ミニバスケをやっています。うちのチームは、ゾーンディフェンスに弱いです。
背もあまりおおきくないので、大きいチームがゾーンをしてきた時中に入っていけません。
外からシュートを打つのですがリバウンドもとれません。
なにかいい方法はありませんか?来週に試合があるので
いい練習もあったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ゾーン攻略の基本は


1)速攻  2)アウトサイドシュート  3)2対1のポジションをとる
4)ランニングリバウンド
これはどのレベルでも同じで、大切な基本です。

1については、ゾーンを組まれる前に攻めるということです。組まれる前ならゾーンでも関係なく普通の速攻ですから。

2についてはこれはもう当たり前なんですが、外からのシュートが一番効果的で、これが得意だとゾーンは組めません。でもミニバスや中学ぐらいだと、確率のいいシュートは無いと思います。それでも、オフェンスの流れの中や、必要な時には打たなくてはいけませんが。

ここで大切になるのが3のポジションです。常にディフェンスの間に入るようなポジションを取るんです。別のいい方をすると、オフェンス2ディフェンス1という形を作るんです。ゾーンはこれが簡単につくれますし、弱点です。

例えば2-3ゾーンの場合、オフェンスの配置はトップ、両サイド45度、両ミドルとなります。実は僕もはっきり分からない部分があるので、センターの配置は少し違うかもしれませんが、ハイポストに入るのは流れの中で、常にいてはいけないと思います。ローポストにしても、ミドルや逆サイドからそのポジションに入るのがいいと思います。
このポジションを取ると、ディフェンスからすると一人で二人守る事になります。オフェンスの数的有利となりますよね。パス回しもしやすいはずです。
2対1と考えると苦手意識も無くなると思います。後は2対1の連続です。常に2対1のポジションを取れば、ディフェンスは後手後手になりいつかフリーが生まれます。
よく、ゾーンはパスを良くまわせと言いますが、ディフェンスを崩すためですよね。それを効果的にするにはこのポジションが必要になるんです。
ゾーンを崩すにはディフェンスを動かせてフリーを作らなければなりません。逆にディフェンスを動かせれば以外と簡単にフリーが作れます。これはゴールしたでも作れます。あるいは1対1の状況も作れます。

あとはじっくり攻めるという意識、周りを良く見て、ディフェンスを良く見てボールを回し、みんなでフリーを作るという意識が大切です。
これが身につくとゾーンを攻略するのが楽しくなりますよ。マンツーとは違って、頭を使う楽しさがあるし、ディフェンスを操るって言う楽しさもあります。

ちょっとポジションの話に戻りますが、2-3でも、3-2でも2-1-2でも、穴があるって事です。弱い部分。2-3だと下のラインは強いですが、トップと45度は弱いですし、3-2なら上は強いけど、0度に弱い。2-1-2はゴール下に弱い。
2対1のポジションはディフェンスの間に入るような感じです。隙間に入ってやるんですね。

ほんとはボードに書くと隙が分かりやすいんですけど、やってみてください。


あと、練習方法ですが、5対5でディフェンスにゾーンを組ませて、ポジションを取ります。それでパス回しの練習をするのがいいと思います。ドリブルを禁止したりすると効果的です。
少し高度になると、「あわせ」って言うのが必要になります。特にセンターですね。上手く2対1が作れるようにパスの流れにあわせてポジション移動できるようになれればいいと思います。他にはセンターのハイローのあわせとかありますが。

下のホームページを探せばもっと専門的な事があると思います。それではがんばってください。子供がバスケットが好きになってくれるといいです。それでは。

http://mk.sakura.ne.jp/~fixx02/bblink/

もう一つは、ROOQって言うページです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とってもくわしく
説明してまらってありがとうございます。
ぼくのチームは県大会にいけることになりました。
ロングシュートをもっと練習しようとおもいます。

