産業革命により、資本主義が発展した(起こった?)といわれますが、その関係性に
ついて教えてください。
一種のエネルギー革命により大量生産が可能になったのが、産業革命ではないかと
思うのですが、大量生産革命がなぜ資本主義に結びついたのでしょうか?

それとも私の認識は全く間違っているのでしょうか?

愚問かもしれませんが、お教えいただきますとありがたく存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近代資本主義以前にも、古くから資本主義的な経済活動はありましたし、


産業革命以前にすでにマニュファクチュアという資本主義的な生産様式は
発生していましたから、産業革命によって資本主義が起こったということは
ないでしょう。

産業革命によって資本主義が発展したというのは、その通りだろうと思いますが、
 ・大量生産が可能になったことで、資本主義的生産の有効性が顕著に示された。
 ・資本家に富をもたらすことで、封建領主に代わって社会をリードできる力の
  源泉となった。これにより、諸制度の資本主義的改革が行われた。
といったところではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
参考になりました。

資本主義は産業革命以前からあったが、今や(異論はあるにせよ)世界最大の価値基準である資本主義の優位性は、産業革命によって決定された、という理解でいいのでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 19:40

どうも、再びranxです。



何だか不思議な表現をなさいますね。

> 資本主義は産業革命以前からあったが

こんな言い方をすると、すでに完全な形で存在していたかのようですね。
自然科学における事象の定義とは違うのですから、「産業革命の頃、
資本主義はすでに発生していた」くらいの表現にとどめた方がよいのでは。

> 世界最大の価値基準である資本主義

何ですか、これ。私にとっては意味不明なんですが...。
現代経済学はむしろ「価値」というものを正面から扱おうとしていないように
思います。労働価値説が信じられていた頃と違って、すべて市場における価格
決定メカニズムで済ませようとしているように思いますが、そういう話でも
ないのかな。

> 資本主義の優位性

封建制に対する優位性ということですよね。

> 産業革命によって決定された

「決定」ですか。う~ん、「確実なものとなった」くらいの方がいいのでは。

あと、資本主義に対する産業革命の影響について、もう一つ思いつきました。
工場制機械工業という資本集約型のシステムが作られたことが、資本蓄積の
モチベーションとなったこと。また、株式会社その他の新しいシステムの発展
を促したことがあげられますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なレスありがとうございます。

> 世界最大の価値基準である資本主義

世界で大多数の人が従っている主義とでもいえば御理解いただけますでしょうか?
(いま宗教でもめてますけど、それでも世界的にみれば大多数の人がこの
資本主義のシステムで動いている、という意味で書きました。)意味不明だったらすいません。

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業革命が起こったのに、何故、世界中の人の労働時間が減らない?産業革命は必要だった?

産業革命が起こったのに、何故、世界中の人の労働時間が減らない?産業革命は必要だった?

Aベストアンサー

綿の加工機械が発明された時、これでアメリカの奴隷制度は自然消滅との予想もありましたが、結果は大量生産化、機械でできない工程部分の労働力が必要になり、奴隷の労働条件はさらに悪化しました。
 機械を使うことで、さらに労働量が増えてます。産業革命もよいことばかりではなかったようです。

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Q産業革命

これから世界経済が飛躍するには産業革命が起きないと無理と思うが
どの分野で産業革命が起きそうでしょうか?

Aベストアンサー

エネルギー革命です。そもそも産業革命は、人力・奴隷から蒸気機関へといったエネルギー革命だった訳です。いろんなベクトルがあって、ここでその全貌を説明するのは不可能です。イギリスが奴隷制を廃止したのは、奴隷の労働力がイギリスの産業機械売り込みの邪魔になったからです。だからエネルギー革命は社会そのものを変革します。逆に言えば、社会が変わらない限り産業革命は成功しないともいえる。

「世田谷電力」設立でエネルギー革命 - 太陽のまちから - Asahi Shimbun Digital[and]
http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201304090070.html

次に食料革命です。増大する世界人口を賄う食料の確保が喫緊の課題です。世界の飢えてる人々を尻目に日本人だけが飽食を貪り、食料を残飯にし、そうかと思えばダイエットに狂奔している。人口増大だけでなく、中国・インドといった人口大国の経済発展や地球温暖化による干ばつ・豪雨も問題を深刻にしています。そうした世界の現状を知らず、食料品の値上げ値下げに一喜一憂する愚民の有様は救いようがない。

エネルギー革命です。そもそも産業革命は、人力・奴隷から蒸気機関へといったエネルギー革命だった訳です。いろんなベクトルがあって、ここでその全貌を説明するのは不可能です。イギリスが奴隷制を廃止したのは、奴隷の労働力がイギリスの産業機械売り込みの邪魔になったからです。だからエネルギー革命は社会そのものを変革します。逆に言えば、社会が変わらない限り産業革命は成功しないともいえる。

「世田谷電力」設立でエネルギー革命 - 太陽のまちから - Asahi Shimbun Digital[and]
http://www.asahi.com...続きを読む

Q資本主義と修正資本主義の違いは?

