鹿児島の風土病らしいのですが、歩行障害を発症しました。この病気についてどんなことでも結構です、教えて下さい。鹿児島大に詳しいDRがいらっっしゃるそうなんですが、関西近郊で病院を探しています。大切な人が発症してしまいました。どうかご協力よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「HAMの臨床病態・発症機序の解明並びに新治療法の開発に関する研究」
やはり、鹿大の教授が発見したようですね。
http://pearl.medic.mie-u.ac.jp/bloodcenter/info/ …
(HTLV-I について)
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010217. …
(成人T細胞白血病リンパ腫)
http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/geriatric/2000 …
(HAMの診断、発生機序について)
http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/geriatric/2000 …
(HAMの治療法について)

関西でしたら、京大1内(?)でしょうか・・・?
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/h …
(関連医療機関一覧)
http://www.nanbyo.or.jp/jyouhou_center/c_index.h …
(大阪難病医療情報センター)
「難病(特定疾患)」指定はないようですが、TELで治療施設等に関して問い合わせては如何でしょうか?

http://www.saigata-nh.go.jp/nanbyo/
(神経筋肉難病情報サービス)
参考URLの記載によると、「ウィルス量」を減少させることが必要のようですから、神経専門の病院より「HTLV」を治療する病院の方を優先した方が良いのかもしれませんね・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.kiko.go.jp/Kenkyuu/houkoku/nou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。本人の家族もとても喜んでいます。結局、大阪の病院に入院ということになりそうです。病気について詳しいことも教えていただいたおかげでわかりました。どうもありがとうございました。またご縁がありましたら宜しくおねがいします。

お礼日時:2001/11/09 20:17

対応してくれるかどうかわかりませんが、お近くの赤十字血液センターに連絡されてみるのも良いかもしれません。


現在、日赤では献血された血液の「HTLV-I抗体検査」を行っています。
(成人T細胞白血病(ATL)やHAMの原因となるウイルスがいるか確認する検査のこと)
この検査で陽性となった場合、個別にその旨の通知が送付され、その相談を各血液センターあるいは保健所で受けることができるようになっています。
mietarouさんの「大切な人」の場合、このケースには当たりませんが、本当に困っていることをお伝えになると、何らかの回答が得られるのではないかと思います。(自信はありませんが・・)
なお、保健所は医療機関の詳細までは把握してないと思いますので、血液センターあてダイレクトに連絡することをおすすめします。

◎参考URLは、血液センターの通知文の内容です。

参考URL:http://pearl.medic.mie-u.ac.jp/bloodcenter/info/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くに回答を頂きながらお礼が遅くなってしまい大変申し訳ありません。その後、大阪市内の病院に入院し、現在は闘病生活を送っています。見ず知らずの私の質問にご親切にお答え頂いて本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2001/11/22 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q再生不良性貧血発症後、膠原病(強皮症?)発症

経験談や知っていることを教えてくださるとありがたいです。

2年前に再生不良性貧血(aa)で入院、その後ネオーラルを150mg/日飲んでいます。
昨年夏より、関節のあちこちの激痛が始まりました。また、同時に身体のだるさ等で一ヶ月近く寝込んでいました。
整形外科でレントゲンをとったのですが、異常なし。
その後、秋ごろに再度、激痛で受診。レントゲンをとったのですが、異常なし。
血液検査を行ったところ、リュウマチではないとのこと。
しかし、そのころから、手足のレイノー現象が出始め、年末に整形と同じ病院の内科にいったところ、秋の血液検査の結果を見て、「膠原病だから、主治医の血液内科の先生に相談しなさい。」といわれました。(血液内科は大きな病院で、内科・整形外科は地元の医院です。)
抗核抗体2560倍、パターンSPECKL、抗CCP抗体は0.6未満でした。
今年に入って、aaの定期検査と一緒に膠原病の検査もしていただいたところ、抗ds-DNA IgG抗体14、抗RNP抗体<ELISA>500、抗SS-A抗体<ELISA>500という高い数値になり、大学病院の膠原病科を紹介していただきました。
おそらく強皮症ではないか、とのこと。

