さる2月に自分の車の保険の更新があり、担当者に76000円を渡し
更新手続きをお願いしました。
しかし、いつまでたっても保険証書が送付されてこず、不安に思って何度も
代理店に電話しましたが、返事は手続中の一点張り。
仕方なく、昨日保険会社に直接自分の保険がちゃんと入っているか調べてもらいましたが、なんと未加入との回答でした。
多分、担当者がそのお金を使い込んだと思うんですが・・・
領収書もちゃんとありますが、収入印紙も貼ってないですし、名前のところにも
印鑑がありません。(これは法的に有効なんでしょうか?)
半年以上も保険に入ってない車を運転していたかと思うと、ぞっとします。
告訴も考えています。どういう罪になるんでしょうか?
裁判をして勝てるものでしょうか?
詳しく回答していただきたいと思います。
勝手な質問ですいませんが、どうしても腹の虫がおさまりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>領収書は代理店名はかかれておらず、担当者の名前だけです。

会社規定のものではなく、担当者の名前だけしかかかれておりません。

それならば、代理店や保険会社に抗議しても、まず無理でしよう。
savannaさんが渡した相手から戻してもらうより方法がありません。任意に戻してくれないなら裁判で勝訴し強制的に取り立てる他ありません。刑事的に詐欺罪や横領罪として告訴することも考えられますが実際に告訴したからと云っても満足ゆく結果にならないと思います。
    • good
    • 0

 こんにちわ。


 領収証は保険会社所定の領収証になっていますか?(この場合元々印紙は貼ってないものが殆どです。便宜上、申告納付という形態を取っています。後で納めると言うことです。)

 一番手っ取り早いのは、そこの保険会社の本社のお客様相談センターへ相談する事です。営業現場と違い、事の顛末を追っていきます。

>告訴も考えています。どういう罪になるんでしょうか?

 業務上横領です。

 腹の虫が収まらない、との事ですので、不届きな保険代理店の戒めの意味でも本社のお客様センターへ相談下さい。(自業自得でしょうが、保険会社は代理店委託契約解除も場合によってはします。簡単に言うと廃業、失業させられる事もあります。)

この回答への補足

領収書は代理店名はかかれておらず、担当者の名前だけです。
会社規定のものではなく、担当者の名前だけしかかかれておりません。

補足日時:2001/11/08 17:15
    • good
    • 0

savannaさんの手元にある領収書はどのようなものですか? その担当者の名刺の裏に書かれていたり、何のお金か書かれていなければ、代理店や保険会社に請求することはできませんが、その領収書用紙に代理店や保険会社の住所や会社名が印刷されているなら、例え、印がなくとも印紙がなくとも代理店か保険会社に「保険証書」の発行を求めることができます。


刑事事件は別として民事訴訟する場合、2つ考えられます。1つは、支払った(預けた)人からお金を返してもらう方法(当然と後に保険会社と更新契約しますが)と代理店か又は保険会社に支払っているとして「保険証書」の発行を求める訴訟です。2つは領収書の内容と担当者の受領意志です。その担当者が「私が会社に渡すべきお金を着服しました」と云えば後者の「保険証書」の発行を求める訴訟となりますが「そのお金は会社のものではありません、受領書もそうなっています」と云い現実にそうなら前者の「お金を返してもらう訴訟」となります。
なお、刑事事件とするなら、前者なら「告訴」となり後者なら「告発」となり変わってきます。
    • good
    • 0

 No2の追加です。

領収書は、保険会社の領収書でなくても、その代理店の名前での領収書であってもかまいません。領収書としての効力は、変わりません。保険証書を発行する保険会社に申し出で下さい。
    • good
    • 0

 保険会社名の領収書があれば、印紙が無くても担当者の印鑑が無くても、法的には立派な領収書です。

印紙が無い場合は、印紙税法違反となりますが、領収書として効力が無くなるものではありません。

 まずは、保険会社に連絡をして有効な領収書があることを伝え、2月に遡って保険の効力を回復してもらうべきです。使い込んだのかどうかは、こちらにとっては関係のないことで、会社と代理店との問題です。保険証書を発行するのは代理店ではなくて、保険会社です。

 保険会社で対応してくれないのなら、業務上横領の罪で法的措置も可能です。
    • good
    • 0

領収書の発行先はどこ?


