現在、主人は30歳、私は29歳で3歳になる子供がいます。半年前に家族型(内容が良くなかったので)の保険を解約し、今は県民共済のみの加入です。
知り合いが保険会社で働いているので、2000万くらいの定期保険を掛けたいと頼みましたが、どうしても定期付終身保険を勧められてしまいます。今は予定利率も悪いし、終身保険は保険料が高いので定期保険だけでいいと断りますが「100万だけでもつけてたほうがいいよ」とかなり強引です。
終身保険は今私たちに必要なのでしょうか?私たち家族に今必要な保険は何に加入したら良いのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

mckeeyさんにとっての加入目的は万が一への不安ですよね。

病気入院への不安、次に万が一の時の家族の収入不安、そして老後の不安。
いろいろな商品があるので、重点目的をきめて選択されてください。

お子様が3歳なので重点保障期間は20年が一つの目安です。
本来、終身保険は不安への備えとしては優れているのですが、おっしゃる通り高いですので、安い保険料で大きな保障がえられる定期保険でよいと思われます。

医療保険は入院時の所得保障にもなりますので、きちんと準備されてください。
終身医療(一生涯保障)か有期保障でも見直し時に保険料プラスですが無診査で
80歳か終身に変更できるものをお勧めします。県民共済がその点大丈夫かどうか
確認されてくださいね。老後の不安は病気がメインになりますから。

さて、<100万でも>と勧められてるとの事ですが、メリットは見直し時に無診査で増額ができる点と医療特約があるなら終身への変更がとれる、払込み終了まで定期保険がのばせるという点、デメリットは自由自在でない点など。お友達はどの様に説明されましたか?

更新後の保険料もたずねてください。

強引にきても、不明点はキチンと説明をもとめてください。契約はお友達とするのではなく、保険会社とするのですから。

終身保険が必要かどうかですが、私はお勧めします。
保険は現状では税金面で有利であること、又、支払い発生時、受取人が特定される
点にあります。職業柄、シルバー層の方と接する事が多いのでこれは経験上。

医療保険は、別でも、内容によっては保障の特約としてもってもよいでしょう。

最後になりますが、見直しの場合、新加入してから解約してくださいね。何がいつおきるかわからないからの保険です。お子様のためにも、保障期間がとぎれる事が
ない様に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご意見、とても参考になりました。定期付終身保険をあまり強引に勧められるので、デメリットだけが目についておりましたが、メリットもたくさんあるんですね!もう一度、知人に更新後の保険料など詳しくたずねて
みたいと思います。

お礼日時:2001/11/09 02:24

またまた登場です、終身を考えるなら500万以上を考えてください。


死亡保障500万の場合、30歳契約60歳払い済みで、30年間の支払い総額は約360万60歳での解約返戻金、約360万円。300万なら約220万円60歳での解約返戻金、約220万円です。このような保険は60歳の払い済み以降、寝かせば寝かせる程、解約返戻金は増えますが、100万の終身なら、前回も書きましたが預貯金で賄えます。医療は単品で終身か長期に加入すれば定期付終身のメリットって魅力あるメリットでしょうか?
因みに私は死亡については終身のみしか加入していませんが、1000万以上です。
これは死亡保障を目的としていません、死亡保障を目的とするなら、定期の方が魅力的です。くどいですが100万の終身に私個人としては魅力を感じません。
せめて300万以上なら先々使い道もあるでしょうが・・・。
最後にまだ若いですから、40年先50年先の貨幣価値も考えてみてください。
100万円の価値が50年先幾らの価値だと思いますか?
かなり独断的になり、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 23:07

既に専門家の方々のご説明がありますが、色んな意見があるので迷うところですよね。


素人的には、次の点に注意すれば良いかと思いますよ。

1)定期保険のみの場合
<メリット>
・いつでも最適な保険の組み合わせが作れるのでコストメリットは多分一番良い。
<デメリット>
・突然ぽっくり逝く場合は問題ないが、契約期間終了前に病気にかかり、その期間中は生存していた場合は、その後保険は制限付きでないと入れないか、あるいは入ることそのものが出来なくなる=無保険となる危険性がある。
 が、同一の会社で無条件に自動更新されるもの(きちんと確認が必要ですよ!)であれば特にデメリットというほどのものではない。
 ただ、保険料がどの程度あがるのかは不明です。また、契約内容(約款)もその時点のものに変更されますので一抹の不安はありますけど。

