黄葉を人為的に2-3日で起こさせる方法があれば教えてください。
紅葉でなくて、黄葉です。葉緑素をなくすと、元の黄色が出て来るという回答がありましたが、そのような種類の植物を今の秋の季節に少し人為的に速く黄葉させたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。

すごく難しいでしね。

落葉樹の場合、環境によって、同種の樹木でも、紅葉、黄葉両方どちらかになりますから、黄葉させたい樹木を現場で見ないと、絶対と言う保証は無いです。
桂、イチョウ、夏つばきとかですと、葉にカロチノイドが多いので、黄葉になる傾向があります。

これから、強い寒気が南下する日の夜から深夜にかけて、黄葉させたい樹木に、多量の水道水を霧状にして噴霧し、樹木の葉、枝、幹を強制冷却すれば、数日中に黄葉します。
これを寒気が南下している間に数回繰り返せば、理論上、可能ですが・・・・、
生育環境、タイミング、樹木の活動状態で偏差がありますので、熟練した方でないと「絶対」とか、「鮮やかに」全ての方が体験出きるとは限らないと思います。
私がやったときは、色を拘らず、紅葉を人工的に促進させる目的のでしたので、成功しました。

黄葉させるには、樹種の選択が大切です。
鮮やかさを求めなければ、実現は可能です。

がんばって成功させてね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

期待通りのご指導がいただけて、本当にうれしいです。
正しい名前は分かりませんが、徳島で「木イチゴ」と呼んでいる「やつで」のような5枚葉の植物です。
黄色く黄葉することは分かっているのですが、必要な日が限定されて居るものですから、自然のもののほかに、作為的に色づかせることができないかと、素人が、知らないまま、冷蔵庫に入れてみたり、薄い酢酸に付けてみたり、まるで、子供の遊びをやっていました。

ありがとうございました。とにかく、温度差と、水による冷却など、いろいろやってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 01:27

制限がなければ、白菜のハッパを外にほおって置くと黄色くなります。


イチョウの葉っぱでも、ちぎって車のダッシュボードにおいておけば、黄色くなる。でも、そういうのは反則ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
生け花の材料として使いたいので、日照時間の調節や、温度の変化など試しています。

お忙しい中を早々とお返事くださったことに感謝します。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 22:26

どのような状態で黄葉させたいのかはわかりませんが生きている状態で黄葉させたいのなら、時計を進めるしかないでしょう。


昼間は太陽に当て、夜は冷やすと植物は冬だと勘違いして黄葉し始めるはずです。
ただ、2~3日でなるとは思えませんが。
1週間もすれば黄葉すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中をありがとうございます。
木イチゴの葉を家内が生け花で使いますのに、いろいろとやっていまして、
ご指導の通り、夜は冷蔵庫に入れ昼は、少しの時間太陽にさらし、などしています。自信がないので、ご専門の方のご意見を聞いて、確かめようと思いました。

まだ、実験を始めたばかりで、この月の15日に使いたいので、運を天に任せています。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qきのこって植物ですが葉緑素がないのでしょうか?

こども(小5)と話していて わからず 困っています。教えてください。

光合成の話をしてて、「葉緑素ってあるけど、これがないと地球には酸素は無かったんだよ。」(NHKの番組から得た知識)と説明していたら「きのこは植物だけど緑色でないから、たぶん葉緑素が無いのではないか?」と質問されてしまいました。
確か きのこって 種でなくて胞子ですよね。原始的な植物なのでしょうか?また、葉緑素は元々は単独の生き物だったのが植物細胞に取り込まれた(取り込んだ?)とも聞いたことがあるので きのこは それ以前の植物の生き残り(生きた化石?)なのでしょうか?
それとも 葉緑素を持たない植物はたくさんあるのでしょうか?逆に 葉緑素を持つ 動物(バクテリアを越えたレベルで)はいるのでしょうか?(SF小説にありましたが 葉緑素を持つ人間の話がありました。太陽にあたるだけで お腹が一杯になるって・・。小松か星だったような)

いろいろと書いてしまいましたが 葉緑素と葉緑体の違いもわからない状況です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