(1)検査結果について、ネットなどでいろいろ調べてみたのですが、ほとんどヒットしなくて、数値の高さがどう病気に結びつくのかわからないので教えて頂きたい。
(2)免疫抑制剤(ネオーラル)を飲んでいるのに、新たな自己免疫疾患を発症したことを血液内科の先生も「よくわからない。」と。
同じように膠原病以外の自己免疫疾患にかかっていて、膠原病を発症した方はいらっしゃいますでしょうか。
(3)強皮症にかかっておられる方の治療方法など

以上3点について、わかることを教えてください。
よろしくお願いいたします。

経験談や知っていることを教えてくださるとありがたいです。

2年前に再生不良性貧血(aa)で入院、その後ネオーラルを150mg/日飲んでいます。
昨年夏より、関節のあちこちの激痛が始まりました。また、同時に身体のだるさ等で一ヶ月近く寝込んでいました。
整形外科でレントゲンをとったのですが、異常なし。
その後、秋ごろに再度、激痛で受診。レントゲンをとったのですが、異常なし。
血液検査を行ったところ、リュウマチではないとのこと。
しかし、そのころから、手足のレイノー現象が出始め、年末に整形と...続きを読む

Aベストアンサー

1)これらの抗体値と病勢とは関係なく、治療効果の判定にも使いません。
2)免疫抑制剤を飲んでいるから他の膠原病にはならないという事はありません。
3)皮膚症状にたいしてステロイドやネオーラルを投与する時もありますが、腎障害をきたしやすくなるので投与は慎重に行います。ただし、強皮症の関節症状がでてくる頃には普通はなんらかの皮膚症状があるのが普通です。

Q狂犬病は何故発症したら助からないか、何故発症しない動物がいるのか教えて下さい

狂犬病について書かれたものをちょっと読んだのですが、

1)いったん発症してからは治療法がない。
2)吸血コウモリなどは感染しても発症しない(犬は発症しやすい)。

この2点について、どうしてかなあと思っています。
素人にもすんなりわかる解説をしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウイルスは増殖しやすい場所が決まっています。
たとえば腸に行きやすいウイルスでは下痢を起こしたり、呼吸器に行くウイルスでは風邪を起こします。
狂犬病ウイルスは末梢神経を通って中枢神経に達し、そこで大量に増えてさらに各神経へ伝わり、唾液腺で増殖します。唾液腺に行く事により噛んだときに次の人、動物にウイルスをうつします。中枢神経に行く事により麻痺、痙攣を起こし最終的に死亡します。
という説明ではいかがでしょう?
どうしてウイルスによって好きな場所が決まっているのかは下の参照URLをご参照下さい。

ウイルスは基本的に感染相手を決めています。鳥インフルエンザでいえばカモ類は保菌しているけど発症しない。鶏にいって初めて症状を出します。
日本脳炎も豚では症状が出ないけど人に行って初めて病気になります。これについては参考URLをごらん下さい。
たまたま狂犬病ウイルスはイヌや人などたくさんの哺乳類に相性がよく発症するけどコウモリでは症状を出すほど相性がよくないという事です。

ということでご納得頂けたでしょうか?

参考URL:http://www.uni-science.org/old/uni08/annai_6.html

ウイルスは増殖しやすい場所が決まっています。
たとえば腸に行きやすいウイルスでは下痢を起こしたり、呼吸器に行くウイルスでは風邪を起こします。
狂犬病ウイルスは末梢神経を通って中枢神経に達し、そこで大量に増えてさらに各神経へ伝わり、唾液腺で増殖します。唾液腺に行く事により噛んだときに次の人、動物にウイルスをうつします。中枢神経に行く事により麻痺、痙攣を起こし最終的に死亡します。
という説明ではいかがでしょう?
どうしてウイルスによって好きな場所が決まっているのかは下の参照URL...続きを読む