もし、加入の保険会社になっているのなら、それを保険会社にみせたらいかがですか?

法的にどうか分かりませんが、企業としては何らかの対処をするのでは?
自分の会社の社員が使い込んだとなれば・・・

私は代理店からあるものを購入しました。ところが、実際の定価より高かったことが判明、代理店に言いましたら、既にその担当者は退職、代理店は取り合ってくれませんでした。元の会社に言いましたら、解決できました。あっさりと。

法的にはわかりませんが、やはり駄目元で、一度保険会社か、領収証がどこの発行になっているかわかりませんが、確かめてみたらいかがでしょうか?
その人が代理店か何かだったのでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1年前に個人事業をはじめたのですが、大した収入もなく今年の8月に廃業し

1年前に個人事業をはじめたのですが、大した収入もなく今年の8月に廃業しました。
離職者支援制度を利用しようとしたら廃業届が必要になりました。
しかし、開業届を出していませんでした。廃業届の用紙に記入すれば税務署で簡単に受理してくれると聞いたのですが、廃業届を提出して調査(開業届を出していない)などはないのでしょうか?

Aベストアンサー

開業届けを出していなければ、問い合わせは来るでしょうね。

ただ、開業届けはそれほど問題ではありません。
問題は、「確定申告(及び納付)をしているか」です。
もし、ちゃんと確定申告及び納付をしていれば、問い合わせが来ても「出し忘れていました」程度で済むと思います。恐らく「今からでも出せ」とは言ってこないと思います。

ただ、確定申告・納付をしていないとなると、開業届け云々より「今からでも確定申告・納付をして下さい」という事になるとおもいます。

開業届けは、届出であり申告ではないので、それそのものに税金は課せられません。
税務署が気にするのは、やっぱり税金に影響してくる申告です。
とはいえ、矛盾(開業していないのに廃業)があれば問い合わせくらいはすると思いますが。

Q交通事故 保険担当者の担当について

人身事故にあいました。(相手は車でこちらは徒歩でした)
過失割合は10:0です。

事故後、治療のために接骨院と整形外科に通っていました。
両方、治療費は保険会社から直接支払うことになっていたため窓口負担はありませんでした。

治療の途中で接骨院の方から聞いたのですが、保険担当者から
「治療部位が多いから減らして請求して欲しい」
と要望があったそうです。
仮に3部位治療していても、請求は2部位分にして欲しいという意味だそうです。

接骨院の方は保険会社からはこういうことをよく言われるといっていましたが、
このような要求は法的に問題はないのでしょうか?
企業間の値引き交渉のような感覚で問題がないものなのか、問題があるものなのか
詳しい方がいらっしゃったら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

これは、病院(接骨院含む)と保険会社のやり取りですから、違法ではありません。

これが、何等かの理由で相談者さんが立て替えをしているのを同じように言って来れば問題となります。

これが違法となれば、買い物で「値切り」を要求すること自体が違法行為となってしまいます。

Q個人事業主が受給資格者創業支援助成金は受けられる?

来年1月末で会社を退職してすぐに株式会社を設立する予定です。

しかし、既に個人事業主として届けを出しているため、雇用保険の受給資格者創業支援助成金を
受けられないと聞きました。

個人事業主としてはまだ売上は一円も上げておりません。

そこで、個人事業を廃業することで受給資格者になれないかと考えております。

実際にそのようなことは可能でしょうか?
是非、ご教示ください。

Aベストアンサー

株式会社を設立するのに、なぜ先に個人事業主の届け出を?
1月に受給資格者になるのなら、今すぐに廃業して1月から手続をすれば問題ないかと思いますが。
あまり無責任なことも言えないので詳しいことはハローワーク等で聞いてください。

Q法定更新になっていても更新料は支払わなくてはいけないか?

