過去の投稿をいろいろ検索したのですが、英語の勉強法で映画や洋楽を聞いて、リスニングを鍛えるのがよいとのアドバイスがたくさんありました。

私の場合、映画の聞き取りって、本当に難しくて、何を言っているのかほとんど分かりません(汗)
洋楽も、です(…汗)

ニュースやトーク番組、ドキュメンタリー(スカパーの「ディスカバリーチャンネル」にはまってます)だと、7~8割は聞き取れるのですが…

イギリス英語から入ったので、そのためなのかも知れません。みなさん、いかかですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私もはじめはイギリス英語から入ったのですが、アメリカ英語の方が使用頻度が高く、今では逆にイギリス英語に違和感を持っています。


ですから、私の場合はBBCよりCNNの方が聞き取り易いのですが、pochi523さんはどうでしょうか?

ドキュメンタリーの場合は、多くが非常にわかり易い喋り方をしているので、耳を慣らすにはよいと思います。
そして、トーク番組、その中でも笑い番組が聞き取れるのでしたら、かなりの聞き取り能力だと思いますヨ。

映画の聞き取りが難しいということですが、実際にスタローンのように発音不明瞭な俳優も多いですし、映画によってはスラングだらけのものもありますからネ。

まず、映画の種類を絞られるのがよいでしょうネ。
ご自分の興味を持つ分野の映画を選ぶことが第一でしょう。そして、徐々に慣れていくというのもよいかと思います。
音楽については、日本語の曲であっても歌詞カードを見て、初めて本当の歌詞が分るものも少なくはありませんから、そう落胆しないで下さいネ。
けれども、これも慣れの問題なので、好きなアーティストの曲を集中して聴くようにすればよいかと思います。
徐々に範囲を広げるつもりでされればよいですよ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私は今だにBBCのほうが聞き取りやすいんです。あのイギリス英語の独特のイントネーションが好きなんだと思います。とくにイギリスのおばさまが話しているのを聞くと、なんだかとってもほんわかした気分になるんです。
古い映画だと、なんとか聞き取れるものもあります。『サウンド・オブ・ミュージック』はとても聞き取りやすいです。何度も観てるからかな?

お礼日時:2001/11/08 10:32

確かに「映画などをみるとよい」と言われますが・・・。



私も映画を見ててもさっぱり分かりませんし、音楽もさっぱりです。
音楽は、たまに変な言葉があるから、あまりお勧めしません。
※例えば日本のモーニング娘。の恋のダンスサイトなんて「ウーハー」って
 言われても、それはただ勢い(?)をつけてるだけで、意味はないでしょう?

一番お勧めできるのは、テレビ番組。
もうどのテレビもあると思いますが、どこかのスイッチおすと、
テレビに字幕が出ます。
その字幕と辞書を頼りに聞いていれば、いきなり映画や音楽を聴くよりましだと思います。

イギリス英語はやったことないので分かりませんが、字幕があれば結構役立つと思います。


中坊マリルでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>私も映画を見ててもさっぱり分かりませんし、音楽もさっぱりです。
心強いです(笑)
うちでも、スカパーの映画はキャプション(英語字幕)付きでみれるのですが、会話が早すぎて読んでられないんです… キャプションを読むよりは、聞き取るほうが楽なんですね。

お礼日時:2001/11/08 10:39

聞きやすいのもいろいろ条件あるでしょうね。



まず英語か米語か豪語か、そして話が興味のある分野の事項かどうか?って重要だとおもいます。

映画も私の場合はたしかに聞き取りにくいですが、軍事関連が好きなので戦争ものの映画は他の人以上に聞き取れます。難しい専門用語も知ってますし、好きなので真剣に見てしまいます・・・逆に普段の生活の中のラブロマンスとか精神的に見るのもいやなので受け付けません。

pochiさんの場合のニュースとかディスカバリーチャンネルがそうなんでしょうね。たしかにディスカバリーの「深海もの」「財宝もの」とか大好きでついつい見入ってしまいます。まあまずはとっかかりは好きなところから入って慣れるのが重要でしょう。

好きこそものの上手なれ、ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「ディスカバリーチャンネル」の話ができるなんて、とってもうれしいです。私も「深海モノ」、大好きですよ。
「ディスカバリー」やニュースは毎日観ているので、映画の口語に比べると、だいぶ耳がなれているのかもしれませんね。もっと好きな分野を増やさないと…

お礼日時:2001/11/07 22:10

ディスカバリーチャンネル面白いですよね。

わたしLonely Planet 好きなんですが、イアンさんまだ出てます?

