数学的なお知恵を貸してください。タイトルのように、たとえば、家電メ-カ-がその下請け会社である修理サ-ビス会社と修理サ-ビス契約をします。これは消費者に関しての保証期間みたいなものと想定してください。双方が過去の実績から、事前に契約額を決めてしまう。というのは、その都度だと経費がかかってしまう。
サ-ビス会社にとっては修理が契約額よりも多ければ、損になるし、逆もしかりです。

2年契約で契約日が1月1日で決算が12月31日だとします。1年目で契約額の40%。2年目で契約額の60%の修理額で双方は契約したとします。契約額が500円だとすると、1年目の売上高は100だそうです。

考え方としては1月1日時点ではゼロで12月31日時点では200になるのですが年を通じて売上がなされるのであるから、これを2で割るという考えかたはできないでしょうか。つまり、四角形があり、二等辺三角形が2つあり、片方が売上発生部分でもう片方が未実現の売上と

A 回答 (2件)

「2でわる」というのが、「売上高を2でわる」ということなのでしょうか。

1年目の売上と2年目の売上が同じであるなら、2で割るも何も、同じものだろうと思います。
「2で割った」場合と「割らなかった」場合でどうちがうのか、文面から理解できないので詳しい説明おねがいします。

そもそも、1年めで40%、2年目で60%という数字が出てきた根拠が何なのか?(電気製品は2年目で故障が多いとか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。この問題についてあきらめます。だれにきいてもわからない悪門ですね。

お礼日時:2001/11/15 13:07

質問が途中で切れてるようですね。

(字数制限でしょうか。)
なので、このままでは回答できません。(多分、他の方々も)
続きを補足で入れてください。

この回答への補足

いいえ切れていません。終わり方がとでとめていたからでしょう。

補足日時:2001/11/07 13:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二等辺三角形であることの証明

公立中学に通う2年生が学校から出された問題らしいのですが、
私には難しくて解説できませんでした。
ぜひ力をかしてください。

(1)平行四辺形ABCDがあります。
(2)CDの中点をPとして、線分BPを引きます。
(3)Aから線分BPに垂線を引き、BP上で交わった点をQとします。
(4)線分QDを引きます。

この状態から始めて、三角形AQDが二等辺三角形であることの証明はどうやるんでしょうか?
まだ円周角は習ってない状態です。

Aベストアンサー

#1です。やっぱ腐ってました。#1はオンラインで書いたのでスミマセン。

1.ABの中点をRとして、補助線DRを引き、AQとの交点をOとします。
2.線分DRと線分BPは平行なので、三角形ABQと三角形AROは相似。
3.AR=RBなので、AO=OQ。角AQP=角AOD(条件より直角)
4.よって三角形AQDにおいて、線分DOは辺AD垂直二等分線だから、三角形AQDは(線分ADと線分DQが等しい)二等辺三角形である。

こうかな?

Q3cm、3cm、6cmの二等辺三角形は・・

かくことができますか?
姪の冬休みの宿題で悩んでしまいました。
一直線になると思うのですが・・。
教えてください。

Aベストアンサー

二辺の長さを足したものが他の一片より長くなければ三角形は出来ません。

三角形の三辺をそれぞれa,b,cとすると
a + b > cが三角形の条件です。

3 + 3 = 6
故に三角形を構成出来ません。

Q中2,二等辺三角形の性質の証明について・・・

私は今中2です。数学の授業で先生に聞いても全く分からないところがあります。
第5章の二等辺三角形の性質というところです。
―問題―
ある三角形、AM=BM=CMになるよう、線分BCの中点をMとして、、

BM,CMと同じ長さで点Aをとります。その時、∠AMB,∠AMCが直角にならないようにして下さい。
そうすると、2つの二等辺三角形、△ABMと△ACMができます。
そのとき、∠Aは、どんな時でも、90°になります。これは何故か証明しなさい。

という問題です。考えても全く分かりません。。。明日数学があるので、今日中になんとかお願いします。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

長さAMとBMとCMは全て同じ長さである。
よって△ACMは二等辺三角形、
同様に△ABMも二等辺三角形である。
これから∠MCAと∠MACは等しい。これを
∠MAC=∠MCA=X とする。
また∠MBAと∠MABは等しい。これを
∠MBA=∠MAB=Yとする。
作図すれば明らかに、∠CAB=X+Y。

また三角形の内角の和は180°なので
∠MCA+∠CAB+∠MBA
=X+(X+Y)+Y
=2(X+Y)
=180°
よってX+Y=90°
従って∠CAB=X+Y=90°である。
つまりあなたの言う∠A はどんな時でも90°

がんばれ!

Q2枚のコインの片方が表の時、もう片方が裏になる確率は?

ある有名な数学者(?)のクイズ本に、
「2枚のコインを投げて一方が表と判ったとき、もう一方が裏である確率は?」という問題が載っていました。
私は当然、答は1/2だと思ったら、なんと答は2/3だと言うのです!
どこかの「兄ちゃん寝る!」だか「姉ちゃん寝る?」だかでも話題になっているとか??

どう思われますか???

Aベストアンサー

自分なりにまとめてみました。

「一方が表と判ったとき」の解釈仕方で、回答が違ってくると思います。

1.「1枚だけ見て表と判ったとき」の意味なら、2枚目が裏である確率は1枚目の表裏とは独立した事象なので、1/2。

2.「2枚のうちどちらか一方が表と判っているとき」の意味なら「条件付き確率」の問題となり、2/3。

もっと明快な「条件付き確率」の類似問題を他のホームページで見つけましたのでご覧ください。

http://www.qmss.jp/prob/formulae/11-conditional.htm

参考URL:http://www.qmss.jp/prob/

Q直角二等辺三角形ABC

AB(斜辺)が6
BC.ACはどう計算したら3√2?

Aベストアンサー

こんにちは


それはたぶん、三平方の定理を使うのだと思います!

直角二等辺三角形は、辺の長さが1、1、√2であるという決まりがあるので

それに当てはめて考えてみれば

1:√2=x:6 でこれを解くと
√2x=6
x=√2分の6(すみません、こんな表記で*)
x=2分の6√2
x=3√2

となります。

こんな説明で申し訳ありませんが、

質問者様の

お役に立てればうれしいです☆


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報