No.747964の更質問です。満了前に退去すれば法定更新になっていても更新料は支払わなくてよいとのことですが、1か月まえの段階では更新する旨賃貸人に伝えていたものの、その後更新しないこととしたため、更新しない旨伝えてから1か月の家賃を支払うよう請求されています。賃貸人としては、契約期間と同様に退去する場合は、更新時においても1か月まえに通知をもらわないと、次の賃借人募集上の不利益を受けることになるというのが言い分です。法律ではどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

最初に少々苦言を。

もう少しわかりやすく状況を説明していただかなければ、誰も答えられませんよ。以前の質問(q=747964)でも、回答者の方が補足を求められていますが、補足もお礼も、何も無しで締め切られていますね。

どんな専門家でも、これでは答えようがないです。


で、原則論ですが。

->契約期間と同様に退去する場合は、更新時においても1か月まえに通知を
->もらわないと、次の賃借人募集上の不利益を受ける

とありますが、不利益はあったとしても、これは賃借人が負担すべき内容ではありません。

契約満期時に退出されるのであれば、(原則として)支払う必要は無い,と思います。


ただ、あくまで原則で、補足がないと確定的なことは言えません。

Q確定申告書と廃業届を一緒に提出できる?

個人事業の廃業について調べていたところ、このような文章を見つけました。
「年度の途中で個人事業を廃業しても12月31日に廃業したことと同じなので、廃業日を12月31日とし、その年度の確定申告書と一緒に廃業届を提出する」

こちらの文章を見て疑問に思ったことがあるのですが、廃業届と確定申告書を一緒に提出することはできるのでしょうか。
廃業届は廃業した日から1ヶ月以内に提出しなければなりませんし、確定申告の受け付けは2月16日から…そうなると廃業届を提出できる期間の1ヶ月を越えてしまうと思うのですが…
ある程度の遅れは許されるものなのでしょうか。

できれば急ぎで解決したい質問なのですが個人事業についての知識が乏しく、また休日ということもあり税務署に確認できないのでこちらで質問させていただきました。
もしわかる方がいらっしゃいましたらご回答をお願いします。

Aベストアンサー

できますよ

そもそも確定申告に提出期限はありません、1月1日から(税務署が仕事を始めるのは4日から)12月31日まで受け付けています、休みの日は郵便で受け付けます。

廃業届けの提出の期限は、廃業した日から1ヶ月以内ですから、12月31日に廃業したのであれば、1月30日を期限として、廃業届けと合わせて確定申告書の提出ができます。

Q示談折衝における任意保険担当者の2つの過失割合の提示?

 よろしくおねがいします。
 私が被害者側(遺族)の代表として、加害者側の任意保険担当者と初回の示談折衝をおこないました。
 任意保険担当者の2つの過失割合の提示への対応に苦慮しております。任意保険担当者の提示金額は、強制保険の算定基準で提示されました。
  さて、2つの過失割合の提示とは、
1.自賠責保険範囲内の賠償額なら 100対0 でよい(自賠責は重大な過失が被害者側にないなら全額しはらわれるから)
2.任意保険(自賠責保険範囲を超える賠償額)を使う賠償額としては 95対5 は、譲れない(判例タイムズより)
というものでした。

 示談折衝において、ひとつの事故における過失割合を、金銭的大小で2つに切り分けており、被害者側(遺族)の代表として不快感をもっているのです。
 みなさんのご意見をお聞かせ下さいませ。

*不快感の最初は、担当医師より診断書等を保険会社がとれるようにするためと委任状に押印しましたが、一週間後には入院中にもかかわらず、保険担当者が、担当医師にこっそり直接面会していたことでした。 

Aベストアンサー

過失割合は95:5が正当であるが、
自賠責の範囲内であれば任意保険会社が費用を捻出する必要がないので
自賠責に100:0として手続きをしましょうということではないでしょうか。
逆に、任意保険を使用する場合は
任意保険会社が費用を捻出する必要がありできるだけ費用を抑えたいので
正規の過失割合で算出しますと言うことでしょう。

(過失割合に疑問をお持ちの場合には詳しい事故状況を補足してください)

「遺族」となっていますが、
被害者の方は亡くなられたのでしょうか。
もし、亡くなられたのなら
自賠責だけで全てを賠償することは不可能だと思います。

>*不快感の最初は、担当医師より~

本来は被害者自身が診断書の作成を依頼と診断書料の立替をして
相手方保険会社に提出しなければならないところを
便宜上、保険会社が代行したと思います。
また、医師に確認するのは診断書の内容が正しいかなどを確認するのに
当然といえば当然かもしれません。

Q個人事業廃業の場合、貸借対照表に借入金などが残っていると、廃業はできま

個人事業廃業の場合、貸借対照表に借入金などが残っていると、廃業はできませんか?

