メールにて取り急ぎ失礼致します。
 経済に疎いもので、お恥ずかしいながら質問いたします。

 同時多発テロとアメリカの報復攻撃、そして炭疽菌事件が、
 日本経済に及ぼす影響は、

1.プラス影響

2.マイナス影響

3.どちらとも言えないが、大きな影響

 それぞれどのようなものが考えられるのでしょうか。2.については
 「日本人の危機意識が高まる」など何でも結構です、教えて下さい。

 実は、学校の小論文アンド自学のためです。
 皆様の幅広い知識の幾分かをお貸し願えればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

論文を書かれる方なら疎くはないでしょうが私なんて雑魚です。

が、国内でも新幹線車内で白い粉が発見され緊急停止し乗客は別列車へ乗り換えたとか、これだけでも十分損害ではないのでは?空港の警戒だって人件費はかさばるだろうし、海外旅行者が激減だしプラス影響とは程遠いと思います。来年のサッカーW杯では世界中からのお客さんが来るわけでこれはプラスなんでしょうが日本がテロの標的になるという現実も否めないと思います。素人考えですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の書き込みありがとうございます。
この素早い反応に何度救われたことか・・・
感謝しております。
書いて下さったのは主に社会的影響ですね。
日本経済についてはどうなのでしょうか?
さらなる書き込みを期待しております。

お礼日時:2001/11/08 00:27

1では、もともと失速気味だった経済が、早く沈降したに過ぎない。


ということは、景気の回復も早まるということでは。
資本主義社会では、当然不況と好況のリズムがあるのだから。
2では、明日が見えなくなり、消費を手控える。アメリカがいわゆる戦場なので、ドル安になり、輸出が振るわなくなる。
3では、軍事力の増強により、財閥の発生が予想される。
    • good
    • 0

答えにならないかもしれませんが、自学と言う事で少し言わせて下さい。


日本に於いての直接的な被害は軽微であった訳ですから、プラスになるにもマイナスになるにも日本次第という考え方が出来ます。旅行産業やアメリカの消費低下の問題でマイナス材料は多いですが、永遠に続く訳では有りません。
それ以前の景気低迷も、日本が本当に経済発展した頃の逞しさが、無くなって来た事によるものと思います。
今の中国や経済的に発展している国の様に、又国内でも元気の良い企業の事を考えるべきです。
特に、論文を書かれるならマイナスを拾い集めても良いものにはなりませんよ、そしてプラスの答えは自分で考えなければいけません。
    • good
    • 0

わたしは、現在、コンピュータソフト開発に従事しています。

関連する社長から聞いた話ですが、テロにより、商社の輸出が激減しました。そのため、当然のことながら、関連株の低下がありました。
コンピュータのソフトの開発などは、開発予算があって初めて開発がスタートするので、予算がでないプロジェクトは、ほとんどといっていいほど、お蔵入りになってしまっています。ここ数ヶ月間で30~40%の輸出の落ち込みから、70%ほどのプロジェクトの停止があったそうです。ソフト開発に限定してもこのような状態なので、いろいろなジャンルで考慮すると、関連する危機は連鎖的に波及するのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございました~

お礼日時:2003/08/30 11:35

 NO2の追加です。

テロと報復によっての日本経済の行方は・・・軍事産業の特需も見込めないでしょうし、まあ、それ以上に不良債権問題ですとか、銀行債権、IT不況などによる影響が当面続くと思いますので、テロ関連で景気が上向きになる業種があったとしても、全体の中ではわずかなので、日本経済が好景気になる要素としては弱いと思います。
    • good
    • 0

1.プラス影響~テロに対する国民意識の現実感と、危機管理意識の向上、世界平和のための日本の役割について考察する機会が出来た、中東状況についての知識を得ることが出来た、国連の役割と貢献状況の検証、アメリカの国民性を知ることが出来た、・・・・くらいでしょうか。



2.マイナス影響~航空機の敬遠による旅行業界の低迷、航空運賃に保険料が上乗せ、郵便配達の遅延、空港でのチェックが厳しくなったことによる物流の停滞と生鮮品への被害(遅延により商品価値が無くなった例がある)、青少年の国際港両事業や修学旅行の中止や延期、イスラム教への偏見助長・・・くらいかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
分かりやすくて参考になりました。
テロと報復によって、日本が不景気(好景気)になることはあるのでしょうか?
また、教えてください。

お礼日時:2001/11/08 10:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで世界で重大なサイバーテロは起こってませんよね。大規模なサイバーテロは不可能?

