これについて教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

PCR法を用いた分子系統樹は,現在の分類学,分子系統学などで必要不可欠の技術ですが,参考書として以下の書籍を推薦しておきます.


1.三中信宏 1997 生物系統学 東京大学出版会 \5.600
2.岩槻邦男・馬渡峻輔(編) 1996 生物の種多様性(バイオディバーシティ・シリーズ1) 裳華房 \4.120
3.根井正利(五條堀孝・斎藤成也 共訳) 1990 分子進化遺伝学 培風館 \7.910
4.ワイリー,E.O. (宮正樹らの共訳)1991 系統分類学 文一総合出版 
分子系統樹の解説書としてはすべてが参考になるのですが,2が一番最初は分かりやすいかも知れません.4は系統分類学のバイブル的なモンですから,中身は濃いです.そして,1は分子系統樹を集中的に取り扱っており,分岐学にもとづいた再節約原理による系統樹,そして系統樹の信頼性を測る尺度であるブーツストラップ確率などについても,詳しく述べています.
一昔前は,アイソザイム(酵素多型)や形態学的な情報を,系統樹を作る際の”形質”としていましたが,今はDNAが最も用いられています.その辺は,学会誌をご覧になれば一番「今」の研究例がわかり,良いと思います.American Journal of Botanyは,オンラインで全論文が閲覧できるので(PDFファイル),参考書と論文を実際に読めば,その全容は分かると思います.
【PCRから分子系統樹】
PCRは試料のテンプレートDNAにプライマーと呼ばれる短い塩基対を付加させて,DNAを増幅させるわけですが,増幅させるDNA領域や用いるプライマーによって様々な方法があります.
RAPD法は一番てっとり早い方法です.ランダムプライマーといわれる市販のプライマーキットを用いて,トータルDNAを増幅させます.比較的近縁なものの類縁関係を解明するのに適しています.分子生態学,保全生態学の分野でもよく用いられます.
逆に,遠い類縁関係のものを明らかにする際には,変異が検出しやすいRAPD法では,変異が沢山あり過ぎて,適切な類縁関係が評価しづらくなります.そういう際には,葉緑体DNA(変異がより少ない.なぜなら母性遺伝であるため)などを用いてPCRを行うことが多いようです.
分子系統樹に用いられているものとしては,マイクロサテライト領域,mat-K,VNTR,PCR-RFLPなど,様々な方法があり,自分が対象とするものにあわせて使い分けられています.
増幅したDNA の電気泳動像より,分子系統樹を作成するわけですが,その際には再節約法(最大節約法)を用いることが最も多く,系統樹の信頼性を検定するために,ブーツストラップ確率を出します.確率が高ければ系統樹の信頼性も高くなります.それには,MacやPCでソフトウェアを用いて行いますが,系統解析フリーソフトとしてPHYLIP(Phylogeny Inference Package)を紹介しておきます.URLを参考にして下さい.また,系統樹を実際に描画するソフトなどとして,TreeView(http://taxonomy.zoology.gla.ac.uk/rod/treeview.h …)やMega(http://www.megasoftware.net/)があります.
実際に研究をされるのか,レポートなのか,分かりませんが,参考にしてみて下さいな.
    • good
    • 0

 質問が漠然としていますから、前の回答者以外の情報を入れておきます。

あなたがこの分野についてあまり知らないと仮定します。
 PCRは、DNAの特定の部分を指数関数的に増幅するための手段です。ごくわずかなサンプルからもターゲットとするDNA断片を大量に得ることができます。これを解析に使うわけです。
 分子系統樹を作るときには、得られたDNA断片の塩基配列をまず決定することが多いのです。系統樹を作る以上、いくつかの生物について塩基配列を決定していなければなりません。これらを比較すると、同じところと異なるところがあります。例えば、一つがAATGで、もう一つがATTGだったりする(本当は、塩基の数は1000にも達することが多いのです)。この場合、前者と後者では一つだけ塩基が入れ替わっています。
 このような塩基配列の違いをもとに、生物間の系統関係を推定します。得られた配列の違いを生じさせるためにどれだけの突然変異を必要とするのか、その最小数を計算して「生物間の近さ」を求めるのが節約法、類似度を計算して「近さ」を求めるのが「距離法」です。これ以外に最ゆう法という方法もあります。これらの方法論に関しては日本人の開発した方法が世界のスタンダードになっていることが多々あります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ものすごくよく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこのハエのような★昆虫&ヌケガラの画像★をご覧いただき名前を教えて下さ