2)終身つき定期
<メリット>
専門家の方も既に述べているので省略。
<デメリット>
専門家の方も既に述べているので省略。

私は2を選択しました。
自由が利かないと言う欠点はありますが、確実にその約款で最後まで全う出来る点を評価しました。
一応これをベースとして、不足分があれば他の保険などを組み合わせてという考え方です。
どのみち完全無保険という考え方はありませんから。

定期保険は必ず見直しが必要(だんだん必要額は少なくなるので)なので、定期で何十年分も一度にかけてしまうのは?です。
定期+終身の場合は、定期部分だけの見直しに自由が利くことを確認して下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご意見、とても参考になりました。
今までは定期保険にばかり重視しておりましたが、色々な意見を聞いてみますと
終身保険もいいものだと思えるようになりました。

お礼日時:2001/11/09 02:39

ご希望されている定期保険の保険期間はどのようにお考えですか?


2000万円という高額ですから10年更新型でしょうか?(とりあえずはこれが一番安いです)
基本的に10年型は掛捨てです。例えば80歳とか90歳とかの満期での定期保険なら掛捨てではないと思いますが・・・。
私はあなたの言うように定期だけで良いと思います。現在30歳、常識的には数十年先のことですから、100万円くらいの終身なら貯金で賄えます。
10年定期の更新で不要になった時点で解約するのが無駄が無いと思います。
それよりも、県民共済のみということなので老後60歳以降の医療保障を、それぞれ考えた方が現実的と思うのですが。
外交員が100万円の終身を勧めるのはマージンが違ってくるからではないでしょうか?どうしてもの場合でも払い済み定期付終身保険に医療特約は付けない方が良いですよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
今のところ10年更新を考えております。高い保障が必要なのは20年間くらいで
いいのではと勝手に思っておりますが・・・
医療保険は単品で入れるところを色々と検討しておりますが、どこの保険会社が良くてどんな内容のものが良いのかあまり資料を見すぎて分からなくなっています。

補足日時:2001/11/09 01:53
    • good
    • 0

ほんとに最近の生命保険は種類も多く、ややこしくなってきているので、


自分にピッタリあった保険を探すのって難しいですよね…。

回答するにあたり、もっと詳しく教えて頂かなければならないことが山ほどありますので、
回答…、と言うよりも、定期付き終身保険のメリットについてチョットだけ…

>今は予定利率も悪いし…

そもそも、保険は貯蓄ではありません、あくまでも「保障」ですので、
今回(定期付き終身保険)の場合、予定利率云々を気にすることはないと思います。
予定利率を気にするのは、終身(定期付きでない)保険、養老保険、変額保険を選ぶときです。

で、今回は、終身部分が100万円、定期保険(特約)が1900万円だと言うことのようですが、
これくらいでしたら、2000万円の定期保険に入るのと、さほど保険料は変わらないはずです、
むしろ、保険料を上げている要員は「○○特約」のような、各保険会社オリジナルの部分です。
よく見ると、骨折の場合に5万円払われますとか、顔面醜状痕の場合に50万円払いますとか、
この部分を削除するだけでも、かなりの保険料の節約になります。

定期付終身保険の最大のメリットは、
万が一病気になり、新しい保険に入れない状態(身体的に)なった場合でも、
最初の契約の部分だけは永久的に残ることです。
これが定期保険(終身部分なし)だと、満期以降の更新が出来なくなります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
終身保険が100万円というのはちょっと少ないような気がするんですが・・・
例えば定期付終身保険に加入していた場合、途中で定期保険部分のみ解約し終身保険のみ継続するということはできるのでしょうか?

