「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

教えて下さい。某オフィスサプライ販売会社に注文した品物の中に事務用品と日用品ともに含まれる場合、今までは銀行振込という事で一括して事務費に計上しています。日用品には水、トイレットペーパー等が含まれますが、スーパーで購入した現金払いのものは雑費計上です。この会社からの請求書は一通ですが、本来の処理はどうするべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

請求書が一通でも、内訳が載っているわけですから、事務用品と日用品に分けてそれぞれ計算して、「事務費」と「雑費」でそれぞれ別に計上した方がいいです。


送料がある場合は、送料も「運賃」または「荷造運賃」などで別に計上します。

それから、常時発生する費用を「雑費」で計上するというのはできるだけ避けた方がいいです。
水は「福利厚生費」、トイレットペーパーは「消耗品費」とするのがいいんですが、それほど分ける必要がないのでしたら、 水はやトイレットペーパー等、社員が使うものは「福利厚生費」か「消耗品費」に一括して計上してしまってもいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変有難うございました。
会計士さんが留守にされていましたので、
皆様に教えていただいて、少し智恵をつけたかったのです。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/11/08 20:05

私の会社ではご指摘のあった品物(水・トイレットペーパー)については福利厚生費で計上しております。


銀行振込であろうと現金で買おうと同じ品物に違いありませんので、福利厚生費で計上されることが適切ではないかと思います。
もし分けた方がいいと思うならばそれでもいいでしょうけれど、いちいち振り分ける事務手続きが面倒ではないかと思いますので、一括計上して大丈夫です。
また雑費というのは何かの一般団体に加入する会費、銀行の振り込み手数料等にとどめておいた方がいいでしょう。
雑費処理は、税務署からみると何か税金を逃れるために利用しているのではないかと誤解を招きやすいので、なるべく避けた方が無難です。
長くなってしまいましたが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有難うございました。
会計士さんが留守にされていましたので、
皆様のご意見を伺いたかったのです。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/11/08 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「事務の執行に要する費用」と「事業の執行に要する費用」の違い

法律上で、
「○○事業の事務の執行に要する費用」と
「○○事業の執行に要する費用」の違いを
簡単にで結構ですので教えてください。
具体的にどのような費用なのかわからずにおります。

健康保険法151条・153条のほか、その他の法律でもよく使われる表現かと存じます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

事業費とは、
法人が行うすべての業務(営利法人ですと商取引やせいなど、社会福祉法人ですと、介護支援など、公共の場合は工事や補助金や助成金などの執行)がすべて事業に当たりその業務を執行するための費用です。
(個人の場合はちょっと異なる、どこまで事業なのかで別れますので)

そして、業務を執行するためには事務手続きなどがありますので、その事務手続きにかかる費用を事務費と言います。

たとえば、事業支出の場合ですと、ある人に医療給付金10万円を支出したとします、この10万円は事業費になります、医療給付金事業という事業で執行したものだからです。
そしてこの10万円を払うのにかかった経費、振込み手数料や、給付金支出のお知らせ葉書(本当はもっと細かい計算になりますが、大雑把ですが、わかりやすいところで)などが事務費になります。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q町内会費の勘定科目

町内会費の勘定科目は何が適当でしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

事業をやっている関連で町内会に加入している場合は「会費」又は「雑費」で処理し、非課税です。

自営業で、事業に関係なく自宅で加入している場合は、事業の経費にはなりませんから、「事業主貸し」で処理します。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q協同組合に支払う会費&賦課金の税区分

当社は、同業者の販売目的の協同組合に参加していますが、会費のほかに売上高に比例した賦課金を徴収されています。会費は消費税の「対象外」としても賦課金は「課税」ではないかとも思うのですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、かつ、その会費等を支払う事業者側がその支払を課税仕入れに該当しないこととしている場合には、これを認める。

注1 同業者団体、組合等がその団体としての通常の業務運営のために経常的に要する費用をその構成員に分担させ、その団体の存立を図るというようないわゆる通常会費については、資産の譲渡等の対価に該当しないものとして取り扱って差し支えない。

注2 名目が会費等とされている場合であっても、それが実質的に出版物の購読料、映画・演劇等の入場料、職員研修の受講料又は施設の利用料等と認められるときは、その会費等は、資産の譲渡等の対価に該当する。

注3 資産の譲渡等の対価に該当するかどうかの判定が困難な会費、組合費等について、この通達を適用して資産の譲渡等の対価に該当しないものとする場合には、同業者団体、組合等は、その旨をその構成員に通知するものとする。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.aiweb.or.jp/help/qa/other/04.html

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、...続きを読む

QPTA総会で会計監査報告。。。

小学校のPTA総会で「会計監査の報告」をしなければなりません。
よく「~~領収書等きちんと整理されており~~~」みたいな決まりきったセリフがありますよね。
なんとなくはわかるんですが、いざきちんと言うとなるとどう言えばいいのかよくわかりません。

