狂牛病の影響で牛肉が売れなくなっていますが、同じ肉骨粉を与えられてきた豚が安全とされているのはなぜでしょうか?
プリオンが人間にも感染するとすれば、豚も十分に危険であるように思われます。
プリオンがたんぱく質の一種であるならば、病気が発症される以前のものは感染しないとは言い切れないように思われるのですがどうなのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ウシとブタには安全性に差があることは実験的にある程度確認されています。


病原プリオンをウシに経口的に投与すると(要するに食わせると)そのウシがBSE(海綿状脳症)になる例が確認されています。ブタでも同様の実験が行われていますが、まだ海綿状脳症になった例は確認されていません。
確認されていないということは、潜伏期が長すぎるか、確率が低すぎるだけで今後確認される可能性もあるので、「伝達しない」ことを証明したことにはなりませんが、すでに確認されているウシに比べれば危険性はずっと低いと言えます。
 ブタの脳内に直接病原プリオンを投与した場合に発症例があったかどうか・・ちょっと忘れました。

私のBSEに関する知識の源はすべて
http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion.html
からのものです。(なぜか今このページにつながらなかったのですが、「日本獣医学会」HPの「人獣共通感染症(狂牛病連続講座)」の項です)。

参考URL:http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsvs/prion.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
実験が行われた結果なのですね。安心しました。

お礼日時:2001/11/08 22:33

NO.4の続いて2回目です。



ちなみに家の鶏肉は、生協の地鶏のものしか買わないのでブロイラーは食べていません。私はそうでもないのですが、家の妻が異常に神経質なので、この手の食品安全話に詳しくなっただけです。

どうでもいいことですが、回答のお礼を見させていただきましたので記載しておきました。
    • good
    • 0

No.3のkumanoyuです。

ちょっと自分の回答を読み返してみたら誤解されそうな気がしたので補足させてください。

 No.3の回答では「問題はウシやブタが発症するかどうかではなくて、その肉がヒトに安全かどうかが問題だ」と思われるかもしれませんが、病原プリオンでBSEが発症するときには、そのウシが本来持っている正常なプリオンが病原型に変わることがわかっています。

 つまり、不思議なことに病原プリオンは生体内で正常プリオンを病原型に変えることで増殖するわけです。このことは生体内だけでなく、フラスコ内でも起こることが確認されています。(なぜ正常プリオンが病原型に変わるのか、その理屈はわかっていません)

 従って海綿状脳症を発症した(あるいはこれから発症する)動物では病原プリオンが非常に増えており、危険が高いわけです。
 ブタの場合は発症が確認されていないので、病原プリオンが増殖していない可能性が高いわけです。
 これなら豚肉の方が少し安全性が高いことがおわかりいただけるでしょうか。

ちなみに経験者というのは「発症したことがある」ではなく、「調べたことがある」です。^ ^;
    • good
    • 0

>同じ肉骨粉を与えられてきた豚が安全とされているのはなぜでしょうか?


今まで、豚に感染した例がないからということがこの答えです。
『今まで感染例が見つかっていない = 豚からの感染の牛よりも確率が極めて低い』ということに過ぎません。従って、厳密には安全とは言い切れません。また、豚は牛よりも成人して集荷されるまでの期間が短く、潜伏期間の間に食肉にされたとの疑いも否定できません。
種別の差が大きければ大きいほど感染しにくいということですので、豚肉よりも鶏肉や魚を食した方がより安全と呼べます。これは、牛から鳥への感染が豚のそれよりも低いこともありますが、仮に鳥が感染したとしても鳥から人間への感染の方が豚から人間への感染よりも可能性が低いということも併せ持っています。

尚、魚はダイオキシンの問題があり、魚ばかりというのは問題です。そこで我が家では、鳥、魚、豚、牛(豪州産のみ)の順で食するようにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
私も豚に関しては出荷までの期間が短いためなのかなと漠然と考えていました。
鳥に関しては、yohsshiさんとは逆に普通に売っているブロイラーの異常な匂いに危険を感じています。

お礼日時:2001/11/08 22:39

kokirikoさん、こんにちは。



そうですね。
疑っていたら、この世の中、食べるものは何もなくなってしまいますね。
肉に限らず、食品添加物なども、ある一定基準値以内なら大丈夫と
いわれていますが、国によって数値も大分差があります。
どれを信じて食べたらいいか迷ってしまいませんか?
日本の基準で安全だといわれても、果たしてそれが確実かどうかは、
発病してみないとわからないですね。
今の所まだ発病者が出ていないので、本当のことは誰にも判らないでしょう。