10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
原発のシステムコンピュータに進入して原子炉を暴走させる,
米軍のシステロコンピュータに進入して核弾頭を強制発射させる,
航空管制等のシステムコンピュータに侵入して次々に航空機を強制墜落させる,
病院のシステムコンピュータに侵入して医療機器を誤作動させる
などなど
がいずれ起こるようになると噂されていた記憶がありますが

せいぜい政府機関のホームページにアダルト画像を表示させたり などのいたずら程度しか起こっていません。

9/11テロでも知ったようにアメリカを大変恨んでいるテロ組織も相変わらず多数存在するかと思います。
サイバーテロの方が手っ取り早く,重大な結果をもたらせるかと思いますが現在そのような重大なサイバーテロは全く発生していません。

結局,サイバーテロって意外と難しいのでしょうか?

せいぜいホームページのいたずら程度が精一杯??

Aベストアンサー

>10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
そもそも、この前提が間違っていまして、原子炉制御だの軍用だのはインターネットに直結などしていません。
ですから、貴兄が例に出した「テロ」は起こしようがないのです。

「テロ」に近い被害を出したことは結構あります。
通称「F5攻撃」と呼ばれるものが一般的で、サーバコンピュータを故障させてネット機能を低下させるというものです。
先日は北朝鮮(?)がアメリカにコレをやり、政府機関のWebなどに被害がでています。嫌がらせの域を越えていませんが。

スパムメールも、ある意味でサイバー攻撃と言われています。

Q政治経済について、疎い人間です。最近池上彰さんの本や、テレビをみて興味

政治経済について、疎い人間です。最近池上彰さんの本や、テレビをみて興味がわいてきました。図解やわかりやすい文面などで、説明している本やインターネットのサイトありましたら回答をお願いします。

Aベストアンサー

大学受験用の参考書ですが東進ブックス(東進ハイスクール)の一目でわかる政経ハンドブック「清水雅博」がおすすめです。
見開きで完結しており説明もわかりやすく、政経という分野は各項目が複合的に絡み合っており体系的に学習すると理解が深まるので最初から全体を学習するほうがよいと思うからです。

Q夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

飯テロという俗語がありますが、夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

画像はぱくたそから借りたフリー素材です。
https://www.pakutaso.com/201511223214-1.html

Aベストアンサー

美味しそう〜
食べたくなる〜

Q炭疽菌事件

米国を騒がせた炭疽菌事件はどうなってしまったんでしょう。
犯人は? 捜査は?
軍の内部関係者犯行説が囁かれ始めた後は、意図的にうやむや
にしているような気がしてなりません。
それとも、あの事件自体アルカイダへの危機意識を煽るための
情報操作だったのでしょうか。

あれだけ死者が続出し注目を浴びた大事件なのに、不思議でなりません。

Aベストアンサー

はじめに炭疽菌がテロに用いられたと聞いたとき;
何故,炭疽菌のような二次感染被害が起こらないものをテロの道具に選択したのだろうか?
と非常に不思議に思いました。
このようなことを書いてよいのかどうか分りませんが,もしも,私がテロ実行犯であり,バックに国家や大きな組織がついていて希望通りの菌を入手できるのであれば,絶対に炭疽菌は選択しなかったでしょう。
もっともっと大きな被害を効率的にもたらすことができる菌は沢山ありますからネ。
そして,次に思ったことは;
自作自演ではないだろうか?
ということです。
被害が大きくならないけれども,有名な病原菌を使うことで,パニックを起こし,敵をやっつけなければならないというように世論誘導したのではないかと考えてしまいました。
「わずかの被害者」を出すことで,世論が戦争行為に賛成するように誘導できるのであれば,アメリカはやりかねないと考えてしまったのです。
特に「貧者の核」と呼ばれるBC兵器(生物兵器と化学兵器)は,その報復措置としてA兵器(核兵器)を用いてもよいというのが「アメリカの正義」ですから,これを期にアフガンを破壊し尽くしてもかまわないということにしたかったのではないかと思えました。
真相はわかりません。
けれども,個人的には非常に灰色だと考えています。
以上kawakawaでした

はじめに炭疽菌がテロに用いられたと聞いたとき;
何故,炭疽菌のような二次感染被害が起こらないものをテロの道具に選択したのだろうか?
と非常に不思議に思いました。
このようなことを書いてよいのかどうか分りませんが,もしも,私がテロ実行犯であり,バックに国家や大きな組織がついていて希望通りの菌を入手できるのであれば,絶対に炭疽菌は選択しなかったでしょう。
もっともっと大きな被害を効率的にもたらすことができる菌は沢山ありますからネ。
そして,次に思ったことは;
自作自演ではない...続きを読む