残っている借入金は、廃業後に継続して返済していく予定ですが、

法人の清算結了のように、資産や負債を0円にしないと、廃業できないでしょうか?

それとも、仕事がなくなった時点で締めて、廃業ということでよいでしょうか?

Aベストアンサー

法人ではなく、個人事業であれば、事業資金の借入であっても、個人の名義で借入ですので、返済義務が残りますが、それだけをもって個人事業の廃業ができないものではありません。

しかし、個人事業の事業用資産が担保などとなっている場合には、廃業と共に売却や処分ができないことになり、融資元の了承なくそのような資産を処分すれば、契約違反として一括返済などを求められるかもしれませんね。
また、どのような契約なのか、法的にはどうなのかはわかりませんが、事業の継続を条件にした分割返済の契約であれば、廃業をもって一括返済を求められる可能性もあるかもしれません。

融資元にとって一括返済が有効であり、あなたの今後の返済計画に融資元が納得しなければ、連帯保証人への請求や差し押さえなどの法的手続きをされる可能性もあるでしょう。

融資元へ今後の返済計画の相談として、事業廃業による他の収入からの返済計画が可能かどうかの確認をすべきでしょうね。

Qセクハラ常習犯の被告が「やっていない」の一点張りだった場合…

こんばんは。
証拠の無いセクハラの件で質問なのですが
あくまで民事訴訟レベルでの話ですが
原告が自分と同じ手口のセクハラを体験した
被害者を2人探しだし、その子達の被害書面が用意できたとします。
(細かいセクハラの事実書面と身分証明証)
それでもセクハラ常習犯の被告が「一切やっていない」
と一点張りだった場合、証拠が無い現状では
裁判の状況はあまり
変わらないのでしょうか??

Aベストアンサー

民事の場合は、
被告がそれなりにセクハラをやったんだろうなと思わせられたら
それなりに、賠償金が取れます

質問にあるぐらいだとまあ、それなりに取れると思います

刑事のわいせつ罪だとこれなら今の流れだとまず無理でしょうね

Q飲食店、廃業に伴う原価償却中資産、廃業時期ついて質問です。 飲食店を開業して約一年になりますがわけ

飲食店、廃業に伴う原価償却中資産、廃業時期ついて質問です。

飲食店を開業して約一年になりますがわけあって近々廃業する事となりました。

ただ店舗改装費用、繰延資産等かなりの額の償却中資産が残っています。

繰延資産は最終年度に償却出来るとしても、改装費用(廃業後私用出来ない資産)は残りを一括償却出来るの出来るのでしょうか?

また、本年度末または来年度頭に廃業になります。廃業後就職しますので一括償却できるのであれば来年の頭に廃業した方が有利になると思いますが間違っているでしょうか?

青色申告です。

Aベストアンサー

>廃業に伴う原価償却中資産…

原価償却って何ですか。

>改装費用(廃業後私用出来ない資産)は…

私用?
個人事業の資産など、もともと“公用”ではありませんけど。

>残りを一括償却…

同業者に売却などは考えないのですか。
完全に解体撤去処分するなら「除却損」に計上すれば良いです。

もし、売却して利益が出るなら「譲渡所得」としての申告が必要となります。
事業所得のうちではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3105.htm

>また、本年度末または来年度頭に…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>来年の頭に廃業した方が有利になると思いますが…

何で?
事業の「売上」が全くないのに経費だけの申告などできませんよ。

譲渡所得の申告をするなら、総合課税の譲渡所得ですから、年間の「総所得」の少ない年に譲渡するのが有利とは言えますけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>廃業に伴う原価償却中資産…

原価償却って何ですか。

>改装費用(廃業後私用出来ない資産)は…

私用?
個人事業の資産など、もともと“公用”ではありませんけど。

>残りを一括償却…

同業者に売却などは考えないのですか。
完全に解体撤去処分するなら「除却損」に計上すれば良いです。

もし、売却して利益が出るなら「譲渡所得」としての申告が必要となります。
事業所得のうちではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3105.htm