補足日時:2001/11/09 01:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

Aベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼でき...続きを読む

Qオリックス生命の定期保険と終身保険のどちらかに加入するか迷っています

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オリックス生命に上記の事を確認をしたら「できない」との返答でした。したがって、定期保険「ファインセーブ」と終身保険の両方の見積もり?を取ってみて検討しようと思いました。

○ファインセーブ:80歳までの自動更新、保険期間10年。月額2850円 死亡保障1500万円
○終身保険(保険期間、終身):60歳払い込み、月額10270円 保険金額500万円。ちなみに80歳払い込みだと月額は7625円です。

以前は60歳以降に終身保険に変更と考えていましたが、今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました(たぶん5~10年は結婚しないと思いますが・・・)
したがって前回の質問を参考にして、今はファインセーブに加入をして結婚したら終身保険に変更しようと思っていたのですが、保険会社が言うには終身保険に変更するためには再審査(必要があれば診断書も)必要となるなど、考えていた内容と変わってきたので、どのようにすれば一番メリットがあるのかがわからなくなってきました。

定期保険や終身保険のメリットやデメリットもよくわかっていない状態で、しかも保険は難しく、また素人ですのでなかなか上手に説明ができず申し訳ございませんが、今の僕の現状で一番最適な保険選びをご教授お願いいたします。
(オリックス生命を取り上げていますが、別に他の保険会社でも大丈夫です。より良い保険がありましたらよろしくお願いいたします)

尚、前回の質問と同様ですが、医療保険はオリックス生命の「CURE」に入る予定で、親の勧めの傷害総合保険は再来年の1月に満期になりますので、その時点で解約(終了)する予定です。月々の保険金額は、1万円~1万5千円までなら大丈夫です。
できれば今月中に加入したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オ...続きを読む

Aベストアンサー

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済しても返済額が割引にならないタイプのものもあります。そういう借入金は予定通り返還して、余裕資金は貯金に回したほうがいいと思いますよ。

>今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました

基本的な考え方としては、妻や子の生活費といった数千万円単位の遺族保障は保険料の安い定期保険で準備するのが一般的です。
終身保険で数千万円の保障を確保しようとすると保険料が高くなりすぎますから。

終身保険は保障が一生涯ということのほかに、払い込み期間が過ぎれば解約返戻金がそこそこもらえるのが特徴。この解約返戻金を目当てに終身保険を契約して老後の生活費にあてるという考え方もあります。遺族のためというよりどちらかと自分のための保障ですね。

質問者様の場合はまだ見ぬ妻や子のための定期保険や、30年先の老後保障をかねた終身保険は当面無理して確保する必要はないと思います。
それよりまずはまだ見ぬ妻との結婚資金を貯蓄するのが先です。

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済して...続きを読む

Q終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親

終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親にはバレずに解約したいのですが...
いい案ないでしょうか?

Aベストアンサー

今の保険会社は顧客のフォローにかなり力入れてて、携帯端末で情報管理したりしてるくらいですから、主さんがどのルートで解約したとしても、早々に担当者の耳には入りますよ。
あくまで解約を前提にするならば、もう正直にその旨お母さんに話したほうがいいかもしれません。

ただ、(これは担当者からも提案されるかもしれませんが)解約以外にも次のような選択肢もありますよ。
・一時的にお金が必要なのであれば、契約してる保険契約を担保にお金を借りることができます(契約者貸付)。
・毎月の保険料負担が大きいのであれば、今の保険を下取りしてもらって掛け捨てなどに転換する

特に15年くらい以上前の契約であれば、保険料の割に「貯金」の部分はたんまりあるはずなので、下手に解約などせずに十分利用したほうがいいでしょうね。

Q医療保険の加入→終身タイプと10年定期では?

私は30代なのであまり定期と終身ではあまり金額に差はないようなのですが母子家庭でありますので今は定期で毎月の掛け金を安くしてきました。でもそろそろ子供も大きくなってきましたので自分のことを考えようかなと思い始めました。父が癌で急に入院となったりして大変さもわかりました。これから30代後半で保険の加入どのような考えがあるのかアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