とりあえずは、今大丈夫といわれたらそれを信じるしかないですね。
それでも信じられないと仰るなら食べない方が良いですよ。
それ以外の環境汚染で、癌になっている人は沢山居ます。
むしろそちらの方が怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本当に大丈夫なのかなと思ったので質問させていただきました。
人間にも感染する病気が豚に感染しないと云うことに納得いかなかったものですから済みません。
別に気にしているわけではないのです。ハンバーガーと牛丼を食べつづけていますから。

お礼日時:2001/11/08 22:32

 確率的に低すぎるからじゃないですかね。


 実際には、人間に感染する確率と豚のそれは同程度(と思われる)ので、豚経由での感染率は3500分の1のさらに3500分の1になるんじゃないかと思います。
 確率的に、考えても仕方ない値なんですね(^_^;
 まあ、牛の「安全部位」という考え方もそうなんですけど。

 kokiriko さんがこの書き込みを見た三秒後に、パソコンに回避不能なウィルスが進入してきて感染してしまう可能性はごくごくわずかですが、そのような低い値を「充分に危険」と判断するならば、それは警戒すべきでしょう。
 ま、そんな低い確率を疑ったら物なんか食べられませんが(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
豚の場合は、確率的に低いのですか、なんとなく納得できますね。
私自身、3日に1回くらい牛丼を食べているので、実際のところあまり気にしていないのですが、不思議だなと思ったので質問させていただきました。

お礼日時:2001/11/08 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豚肩ロースかたまり肉のレシピ

豚肩ロースのかたまり肉のレシピでアドバイスをお願いいたします。

今日、母が1kg程のかたまり肉を買ってきてくれました♪
真ん中に筋はありそうなのですが、綺麗な脂身もついた長方形の形状です。

近頃忙しい主人に、栄養がつくようにと母が気を使ってくれたようなのですが、
杖をついて歩くような、80も過ぎた母が、お歳暮商戦で混んだ百貨店で、
買ってきてくれたと思うと、あのお肉がこんなにステキな料理になったよ♪と
父や母も食べられる料理で、一緒に食べることができたら、
母も喜んでくれると思うのですが、何を作ったらよいか?案が浮かびません・・・

両親共に高齢ですが、お肉大好きで、今でもステーキをペロっと平らげる程ですが
固い物は、食べるのに少し苦労します。
高齢者も食べることができて、肉好き主人も満足できるような、そんなお料理をご存じないでしょうか?

アドバイス、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1様と同じで「豚角煮」に一票!です。じっくり煮込めば老人でも全く問題なく楽しめます。
レシピとしては
1)豚肉は焼く必要はなし。焼くと「チャーシュー」になっちゃいます。
できれば圧力鍋で、肉がひたひたにかぶるくらいの水で煮始める。このときはふたは閉めなくても良い。
2)アクが出るのですくい取る。
3)酒、ねぎ、しょうがを投入して(好みですがかなりたっぷり入れても大丈夫。)。ふたをして煮込む。
4)圧力鍋なら20分。普通鍋なら1時間ほどしたら火を止め、煮汁をちょっと(200cc程度)残して後は捨てる。
5)煮込み汁として、醤油、砂糖、酒を加えてふたをして再度煮込む。
6)圧力鍋なら20分。普通鍋なら1時間程度煮込む。
7)最後にふたを開け、煮込み具合を見ながら水を飛ばす。

Q「自分は自己中心的な性格ではない」と言い切れますか?

「自己中ではない」と言い切れる人の方が、本当の意味で『自己中』かな・・・なんて思ったりもします。

皆さんは自分をどう判断していますか?

Aベストアンサー

 人間は基本的には自己中心的な存在です。それは意識をもっているが故の所作なのです。意識の源は自分を基盤として発せられるものであるから、それは不可避的に起こります。したがって、「自己中ではない」と言い切れる人がいたとしたら、人間の意識に関する分析が未熟な方です。

Q豚のロース?肩ロース?

豚のロース?肩ロース?