お礼日時:2001/12/07 00:22

まぁ、ゾーンディフェンスは中に入れさせない為のシステムですので入りにくいでしょう、オフェンスリバウンドを取るのも難しいです。

(ゾーン敷いててオフェンスにリバウンド取られたら監督に大目玉くらいます。)
基本1としては中が難しいので外から攻める。
外からバシバシシュートします。チェックにきたらパスをさばきましょう。そこでゾーンは崩れています。
外からシュートが決まればゾーンが広がってきます。中に入って切り崩せます。
基本2としてはディフェンスのプレイヤーの間を攻めるです。ディフェンスはゾーンの形をあまり崩したくないので間を攻めるとその間をつかれた(たいがいは二人の)ディフェンダーがコースを塞ぎにきます。そこでオフェンスは1人フリーになるわけです。

あとはシステムや選手能力によっていい方法を見つけていきましょう。本とか見てもわかりずらいので実際やっているのを見るのがいいです。ビデオとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
田伏選手のビデオとかNBAのビデオを毎日みています。
ロングシュートの練習ももっとやろうとおもいます。

お礼日時:2001/12/07 00:24

 ミニバス、バスケにかかわらず、ゾーンディフェンスの崩し方は、やはり中→外の繰り返しでしょう。

ボールを回してゾーンを崩さないことには始まりません。
 ハーフコートのゾーンディフェンスに対して有効なのは、台形付近のハイポストとローポストの合わせです。
 ゴールを背にしたハイポストの選手ににボールを入れ、ハイポストの選手はターンをしてゴールを向いたとき、ディフェンスが来なかったらシュートを打てばよいし、ディフェンスが動いたとき、そのディフェンスのいた空いたスペース、特にゴール下のディフェンスが動いたスペースに、逆サイドのローポストの選手が飛び込めば、ハイポストの選手からローポストの選手にパスを出しそのままシュートという形は使えます。
 同じように、ローポストにボールを入れたとき、ハイポストに選手が飛び込めば同じように合わせることができます。
 
 外の選手もガード以外の4人が動くことも重要です。パス&ランです。ボールを中に入れても外に出しても、パスをしたらその場から動くことです。このときはパスを出した方向と異なる方がよいです。しかしパスを出した選手だけが動いては、選手が重なるだけです。回りの選手がパスの動き選手の動きを見て、その動きに合わせて自分も動かなくてはだめです。

 ただボールを動かすだけでなく、ボールが動いたタイミングでそれぞれの選手が動けないとゾーンは崩せません。小学生では、身長の差より、どれだけ選手が強弱をつけて動けるか、がゾーンを崩すポイントであると思います。

 動く、という観点では、簡単な話、相手チームがゾーンを組む前に攻めてしまえばよいのだから、ディフェンスとオフェンスの切り替えを速くすることですね。それはシュートを入れられた後でも言えることです。オールコ-トのゾーンならなおさらかもしれません。速攻を多く成功できるように、レイアップシュートの技術は大切です。

 ゾーンディフェンスを崩す戦術はたくさんあります。しかしなんにしても、ミニバスをやる少年たちには、これからのスポーツ(特にバスケ)を続けていく観点から、勝負以外から得る「楽しさ」も親身に大切に考えて練習を作り上げて欲しいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ぼくたちのチームは県大会に出場できるようになりました。県大会はもっと強くて大きい人がいっぱいいると思います。ロングシュートを確実にはいるように練習したいと思います。

お礼日時:2001/12/07 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンス(バスケットボール)

今、日本ではどちらのディフェンスが主流ですか?また、どちらが優勢ですか?
ゾーンディフェンスの形は何が一番多いですか?また、どんな形をしているチームが強いですか(2-1-2など)?