聞き取れるかどうかはものにもよると思いますが、それまで聞いた英語の量だと思います。

とにかく英語たくさん聞いてれば、いつか自然に聞き取れるようになります。とりあえず字幕を目で追いながら聞いていれば、なんていっているか部分的にわかるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私もイアンさんの大ファンです。彼はイギリス人なのでとっても聞き取りやすいです。彼が、一番よく出演してますよ。
とにかく、多聴することが大切なのですね。

お礼日時:2001/11/07 22:05

 ヒアリングの苦手な私からpochi523さんのようなお得意な方にアドバイスするのは非常に恥ずかしいのですが



 洋画や洋楽のヒアリングは難しいとお考えとのことですが
それはごく当たり前のことです。
なぜなら、相手に聞かせようと思ってしゃべっている英語ではないからです。
私は映画よりも音楽の方を聞いていますが
韻を踏むためには文法は無視しますし、スラングもばりばり登場します。
ネイティブの人でさえ聞き取れないこともしばしばです。
(洋楽の歌詞カードは日本独特のもので、発売に際してネイティブの人に聞き取りを頼んで印刷するのですが
 それでも間違った歌詞が載せられていることが多いですから)
それに比べて、ニュース番組などは、視聴者が聞き取ってくれないとお話になりませんから
自然と聞き取りやすい発音で正しい文法の英語をしゃべりますから
当然こちらも聞き取ることができるというわけです。

 コンサートでのMCでも、大抵は日本人にわかるようにゆっくりはっきりしゃべってくれますが
時々ひどいなまりで語りかけてくるミュージシャンもいて、
本当にひとっことも聞き取れずに、自分のヒアリング能力に落ち込んだこともあります。
イギリス英語とアメリカ英語の違いではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。ニュースキャスターの発音はとても聞き取りやすいのだと思います。
アメリカ英語が聞き取りにくいというのは、確かにあるようです。話題になる映画はだいたいアメリカのものなので、聞き取りにくい面があると思うのですが。ハリソン・フォード(ファンなんです)がしゃべっているのが、ほとんどうなっているようにしか聞こえなくて、ショックでした…

お礼日時:2001/11/07 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長文のリスニング。 長文を聞き取ることができるのはディクテーショorシャドーイング?リスニング得意な方お願いします。

長い文のリスニングについてお聞きしたいのですが解答いただける方よろしくお願いします。わたしが予備校で教わった方法はリスニングにはディクテーションというものを教わりました。
シャドーイングというのは、リスニングの参考書で知りました。

「聞いたことをすべて書き留めることです。その際、できるかぎり正確なスペリング、句読点、文法も心がけねばなりません。3回ほどきいて
みると。最初に読み上げられたときはじっくり聞くのがよいです。
どんなトピックなのか、まずは大まかに頭に描きます。
そうすれば、二度目の読みで、不自然なところでポーズが入ったとしても、書きやすくなります。二度目に読み上げられるときは、聞いたと思ったことではなく、実際に聞いたことを書くようにしなければなりません。いちいち考えていると、聞き逃して、内容がつかめなくなります。
単語を知らなくても関係ないです。練習していくにつれて、聞いたことを正確に書きとめられるようになりますし、しかも、内容はわかるようになるでしょう」と教わりました。

1正確に聞く力を伸ばすためには、英文を何度も聞いて、聞いたことを正確に書くことをずっと続けていればいいのでしょうか?

2、長い文章といっていいのかわかりませんが、50秒に160語から170語ぐらいの早いスピードはどうしたらいいのでしょうか?
あまり耳に音が残らないうちに英文だけが流れていってしまうといった感じです。

3、会話問題とか短いものは書き取りをしてますが、長い文にはディクテーションがいいのか、シャドーイングがそれともいいのでしょうか?
ディクテーションでもシャドーイングでもどっちの方法でもいいのでしょうか?

