっぱに言ってしまえば、企業がどれだけ生産したかを総計したものと言えるでしょう。


で、資本主義における企業のあり方というのは、拡大再生産が前提になっていますから、資本主義の発達は、GDPの増加と結びつくわけです。企業の利益が増えてこそ、社員の給料も増えるわけですから、デフレの問題を考慮しなければ、やはり、経済が発展していると言うためには、GDPは伸びて行かねばならないのでしょう。
見通しの発表は、政府が行うもので、これに基づいて、政策を打ち出すためにも、正確な情報開示が必要になります。確かに、マイナスのアナウンス効果はありますが、将来に備えるためには、うそをいって、それを信じた人をだますわけにもいかないでしょうし、民間の経済研究所なども、見通しを発表しますから、その情報までコントロールできない以上、発表せざるを得ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>資本主義における企業のあり方というのは、拡大再生産が前提になっています。

そうでした、日本は資本主義社会でした(笑)。そうですよね。利益を追求するということは必然的にプラス成長を見込んでいるってことですもんね。


回答有難うございました。

お礼日時:2001/11/08 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

日本は人口が減っているのに0.5%もなぜ成長出来ているのでしょうか?

正社員は23万人減って、非正規労働者は172万人も増加しています。

貧困層が増加する一方なのに経済成長率は0.5%でも伸びているのが不思議です。

普通は貧乏人が増えれば増えるほど消費は鈍化して経済成長率はマイナスになると思うんですが逆にプラスになっているのが不思議でなりません。

どういう仕組みですか?

人口も減って、非正規労働者の貧困層が増加して、どうやって+0.5%の経済成長率になるんですか?

Aベストアンサー

たぶん、今も量的金融緩和をやっているからです。年間80兆円。

アメリカでは、量的金融緩和で3年間も経済が成長し続けました。
日本は、1年間ちょっとだけで、あとは消費税アップで頭打ち。
それでも、莫大な金融緩和のせいで、なんとか0.5%という数字が保たれている、と思われます。

消費税アップさえしなければ、経済がもっと成長し、一般税収もあがり、財政再建もできていたでしょう。

Q12:23 日銀、マイナス金利導入を決定日本経済新聞 ↓日銀のマイナス金利は銀行だけしか関係な

12:23 日銀、マイナス金利導入を決定
日本経済新聞

日銀のマイナス金利は銀行だけしか関係ない。一般市民には関係ない。

10年固定型の住宅ローン金利 過去最低水準に
NHK


日銀のマイナス金利は銀行にしか関係がない。一般市民には影響がないと言っていたのに住宅ローン金利が過去最低になりました。

マイナス金利によって住宅ローン金利以外に他に影響が出ることって何がありますか?

影響が出ないって嘘じゃんって思いましたので質問してみました。

マイナス金利によって影響が出ることを羅列してください。

Aベストアンサー

以外でしょうが、地方の銀行の経営が悪化して、潜在的な取り付け騒ぎの可能性があります。
今回のマイナス金利は新規の日銀への当座預金に対してだけなのは、今、銀行の主力収入源が当座預金の金利だからです。それで日銀はそれを踏まえて現在の預金残高に対しては従来通りに0.1%の金利を与え、利ザヤ0.085-0.075%程度を確保してあげています。
これなくなると、株式信託みたいなものしか有力でかつ即効性のある資金移動先がないために、地方の銀行は大変な騒ぎになっていると思います。地方の銀行は企業融資機能は相当に低下しているとされていますから、地銀から企業にお金が回る可能性は薄いでしょう。

また、黒田総裁が指摘するように金利カーブを下押しするのが目的ですから、
1.長期金利の下押しからの住宅ローンの下押し、
2.生命保険配当金の下押し、
3.優良貸出金利の下押し、
4、信託投資への資金流入、
5、海外信託投資への資金の流れ予想から円安方向への移動、
6、カードローンやリボ払いカードへのより一層の積極的アプローチ、
このような事態は予測され、それで長期金利の低下、日経平均の上昇、円安への転換など、速攻、現れて来ています。
興味が有るようでしたら、来週以降、地銀の株価に注目してください。そして、ひょっとして、株価維持のために優待を導入する銀行が増えるかもしれません。