Q何故テロは起こるのか。

テロが世界各地で起こっていますが、
テロを起こす方(原理主義の人?)はどうしてテロを起こすのでしょう。
何を期待してテロをおこすのでしょうか。
テロが起こって、何が変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪いのは、彼らにとって自爆テロは、絶対正義なのです。
彼らからしたらなんだかんだと内政干渉してくるアメリカは悪で彼らを倒す(打撃を与える)ことは、
ジハード(聖戦)。そのジハードで死ぬことは名誉であり、天国へ行けると確約されているので、
現実の将来に絶望して、政府や外敵を憎むことを教えられて育った若者は、
上の指示系統からの指示で(要は利用されている)喜んで自爆テロしちゃうんですよ。

もともとイスラム原理主義は排他的で戒律がきびしく柔軟性が皆無なので、残虐で最悪な結末になってしまいがち。

アメリカや欧米各国がこぞって手を引いてもイスラム同志でも主義主張が異なるので、イスラム社会が落ち着くのに少なくともあと100年はかかるのではないでしょうか。いや永遠にあの世界は紛争が絶えないかも・・。

あとテロの本質は、現実を変えるためにはもう破壊しかない、一切を破壊したあとに新しいものを打ち立てないとダメだという結論になったときにおこります。
特に若いころは誰でもそうなりがち。そしてそういう若者を生み出す輩と扇動する悪い輩がいるからなくならないんです。

テロを起こす連中はテロでは何も変わらないとはもちろん微塵も思っていないので(逆にテロしかないと思っている)、自分がテロを起こすことで何か世界が変わるきっかけになればと思ってしかけるわけです。
まともじゃないわけです。テロで満足するのは仕掛けた連中だけ。よくぞやった!で終わり。
9.11ではテロを仕掛けた連中は当然アメリカにしてやったと大喜びしたわけで、正義って人によって正反対になるんですよね。悲しい現実です。

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪...続きを読む

Q【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自ずと国は成長する。

逆に貧乏人の意見を聞いて政策を打ち出して実行しても国になんらメリットがない。

だから、賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して聞くことは政治家にとってもこの国に対してもメリットだと思いました。

どう思いますか?

賄賂が一種の大資本家のバロメーターだったので日本は著しい経済成長が出来ていたのでは?

それを平等主義やら言って弱者救済政策を打ち出し、弱者の何の金にもならない意見を聞き、成長率が落ちた。

違いますか?

政治家は賄賂を貰ってなんぼだと思う。賄賂を貰うことによって賄賂を渡す資本主義に競争原理が働き賄賂の額が上がっていって、最後に払えた大資本家の意見を政治に取り入れるのがこの国の最もスマート(賢い)政治だと思います。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自...続きを読む

Aベストアンサー

賄賂ではなく票でしょう。
票をもらって政治家でいる限りにおいては、賄賂以上の利権や私欲を満たすことが出来ます。
賄賂でどうのこうのやっていた時代は、田中角栄や中曽根、竹下などの金権政治だった時代です。
大資本家ということならば、今は経団連です。自民党や政府と一蓮托生の仲ですから、お互いの利益を貪る政策を実行します。

Q仏教はなぜテロがないのでしょうか?

最近、イスラム過激派のテロのニュースを毎日のようにテレビで観ますが、仏教徒がテロを行ったということを聞いたことがありません。

イスラム教徒のなかでもテロをするのは、ごく少数だと思うのですが、イスラム教ではテロがあり仏教ではテロがないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強いる経済体制・・・とキリスト教国、イスラム教国と仏教国の考えは異なります。(中国は現実的な道教の教えの国です。)

 どちらがよいとは言いにくいですが、一神教的な国には昔から哲学があり、仏教国は哲学には弱いように思えます。ですから言い合いになると、仏教国は負けてしまいます。また交渉事にも弱いです。

 しかし仏教国は一つの考えに集約していないので、その考えに沿ったテロなどは起きにくいでしょう。どうしても世の中は、強いものに惹かれてしまいがちですが、声を張り上げているのが正論とは限りません。自分の考えが正しいと、押し通すのがよいのか、悪いのか、何とも言えないと言えます。

 