>また、本年度末または来年度頭に…

個人の税金は 1/1~12/31...続きを読む

Q交通事故の加害者担当の保険会社から弁護士対応に変更すると言われて

今年5月末に追突事故にあって、その後の対応について加害者が全て面倒みますと言い私は保険会社を通していない状態で安易な約束はしないよう注意したのですが、聞いてもらえず数日後、警察署でも確認をして保険会社の金額は全額出ない事もあると私が言うと不足分は加害者が出すというので半信半疑で聞いておりました

案の定、保険会社と修理金額に大きく隔たりが出ましたので一応加害者に伝えるとそんな事は言っていない、全て保険会社に任せるという意味。二度と電話するなと言って来ました。
加害者側の保険会社に間違って言った事を訂正して謝罪して貰い今後もそれなりに誠意ある対応(怪我の伺いをたてるとか)さえして貰えば物損分の金額で示談すると言ったところ保険会社では加害者に謝れとか強制できないが伝えておきますとなりました
ところが、これから先は弁護士に任せると言い私は治療費や慰謝料等はどうするのかと聞いても弁護士に聞いてくれこれ以上は人身分も含め対応できないと言いました。
私はただ、言った事を訂正して謝罪して貰えばいいだけなのに、弁護士が出てくるまでの事案なのか、私も弁護士を依頼しなければいけないのかよく分かりません
特に症状固定になっていない中加害者の弁護士の圧力で治療中断や支払をしない、慰謝料も不利な方向になるのか専門的な方もしくは、経験者の意見を伺いたいと思います
無論、これを見られた三井住友海上の担当者匿名で結構ですから本音をここに書いて下さい

今年5月末に追突事故にあって、その後の対応について加害者が全て面倒みますと言い私は保険会社を通していない状態で安易な約束はしないよう注意したのですが、聞いてもらえず数日後、警察署でも確認をして保険会社の金額は全額出ない事もあると私が言うと不足分は加害者が出すというので半信半疑で聞いておりました

案の定、保険会社と修理金額に大きく隔たりが出ましたので一応加害者に伝えるとそんな事は言っていない、全て保険会社に任せるという意味。二度と電話するなと言って来ました。
加害者側の保険...続きを読む

Aベストアンサー

要は人身事故の場合、1事故に対し最大120万円まで自賠責保険が出ます。
ご質問者の場合、この金額を超えてるのかそれとも以内なのかで判断別れます。

次に物損ですか、これは乗られてた車かバイク 事故時の対応金額というのが存在しています。
通常「赤本」と言いますが、これを元に損失額をはじき出されます。
差額が出てると言うことは「かなりの年数が経っている」「ドレスアップ改造がなされてる」のいずれかでは?
デーラー以外での取り付け部品は査定に反映しません。その辺を考慮の上再度見積額をご確認下さい。

最後に加害者は全ての権限を「三井住友海上」に任せています。
幾ら事故当時に加害者が「その後の対応について加害者が全て面倒みます」とは保険で手続きします。を指しています。
従ってご質問者様は「一応加害者に伝える」等の行動を取っては駄目です。
全て保険担当者に申し出ましょう。
条項から察するに 事故自体そんなに酷くなかった。
なのに通院を行っている。しかも東洋医学の所に。
そんでもって 加害者に何だかんだと電話をしてる。

ここ通りなら そりゃ弁護士出てきますよ。
俗に言う「当たり屋」「ごね屋」の類ですからね。

それとご自身の言い分は判りますが、事実を明確に書かれる方が参考になるような答え出てきますよ。

取りあえず 弁護士と話し合いですね。
納得行かないなら ご質問者様も弁護士雇わないと負けますよ。

要は人身事故の場合、1事故に対し最大120万円まで自賠責保険が出ます。
ご質問者の場合、この金額を超えてるのかそれとも以内なのかで判断別れます。

次に物損ですか、これは乗られてた車かバイク 事故時の対応金額というのが存在しています。
通常「赤本」と言いますが、これを元に損失額をはじき出されます。
差額が出てると言うことは「かなりの年数が経っている」「ドレスアップ改造がなされてる」のいずれかでは?
デーラー以外での取り付け部品は査定に反映しません。その辺を考慮の上再度見積額を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報