最新閲覧日:

今朝、アメリカの遠い親戚が亡くなったと知らせがありました。
親戚で話し合って(日本でいう)お香典を送ろういう事になって郵便局に聞いて
みました。為替にも2種類あると知って、お金を金券に替えて(ごめんなさい言い方が分かりません)自分で送る・・という方法にしようかと思ってます。
そこで質問なんですが、お金を“ピンクの小為替”に替えて送る際、手紙も一緒に入れて送る事はできるのでしょうか?
それとも手紙は別に送るのでしょうか?
何せ初めての経験で言葉も知らずに分かりにくいかも知れないですけど、どなたか
教えていただけないでしょうかm(_ _)m
なるべく早く送りたいと思ってますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

手紙を添えて送ることはできますよ。



送り方ですけど、米国では書留の扱いは米国到着時から配達までの間は『無記録扱い=葉書と一緒』ですから、配達されるまでどこにあるのか分からないんですね。
だから私としてはEMSをお勧めします。
料金的には例えば50グラムくらいまでのものであれば、書留は600~700円(封筒の大きさによって違います)程度。EMSは300グラムまでで1200円となりますけど、EMSの場合は郵政事業庁のHPでも追跡検索できますし、米国郵政公社のHPでも追跡でき、配達完了のときには受取人の名前まで出ています。
郵政事業庁URL http://www.post.yusei.go.jp/tuiseki/ems.htm
米国郵政公社URL http://www.usps.com/shipping/epstrac.htm

ついでに…もし、書留にしたときは『保険』はつける必要はありません。
為替は再発行できるものなので、保険を付ける意味がないからですし、付けたとしてもその保険は下りません。
仮になくなった場合は、郵便料金の還付と為替の再発行手数料金が支払われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。残念ですけど昨日書留で送ってしまいました。。
EMS・・・こんな良い方法があったんですね!
せっかく丁寧に教えていただいたのに(T.T)
でも勉強になりました。今後の参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2001/11/09 23:03

アメリカに国際郵便為替証書を自分で送った経験が何度かあります。


その時は普通の封筒に為替証書と「~ドルの国際郵便為替証書を同封しました」という旨の手紙を入れて送りました。

自分で国際郵便為替証書を送る場合は、万が一途中で事故があってはいけないので、念のため郵便局の窓口で書留にしてもらった方がいいと思います。
郵便物の料金プラス410円が国際郵便の書留料となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は「為替証書」自体が書留の役目を果たすのだと思っていました。
別に「書留」っていう方法があったんですね。
親切に答えていただいてありがとうございました(*^.^*)

お礼日時:2001/11/07 16:55

 手紙も一緒に入れて、送って上げて下さい。

大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。安心しました(*^.^*)

お礼日時:2001/11/07 16:52

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