定期は更新出来てもいずれ満了になりませんか?(更新限度80歳までとか)
また更新を重ねていけば段々と支払い金額は増えていきますよね。長生きすればトータルの支払い金額は割り高になります。
いずれ終身の医療保険をとお考えなら健康なうちに、年齢が若いうちに加入を検討されたほうが良いかと思います。トータルの支払い金額は結果的に安くなりますし、更新時の値上がりも心配しないで済みますし、商品によっては有期払い込みで保障は終身に出来ますので年金生活になってからの支払いを心配しないでもいいという利点があります。
段々と健康に不安をかかえる年齢ですよね。女性の場合「ガン年齢」といわれたりする時期でもあります。
慢性疾患になってしまえば今の保障を続けていくしか選択肢がなくなりますので、終身の医療保険を考えるのにはいい機会かと思います。
これから世の中が変われば色々な商品も出てはくるでしょう。健康であればその都度自分に必要なものを追加していく、でもベースには終身を持っている、といった考えです。一つの提案ですが。

Q定期?終身?生命保険の加入で教えて下さい。

生命保険に新たに加入することになりました。
何が良いのかよくわかりませんので、教えて下さい。
年齢40歳 期間25年 保険金1,000万円~2,000万円
1.なるべく安い保険料 2.解約は25年しません。3.できれば貯蓄性のあるもの
東京あんしん日動の「長割り保険」を検討していますが、いかがでしょうか?デメリットはないのでしょうか?
他にはまったく加入しておりませんが家族の為に保障をと考えています。
保険もほしい、満期時戻りが多いのが良い、養老はこの年齢と期間だととても支払えない・・・のです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私が前提にした保険の利用方法が参考になればと思います。
人が一番お金が必要なのは死ぬ直前の医療費等だと言われています。
家族にお金を残すほど我が家は裕福で無い為、保険は自分で使って残債を残さない様にと考えました。それが家族の為だと・・・。
まず基本は終身保険を掛けました。これは60歳までで保険料の支払いが無くなり、その時の返戻金は解約して受け取ってもいいし、そのまま継続してもいいし、介護保険にも切替えれる(保険会社に因ると思います)との事でしたので、そのまま終身で継続し医療費が掛かれば契約者貸付金で支払い、死亡すれば保険金額との相殺で残れば葬儀費用に廻せば自分で使い切って残債も残らずと考えています。
また子供が独立するまでの間の保障を考えました。
万が一の時には生活費や教育費で大きなお金が必要な時期ですが、独立してしまうと高額な保障は不必要、保障を大きくすると保険料が高いというのを考慮し、安くて保障が大きい掛捨てタイプ(定期保険)を選びました。これは保険期間中は保険料が一定というものを選びました。(10年ごとに見直しというのがありますが、その都度保険料が高くなるので)
国内保険会社は制度上、基本保険料(終身保険)+オプション(定期保険やガン保険)をセットで一契約としている為、途中でオプションだけを解約したいのに基本の終身保険も解約となってしまうので、個々で単一契約できる外資系の保険会社で入院保険(積立タイプ、60歳で終身保険と同じ扱いが出来る)も入りました。
定期保険には一律保障のタイプと年金保障タイプとがあり、一律保障は保険期間中いつ死んでも保障金額は変わらないのに対し、年金保障は死んだ月から保険期日まで毎月一定額が源泉を引かれて年金みたいに支払われるタイプです。当然保険期日近くなると一律タイプのものが得ですが、年を重ねてからの不必要な保障よりは、必要な時に必要な期間中ずっと保障してくれる方が家族の為だと思い年金タイプのものを選びました。また何故か年金タイプの方が保険料が安かったのも決定した理由の一つです。
生活設計も考えて商品を説明してくれる保険会社の社員に詳しく聞かれるのが良いと思います。一方的に商品だけ勧める失礼な人も多いので!

私が前提にした保険の利用方法が参考になればと思います。
人が一番お金が必要なのは死ぬ直前の医療費等だと言われています。
家族にお金を残すほど我が家は裕福で無い為、保険は自分で使って残債を残さない様にと考えました。それが家族の為だと・・・。
まず基本は終身保険を掛けました。これは60歳までで保険料の支払いが無くなり、その時の返戻金は解約して受け取ってもいいし、そのまま継続してもいいし、介護保険にも切替えれる(保険会社に因ると思います)との事でしたので、そのまま終身で継続し医療...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報