資本主義と修正資本主義は簡潔に言うと、どう違うんですか

Aベストアンサー

こういうのは歴史をみるとよく解ります。

英国で産業革命が興り、その結果資本家は
大儲けしましたが、労働者は平均寿命が二十歳未満
という信じられないほど過酷な環境に
置かれました。

これは経済を自由にしているからだ、
だから、公権力で自由を制限し、
強引に平等にしてしまえ、
という社会主義が登場しました。

この社会主義に慌てた資本主義国家は、
労働者を保護するようになります。

これが修正資本主義と言われるもので、
社会主義はこの修正資本主義に破れた
わけです。

Q産業革命について。

産業革命について。
第2次産業革命期にエネルギーが石油に変わったり、流通やサービスが変わったり、大量生産に移り変わったりしたと思いますが、この頃に発生した産業や変化した産業をできるだけ教えて頂けますか??

Aベストアンサー

断絶的な変化としての「革命性」への疑義のため
産業革命という言葉自体が、近年は、使われなくなってきたように思います。

それを留保した上で、19世紀末、産業革命の生みの親の英国から
米独へと工業化が波及したとき、
その主導部門が、従来の綿工業中心の軽工業から、
製鉄や化学などの重工業部門へと変化しています。
第二次産業革命は、この主導部門の転換として位置づけられると思います。

Qアメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義の違いは?

アメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義はあるのでしょうか?
あまり違いがないように感じるのですが違いがあるそうです。
分かる方はいらしゃいますか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、アメリカは、株主を大切にする。
ヨーロッパは、従業員つまり、労組および社会全体とうまく付き合おうとしているようです。
アメリカ型なら、利益絶対主義ですから、力づくで、他国やライバル企業を倒して当然。実際あちこちで戦争してますよね。あれは、その下に数多くの戦争でもうけようとする企業の圧力が作用してます。
 ヨーロッパは、歴史が長いので、大人の国。
無茶なことはしません。
 

Q英国イギリスの食が美味しくないのは、産業革命で人が

英国イギリスの食が美味しくないのは、産業革命で人が忙しくなった為だと言っていましたが、産業革命前のイギリス料理は美味しかったのでしょうか?産業革命って人間の仕事が楽になったんじゃなかったんですか?逆に忙しくなったのはなぜでしょう?ロボットが作ってくれて、人間は働かなくなったのではなかったのでしょうか?

イギリス料理が不味いのは産業革命の性ではない気がする。

Aベストアンサー

産業革命は関係ないと思います。

価値観の違いでしょう。

英国の料理が不味いのは、そういう価値観、つまり
食事は栄養の為であって、美味いまずいは二の次だ
ということでしょう。

大体、ラテン系は人生を楽しもうという考えで、
極めて享楽的です。
だから美食にも価値を置く訳です。

質素倹約質実剛健、という気風がなせる技じゃ
ないですか。

だいたい美食にうつつを抜かしている国に
ろくな国はありません。
フランスなどは美食と恋愛にうつつを抜かしている
間に、英国やドイツに差をつけられました。

もう一つの美食大国、中国にいたっては説明の
必要もありません。

近年、日本もグルメブームとやらで嘆かわしい限りです。
このままでは日本も、中国の後追いです。

Q資本主義で失敗した国が存在しないことが資本主義の正しさの証明

社会主義や共産主義は失敗した国しか存在しないことがそれらの主義の誤りを証明し、資本主義は採用国すべてが順調なことがその正しさを証明している、それが現状だと思います。
が、理論的に資本主義の正しさが証明されたことはありますか?

Aベストアンサー

資本主義の特徴は、その柔軟性にあると私は思います。
たとえば、近代資本主義はアダム・スミス流の古典的自由放任主義で動いていましたが、20世紀に入ってアダム・スミスの理論では大恐慌が克服できないとなると、今度はケインズ理論が登場し、20世紀末になってケインズだけでは身動きがとれにくくなると、また新自由主義といったものが出てきたりします。

共産主義国家の計画経済の場合、マルクス主義という体系化された理論があって、それに基づいて人為的に構成された経済システムです。
そして、マルクス主義に対する疑念が共産主義国家では許されなかったので(苦笑)、経済システムがうまく機能しなくなっても、ベースとなる理論の批判ができず、結局は崩壊するしかありませんでした。

今の資本主義も、完全ではありません。矛盾や問題は散在しています。
しかし、柔軟性についてはまだ損なわれていませんので、成功するかどうかはわかりませんが、また新たな発展した考え方が芽生えてくる可能性は常に残されています。