どなたか私にその「セリフ」を教えてください!!
決まりきったのでいいのです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

☆一般的な報告表現について。

☆平成15年○月○日PTA会長から提示されました、平成14年度会計帳簿および収支決算書につきまして、帳簿並びに関係証票書類(請求領収書の意味です)に基づき監査の結果、会計基準に則り適正に処理されているものと認めます。(または、→会計基準にのっとり適正に処理されていることを報告します)

☆以上ご参考になれば幸いです。

Qウィルスバスター更新の勘定科目

いつもお世話になっております。
この度、会社で使用しているウィルスバスターの更新料をコンビニで小口現金から支払いました。
この際の勘定科目が調べてもわからなかったのでどうか教えて下さい。
宜しくお願い致します。
会社に置いてある本にはネット関係に関する勘定科目がまったくのっていなかったので、ネットで検索をかけたのですがわかりませんでした。
お手数おかけ致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

うちは「事務用消耗品費」です。
ウイルスソフトや他のPCソフトや増設メモリやCDーRWドライブ買いました。

税理士さんは何も言わなかったので来週聞いてみようと思いますが、ここは自社に照らし合わせて、税理士に聞いてみるほうがよいですね。

もし顧問契約を結んでいなければ、役員には、監査時のこともあるので、知り合いの会計士さんなどに一度見てもらえないか(決算のときだけでも)お願いするのもおすすめです。

Q子供会の会計・会計監査のしかた

子供会の会計監査が近づいてまいりました、通帳の出し入れと領収書がどうしても合いません。入金額は合うのですが日にちが過ぎてから支出を取り混ぜて通帳に入れてしまったためか30円合わなかったり・・・・
領収書を元にして現金出納帳を作成したらばっちりでした(当たり前ですよね)。いままでは通帳と現金出納帳と領収書を貼り付けたスクラップブック、決算書で会計監査をやっていたそうですが。最初から通帳に出し入れしなかったことにしてはいけないのでしょうか?(通帳無しってことで)。会計ソフトでやるので決算報告書等はカッコよくできると思うのですが。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法人が税務署に申告するわけじゃないので、適正に支出されていて、監査の人がOKなら、構わないと思いますけど。

基本的には合うんだと思いますよ。
(30円合わない・・・・なぜ?使い込んだ?)
もし、出し入れ時期とのずれで立て替えているなら、「立替金」科目でも使って、期首と期末の残高が0になるようにするとつじつまがあうのだと思います。
(総勘定元帳まで出す必要はないと思いますが)

子ども会の会計って、持ち回りですよね。
通帳を毎年使っている場合、残高がありますよね。
最初と最後の通帳の残高だけきっちりさせて、
あとは通帳なしで、領収書の日付で現金で入金、支出があったことにしたほうが、わかりやすいと思います。

Q消耗品費・消耗備品費の違いを教えてください

経理をしているのですが、
いつも消耗品費・消耗備品費の違いが分からず、仕訳に困っています。
明確な基準がありましたら、教えてください。
ちなみに、この二つ以外に事務用品費の科目も使っていて、こちらは文具やコピー機の使用料として使っています(これは問題ないでしょうか?)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つまり勝手に勘定科目作っても良い)

ですから、消耗品費・消耗備品費・事務用品費と別れているなら、
より明確な勘定科目名を使っているものから、文字通り
事務用品費は、一般に事務用品店で販売しているノート・ボールペン・伝票など
消耗備品費は、金額が10万円以上となれば減価償却による費用計上を要するもの等
消耗品費は、金額が10万円以上となっても資産計上を要せず、貯蔵品となるものや
その他事務用品費や消耗備品費以外の消耗品。具体的には日用雑貨・トイレタリー等
でしょうね。

10万円は税法上の決まりでそうなっています。

ただしあくまで一般的な話ですので、会社でこの勘定科目の使い方はこうと決め
一度決めた勘定科目の性質は、みだりに変更しなければ問題なしです。

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つ...続きを読む

Q事務手数料の消費税について

生命保険料を団体扱いで給与天引しています。
その際、生命保険会社から事務手数料と消費税が支払われます。
この事務手数料は、課税売上(科目は雑収入になると思います)、消費税は仮受消費税で計上すべきだと思うのですが、会社の経理に確認したところ、事務手数料は、社員のサークルのような会に振込み、消費税は、福利厚生費の戻りとして計上しているとの回答を得ました。
回答の意味があまりよくわからないので、質問するのも申し訳ないのですが、正しい処理を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

事務手数料は役務提供への支払いであり、may3さまの言われるように、会社の益金となり、課税売上となります。消費税等を仮受消費税等として計上するのは税抜経理方式を採用する場合の適切な会計処理です。貴社経理の方の言われるような処理は税務上の問題があるように思えます。適切な申告のためには、may3さまのお考えの処理が正しいと思います。


人気Q&Aランキング