最近まで、「黒い家」にはまってました。映画の方はまだ見てないです。
リング・らせんは映画より小説の方がめちゃ怖かったです。
怖がりなんですが、なぜかドキドキハラハラビクビクするホラー小説が好きです。
どなたか、「これは読み応えあり!」という、オススメホラー小説を
ご存知の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 私も、「黒い家」ははまりましたが、ビデオはさほどではなかったです。

大竹 しのぶは最適キャストだと思ったんですが・・・・

 で、同じく貴志 祐介さんの「天使の囀り」はもうお読みになりましたか?これも怖かったです・・・
 この2作品が今まで、私が読んだ洋物和物のホラー小説の中でNO.1、NO.2の座にあります。(異論ある方、たくさんいらっしゃるだろうけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たった今、「天使の囀り」買ってきました。
「黒い家」の時、文章にすごく引き込まれた感じがしたので、
やはり同じ作者の、違う作品を読んでみようかな、と思ったんです。
明日から、読みます。
すごく参考になりました(^^)
有難うございました。

お礼日時:2001/11/09 23:43

坂東真砂子「死国」「狗神」。


小説は日本特有のおどろおどろした怖さがいいです。
どちらも映画になっていますが、やはり小説の方がおもしろいです。

あと、私も「天使の囀り」はおすすめです。
読後、背中の毛が全部立っちゃった気がしました。
    • good
    • 0

ホラーなのに、どこかせつない。

愛が匂う。

大槻ケンヂの「ステーシー」角川ホラー文庫

彼の作品はそのほかもイイです。是非ご一読を
    • good
    • 0

沙籐一樹さんの「X雨」は、じりじり怖いです。

    • good
    • 0

定番ですが、スティーヴン・キングはどうですか。


「呪われた町」「IT」「ミザリー」「シャイニング」・・・・
ううう、恐い ( 笑 )
中には、ラスト部分で「なんじゃ、こりゃ?」という展開もありますが、
読み応えはバッチリです。
    • good
    • 0

こんにちは。


集英社文庫から出ているクライブ・バーカーの「血の本」シリーズ全6冊は、超オススメです。
短編集なのですが、すべてが水準以上の出来だと思います。
ホラー、バイオレンス、スプラッタ、そして詩情。
時に胃袋がきゅーっとなる恐怖に耐え、時に涙ぐみながら、じっくりと楽しめること請け合いです。
黒で統一されたカバーが、これまた怖くておしゃれなのですが、少し古い本なので、まだ入手可能かどうかわかりませんが・・・。
    • good
    • 0

高橋克彦の「記憶シリーズ」(文春文庫)。


短編集ですが、「遠い記憶」という短編の
最後の一行がメチャ怖かったです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホラー小説のオススメを教えてください。

ホラー小説のオススメを教えてください。

私はホラー小説に興味はありましたが、読んだことはありませんでした。
ある日ホラー小説を読みたくなり、貴志祐介氏の黒い家が目に入ったので読んでみようと思い購入しました。
内容は、現代に潜む悪夢といった感じでとても恐ろしかったです。

その後、色々なホラー小説を読みましたが、黒い家のインパクトと自分にあった内容とで中々自分に合うものが見つかりませんでした。

どなたかホラー小説でオススメがあれば教えてください。長編・短編どちらでも良いです。
出来れば、下記のような内容が含まれていればうれしいです。それと過去に読んだホラー小説も書いておきます。

<内容>
現代または近代(明治・大正)に起きた恐怖のようなもの。出来ればファンタジーのようなものは避けたいです。お化けとか悪魔とか怪物とか。

<過去に読んだホラー小説>
ぼっけぇきょうてぇ
粘膜人間
墓地を見下ろす家
着信アリ1,2
姉飼
玩具修理者
相続人
怖い女

Aベストアンサー

ホラーほど合う合わないが別れるジャンルってないですよね。
それに黒い家なんてかなり絶賛されている作品ですから、
初めに読んじゃうとその後に読む本に少しガッカリかもです。

人間の不気味さを表現しているホラーなら、
吉村達也さんがオススメです。
ただ、あらすじがとても怖そうで面白そうなのですが
実際読むとそうでもないものが多々あります(すみません;)
後半あたりから薄っぺらくなるので、過程が面白ければいいと
いうのであれば読んでみて損はないと思います。
私の中で面白かったのは、
「私の遠藤くん」や「文通」ですかね。
あと、大石圭さんの「アンダーユアベッド」が
非常に人間の不気味さを表していて面白いです。

あとこれはジャンル的にはミステリーなのですが、
東野圭吾さんの「むかし僕が死んだ家」というのが、
結構ぞくぞくして怖いです。

ホラー小説大賞を受賞した作品を結構
読んでらっしゃるので、その中で
未読のものを読んでみたりしてはどうでしょう。

Q「日本ホラー小説大賞」受賞者のその後

日本ホラー小説大賞で大賞もしくは佳作になったにもかかわらず、
その後あまり活躍しているように思えない方はいますか?
(ようするにあまり作品をだしてない方)

Aベストアンサー

とりあえず1999年(第6回)までの受賞者に関して言え
ば、坂東眞砂子、瀬名秀明、小林泰三、貴志祐介、岩井
志摩子…の各氏“以外の”方、と考えて差し支えないの
ではないでしょうか。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/garyu/horror.htm

Qオススメホラー小説ありますか?