リスニングは苦手意識が正直あります。特に長い文のリスニングは苦手です。
リスニングが得意な方、どうかよろしくお願いします。

長い文のリスニングについてお聞きしたいのですが解答いただける方よろしくお願いします。わたしが予備校で教わった方法はリスニングにはディクテーションというものを教わりました。
シャドーイングというのは、リスニングの参考書で知りました。

「聞いたことをすべて書き留めることです。その際、できるかぎり正確なスペリング、句読点、文法も心がけねばなりません。3回ほどきいて
みると。最初に読み上げられたときはじっくり聞くのがよいです。
どんなトピックなのか、まずは大まかに頭に描きます。
...続きを読む

Aベストアンサー

リスニングの強化には、「日本語にない英語の音を聴き分ける力」と「文法や文脈から単語を想像する力」の2つが必要だと思います。ディクテーションは、最初の音を聴き分ける力を養うのに良い方法の1つです。ですから、質問の1番目は、確かにそうなのですが、ディクテーションだけを続けるのはあまりお薦めしません。英語に限らず、「これだけやれば、他は必要ない」というような夢のような勉強法・トレーニング法はないと思います。ただし、1つ1つの方法には、本気で取り組む必要があります。すぐに飽きて次の方法、というのでは、どれも身になりません。

ディクテーションは、限られた英語を集中して聞くのに優れた方法です。量はこなせませんが、集中してやればやっただけの効果があります。シャドーイングは、たくさんの英語を聞きながら、かつ、口慣らしもできる、とてもよい方法です。その他に、音読や多読、発音の練習なども、リスニングに効果があります。文法や語彙の知識が不十分であれば、その勉強も必要でしょう。

いずれにしても、英語の上達には、地道な勉強とトレーニングが必要なので、とにかく自分が飽きずに楽しんで続けられる方法を見つけて、習慣化するのが良いと思います。頑張って下さい。

リスニングの強化には、「日本語にない英語の音を聴き分ける力」と「文法や文脈から単語を想像する力」の2つが必要だと思います。ディクテーションは、最初の音を聴き分ける力を養うのに良い方法の1つです。ですから、質問の1番目は、確かにそうなのですが、ディクテーションだけを続けるのはあまりお薦めしません。英語に限らず、「これだけやれば、他は必要ない」というような夢のような勉強法・トレーニング法はないと思います。ただし、1つ1つの方法には、本気で取り組む必要があります。すぐに飽きて次...続きを読む

Qリスニングの聞き取れない部分について

リスニングで以下の文章が聞き取れません。

I probably don't need all of the plates anyway

この文章のneed all of theのところが猛烈に速く(初級者の自分にとっては)何を言っているのか分かりません。
ここはもともと早く発音される要素を持っているのでしょうか?
またどのように発音されますか?

Aベストアンサー

1)早く発音される要素

早く発音される要素を持っています。

この文は need と plates の2箇所を強く言います。
all of the" は3語であってもあたかも1語の形容詞であるかのような
速度で言いますので、単語ごとに同じ時間を与えた読み方に慣れている
場合は3倍速く感じる計算です。

2)聞き取り難い要素

英語のは単語と単語の間をつなげます。この文では母音で始まる次の2
箇所が前の音につながります。
need all   ニドール となります
all of    オーロブとなります
従って平素よりそのような音読をしていないと、聞き取りにくくなります。

質問者のお聞きになった音声に当てはまるか否かは解かりませんが、口や
舌の動きが激しい場合に、それらをきちんと動かさずに中途半端で良しに
してしまう場合があります。口と舌の動きを手抜きするわけです。
all of the の部分はそうなる可能性が高いと思います。

all の l は舌が上顎に付いて離れるのが正しいのですが手抜きしている
可能性があります。of の f や the も手抜きの可能性があります。


3)どのように発音

人により、急ぎ方により、手抜きの程度により変わりますが
ひどいときは need all of the が ニダーダ と聞こえかもしれません。

1)早く発音される要素

早く発音される要素を持っています。

この文は need と plates の2箇所を強く言います。
all of the" は3語であってもあたかも1語の形容詞であるかのような
速度で言いますので、単語ごとに同じ時間を与えた読み方に慣れている
場合は3倍速く感じる計算です。

2)聞き取り難い要素

英語のは単語と単語の間をつなげます。この文では母音で始まる次の2
箇所が前の音につながります。
need all   ニドール となります
all of    オーロブとなります
従って平素よりそのよう...続きを読む

Qリスニングで長い文章が聞き取れない

現在趣味でリスニングを勉強しています。
1の短い文章ならCDから聞こえてくるものをそのままノートに書けますが、2ですと聞き取れず、聞いた後に、could you about this TVしか頭に残っていません。
一部の部分で切って頭に入れるようにすればいいと考えたのですが、
その方法でもイマイチでした。
すみませんが、どのようにしたら長い文を聞き取れるようになるのかアドバイスをお願いします。

1、Let me introduce myself.
2、Could you give me some more information about this TV.