すみません、ウソこいてました。
キノコ(菌類)も植物に分類される、かも知れません。キノコの生物学上の分類は

「真核生物超界 菌界 真正菌門 担子菌類」

のようです。一方、われわれが良く知っている植物は

「真核生物超界 植物界」

に分類されています。菌界と植物界で分かれるわけですが、植物界に分類されるものを「植物」というならキノコは植物ではないのですが、真核生物超界自体が植物に分類されるようです。

したがって、「キノコは葉緑体のない植物」という見解は正しい、かも知れません。
ちなみに、葉緑体を持つ動物としては「ミドリムシ」というのがおります。しかし、実はミドリムシは「中に植物を飼っている(共生している)動物」らしいので、厳密には違うのかもしれませんが、人間もお腹の中に種々の菌類を飼っていますし、その辺は一概に言えないかもしれません。

QALDH、ADHを人為的に活性化する方法

特別にお酒に弱いというわけではないのですが、ALDH、ADHを人為的に活性する方法、もしくはADHやALDHに拠らず、アルコール、アルデヒドを解毒・排出する方法にすごく興味があります。
何か良い方法はありませんか?
ちなみに私は身近なものから出来る方法としてNADやNADHを多めに摂取してみました。少しは効果があり、酩酊感が和らいだたような気がするのですが意味はありませんか?偽薬効果でしょうか

Aベストアンサー

薬:ハイチオールC(効能として日酔も表記されています)
サプリメント:ウコン、セサミン、シジミエキス等
が、それなりに効果があるようです。

それ以外に、ある程度お酒が飲める人なら、飲みすぎない程度の量を日常的に飲んでいると、誘導性の分解酵素が誘導されて、ある程度は分解力が高まると言われています(いわゆる、鍛えるということ)。

NADやNADHが効果があるかどうかは分かりませんが、もともと欠乏しているのでなければ、過剰摂取した程度で大きな効果があるとは期待しにくいのではないかと思います。

参考URL:http://www.ssp.co.jp/hc/data/effect.html

Q血は何故人為的に作れない?

医療技術はかなり進歩していますが、これは未だないですよね。
タイトルの質問に誰かご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

人工血液(代替血液)は存在しますよ。
ただ、いろいろと問題があるため一般には使用されません。

日本血液代替物学会(http://www.blood-sub.jp/home/index.html)
という団体もありますので参考にしてください。

Q秋になると何のために木は紅葉するのか?

紅葉の季節ですね。
赤や黄色の橙色の葉を見て疑問に想いました。

生物学的に見て、木は何故紅葉するのでしょうか?
生きる上で必要不可欠なのでしょうか?

Aベストアンサー

下記URLの一番上のQ&Aが参考になると思います。

http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_index.cgi?show_page=4

秋に葉が黄色くなるのは、クロロフィルが壊れて緑が消え、黄色のカロチノイドだけが残るからですが、葉が赤くなるのは、クロロフィルが壊れる前に、アントシアニンが作られ蓄積されるからです。

植物にとって日光は光合成に必要ですが、過剰の日光は有害に働きます。秋になって光合成の能力が低下してくると、同じ日光の照射量でも植物にとっては強すぎることになります。アントシアニンには葉緑体へ到達する光量を減少させることにより、弱った葉緑体を保護する役目があるそうです。

落葉自体の意味については諸説ありますが、これという定説は無いようです。夏の間に蓄えられた老廃物を廃棄するためという説と、冬季に水分が蒸散するのを防ぐためという説が有力です。

Q「毎年人為的にツバメの巣は壊すべき」って俗説?

引っ越してきたアパートの軒先にツバメの巣があり、今年もつがいがやってきました。

地元ラジオ局の昔話で、「去年使った巣では寄生虫などが繁殖しているため、ツバメの巣は毎年ヒトが壊してやらないと、今年来たツバメが病気になってしまう」という話をしており、それを信じて巣の上部を破壊してしまいました。
そのせいか、つがいは一匹だけ巣に入り、一匹はすぐそばにある配線箱の上にとまっています。

壊すべきと言うのは俗説だったのでしょうか。それとも、ちゃんと壊してあげて、作り直すのを待ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

冬という厳しい季節を超えて寄生虫が半年ほど生き残るかどうかという点が一点、巣に帰ってくるツバメは去年と同じツバメとは限らないという観察が報告されていることが一点、総じて思うに、俗説でしょう。巣作りに適した場所は早い者勝ちで奪い合う、というのが、実態のようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報