最近まで、「黒い家」にはまってました。映画の方はまだ見てないです。
リング・らせんは映画より小説の方がめちゃ怖かったです。
怖がりなんですが、なぜかドキドキハラハラビクビクするホラー小説が好きです。
どなたか、「これは読み応えあり!」という、オススメホラー小説を
ご存知の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 私も、「黒い家」ははまりましたが、ビデオはさほどではなかったです。大竹 しのぶは最適キャストだと思ったんですが・・・・

 で、同じく貴志 祐介さんの「天使の囀り」はもうお読みになりましたか?これも怖かったです・・・
 この2作品が今まで、私が読んだ洋物和物のホラー小説の中でNO.1、NO.2の座にあります。(異論ある方、たくさんいらっしゃるだろうけど)

QSFは映画やアニメでは人気があるのに小説ではいまひとつなのはなぜ?

スターウォーズやガンダムなどSF的な映像作品は広く人気がありますが、SF小説はそれほど大衆的な人気がないような気がします。それはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

映像と活字の違いがそこにあると思います。

映像作品の場合、何よりも重要なのはその映像のインパクトです。例えば宇宙を駆けて行く大量の戦艦であるとかは、一発でわかるし、何よりも迫力があります。「こういう技術だ」というのも、映像で見れば一発でわかります。

一方、活字でそれを表現しようとすると、実にこまごまとした説明から入ることになります。そうすると、何よりもとっつきにくいですし、また、そのような説明が続くことで、作品のテンポが悪く感じられることもあります。勿論、そのようなこまごまとした論理であるとか、そういう説明を楽しみにしているファンは沢山いるわけですが、大衆を相手に…となると難しいと思います。

学力低下だとかは、全く関係のないことだと思います。(本当に低下しているのかも疑問ですが)もしそれが原因だとすれば、昔は大衆的な人気があってしかるべきですからねぇ…。

Qホラー小説で読み始めにいいもの

中学生の女子です。ホラー小説を読みたいと思っているんですが・・・
ホラー小説といっても、「大体読んでしまったのでマイナーな面白い物を探している」
とかじゃなくて・・・。題名がわかんないんですがホラー映画をWOWOWで見てから
輪廻を見たり、親指さがしを見てホラーに興味がわいた程度でほんとに手始め(?)なんです。
映画館で見たことはないです。親指さがしを見てから同じ山田さんの
「リアル鬼ごっこ」を買ったんですが、私には合わなかったのか面白いと思えませんでした。
本屋でもオススメあたりにおいてるのは山田さんが多く、ほかのホラーの人のも
全くしらないし、恐すぎたら困るので買えずにいます。
どなたか私ぐらいのレベルで読めるホラー小説で面白い物しっていたら教えてください。

Aベストアンサー

私も「リアル鬼ごっこ 」の作者の本が何故あんなに次々出版されているのか不思議でならない一人です(^_^;)。

それはさておき、ホラー小説の中には、読んだ後味が悪い(イヤーな気分のままで終わる)ものもありますのでご注意くださいね。

その点、他の方も挙げているスティーヴン・キングの小説を私もお薦めします。理由は、
・長編でも読みやすい/・怖いところは怖い/・ほとんどは読後感がさわやか(基本的に人間の善意・勇気や友情・思いやりなどを肯定する作者の視点が快い)
……などですが、何よりも「読んで面白い!」が最大の理由です。

例外としては「ペット・セマタリー」(作者本人も「自分の小説の中で一番後味が悪い」といってますが、その通りでした)、あと「クージョ」「キャリー」も、やるせない思いが残りました。

お薦めは「シャイニング」の他には「IT」「ザ・スタンド」あたりでしょうか。ホラーとは言えませんが、「グリーン・マイル」「トム・ゴードンに恋した少女」も一読をお薦めします。

詳しくは下記サイトが参考になると思います。
スティーヴン・キング研究序説
http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

参考URL:http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

私も「リアル鬼ごっこ 」の作者の本が何故あんなに次々出版されているのか不思議でならない一人です(^_^;)。

それはさておき、ホラー小説の中には、読んだ後味が悪い(イヤーな気分のままで終わる)ものもありますのでご注意くださいね。

その点、他の方も挙げているスティーヴン・キングの小説を私もお薦めします。理由は、
・長編でも読みやすい/・怖いところは怖い/・ほとんどは読後感がさわやか(基本的に人間の善意・勇気や友情・思いやりなどを肯定する作者の視点が快い)
……などですが、何よりも...続きを読む

Q娯楽映画になりそうなミステリー小説は?