Qマラリアの検査は発症前でも有効ですか?また、発症までの症状もあれば教えてください。

今週はじめよりフィリピンへ旅行へ行き、今日(木曜日)帰国しました。
現地滞在中、火曜日に蚊にさされてしまいました。
刺されたときには気づかず、痒くなってから気づきました。
持参した虫さされの薬を塗るとすぐにかゆみもおさまり、そのときはあまり気にしなかったのですが、帰国した今になって感染症が少し心配になってきています。
帰宅後ネットでいろいろ調べてみると、代表的な病気のマラリヤは潜伏期間が一週間から長いものでは数年の場合もあるとのことです。
私は蚊にさされてからまだ3日目なのですが、発症前に病院に検査に行って血中に異常は発見できるものなのでしょうか?
なお、現時点までには微熱(36.5度←平熱が35度台なので・・)と頭痛がありましたが、これは恐らくエアコンのせいで、現地のホテル併設の診療所でもらった鎮痛剤をもらって昨日(水曜日)一日中寝ていたらおさまりました。(恐らく関係ないのですが、一応・・・)
刺されたときには気づかなかったので、どんな蚊だったのかは見ていません。というより、蚊かどうかも確認はしていないのですが、オープンエアーのレストランで夜食事をしていて、一箇所のみなので恐らく蚊かと。。
刺された後は特に大きく広がるとかかぶれるとかはなっていません。

また、発症後の症状(周期的な39度程度の高熱,悪寒など)はサイトでも載っているのですが、発症前の前兆というか、そのようなものは何かあるのでしょうか?(いつもと違う倦怠感など)

今週はじめよりフィリピンへ旅行へ行き、今日(木曜日)帰国しました。
現地滞在中、火曜日に蚊にさされてしまいました。
刺されたときには気づかず、痒くなってから気づきました。
持参した虫さされの薬を塗るとすぐにかゆみもおさまり、そのときはあまり気にしなかったのですが、帰国した今になって感染症が少し心配になってきています。
帰宅後ネットでいろいろ調べてみると、代表的な病気のマラリヤは潜伏期間が一週間から長いものでは数年の場合もあるとのことです。
私は蚊にさされてからまだ3日目なの...続きを読む

Aベストアンサー

発症前は原虫の数が少なく、直接の検査では難しいかと思います。
蚊に刺されたら、すぐにマラリアと言うわけではありません。そうなら、地域の国民は全員がマラリアになってしまいます。
しかし、ご心配なら予防薬を飲む事が出来ます。お近くの内科医にご相談下さい。
外務省の感染症サイトも参考になるかと思います。

Q路上歩行中ロープに引っかかり転倒し、左膝を打撲しました。10日経っても膝頭の辺りが腫れて歩行困難の状

路上歩行中ロープに引っかかり転倒し、左膝を打撲しました。10日経っても膝頭の辺りが腫れて歩行困難の状態が続いております。骨には異常無いとのことです。医者は内出血が引くまで、まだ一週間程様子見ようと言ってます。たかが打撲ぐらいと思ってましたが大事になってしまいました。今後の経過が不安です!アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>アドバイスお願いします。
医者の言う通りにしてください。

Qその日に亡くなる「はやて」と言う病(風土病?)

どなたか、昔に「はやて」と呼ばれた病についてご存知ないですか?
熱があるなと思ったその日のうちに無くなってしまうそうなのですが、私の母の弟(私の叔父)が2歳の時にこの病で亡くなったらしいのです。
昔(60年ほど前)の俗称か、風土病か分かりませんが、この病の正式な名前など知りたく思います。家内とは天然痘か破傷風かと話していますが、症状から違う様な気がします。

ちなみに地域としては愛知県の尾張地方になります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらには
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%A6
>江戸時代において、疫痢(赤痢のうち、重症であるもの)の異名。罹るとすぐ死ぬことから。
とありますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報