画像のお肉ですが、豚ロースとして販売していました。
でも、なんとなく肩ロースなのでは…?と疑ってしまうような見た目に
(肩ロースは大好きで、普段はそちらを食しております)
珍しく奮発したのにグラムにつき20円損したような気分です。
この画像のお肉は正真正銘豚ロースなのでしょうか…

つまらない質問でお恥ずかしい限りですが
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

写真を見る限りでの判断ですが、ロースと肩ロースの境目付近のロース側の部位でしょうね。ロースの特徴とも言える赤身肉が楕円形になっている部分が左側に見えます。でも右側の、通常は脂身になっている部分が赤味肉と脂身が入り交じった形になっていますね。
この赤味と脂身が巧く入り混じっている部分が肩ロースでも美味しい部分ですね。1つの肉でロースの味と肩ロースの味の2つが備わっている。損したのではなくて、儲けたのだと思われてはいかがでしょうか。

そもそも肉にされた豚にしてみれば、どこまでが肩ロースでどこからがロースだと言う境界がある訳ではありません。商流上でのルールで、背骨の関節のある位置(第6脊椎骨あたりでしたか)で切り分けているに過ぎません。
人間だってみな体型が違うし、体脂肪率も違います。まあルール上の位置で切り分けても、肉質のある程度の入り交じりは発生するのだろうと思います。

もし好みの肉質の部位が欲しいのであれば、ブロック肉から好みの部位を切り出して貰えば良いと思います。スーパーの肉売り場であっても、その様な対面販売には応じてくれます。ただし、単価は上がるかも知れません。

写真を見る限りでの判断ですが、ロースと肩ロースの境目付近のロース側の部位でしょうね。ロースの特徴とも言える赤身肉が楕円形になっている部分が左側に見えます。でも右側の、通常は脂身になっている部分が赤味肉と脂身が入り交じった形になっていますね。
この赤味と脂身が巧く入り混じっている部分が肩ロースでも美味しい部分ですね。1つの肉でロースの味と肩ロースの味の2つが備わっている。損したのではなくて、儲けたのだと思われてはいかがでしょうか。

そもそも肉にされた豚にしてみれば、どこまでが...続きを読む

Q豚丼(豚めし)は赤字?

BSE発生に伴い、牛丼屋さんが次々に
豚や鳥を使ったメニューに変更していますが、
松屋の場合、豚めしを牛めしと同じ価格で提供しています。長期的な視点で考えて、客足が遠のくのを避けるために赤字覚悟で提供しているのでしょうか?

以前牛丼一杯の原価は人件費などの経費も含めて
170円くらいだと聞いたことがあります。豚丼が
同じ量だけ売れると仮定した場合、どれくらいの原価になるのでしょうか?

Aベストアンサー

   eiji2003さんこんばんは。
一時的にでも企業が赤字覚悟で事業を行うことは考えにくいです。

 牛肉の輸入再開のメドが立たなければ、期間が長くなるほど不利で、それこそ今後半年も続いたら牛丼屋の倒産したというのでどうしようもないと思います。

 牛丼という看板にこだわらず「丼屋」としても美味しければ何等問題はないと思います。

 かつてクジラの肉を食べていて美味しいと思いましたが、今ではまず食べる機会はありません。これと同じで、かつて牛丼が美味しかったが、今は豚丼もいいとか、鶏丼も行けるとか、そのうち犬を食べる中国みたいに犬丼も捨てがたいとなるかもしれません。ワニの肉のワニ丼だって出てくるかもです。

 原価は分かりませんが、輸入牛よりも豚の方が安いはずです。

Q豚ロースと豚モモ肉の適したお料理は?

家で焼肉などをするとき、豚肉なら豚ロースと豚モモどちらが適していますか?また、しゃぶしゃぶだとどちらですか?イマイチ豚肉のそれぞれの適した料理がわかりません。この料理だと豚ロースがむいているよなど、アドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

焼肉なら豚もも肉、しゃぶしゃぶならロースですかね。
以下のサイトを参考にしてみて下さい。

参考URL:http://kodawari.lin.go.jp/ryori/bui/buip.htm

Q「責任があるとは言い切れない」?

ニュース報道の『C型肝炎リスト問題で、厚生労働省の調査チームは、告知を行わなかった点について「責任があるとは言い切れない」』とありますが、これって裏返せば「責任が無いとは言い切れない」と言っているいるのと同じ様に思います。
厚生労働省の調査チームの皆さんも一生懸命に調査して頂いたと思いますが、その調査をした結果の「報告書」の表現がこんないい加減な表現でOKなの?。
せっかく調査して頂いたのに「30%の責任がある」とか「○○については責任が無い」とか書かれていないのは何故でしょうか。
判明するところまで調査していない?
判明してるけど公表しない?

Aベストアンサー

おそらく
「法的根拠による責任はない(これを罰する法律がない)が、同義的責任はある。」
よって、
「責任がないとは言い切れない。」
と、私は今朝の新聞を読み、解釈しました。
まぁ、こういうことで誰もが納得するような大岡裁きみたいなものは見たことがないので、質問者(私も)が納得されるような公表はされないでしょう。

Q豚ロースで豚の角煮はできますか?

豚ロースステーキ・とんかつ用 1枚(90g) でも
豚の角煮はできますでしょうか?