このハエのような★昆虫&ヌケガラの画像★をご覧いただき名前を教えて下さい。
★注意★昆虫&ヌケガラの画像が気持ち悪い方は絶対に見ないようご注意下さい★
体長約1.5cm(羽を入れると2cm?以内ぐらい)お尻の下の方に白い部分あります。
7月4日「オオフタオビドロバチ」の巣穴から生まれてきました。
毎年上記のハチが巣作りする穴がありますが、
ハチが持ってきた幼虫用の餌から生まれるのかわかりませんが
時々別のモノが産まれる場合があり、今回初めて見ました。
(オオフタオビドロバチの子供は生まれたかわかりません)
大きめなので気になります。ご存知の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

添付画像は「コウヤツリアブ 」の可能性があります。

「コウヤツリアブ 」の特徴にそっくりです。
・羽の模様
・体長約1.5cmぐらい
・お尻の下の方に白い部分

また、
寄主を「オオフタオビドロバチ」も対象とします。
(ドロバチの仲間など約20種のハチの幼虫に寄生するようです。)

コウヤツリアブ
http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bamboohymeno/species/anthrax-aygulus/0007.html

検索してご確認を・・

Q受精卵の成長のついて

小学校5年の理科の授業で使いたいのですが、
人の受精卵の成長の様子が図解で載ってる、サイトを探しています。
どなたか、知っている方教えてください。写真でなく、絵のものが望ましいのですが。

Aベストアンサー

小学生向けに使えるのかどうか分かりませんが、Web上の資料サイトは「development embryo human」等で検索すると出てくると思います。たとえば、

the Visible Embryo(図は分かりやすい?)
http://www.visembryo.com/

Advanced Fertility Center of Chicago(体外受精時に撮影された初期胚の写真が充実)
http://www.advancedfertility.com/embryos.htm

The Multi-Dimensional Human Embryo(データ中心)
http://embryo.soad.umich.edu/

ただ、手っとり早いのは、大学生向け(医、看護など)の人体発生学の教科書から必要な図だけを抜粋することだと思います。いろんな教科書がありますよ、図が綺麗なのも。

Q神経細胞の細胞分裂ついて

海馬、大脳新皮質以外の脳の神経細胞は出生した時から細胞分裂しなくなるのか、成長がとまった時から細胞分裂しなくなるのか、そもそも細胞分裂しないのか。どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
神経細胞といいますのは基本的には分裂しません。海馬や大脳皮質で発見されたのは細胞分裂ではなく、厳密には「細胞新生」です。
細胞新生といいますのは「幹細胞」から新しい細胞が作られるということです。体細胞は作られたあとも分裂を繰り返しますが、神経細胞といいますのはDNAのタンパク質によって分裂機能が抑制されてしまい、その後は二度と分裂しません。このため、従来では成長後に神経細胞が増殖することはないと考えられていましたが、近年になり、「海馬」と「大脳皮質の一部」で「神経幹細胞による神経細胞の新生」が確認されました。新しい細胞が作られるというのは、海馬にはそれを生み出す「神経幹細胞」があるということです。

我々の脳の形成は生後三歳ごろまでとされています。胎児期には神経幹細胞そのものが活発に分裂を繰り返し、脳の材料が余るほど大量に作られます。出生前をピークにこれが概ね三歳ごろまで続くわけですが、その間、分裂新生した細胞は大脳や小脳などの組織、役割に応じて順に機能が分化してゆきます。これにより、役割の決まった神経細胞には特殊なタンパク質が作られ、その後は二度と分裂できなくなります。そして、役割の決まらなかった余分な細胞は容赦なく捨てられます。今現在の我々の脳は、このようにして作られました。

こんにちは。
神経細胞といいますのは基本的には分裂しません。海馬や大脳皮質で発見されたのは細胞分裂ではなく、厳密には「細胞新生」です。
細胞新生といいますのは「幹細胞」から新しい細胞が作られるということです。体細胞は作られたあとも分裂を繰り返しますが、神経細胞といいますのはDNAのタンパク質によって分裂機能が抑制されてしまい、その後は二度と分裂しません。このため、従来では成長後に神経細胞が増殖することはないと考えられていましたが、近年になり、「海馬」と「大脳皮質の一部」で「...続きを読む

Q【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。 毒はありま

【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。

毒はありますか?危険ですか?

子供が触っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ゲジゲジ?毒ありです。

Qこれ両方答え教えてください

これ両方答え教えてください

Aベストアンサー

(1)①雨後の筍

(2)③原子力規制委員会


人気Q&Aランキング

おすすめ情報