以外でしょうが、地方の銀行の経営が悪化して、潜在的な取り付け騒ぎの可能性があります。
今回のマイナス金利は新規の日銀への当座預金に対してだけなのは、今、銀行の主力収入源が当座預金の金利だからです。それで日銀はそれを踏まえて現在の預金残高に対しては従来通りに0.1%の金利を与え、利ザヤ0.085-0.075%程度を確保してあげています。
これなくなると、株式信託みたいなものしか有力でかつ即効性のある資金移動先がないために、地方の銀行は大変な騒ぎになっていると思います。地方の銀行は企業融資機能...続きを読む

Q日本と韓国などと経済協定はプラスかマイナスか

日本と韓国は文化は違うとはいえ、地理的にも近く、共通する部分もあります。

将来的には同じ地域の国として、今より関係が深くなっていく可能性は高いかと思います。


特にアジアは日本モデルをマネした経緯もあり、産業の似ていたりすると思います。

現在は日本と韓国は部品と製品の関係で垂直的だと聞きます。



もし、(日本として)韓国と(自由な)経済協定すると、製品がかち合う可能性がありますね。
逆に何らかの分業がおこったり、市場が大きくなったりするかもしれないですね。

かといって、海を挟むと限界がありますね。

同じ現象は台湾などもいえると思います。

ドイツとフランスというようなわけにもいかないようにも思えす。

実際自由な経済協定はプラスなのでしょうか?マイナスなのでしょうか?

(マイナスでも地域安定にはある程度が工夫など必要なのかと思います。)

Aベストアンサー

メリットがある、ないという問題ではなく、
日本にとって、韓国は、貿易額が第三位。
韓国にとっても、日本は、貿易額が第三位という
経済的な結びつきの強い国同士であるがゆえに、
必要なのです。

なぜ、必要かと言えば、例えば、TPPのように
新しい貿易の仕組みを作ろうという時に、
日韓だけが、古いままで良いということには、
ならないのですよ。

例えば、日本の企業が、同じ製品を日本と米国の両国で
作っていたとします。
韓国がその製品を使おうと思った時、
日本から輸入すると8%の関税がかかり、
米国から輸入すると関税ゼロならば、
米国から輸入するでしょう。
日本の技術が米国を潤すだけで、日本にメリットはない
ということにも、なりかねないからです。

メリット・デメリットというのは、
日韓がお互いに、お互いの国のメリットになるように
交渉することになるので、単純な問題ではありません。

Q戦後の経済成長にプラスになった政策は?

戦後の日本経済は年平均8%ぐらいの成長を遂げました。その原因はもちろん、アメリカの支援などが挙げられますが、政策の面でプラスになった政策はどんな政策がありますか。教えてください。

Aベストアンサー

日本の経済成長はアメリカの支援と考えるからイラク派兵のような事態が起きてしまう、
日本の経済成長は日本国の米軍基地化の代償です。
今後の米軍基地化から脱却するためにはアメリカ従属に分かれて独立体制にすことが重要です。
結果的には日本独自の政策は60年間にわたり存在しない国が日本です。
革新はとは違いますよ、現実派です。

Qたった1年半でどうやって経済好転、マイナス成長どう

消費税増税8%の施行によりGDPはマイナス成長へと陥る見込みで、これから日本経済は厳しい状況へ向かう可能性が高くなっています。



となると安倍政権は’たった1年半’で2013年度時より格段によい景気状態へと経済活性化をさせなくてはいけない事になります。

第三の矢とされる経済政策は基本的に長期的なものですし、実際第三の矢で大きなニュースとなった医薬品のネット販売の規制緩和では全く経済成長へは繋がっていません。



たった1年半で安倍政権はどうやってデフレを脱却し経済を活性化し消費税増税に耐えうる(マイナス成長にならないような)経済状態を作ろうというのですか?




(今では増税によってマイナス成長となった、その分の経済対策を行わなくてはならなくなっていますよね。なんか1歩進んで2歩下がるを繰り返しているだけのように見えるのですが、、、。)

Aベストアンサー

経済好転は、100%自国生産にすることで可能になります。増税の働け号令方式では無理です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報