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強...続きを読む

Qアメリカと日本.........。

アメリカの政治と日本の政治の違いとはなんなのでしょうか??全然政治にうとくてわかりません。お願いです!教えて下さい☆

Aベストアンサー

 アメリカは、キリスト教原理主義者と全米ライフル協会などが力を持った歪んだ国です。つい最近、「アメリカ病」(矢部武著・新潮新書)という本を読んだのですが、正直、考えさせられる内容でした。人工妊娠中絶を行う医療機関を襲撃すると賞金がもらえる話から、激しい人種差別や過当競争によるストレスが人々に圧し掛かっている現実…著者はこの本を読む事によってアメリカ嫌いにならないで欲しいとあとがきに書いているのですが、嫌いになるのは確実という有様でして…。
 日本は、いわずと知れた利権集団や特定の政治団体に政治が牛耳られた国です。国民世論よりも、アメリカ政府の声やこれら利権集団の声を優先させる歪んだ国です。この傾向は、他国にもあるようですが。
 政治の違いは、両国とも、曲がりなりにも民主制の国ですので、国内の政治土壌に左右されます。そこに政治制度が合わさって違いが顕著になるのですが。
 最後に。米国の大統領制は、大統領が変わるたびに政府高官も総入れ替えとなります。日本の場合、議院内閣制ですのでそれがありません。また、議院内閣制は議会多数党が与党になる仕組みですので、首相の意向が与党と同一である場合、大統領制以上の指導力を発揮できると言われています。

 アメリカは、キリスト教原理主義者と全米ライフル協会などが力を持った歪んだ国です。つい最近、「アメリカ病」(矢部武著・新潮新書)という本を読んだのですが、正直、考えさせられる内容でした。人工妊娠中絶を行う医療機関を襲撃すると賞金がもらえる話から、激しい人種差別や過当競争によるストレスが人々に圧し掛かっている現実…著者はこの本を読む事によってアメリカ嫌いにならないで欲しいとあとがきに書いているのですが、嫌いになるのは確実という有様でして…。
 日本は、いわずと知れた利権集団や特...続きを読む

Qテロ 原因 パキスタン内部でのテロ!

パキスタン-アフガン国境でテロが増えています。
今回のテロの原因はパキスタン国軍が、国境付近のイスラム過激派の多くいるとされる地域を攻撃したことに対し、過激派側が報復したと聞きました。

このような国内でのテロは、なぜ起こるのでしょうか。私はこれまで、イスラム過激派がテロを起こす大きな原因として、アメリカを中心とした現在の体制への反発によると考えてましたし、そのような理由で外国の大使館がテロの標的にされる理屈はわかります。でも、パキスタン国内での国軍側とイスラム過激派の対立がなんでテロに結びつくのかわかりません。また、このようなパキスタン国内のテロについて、国際社会が介入する必要性あるいは効果(?)についてどう思われますか?

Aベストアンサー

イスラム過激派の根底にあるのは「自らの行為は神のため」という強い信仰心ですので治安維持のため自分達を鎮圧しようとする政府軍やら何やらも信仰を妨げる敵になってしまうんでしょう(この点についてはNO1の方が仰る連合赤軍も同様ですが。一言で言えば狂信)
パキスタンは911以降、イスラム国家のうちでは比較的親米な態度を取っていますので、そこらの事情も含んでいるとは思いますけど。

国際社会の介入についてはまずパキスタン政府が拒否するでしょう。内政干渉にもなってしまいますので、積極的にやりたがる国も多くはないでしょう。イラク、アフガンの例を見ても多数の国家による介入が事態の正常化に役立つよりはより泥沼に発展する可能性のほうが高いでしょうね。

Q55年体制の良い影響、悪い影響

55年体制の、国内または国外での良い影響・悪い影響を教えてください。

Aベストアンサー

55年体制と言えば、自由民主党と日本社会党の二大政党の時代の事ですが、日本社会党は「護憲・反安保・自衛隊の違憲」を固持して、時代の変化に取り残され、その上支持基盤を労働組合組織に偏重した為に一般国民からの支持を失った。

自由民主党にとって55年体制は日本社会党との国対政治の時代です。国対政治というのは、両党の国対委員長が国会審議をスムーズに進める為に裏取引等の妥協の政治を行いました。その結果、かえって自民党の政権基盤を強固な物にしました。
安定した政権基盤の上に立つ自民党は、政権のたらい回しをし、政治家の腐敗(汚職事件の頻発)を引き起こしました。

両党のこのような状況の下で、大量の無党派層が出現しました。

ただ、55年体制はある意味では安定した政治体制(自民党独占体制)を維持し、経済的にも高度成長時代を迎え、国外的にも日本の地位向上に寄与した部分は否めないでしょう(東南アジアのリーダー国)。特に、日米関係は岸、佐藤、中曽根各内閣で強化された。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報