豚バラのお値段が少々高いので…

Aベストアンサー

そりゃ~、煮れば何でもできますよ。
でも、脂が少ないのでおいしくないです。
それに、ロースよりバラの方がだんぜん安いですよ。半額近いと思います。
私はベーコンを作るのですが、国産豚でいつも1kg1000円で買っています。

Q狂牛病について

 最近、あまり話題にならなくなった狂牛病について質問させて頂きたいと思います。
 現在、国内では狂牛病の疑いのある牛食肉は輸入を禁止していますが、ペットフードなどの中には狂牛病の疑いのある牛肉は使われていないのでしょうか?もし、使われているとすれば間接的ですけど危険ではないでしょうか?人間がペットフードを直接食べたりはしませんが、ペットにペットフードを与えたりする場合に、ペットフードが手に触れ、間接的ではありますが手に見えないほどの微量のペットフード付着し、その手で人間がポテトチップスなどを食べてしまったりするケースは大丈夫なのでしょうか?ペットフードを与えたりするときに不安になったので投稿させていただきました。よろしければ、回答をお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 農林水産省の飼料及び肥料用マニュアルには、「人間用に加工することが出来ない、病気や汚染の事実があると認められたものは、飼料(ペットフード等)・肥料(畑)もしくは焼却処分しなければならない」とあります。
 ん?ということは狂牛病の牛も使っているかもしれないって事になりますよね。

 ペットフードをビジネスと考える悲しい生産者は、廃棄(肉・内臓・骨)粉末や、ホルモン剤、抗生物質の入った飼料を、知ったり知らなかったりして使っています。
 狂牛病問題が表面化してから、農水省はあわてて、「家畜などに、病気になった家畜肉等で作られた飼料は使わないよう」指示していますが、ペットフードについては、まだ野放しです。
 
 粗悪でわけのわからない食材が使われているものは、消費者が買わない様にしなければ無くなりません。

 なお,農林水産省と日本ペットフード工業会によると,肉骨粉がキャットフードに使われることはあまりないが,ドッグフードには,ドライ,ウエットの両タイプとも使われている。今のところ、EUでも国内でも犬に狂牛病の症例は出ていないため「犬への感染の危険は少ない」(農水省飼料課)という見解です。
 でも,1匹でも出たら大騒ぎになって対応するでしょうね。そういう対応が日本の中央省庁の今までのやり方ですから(後手後手になるわけですね)。

 こんばんは。

 農林水産省の飼料及び肥料用マニュアルには、「人間用に加工することが出来ない、病気や汚染の事実があると認められたものは、飼料(ペットフード等)・肥料(畑)もしくは焼却処分しなければならない」とあります。
 ん?ということは狂牛病の牛も使っているかもしれないって事になりますよね。

 ペットフードをビジネスと考える悲しい生産者は、廃棄(肉・内臓・骨)粉末や、ホルモン剤、抗生物質の入った飼料を、知ったり知らなかったりして使っています。
 狂牛病問題が表面化し...続きを読む

Qポークカレーに豚ロース

とんかつ用のロース肉があまっているのですが、
豚ロース肉はカレーには向いていないのでしょうか?
煮込むと硬くなってしまいますか??

詳しい方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^
硬くなるとおもいます。
よーく煮込めばやわらかくはなりますが
面倒ですし もったいないですね。
薄切りにしてカレーにするか、
カレーは野菜だけでつくって、ポークソテーを作り仕上げに入れるか(乗せるか)、カツを作りカツカレーにするのがベストだと思います。
検討を祈ります^^

Q狂牛病の問題

狂牛病は、牛のエサに他の牛の骨の粉末を入れたのが原因だとしたら、牛に共食い?をさせた人間への、自然界からの警鐘だと思うのですが、いかがでしょう。

Aベストアンサー

共食いは自然界ではそう珍しいことではありません、共食いを否定しているのは人間界で宗教的な考えだと思います人間もある特殊に状況下では共食いしてしまと云う事例は現在でもあるようです

狂牛病は自業自得と云うことでしょう、しかしそのおかげで牛肉がだれでも安く食べられるようになったのも事実です又肉骨粉でないならそれで良いのかと云うと遺伝子組み替え・農薬いろいろ問題もあります、昔の様に人工が少なかった頃はなにもその様な問題はなかったと思います

狂牛病・共食いついては結構ニュース等の特集でやっていましたが実際にはよく分からないのが現状でしょう

自然界からの警鐘、もし事実ならいいまで普通に食べていた物が簡単には食べられなり、最悪自給自足それでもだめら人間同士の・・・恐ろしいことになるでしょう


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報