どんな理屈でもかまいません。そう思われる理由をつけてお願いします。

Aベストアンサー

個々のディフェンスレベルが非常に高ければマンツーマンにこしたことはないでしょう。

ゾーンは効率性を追究したディフェンスです。
その名の通り、各自自分のゾーンを守ります。

ただしゾーンにもオールコートのプレスゾーン、
そしてハーフコートの一般的なゾーンとその種類は多くなります。

ただし、ゾーンといえども個々のディフェンス力が重要なのは言うまでもありません。
能代工業がいい例でしょう。あのチームは個々のディフェンス能力の高さがあってこそ、オールコートプレスのゾーンが活きています。

要はマンツーマンでろくに守ることもできないチームがゾーンで守ってみようとしたところで、たいしたゾーンディフェンスにはならないということです。

一般的によく使われるのは、ハーフで2-3もしくは、2-1-2,3-2です。ですが、3-2も含めて、これらは変則的に上から見れば、状況状況で2-3に見えたり、2-1-2に見えたりするものです。

基本的にインサイドに強いチーム相手にはゾーンが有効です。中を固めるという意味で。
ですがしつこいようですが、基本は1対1で守れる技術があってこそのゾーンです。

個々のディフェンスレベルが非常に高ければマンツーマンにこしたことはないでしょう。

ゾーンは効率性を追究したディフェンスです。
その名の通り、各自自分のゾーンを守ります。

ただしゾーンにもオールコートのプレスゾーン、
そしてハーフコートの一般的なゾーンとその種類は多くなります。

ただし、ゾーンといえども個々のディフェンス力が重要なのは言うまでもありません。
能代工業がいい例でしょう。あのチームは個々のディフェンス能力の高さがあってこそ、オールコートプレスのゾーンが活き...続きを読む

Qバスケのシュートのギャロップステップシュートについて質問です。

バスケのシュートのギャロップステップシュートについて質問です。
両足で着地した後ジャンプしますがそのとき片足ジャンプしてもトラベリングになりませんか?

Aベストアンサー

28歳元大学バスケ部キャプテンです。

>両足で着地した後ジャンプしますがそのとき片足ジャンプしてもトラベリングになりませんか?
ルールちょくちょく変わりますので、今はどうか正式にはわかりませんが・・・
両足着地時点で、ステップ後の両足着地なので、その後のステップはトラベリングになりそうな気がしますね。
ということで、トラベリングだと思います!

ギャロップステップの良いところは、ドリブルコースの変化もさることながら、両足着地のパワーステップによる力強いシュートが打てることが魅力のプレイですので、ギャロップステップ後の片足ジャンプは、ルール云々以前に、その良さを消してしまうんじゃないかと個人的には思います。

Qシュートしようとしている選手にディフェンスが触れた場合

バスケットボールの審判について勉強しています。
シュートしようとしている選手の体にディフェンスが触った場合
触れる程度の接触でも
ファールを取ってしまってかまわないのでしょうか?

またシュートをしようとしている選手の腕を
ディフェンスが叩いた場合の審判のジェスチャーとしては
審判の腰の位置辺りで手首をクロスさせるような
ジェスチャーで合っていますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公認審判の立場で回答させていただきます。
ファウルが成立するためには3つの条件があります。
1 接触の事実があること
2 その接触がどちらか(オフェンス、ディフェンス)の責任により起こったこと
3 その接触により、接触を受けた側のプレイに影響があったこと

1については当然ですよね。触れ合いがあった「らしい」といってファウルを取り上げてはいけない、ということです。
2は、例えば二人のちょうど真ん中にリバウンドボールが落ちてくるような場合、その二人がともにボールに飛びつけば当然接触が起こると思われます。またはポストプレイでは二人のプレイヤーがよい場所を確保するために、よく「押し合い」のような現象が起こります。このような場合、片方のプレイヤーが相手に対して一方的に接触を起こしているわけではありませんので、どちらがその接触に責任が大きいかを判断しなくてはいけません。ちょうど交通事故が発生した際の責任割合を考えるのに似ていますよね。
3は、いくら接触があっても、接触を受けたプレイヤーがまったく影響を受けずにプレイを続けられるなら、それをいちいち取り上げて試合を中断させない方がよい、ということです。