映像化したら見栄えが良さそうで、
魅力的なキャラが登場し、
スピード感があり、
ツッコミどころはあれど痛快で、
それなりのどんでん返しも隠されている
軽い気持ちで見ることができ娯楽映画にするにはピッタリ
と思うミステリー小説があれば教えてください。

Aベストアンサー

森博嗣のVシリーズ1作目『黒猫の三角』とか。

Qおすすめなホラー小説

ホラー小説が好きで特に貴志裕介さんの作品が大好きです。でも大体の作品は読んでしまったので貴志裕介さん以外の作家のおすすめなホラー小説を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ! お好みにあうかどうかわかりませんが・・
 そして、すでに読まれていたら、ごめんなさいですが(^^;)

私が一番怖い、と思ったホラーは「リング」「らせん」鈴木 光司 です。(おなじみの貞子さんのやつですね。)マジでトイレにいけなくなりました。

あとは、板東真佐子さん 「死国」「狛神」などの作品があります。
岩井志麻子 「ぼっけぇ、きょうてえ」など。(私の今一番注目の作家です)
景山民夫「ボルネオホテル」 小野不由美「屍鬼」(ホラーなのかな?)がおもしろかったです。
う~ん、あとはなんだろう?ホラーからはずれているかもしれないけれど、
横溝正史「金田一耕助」シリーズ、藤木稟「大年神の彷徨う島」も私の中ではホラーです。

 角川ホラー文庫のHPを貼っておきますので、お好みのものが見つかると良いですね!

参考URL:http://alisato.cool.ne.jp/book/khb/

Q推理小説でトリックが被ったら

こんばんは。
毎年膨大な数の推理小説が出てきますが、これらは他のそれと全くトリックが被っていないのでしょうか。
もし被っていたらどうなりますか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

トリックが被るということは、実は案外多いようです。
いかにプロの作家とはいえ、全世界の全作品をチェックするわけにはいきませんから、オリジナルのトリックを考えたつもりが、後から同じようなトリックを使った作品があったのに気づいて、冷や汗をかくこともままあるようです。

しかしながら、同じ素材を使って同じ料理を作っても、シェフによって味付けや盛り付けが違うように、仮にトリックが被った場合でも、小説自体は全く違うものになるはずですから、大体において問題がおきることはないでしょう。

トリックが要になる作品であれば、どちらが先に発表されたかの論争になる場合もあるかもしれませんが…

1の回答者さんが言われるように、有名な作品を参考にしたり、わざとまねをする場合もあります。その場合は、作者がそれを公表していたり、作中ではっきりとそれを明かしている場合は許されます。
(オマージュを捧げた、とか、インスパイアされた、なんて書いてあったり、あるいは作品そのものがパスティーシュだったりする場合ですね)

Qこんなサスペンス・ホラー小説を探してます。

こんなサスペンス・ホラー小説を探してます。

ある日を境に、主人公の回りでいくつもの不吉なことが起こり、やがて追い詰められていく

という内容のサスペンス・ホラー小説をお願いします。

Aベストアンサー

S・キング『シャイニング』
小池真理子『墓地を見おろす家』
歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』
『墓地を見おろす家』は求めている条件に近い小説だとおもいます。
『世界の終わり、あるいは始まり』は悪夢の中で悪夢を見ているような終わりのない怖さを感じました、ホラーではありませんがもし良ければどうぞ。本の内容などは気になったら調べてみてください。

Qとある科学の超電磁砲の小説について

とある魔術の禁書目録のDVDかブルーレイの、初回特典購入しか
《とある科学の超電磁砲の小説》を

入手する方法ないのですが、今後普通に発売されるってことはないんですか?

1巻づづDVDとか買っていくとなると、金銭的に困るので・・・絶対普通に販売はされないってことなら

泣く泣く買うのですが・・・普通に販売する可能性ありますでしょうか? DVD買ってから、普通に販売されるってなったら

ちとショックなので質問させてもらいました。 コミックスは3巻持ってます。

Aベストアンサー

絶対とはいえませんが、まず無いでしょうね(^^
初回特典なのに、今後普通に発売されたらサギですよ。

あとは、オークションなどでそれだけ売られるとか。でもそちらのほうが高くつくでしょうし。
間違って新古書店などで安く売られることもありえますが、泣く泣く買われるほうが確実です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報