結局のところ、資本主義の方が生命力が強い(笑)ということなのでしょうね。

資本主義の特徴は、その柔軟性にあると私は思います。
たとえば、近代資本主義はアダム・スミス流の古典的自由放任主義で動いていましたが、20世紀に入ってアダム・スミスの理論では大恐慌が克服できないとなると、今度はケインズ理論が登場し、20世紀末になってケインズだけでは身動きがとれにくくなると、また新自由主義といったものが出てきたりします。

共産主義国家の計画経済の場合、マルクス主義という体系化された理論があって、それに基づいて人為的に構成された経済システムです。
そして、マルク...続きを読む

Qイギリスの産業革命について

イギリスの産業革命について
1755~63年に起こったフレンチ・インディアン戦争のおかげでイギリスは深刻な財政難に陥って、新大陸の13植民地に対して課税を増やしたんですよね?
でもそれって産業革命の最中じゃないですか。産業革命では工場制機械工業があったりして、イギリスはかなりもうかってたんですよね?
なんかすごい矛盾してませんか?
わかりやすく詳細を教えてください。

Aベストアンサー

工場制機械工業云々とか産業革命というのは、19世紀前半になってから「そういえば、あのころから変化したなぁ」というのをまとめた話で、その当時で言えば大した産業ではない。
経済が成長したというのは早くて1800年ころ、あるいは1820年以降(豊かさの誕生 ウィリアムバーンスタイ著 より)最近では、「あんな、ゆっくりの変化を革命って言うかよ?」という説も強い。
http://ameblo.jp/08vg001f/entry-10270847794.html
ヨーロッパという大まかな集計だが、ヨーロッパはそんなに成長していない。

Qマルクスの資本論の資本主義の次のシステムを本当に実現する方法はないのでしょうか?

テレビ朝日のしくじり先生という番組でマルクスの資本論について解説していました。

マルクスは結局、資本論の結論を書かずに死んでしまい。
その後、マルクス主義を元に作られたシステムは些細なシステムの綻び
(全ての人間は少し弱くて少しずるい、)からソ連が崩壊してしまいました。

しかしながら、資本論の理論的完成形はないのでしょうか?

平等社会を実現しようとしたソ連の綻びも少しずつのファクターが積み重なり起こったようでした。
ということは資本主義を超えるシステムは存在しないということでしょうか?

教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

資本主義と共産主義を対比させるのではなく、
経済システムが段階的に進化して新しいメカニズムを取り入れてきた、という視点の方が、現実に即しているかと思います。

***

マルクスは古典派経済学に属します。そのあとに出てきた限界革命やケインズ経済学をうまく呑み込めていません。
ピーター・ドラッカーは、マルクスは話を進めていくと、マルクス理論は完成度が高すぎて、それ以上のどんな新しいものを取り入れようとしても、自壊してしまう、ゆえにマルクスは結論をわざと書かなかった、書けなかったとまで言っています。

ここでいう完成度が高いというのは、あくまでもその説明の中で首尾一貫しているという意味です。
実際には、説明の外側に、新しい経済理論が出てきてたので、これを説明することができないのですから、真ではありません。
ほんの少しでも改良点を付け加えれば、マルクス主義は瓦解してしまいます。それゆえ批判を許さない宗教ドグマとなりました。

マルクスの着眼点は非常に優れていました。マルクスがもちこんだ疑問は今でも有効だと思います。しかしそれ以外は、失敗した枝として放棄して良いのではないでしょうか。要するに疑問に対する解答が間違っていたのです。

共産主義とは、単に国家を基礎単位にした資本主義のバリエーションのひとつでしかありませんでした。

***

資本主義とは人間がつけた名前にすぎません。
経済システムはそのような名前を付けるか否かにかかわらず、存在し、適応し、進化していきます。
社会の中で、財の交換、という現象が発生する限り、そのようなシステムは不可避的に出現し存在します。
より適応率の高いシステムへと、時代を通じて常に変遷しつづけるのではないでしょうか。

ふしぎの国のアリスより、赤の女王:「その場にとどまるためには全速力で走り続けなければならない」
生物学で「赤の女王仮説」というのがあるんですが、経済学にもそういう考えが当てはまるような気がします。

資本主義と共産主義を対比させるのではなく、
経済システムが段階的に進化して新しいメカニズムを取り入れてきた、という視点の方が、現実に即しているかと思います。

***

マルクスは古典派経済学に属します。そのあとに出てきた限界革命やケインズ経済学をうまく呑み込めていません。
ピーター・ドラッカーは、マルクスは話を進めていくと、マルクス理論は完成度が高すぎて、それ以上のどんな新しいものを取り入れようとしても、自壊してしまう、ゆえにマルクスは結論をわざと書かなかった、書けなかったと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報