この原則に従って我々はファウルを判断しますので、軽い接触でも取り上げることもあれば、かなり激しい接触でも笛を鳴らさないこともあるわけです(それを知らないコーチやプレイヤーにはかなり文句を言われることもありますが)。
nagi13579さんの質問されているような場合でも、シューターに対してディフェンスが触れ(1と2が成立)て、それがシューターに「影響を与えた」のならば(3が成立)ファウルとして取り上げるべきです。

シグナルに関しては、ご質問の場合「イリーガル・ユース・オブ・ハンズ」となります(ハッキングという用語は現在は使われていません)。ルールブックでは「手首をたたく」となっていて、合図をどこで出すかまでは言葉では書いてないのですが、図では胸か顔の前くらいで合図を出しています。腰の位置よりは自然なような気がしますが、合図の目的は「どのような判定(処置)をしたか、周囲にはっきりわかるようにする」ことですので、どちらでも構わないと思います。

公認審判の立場で回答させていただきます。
ファウルが成立するためには3つの条件があります。
1 接触の事実があること
2 その接触がどちらか(オフェンス、ディフェンス)の責任により起こったこと
3 その接触により、接触を受けた側のプレイに影響があったこと

1については当然ですよね。触れ合いがあった「らしい」といってファウルを取り上げてはいけない、ということです。
2は、例えば二人のちょうど真ん中にリバウンドボールが落ちてくるような場合、その二人がともにボールに飛びつけば当...続きを読む

Qゾーンディフェンス

2・1・2のゾーンディフェンスをやっているのですが、2・1・2の1のポジションのディフェンスのやりかたがいまいちよくわかりません。知ってる方教えてください!

Aベストアンサー

すでに回答されている人もいるけど基本的にはハイポストに立ってポストプレイを防いでください。得点力のあるセンターにボールが入ったときは上の一人とダブルチームで対応する方がいいと思います。

2・1・2はナナメ45度からのドライブに弱いっす。だからセンターがカバーリングする事が大事だと思います。というか45度に限らず上からのドライブ全般のカバーリングがゾーンの真ん中のプレイヤーの役目だと思います。

あとはゾーン全てに言える事だけど全員がしっかりハンズアップして相手を威圧する!ゾーンの中にパスを入れさせないように気迫を見せ付けて下さい。

Qゾーンディフェンス

高校2年バスケ部のものです。
やっと自分たちの代となり、初めての大会まで
約1ヶ月となりました。
そこで、ゾーンを少しずつ練習していこうと
思うのですが、いろいろな、ゾーンの守り方、そして崩し方、など長所と短所が知りたいです。
しかし、うちの学校にはしっかりとした顧問が
いなく、指導してくれるひとがいません。
なので、いろいろなゾーンの守り方、注意するべき点などがわかりやすく書いてあるホームページを教えて欲しいです。

ゾーンにはいろいろなものがあるのはわかっていますが、まだ特にこれときまったゾーンがないので、これから決めていきたいです。

良い回答お待ちしております。お願いします。

Aベストアンサー

 とりあえずハーフコート・ゾーンについてはご質問の内容などを鑑み,私は2-3ゾーンか,2-1-2ゾーンを提案します。3秒ゾーン(ゴールしたの台形)の4スミのうち,前方2箇所にガード,後方2箇所にフォワードを配置するのは一緒ですが,フォワード2人のちょうど真ん中にセンターを入れるのが2-3,それより少し前(ただしガードより後ろ)にセンターを配置するのが2-1-2です。ゾーンの中で一番基本的で動きもわかりやすいものだと思います。

 どういうゾーンを組むにせよ,大事なのはチーム全員の意思疎通です。誰がボール保持者をチェックするのか,ドリブルで突破されたときにフォローはいるのか,そういった指示をお互いにしっかり出し合えるようにしましょう。また,ゾーンは外からのシュートに弱いという欠点があります。外からのシュート主体の攻撃をしてくる相手の場合はマンツーマンに切り替えていくなど,臨機応変に戦術を立てていきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報