Aベストアンサー

この場合、英語の文章になれていないのが原因だと思います。
無意識のうちに頭の中で高速で英語→日本語に翻訳しているが、文章が長くなるとそれが追いつかなくなるのでしょう。
対策としては、意味の区切れ目で音声を止めて繰り返し、それが出来たら全文を通して聞いて自分も繰り返し言ってみる訓練がよいと思います。
Could you give me / some more information / about this TV.というように。

目的は英会話ができるようにとのことですが、それならば尚更上記の方法は有効だと思います。
ただ、言葉のひとつひとつの意味で分析していく理解の方法は取らないで下さい。
例えばCouldはできる、youはあなた、giveは与える、meは私に、someはいくつか、moreはもう少し、informationは情報、aboutは~について、thisはこれ、TVはテレビ。だから、このテレビについての情報をもう少し私に教えてくれませんか?という意味になるんだ、という理解の方法は悪い理解です。
そうではなく、テレビの仕様を質問する時には、Could you give me some more information about this TVという表現を使うんだという理解の仕方をして下さい。
単語を併せるとこの意味になる、というのではなく、テレビの仕様を聞く時はアメリカ人はこういう表現を使うんだ、という理解です。

実は、文章が長くなると理解できなくなる原因は、逐語的に単語を聞いているからなのです。
どうしてアメリカ人はCould you give me some more information about this TVと聞いても途中で分からなくならないかというと、テレビの仕様を聞く時にはこういう表現を使うと聞き手が知っているから聞けるんです。
一個一個単語を聞き取って、一個一個理解して、そして文章全体を理解しているのではないのです。
そんなことしていたら会話は常に集中して次に相手が何を言い出すのか注意深く聞いていなければ理解できません。
あらかじめそういうフレーズがあると知っているから聞けるんです。
ですから、英語はフレーズで覚えなければダメです。

自分の頭に蓄積された英語表現の幅が増えてくると、少し定型フレーズと違う形になってきても余裕を持って対応できるようになるのです。

この場合、英語の文章になれていないのが原因だと思います。
無意識のうちに頭の中で高速で英語→日本語に翻訳しているが、文章が長くなるとそれが追いつかなくなるのでしょう。
対策としては、意味の区切れ目で音声を止めて繰り返し、それが出来たら全文を通して聞いて自分も繰り返し言ってみる訓練がよいと思います。
Could you give me / some more information / about this TV.というように。

目的は英会話ができるようにとのことですが、それならば尚更上記の方法は有効だと思います。
ただ、言葉のひ...続きを読む

Qリスニングしていますが、聞き取れません

英語の勉強の一環として映画のリスニングをしていますが、このシーンがよく聞き取れません。
何と言っているのか、教えていただけませんか。
シチュエーションですが、死刑執行に際して看守と電気椅子に固定された男との会話です(当然、実際の執行シーンではありません)。
聞き取れる部分もあり、最後に「come on」と言っているようですが、全部教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

最初に名前がでてきますが、固有名詞でつづりがわかりません。

Do you have a final statement you'd like to make, before the sentence of the court is carried out.
Yes. The family I love, tell them. . .

ここで途切れていますので、これ以上はわかりません。

Qリスニングの勉強時に全部聞き取れるようにしたほうがいいのでしょうか?

リスニングを勉強するときはマイナーな単語でもきちんと覚えといて、発音も聞
き取れるようにしておいたほうがいいのでしょうか?

たぶん、そのような単語は、でないかも知れませんが、もしかしてリスニングだ
から意外と何度も出てくる可能性もあるかも知れないし・・・。

試験本番では全部聞き取れる必要はないのはわかってますが、日ごろの勉強では
完璧に聞き取れるぐらいにしておいたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。

それはもちろん、できるだけ多く聞き取れるに越したことはないでしょう。
ですよね?

でも重要なのは「全部分かるようにするかどうか?」でなくて、
「話の内容を誤解なく理解できるどうか」ですよね?
リーディングと同じです。
「もっと聴き取れないと/読めないとちゃんと理解できない」「語彙を増やさないと意味が解らない」と思う
⇒だったら勉強するのみ、ということだと思いますが・・・・。

何を持って「マイナーな単語」とするかによると思いますが、
覚えるべきとか飛ばすべきとか一律に決めないで、
「必要なら覚える」「覚えられるならついでに覚えてしまう」という感じでいいと思います。

完璧って、キリがないですよ。
  ↓

参考URL:http://www.hbs.ne.jp/home/saso/skill-toeic-correlation.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報